FC2ブログ

~萌畢竟~思索考究

メインは東方雑記など。他マンガアニメゲームニコ動に言及。時々絵を描く。最近はTF玩具レビュー多め

最初に言っておくが東方再販分の予約始まってるよ!!!

やっぱりタイトル3語じゃないと落ち着かないね
どうも、1日イモばかり食ってる気がする亜奇数です。

連日1万字では流石に色々問題が発生しますので
・・かと言って絵も描いてないw
しかし遊ばないという決心は朧げにあり、スマブラとネットは
控えたのですが 反動として東方やってしまう始末。
いや、久し振りに地霊殿やって前回(初プレイ)より冴えなかったんで
収まりが効かず、結局緋想天で半日潰してしまったw
他はヤフオクでお面とか落としたり、
ニコ動で最近あがってるキャラ総集編見たり。(結局ネット巡回かよ^^;)

個人の日記なんて本当何の需要もないと思いますけど、
それらに少しずつコメントしておきます。
アクセス解析見てたら毎日色々な検索されてるみたいなんですけど
絶妙にずれてることが多い。役に立てなくて残念ではありますが、
それを知ってから要望に答えても 通りすがりは2度と来ないだろうから、
本当に不毛ですね^; 肝心なこと書いてなくてすいませんw

で 今日のことですけど、
ニコ動のキャラ総集編は みなみけ クラナドが中心ですね。
キャラ出演シーンをまとめて20~40分の動画にしてありました。
この日記書いてる時点でみなみけ勢は全滅w
編集つなぎ自然だし、何より絡みのシーンだから
キャラ固定ファンじゃなくとも普通に見られますw
それどころか面白いシーン40分まとめが何本もあるとか
すごいですねw編集大変だったろうに。
お陰で全キャラ見ればアニメまるごと見たことになる。
久し振りにみなみけ1期見たけど確かに2期より隙がない。
最初から最後まで最高に面白い。
これはらきすたやバンブーよりちょっと上かもしれん・・
 ラキスタは空気で、よそ見しながら見れる雑談アニメだけど
バンブーはそこそこ集中して見る、ギャグとシリアスの混合。
んで みなみけは最初から最後までキッチリ面白い日常ギャグ。
やることというか存在がギャグ。登場キャラがラキスタ並に多いのに、
全員立ってる。全員が違ってて、面白い。こんなアニメ他に知らん。
松尾監督・・紅は意図して掛け合い(会話)を洗練させてるわけだが
みなみけはもっとハイセンスというか、原作者の独特の日常観。
とはいえ、原作絵はちょっと硬くて地味なので俺は1巻で投げたな。
まさかアニメここまで流行るとは思わんかった。
このパターンはラキスタやぱにぽにに近いかも。
これら3つとも原作序盤で投げたものです。

まぁ次に進めますw
地霊殿ですけど・・東方初心者の自分としては
地霊殿一番ムズイです^; まだ総プレイ数時間だと思いますが
体験版3面クリアできたのってイージーで2キャラ?くらいです。
(ボムはいつも存在自体忘れてて使いません)
ノーマルだと2面の橋姫(ボス)の中盤、泡みたいなでかい玉を
ばらまいてくるスペカの回避方法が分からんw隙間ないんだけど
どうすりゃいいんだw
そうでなくとも東方でノーマルになるとゲームパッドの
スティック操作が細か過ぎてできない。
上手い人はどんな操作してるんだろうか?
俺は一応レスポンス3段回に設定できるもので
一番滑らかに設定しててもスティック少し動かすだけで
ピチュってしまうくらい(1cmくらい)動く。
ノーマル以上だとミリ単位くらいの操作ができないと
ボスクリアできないと思うんだが・・
あとは単純に動態視力?向かってくる弾をきっちり把握してない。
例えばスマブラとかその他格ゲーでは飛び道具は相殺
するのが普通だったりするけど、
シューティングの大量の弾幕を目測回避するのは
全然慣れてないなぁ。
卓球も数年ぶりにやってみたら相手のスマッシュ全然返せなくて
ああ、もう目が死んでるなぁって思った。

まぁともかく、東方体験版イージーでは地霊殿だけ
飛び抜けて難易度高い気がする。
勇儀の中盤?やじり状の弾を大量にばらまいてくるのが
目測じゃとてもかわしきれない。
頭カラにして無意識的な操作したら2回に1回くらい
抜けられる程度?
しかしこれも以外に、霊夢ルート一番使いにくい射命丸で
クリアしたはずだから驚き。 結局何時間か繰り返して
回避慣れたらステージ進むっていう、そういうものなんだろうか・・
そう、スマブラのボスバトルとかに似てる気がする。
ボスのパターンを完璧に覚えたらノーダメでクリアできる。
逆にノーダメじゃないってことはパターン組めてないから
ほぼ勝ち目ない。
まぁ全然詳しくないから次の話題w

緋想天も10日くらいやってない気がしますけど。
何だかんだでやっぱり始めたら面白いですねえ。
レミリアルートちょっとバカっぽかった。
萃夢想の面影なく、普通のわがままな子供。
ラストは紫なんだけど、この紫が変にシリアスで
レミリアの目が覚めるような感じ?

