FC2ブログ

~萌畢竟~思索考究

メインは東方雑記など。他マンガアニメゲームニコ動に言及。時々絵を描く。最近はTF玩具レビュー多め

追記14:57 色着いてきたら可愛くなくなる気がするー
yy3.jpg
あともうちょい細部描き込んで終わりのつもりが
どうにも冴えないので(冴えたことがないけど)
何とかしようともがいた末 火の玉が飛んだり花びら散ったり・・
もう顔だけでいい気がしてきた・・下の顔アップで。
襟のフリルが面倒で仕方ないんだがw
いや、フリルそのものは好きだが今回 と言うか幽々子に関しては
別にフリルいらん。もともと鈍重なフォルムなのにフリルだらけとは・・
 目の色赤なんですけど私は基本 コントラスト嫌いなのでつい・・
まぁ目が赤いとか短絡っぽくも感じるが 昔は(コピック時代)
髪の色と目の色揃えるor補色っていう方法論でやってた気がするw

-----------------------------------------------
追記:丁度良い動画発見。
まぁそんなに良くないけど参考に。
「東方キャラが言いそうにないエロいセリフ集」
   ←これ
俺はマンガは御免だが一応考えたセリフくらいは晒そうと思ったんだが
メモる前に殆ど忘れてしまったという・・

=========================
<概要>
・絵のカテゴリにしてるけど 少し絵を描きつつ考察メモみたいな。
非エロの商業キャラを同人などでエロ化するには
相応の性格リアル化が必要ではないかという話。
・後半は東方の世界観再考。

1度に書き切らず、絵を進めつつコメントに絡めて
何らか言及していこうかと思うけど、上に追記していったら
読む順番大変か  ということで記事の下に書き足していきます。
まぁ本来普通はそうなんだろうけどw
(追記告知は記事の上に表記します)

9/3 5:09
yy1.jpg
やばい、早くも脱線しとる。 しかしどうも俺の中のゆゆ様は
キャラが安定しない。 まぁ元々東方でエロとか辻褄合わない性格を
都合良く改竄してるんだから絵の趣旨で性格まで変わるのも仕方ないか?

エロ幽々子 ―→そそるお姉さん。積極的ではなく結構されるがままだが
           心理的優位性を保っており、逆にそれがそそるw
いや・・しかし一人の生きた人物として見たら安定する必要ないのか?
様々な面を持っていたり 場面によって切り替えたり、
或いは何かの経験を境に心変わりしたり・・
あ、そう言えば先日からエロでの性格補完について記事書くつもり
だったんだわな。単純に私の感受性が伸びてるのかもしれないけど
幽々子ほど良いキャラ・・というかよくできた人格って
2次元でも珍しい気がするから。
かがみんとか銀様、レナ、成瀬川、妲己・・このあたりが個人的殿堂入り。
まぁ過大評価でもあるかもしれんけど、脳内補完するだけの
下地はあると思われる。 しかし東方みたいに
作者が直接的にリアルな人格を突き付けてくるようなことは
滅多にあることじゃない。まぁ物語の収集もつかないし、
余分な伏線や人格は避けるってこともあるでしょう。
社会的な作品展開=期限付きの連載形式だったら
アニメでもマンガでも、ゲームなら納期とかあるわけだし。
そう思うと幽々子とかレナみたいな深い人格は
同人じゃないと無理なんだなw
---------------------------------------
さて テーマに話を戻しますけど
えっちなこと考えたこともないような純真な顔では
ダメなんじゃないかとか そういう話です。
赤ちゃんはコウノトリが運んでくる世界観では困るわけです。

そうなるとキャラの表情や発言は途端に極めて多様になる。
パーティと一緒に冒険して魔王倒すだけの作品ではなく、
世界に暮らす人々はちゃんと性的関係でもって「繁殖」してる
んだという、複雑な、「生態系」として表現するわけで・・
普通商業ではこういった部分はキレイサッパリ抜け落ちてるんですけど。

東方でさえ妖怪がどうように増えてるのか生まれてるのか
明らかにされてない気がするし、商業でなくとも
表現する上でエロは大きなノイズになるんですよね。

クレヨンしんちゃんでひまわりが生まれたということは
しんのすけは歳食ったのかというとやっぱりその辺は不詳というかw
まぁこういう都合良く部分的に時間が経過することは珍しいか。
十分世界観崩れますからね。

東方・・霊夢たち 体型は十代前半でも酒は飲む。
まぁ法律なんてないのかもしれないが20歳以上だとすれば
紅魔郷から実際に数年が経過してる。
んじゃ霊夢は20代中盤くらいいってるのか?w
いやいや、そのあたりは都合良く年齢は止まってる。
まぁそもそも幻想郷で歳をとるのかという疑問とか(竜宮的な意味で)
霊力・妖力がある世界で老化するかとかw
パチェでさえ捨虫の術? 年食わない腹減らない術体得してるなら
魔理沙だって老化止めてるんだろうか?
こんなこと考えるのがNGなんだろうか?
それさえもグレーゾーンで、まぁZUNのきまぐれ的に
チマチマと世界観定義が構築・追加されていくんでしょう。

