FC2ブログ

~萌畢竟~思索考究

メインは東方雑記など。他マンガアニメゲームニコ動に言及。時々絵を描く。最近はTF玩具レビュー多め

細々と同人イベントにも参加してるようなしてないような僕ですが、
その実感や、東方板のぼっちスレやイベントスレを見てると思う事で、
東方同人生活と言ってもコミュに楽しく参加できる
(大手・底辺問わず一部のリア充的環境)なんて全然少数じゃないか、
東方でオタが文化的に救済されてるなんてまだ言える?って疑問もあって。
そこをもっと改善できるんじゃないかって考えたりする。
東方は出会い系だよ?(創作コミュ的な意味で)と思うわけです。

そこで最近具体的に考えたりするのは、
雑誌や新聞的な、東方の情報媒体を作れないかなとか、
あと僕自身や周辺のアウトプットとしてIRCってまだ実用性あるツールじゃね?
とか。この記事はそういうメモ(先週ぐらいの)でした。
今公開すべきかは分からないけど、興味あったらどうぞな感じで

ちなみにIRCとは、ツイッターやスカイプ以前に少し流行った?
非常に軽いフリーの公開チャットツールです。
名前と経由サバを適当に設定して、あとは興味あるゲーム関係などの
チャンネルを探して繋ぎ、常駐雑談するもの。
東方もいくつかchある筈ですが今も人がいるのかは不明^^;
自分でチャンネル作る事もできるし同人で知人と雑談するには
スカイプなどより簡単じゃないかと思ったりします。
それで僕も東方に使えないかなぁと・・
またいつかツイッターの方で告知するかもです。

興味ある人はこの辺など
http://irc.nahi.to/how2.html
http://limechat.net/ 僕はこれ使ってる
試験的に「#東方流離郷」のチャンネルで深夜にはいるかも






いいわ俺。時代逆行したい!

なんでもっと早く思いつかなかったんだろう。
ブログやツイッターよりは駄文、かつリアルタイムな事。
でも生放送はちょっと面倒だった。
スマホならマイクやカメラは必要ないけど?
スマホでUSTという択はあった。
移動しながらでも話ができる。これはもっと勉強したほうがいいな。外出先でも実況したいかも
(いつかもっと高速回線とスペックがあればどこからでもUST配信・チャットの時代が来るかもだよ)

ともかく、ログとして軽い情報をやり取りするにはまだ当分、シンプルなテキストチャットで開放された場所が便利なんじゃなかろうか。
(ブログにもIRCログ保管庫を作ろうか。
その際、名前表記だけ1文字置き換えておけば、
失言責任問題をクリアできるかも。)

ツイッターの公開リプ会話をtogetterに残すのはちょっと面倒だしあのサイト重いし失言問題もある。
それに公開ツイートはTLの邪魔。
かといってDMはクローズ過ぎて個人の重要な連絡だけ。
送受信エラーも個人的にうざい。
じゃあツイッターから気軽に会話へ移行するなら
IRC(かスカイプ)がベストじゃないか。
(スカイプより俺はもっと適当に使いたい。
もっと無責任に使いたい!ここはネットだから!
海の真ん中に信号を立ててはいけない。
潜るのも泳ぐのも糞するのも溺死するのも個人の権利である。)

ツイッターからIRCを導入してくださいというだけで負担になる。敷居になる。馬鹿避けになる。用事のないヒトはわざわざこない。用事のある人ならいつでも雑談に移行できる。ツイッターよりは柔軟に。
ツイッターは少しつながりの柔軟性にかける。個人任せすぎる。人間(日本人)はもっと受動的だ。ぼっちオタにツイッターは合わなかった。自己顕示欲ある人の垂れ流しミニブログか、気軽にリプ飛ばし・RTし合える半リア充にしか向いてない。
日本人はネトゲにさえ向いてないというが、スタンドアロンのオフゲは世界一ってぐらい人気の国だ。個人が没入・没頭できる事は好きだろう。
受動意的に没頭できること。なおかつあわよくば誰かとも知り合える場所・ツール。それこそ日本のぼっち的オタに向いてるものじゃないか。
まぁそれ(ベターなネトゲやコミュサイト)を構築する技術は僕にはないのでw とりあえず今できる話は、
より柔軟で「救済的」な情報交流を、既存の無料ツールやサービスから構築(選択)しようってこと。


そりゃツール自体はありますよ、
ツイッター、スカイプ、生放送、絵チャ、ネトゲ、ニコ動やPixiv、リアルの同人イベント(オフ)、匿名掲示板など。
この中から自分に合うものを選んで深めればいいんだけど。
でもそれって誰でも出来てることではない。何で? 敷居が邪魔だ。シームレスに。
イライラするじゃない、ちょっとでも上手くいかないことってイライラする。作った人か運営者がバカなの?単に資金がないの?って思う。

ツイッター始めました。まず何するの?
>まず100人ぐらい興味ある分野の人や有名人をフォローしましょう。
少しずつリプしたりして数十人の友達を作る?
めんどくさい。自分から意見やミニブログをアウトプットできなければツイッターはRSSと同じだろ。
実際そうなのかもしれん。ツイッターは告知・宣伝に割り切って情報拾い(インプット)だけでいいのかも。
ニコだって匿名掲示板だって同人即売会・作品だってROMだけで満足できるだろ?