 レミリアは安楽椅子探偵を気取って、
 紅魔館にいながら異変の容疑者を呼んで暴こうとする。
 これが上手くいかず諦めかけた頃、紫が現れて
 安楽椅子探偵の真意を解く。今まで絡みがなかっただけに
 ぎこちないんだけどw
 紫が言うには現場を見てしまうとそのイメージに囚われて
 真実が見えないから、安楽椅子探偵は見ずに推理するのだそうな。
ニコ動で聞いたんだけどこのルートのボスの紫は
ZUN作曲の「夜が降りてくる」・・新紫テーマ曲なんだけど
この音楽の途中変調合わせて通常使えないスペカを使ってくる
のだそうで、これを楽しみにしてた。 
(萃夢想の方かもしれんがw)
紫自体あまり使ってないから判別つかないんだが、
最期のスペルのことだろうか?あの同心円状に電撃が
広がっていく感じのスペル。
イージーでも異様に強いというか、もう全く手が出ないw
ひたすら画面端に追いやられて電撃でマヒしたり
ヒットストップ食らいまくって身動きとれないまま削り殺される。
霊夢のラストスペルに近いな・・あれも全く近づけない。
まぁイージーなら弱射撃をチマチマ打ち込んで倒せたりするけど
ノーマルになると難易度倍になってかなり鬼畜。
というかレミリアルートも最初ノーマルでやったのに
最期の紫戦で負けてコンテニューでキャンセル押して涙目w
ノーマルだと紫の最初のスペル?放射状に弾2重にばらまいてくるアレ、
隙が短すぎるwあれでさえ何もできないまま削り殺される勢い・・
いや、ラストスペル以上に隙短いかな・・2重だからグレイズさえ
魔力が底を突く。

ところでつくづく思うんですが、緋想天って東方の中でも
一番ZUNらしくない気がする。
会話が普通すぎると言うか、キャラ設定にも根拠ないし
本当に会話がつまらないです。
いきなりリュウグウノツカイとか地震との関係とか、
何で気質と天気と地震と天人が関係あるのかとか
ホント 天子もイクも意味不明参加ですね・・
会話も冴えないし、全面的に他人の空似感がある・・
 それでも緋想天って2年とかかかってるらしく一応大作ですがw
ちょっと開発事情は測りかねるなぁ
イクも天子もホントにZUN原案?
alphesさんが勝手にデザインしたように見えるんだが。(帽子的に
ていうか、今更だけど、紫の中国っぽいデザインの服、
あれもalphesが勝手にデザインしたんじゃないの?ww
以降作品ではドット絵でZUNが打ってることもあるから
一応原案ではあるかもしれんけど、藍とお揃いとは言え
あの中国っぽいのはどうも違和感感じる。
実際二次創作なんかではこの萃夢想・緋想天の
alphes版ゆかりんのデザインが描かれることが多いです。
思うに、
・緋想天が品数出回ってて多くの人が見ている
・立ち絵がいつでも見られる
・妖々夢は品薄な上にphantasmまで初心者じゃ無理
・藍とお揃いっぽい
・ゴスロリより装飾なくて描きやすい
・ぶっちゃけZUN絵下手
などの理由でしょう。
アニメひぐらしの方が人気出ちゃう・・みたいなパターンか。
 しかし最初見た時 中国服(八卦?)ゆかりんは何故
帽子だけ洋風(=ZUN帽)なんだろうと不思議だったが
どうやらalphesのデザインミス・・と考えていいんじゃないだろうか

===========
あとはまぁ関係ない話ですが
「蓮台野夜行」はZUNサントラの中でも断トツの出来だと思った。
というか妖々夢の時期がピークだったってことか?w
本当に好きな曲ばかりですね。
「夜のデンデラ野を逝く」も「月の妖鳥 化猫の幻」も
ZUNのノスタルジック?なメロディ全開。
物語として構成されてるらしいけどあまりの完成度に
つい作業の手が止まって聴き入ってしまう。
普段の東方にはない落ち着きがあるかも。
(ちなみにこれらの曲はニコ動でもうpされてない。)
あと嬉しいことに私が大好きな「東方妖々夢」も入ってる。
家族いない時に大音量で聴くとちょっと幸せ。
 この曲、妖夢のステージの曲だっけ?(未経験)
最初は特別好きってこともなかった。
まぁニコ動MADの曲がインパクト強すぎだし。
(オーエン・ネイティブとか)
当時はボーカルアレンジもできる限りチェックしてたけど
妖夢の曲としてこの東方妖々夢アレンジでサビの部分、
「~~ゆゆこさま~」になってるのがやたら耳に残ってて
その歌詞の印象だけで覚えてたんだけど
(残念ながらその曲保存してないから調べ不能・・)
(と思ったら見つかった^^;しかもボーカルmiko姫だったwwwぷぎゃー)