で 問題はエロなのですが これを肯定するかどうかで
登場人物・・引いては全ての生物の出自が決まるわけで、
作品世界のリアルさ(深さ)が何倍も変わる。

まぁゆかりんが異次元の混沌から生まれようが
地面からにょっきり生えてこようが不思議はないけど、
魔理沙には確か親が居て、勘当されてるんですよね。
 いや・・この話はベクトルが違うか・・んん
性的な知識が当然存在している状態に於いて
人間は母の腹から生まれ落ちた歴としたニンゲンであるわけで、
喜怒哀楽も当然あって。機嫌が良い日悪い日があって。
(ん、これが予定してた話題かなw)
 作中でストイックでもどこかで泣いたり笑ったりする場面が
あるのかもしれない。その極論として、エロ同人みたいな、
自慰行為にも至ったり・・という過程というか・・
エロを描くということはそういうすごくリアルな生態や
人間関係を描くということで。
僕は初めてエロゲやったときにそれに驚いた。
殆どは短絡的な(例えば脅迫して・されてとか)関係が多いけど
恋愛ってそれだけでボリュームあり過ぎると言うか、
そんな 会ったその日にえっちして数日で結婚なんていう展開では
色々と物語構成とかジャンルの上で問題発生しちゃう。

エロゲ以外で考えてみたら・・ アニメだったら矢張り数年とはいくまい。
1クール、2クールで1話が1日扱いでも1ヶ月にならない。
リアルと同時進行扱いで季節対応させるのが無難だろうか?
色々すっ飛ばして1話1週間扱い。或いは1or2クールで
行事ネタやりたいなら正月と水着回のために1話が数週間扱い?
 マンガでも似てるか。週刊ならそのまま対応だろうし
月刊なら完全に季節ネタ使うことになりそう。
そう思うと・・印象深い作品、『ラブひな』なんか考えてみたら
数年間の物語で、全てのキャラで喜怒哀楽が描かれていたように
思える。 まぁマンガは100話以上1000ページ級にもなれば
アニメなどエピソード数の比ではないかw
週刊連載は大変だろうけどあらゆるメディアでもっとも
リアルな世界観が構築できるかも。

その逆がゲーム?日付どころか特殊な世界観の中で
ごく一部を切り出して、冒険したり対戦したり。
生い立ちなんかは三行くらいの説明になってる(笑
表情パターンも喜怒哀楽揃ってるか微妙。
いわゆる立ち絵あるジャンルのレギュラーのみだろうか。
対戦なら勝ち・負けで喜・哀だけ。
~~~~~~~~~
・・結局一気に全部書いてしまいそうなノリだな^^;
と言うか既に話題がどうでもいい方向に行ってるw
~~~~~~~~~
改めて。
全てのキャラに喜怒哀楽・性的な部分まで存在しているはずで、
描かれてない部分は脳内で補完しちゃうのが同人であったりする。
性急すぎるとキャラ崩壊とかに。

率直に東方に話を戻すと、
東方では様々な表情が描かれることはないし出自に関しても
伝聞形であったり何とも怪しいもので。もちろん全てZUNの
意図するところなんでしょうけど。
幽々子も紫もレギュラー入りしてはいるけど
妖怪勢に喜怒哀楽があるのかさえ不明で、
何百何千年を生きる者に不安定な感情なんてあるんだろうか?w
紫なんて一人一種族と言うしこれはもう性欲を否定している。
(こうなると人間の姿をしている意味がないがw)
幽々子だって死んでるなら寝るのも食うのも無意味な気がする。
いや、ドラえもんだって食う必要ないはずでは?・・設定知らんけど。

そうか、死んでる純粋な気質であれば感情さえないかもしれないな
だとすればもう同人での描写も難しくなる。
年中あの淡々とした無邪気なようでちょっと含みもあるような
調子なら何とも扱い辛いな・・ 東方キャラ全体が
純粋な論理・言葉遊び、弾幕遊びで構成されてるなら
補完の余地がない。

2次創作はシリアスもネタも大した区別はなく、
所詮はZUN以外の妄想でしかないのか^^;夢がない!