そうかしら?
人間は何かしら相互的な部分がなくては堪えられないんじゃない?
無私のように、透明の傍観者のようにゲーム世界の謎カメラ視点のように、無干渉に長年生きていられる?
そっちの方が精神力たくましい気がする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「東方はもっと先に進めるはず」
神主は作品だけ吐き出して満足?
だったらツイッターとか新しい流行物もいらないじゃん。
作品だけでアウトプットアイデンティティを満たすなんて古すぎる。神主はシンポジウム(笑)でそこを満たしている。でももう1つ下の世代(のオタク)はもっと孤独じゃないかしら。
ツールは用意されてるけど使い方は完全に充実してるわけじゃない。
とりあえずググればHowtoWikiがあるとも限らない。
技術(ツール)が増えすぎて画一的なwikiが機能しない場合も多い。技術の進歩・更新が早すぎて解説wikiを作る暇が無い場合も。それって単純に時代が便利になったとも言えないよね。ツールの増加でストレスという対価が増えてる。

もう一度言いたい。「救済的な情報ツール」がほしい。
今の時代の日本なら取り合えずネットに繋げれば
誰でも救済はできると信じたい。(どアホまで救う必要はないけど)

東方・・というか異世界、日本に無尽蔵に増えていくフィクション世界が救済でなくて何だと言うのか。
まぁ仮に東方の作品が救済でなくても、東方によって構築された場(コミュニティ)は間違いなく前代未聞の、新時代のオタ救済を可能にしてると思う。
世界や他者を知ることによる、知的救済だ。


僕の理想にはモラトリアムという言葉が頻出する。
過去の記憶の中にベストの状態は手近に存在するから。
20年ぐらい生きてればきっと1年ぐらいは幸福な環境があったでしょう?それでいいよ。それこそ自分の理想だよ。
大金でも入らない限りほとんどの人間は生涯その幸福を超えられないと思うね。
自分の知る中(オタ的価値観の中)で端的に言って、それは高校・大学の部室だったり、小中学校の夏休みかも。
もしくはファンタジーやSF、他の時代・世界観。
それって実現不可能とあきらめるほどの事ではない。
作品体験とか疑似体験、もっとアナログに言えば想像遊びだけでも実現なんて可能なんだ。
またあの話をしよう。「道は近きにあり」、
幻想郷に行く方法は山奥の神社を探すことより、
「考え方を変えること」ではないか。
確固たる位置にあるのではなく、遍在している。
(という希望的観測。言うまでもなく。幻想郷に行けないなら作ればいいじゃないか。それこそ同人的だ。)


漠然とした話が続くが、さて。情報の救済という件。

・ひとつ考えたのは雑誌や新聞、これは個人や少人数で作れる情報網。
・デジタルによる情報網、= コミュ・サービス・ゲーム世界の構築は僕にはわからんので保留。(でも僕が生きてる間に東方のネトゲとか、コミュを内包する巨大サービスが実現してほしいなあ) 既存の物を利用なら可能。
・まぁ他にも漫画や動画のような媒体の作品発表を通してヒトの価値観を変えようとする方法もあるだろうし 考えないでもないがこれは個人的にゆっくりと。

自分用メモなので投げっ放しでも終わる

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

Information

Search

pixivご無沙汰 日々の事 ツイログ一気読み tgt話題録 tumblr抜粋メモ nicolistほぼ東方 interviews.jpg自分の事 twitpic日記画像 亜奇数(Furcas)
  • Author: 亜奇数(Furcas)
  • ニコ厨。ゲーム廃人。東方廃人。血液型厨。こっそり絵師。
     東方話題が多いけど、サブカル・芸術などを対象に表現論とコミュ論をモヤっと書き綴る。
     何か調べ事でしたら記事に関係なく質問コメ貰えれば 分かる範囲で答ます。様々な相談にも対応します。
    ゲームは主にスマブラ ポケモン モンハン、心綺楼。
    絵のリクエストも暇だったら何でも受ける。
    当ブログ内の画像は商用以外の無断転載をほぼ許可します。
    コメント反応の目安は3日だと思って下さい。
    小さい話題は全てTwitterで消化してます。リンクは自由に。

Calendar

07月 « 2020年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

過去ログ月別

2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【13件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【15件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【18件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【26件】
2009年 05月 【36件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【27件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【20件】
2008年 09月 【25件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【40件】
2008年 06月 【10件】

カテゴリー

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

スマホこっそり対応

QR

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

通りすがりに

コメも面倒な人用。

無料アクセス解析

投票でも面倒な件

テルヨフgif