実際「墨染桜」も「ボーダーオブライフ」も似たような曲調で
見分けつかんかった。
キッカケは文花帖(本)で曲解説読んでから
理解できないなりに ZUNが表現しようとしたものを
最大限汲み取りたいと思ってるうちに実際に原曲聴いたりしてみて
なるほど このことか、と分かって視界が開けたように思う。

僕はそれまで狭い扉の隙間から曲の一部を少し見ていただけで
その全貌を、その魅力全てを享受できてなかったのだ。
作者の言われる通りに扉を開け放ってみたら
そこに当然のようにあったものが見えるようになった。
魅力に"気付く"って言うが、結局聴く側が認識するかどうかの問題で。
いやw俺が偉そうに言うことじゃないんだがw
東方の曲はどれも素晴らしく、いつか他の曲も
好きになれるかも・・ってこと。


東方妖々夢 ~AncientTemple
 この曲はストーリーと言うよりは場所をイメージした曲ですが、こういう曲を聞くと大抵はその場所に居たいと感じさせる。でも、この曲は「非常に美しい場所だが、ここには居たくない」と感じる。
 この曲を聴くと、古い古い時代の日本を幻視する。あの世というのは既に亡くなったこの世でもあるので、この幻視は偶然ではなく、これこそ幻覚だと考える。


「笙」だっけか、昔の日本の管楽器とかの、雅な感じの音が
入ってますよね。その厳粛な感じがまさに氏が言う感覚
「美しいけど居たくない」「古い時代の日本」「亡くなった世」
を彷彿とさせるんだと思う。盛者必衰とか言うが
滅びてしまった過去の栄華。それに今尚すがる妄執、怨念。
これは恐怖と成り得る。まぁそんなドロドロしてないけどねコレ。
でも幽々子のキレイすぎるのが逆に怖いわけで・・
中身は逆に黒過ぎるから面白いわけで・・
ニコ動始めて間もない頃、幽々子の画像集で
やたらクオリティ高い絵が 蝶で埋め尽くされてるの見て
感じた感覚とそっくりかも、この曲って。
蝶の模様って綺麗っちゃ綺麗だが 蛾ならアレは威嚇の手段だったりして。
防御だけど攻撃なんだよね。攻撃的な綺麗さ。華麗さ。清純さ。
所謂皮肉めいた性格と奥ゆかしいのって紙一重で、
結局内在する醜い心がバレるかどうかっていう結果論に近い。
むしろ本質に於いて同じだとさえ思う。
僕は前からこういう皮肉めいた性格(所謂腹黒とか毒舌とか言うもの)は
「攻撃的な奥ゆかしさ」と表現している(笑

~~~~~~~
うーん、 製品版妖々夢のサウンドテストで表示される
この曲の解説が気になる^^; 
ネクロファンタジアの解説は偶然判明しましたけど・・。
まぁそれ言えば おまけtxt.の紫の紹介も気になるw

ゲーム持ってないと分からないこと大杉・・・
9月に再販されるらしい・・って言うか予約したw今したw
全部できたーー褒めてよさとしくーん って・・全部じゃねえええEE
夢違科学世紀?か分からんけどサントラ1つ既に売り切れてたorz
てか緋想天のサントラだけ発売日ずらすなよ^^;送料600円だぜ?
関連記事
スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

Information

Search

pixivご無沙汰 日々の事 ツイログ一気読み tgt話題録 tumblr抜粋メモ nicolistほぼ東方 interviews.jpg自分の事 twitpic日記画像 亜奇数(Furcas)
  • Author: 亜奇数(Furcas)
  • ニコ厨。ゲーム廃人。東方廃人。血液型厨。こっそり絵師。
     東方話題が多いけど、サブカル・芸術などを対象に表現論とコミュ論をモヤっと書き綴る。
     何か調べ事でしたら記事に関係なく質問コメ貰えれば 分かる範囲で答ます。様々な相談にも対応します。
    ゲームは主にスマブラ ポケモン モンハン、心綺楼。
    絵のリクエストも暇だったら何でも受ける。
    当ブログ内の画像は商用以外の無断転載をほぼ許可します。
    コメント反応の目安は3日だと思って下さい。
    小さい話題は全てTwitterで消化してます。リンクは自由に。

Calendar

07月 « 2020年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

過去ログ月別

2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【13件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【15件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【18件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【26件】
2009年 05月 【36件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【27件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【20件】
2008年 09月 【25件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【40件】
2008年 06月 【10件】

カテゴリー

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

スマホこっそり対応

QR

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

通りすがりに

コメも面倒な人用。

無料アクセス解析

投票でも面倒な件

テルヨフgif