余談ですが設定も難しいですよね~
地理関係が明確でなく、常に想像するしかないし
公開されてる情報も単行本化してない雑誌コラムや
絶版だったり。把握し切れない。
(あ、暫定で幻想郷地図とか作ったら需要あるかな?ww)
前から気になってたんですが冥界はどこなのか(笑)
僕はてっきりFLIPFLOPsの妖々夢であったように
空の彼方にゲートがあって大階段があって
数十キロ四方の世界があるのかと思ってたのですが
これだと飛べない人間が花見に来るのは不可能ですよね。破綻。
また、少女幻葬って同人であったような
外の世界と完全地続きで森の奥にデカイ屋敷がある・・
ってわけでもなさそう。幻想郷の論理結界が
明治とかに作られたんだっけ?いつ外の世界から隔離されたのか
知らんけど、妖々夢で紫が境界を緩めるまで冥界は顕界と
隔離されてて、 求聞史紀によると西行寺家は最初っから
冥界に縁ある家みたいだから、家系規模がどのくらいなのか
知らんが、外の世界の人間と繋がりを持っててそれを能力で
殺しまくったとかいうのではなさそうな気がする。

改めて整理するが幽々子は生前から冥界。(?)
冥界生まれの冥界育ちで 死ぬ前から冥界の白玉楼にいた。
幻想郷って概念がなかった頃の冥界はどういう位置づけなのか
不明なんだが。日本全体の霊を引き入れてたわけではあるまい?
結局冥界のゲートは地上にはあるが出入りはほぼ不可。
冥界の人型住人がどの程度いるかも不明。
ふーむ・・

いや、感情やら人格補完の話からかなりずれていますけど
ほぼ一気に書いてしまった。追記するなら上に書く可能性もありますが・・
 むしろ東方関係なしにエロに際した人格補完ってテーマなので
もっとそのことを書くべきなのか^^;ミスっとる・・
まぁ僕は東方の研究家ではなく ただの一介の絵師なのでw
妄想で落書きしてればいいわけです。
目一杯可愛く幽々子を描いてればいいですね

かがみんやレナの件で何か言及すべきだったのでしょうか・・
まぁ現実が舞台の作品だったからエロとの互換は可能だと思うし、
(まぁ両方エロじゃなかったけど)
実際らきすた内でかがみんが哀愁溢れる描写などなかったにも
関わらずニコ動ではそういったMAD動画は数件あるし、
矢張り何らか哀しみを差し挟む、思索妄想の余地があったのでしょう。
或いはそう言った嗜好(思考)の人間に好かれやすいキャラということ。
 ひぐらしは元から哀しみ溢れる内容なので問題ナシ。

あ、上で細かく書いてなかったけど 連載など商業展開において
そぎ落とされる人格として、2面的な性格・・と言っても
正反対な2面という記号的なものでなく、
裏がある、含みがある性格ということです。
 伏線であれば明確に裏を設定する必要があるから、
漠然と この人は色々知ってそうだな、で放置するわけにいかない。
東方はZUNが死ぬまで続くかもと言ってるだけに、
そういう将来を視野に入れた展開として
紫や幽々子の全てを設定したり、それを公開するわけにはいかない。
ゴールが見えないマラソンだから、ペース配分さえ不明なのですw
幽々子の過去も紫の過去も、千年ものネタが少しずつ消費されて
いくのか、このままずっとグレーで放置なのかw
そう思えば儚月抄でいきなり月面戦争を使ってしまって良かったの?w
恐らく東方で一番シリアスなネタなのに。

いや、またあらぬ方向に話題が・・
最近 口を開けば東方に話題が引っ張られてしまう癖がある。
話題の構想はあるんですが
また仕切り直した方がいいのかも。
一旦切ります

(切り出すのが難しい、ってことか)
関連記事
スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

Information

Search

pixivご無沙汰 日々の事 ツイログ一気読み tgt話題録 tumblr抜粋メモ nicolistほぼ東方 interviews.jpg自分の事 twitpic日記画像 亜奇数(Furcas)
  • Author: 亜奇数(Furcas)
  • ニコ厨。ゲーム廃人。東方廃人。血液型厨。こっそり絵師。
     東方話題が多いけど、サブカル・芸術などを対象に表現論とコミュ論をモヤっと書き綴る。
     何か調べ事でしたら記事に関係なく質問コメ貰えれば 分かる範囲で答ます。様々な相談にも対応します。
    ゲームは主にスマブラ ポケモン モンハン、心綺楼。
    絵のリクエストも暇だったら何でも受ける。
    当ブログ内の画像は商用以外の無断転載をほぼ許可します。
    コメント反応の目安は3日だと思って下さい。
    小さい話題は全てTwitterで消化してます。リンクは自由に。

Calendar

07月 « 2020年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

過去ログ月別

2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【13件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【15件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【18件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【26件】
2009年 05月 【36件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【27件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【20件】
2008年 09月 【25件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【40件】
2008年 06月 【10件】

カテゴリー

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

スマホこっそり対応

QR

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

通りすがりに

コメも面倒な人用。

無料アクセス解析

投票でも面倒な件

テルヨフgif