FC2ブログ

~萌畢竟~思索考究

メインは東方雑記など。他マンガアニメゲームニコ動に言及。時々絵を描く。最近はTF玩具レビュー多め

2月から博麗神社と幻想郷地理については
考え続けてて、自分の地元や日本の山奥の
実際の生活がどのように成り立ってるか、
投影考察に及んでいた。
最近の事もあって、取り敢えず自分が思い付く限り
主に博麗神社~里、山の位置関係について
だらだらと書き留めた。 指摘歓迎。
ちなみに香霖堂はまだ2/3ぐらいしか読んでない。

いざ地図を作り始めると、また面白くなってくるかもしれない。



(前置き)

今週は同人感想と掃除、と言っても予定通りに僕が
生きてるわけがない。
急に暑くなったので掃除する気が起きず、
同人は読んでるけど一冊ずつ感想書いてないので
後から整理で萎えてくる。

半年に1度は、幻想郷の地図を作りたい衝動に駆られる。
地図と言ってもグラフのように様々な図示の方法がある。
写真、3DCG、イラスト、製図、等高線、立体模型、など。
別に僕はどれをやりたいっていう決意があるわけではない。
設定知識・考察の客観性に問題があるから、できれば
複数人で製作したいとは思っている。

ただ、今年になって考え始めたのは
縮尺・距離が具体的に図示されてる一般的な地図、かな。
距離不明の仮定ならチャート図のような曖昧さで良くて
それなら特に相談する必要もない。
もう少し個人的な願望で言えば、世界観の生活空間としての
地理合理性を重視した、自然な幻想郷地図(地理)を図示したい。

・・と、思っていたが懸念もある。
竹本泉の『アップルパラダイス』を見ると
ファンタジー世界としてカオスで滅茶苦茶な地理構造だ。
砂漠や遺跡が当然のようにある。
幻想郷もその名の通り時空の歪んだ空間なら
誰かが言っていたように道中の距離が不定だったりして
ダンジョンゲー?みたいなランダム地形、とか
考えるだけ無駄なのかもしれない。

だからこれはあく迄、自然な物理法則の、日本の一部、
という仮定条件での地図製作、予定である。

とは言っても人里で社会形成に必要な市場・人口規模、
とかガチな社会統計学を持ち出す事には僕は懐疑的だ。
これには色々な例え・説明ができそうだが、
例えばどこかの原住民の部族はサツマイモだけしか
食ってないとか、ブタ肉しか食わないとか。
だから幻想郷の人里がどんな生活してるのか具体的に
分からない限り統計学を持ち出す妥当性もなく、
幻想郷は相当小規模・特異な生活圏かもしれないわけで。

これらの話はもちろん、ZUNの考えに則すとも限らない。
彼の思考を徹底トレスするなら、恐らく具体的な距離感は
設定されていないのでは、と思っている。
竹本的な、制作者に都合良い・楽しいファンタジー世界。
一応僕の方向性としてはそれをもう少し合理的(現実的)
に補間した仮定考察地図。
(しかし原作内で規定されている設定は曲げようがない)

――――――――――――――

まず大まかな位置関係は、考察系の一般論?にのっとる。
東に博麗神社、中央側に人里と森があって南に竹林や太陽畑、
北側に大きく妖怪山。僕も大体そういうベースで考えてる。

問題は、その位置関係(距離)の微調整。

・・・話す順番が整理できないので思い付いた順でw
かなり独自・実体験の話をするけど、現実的に、
山の陰になる位置は日照の問題で家を建てない。
僕は田舎の山奥に住んでるけど、近隣の集落は高い山の東側に
密集してたりする。広い平野の中心などには基本的に無い。
(とは言え、昔の街道として発展した現在の大都市などは
盆地・平野の中央にあったりする)
取り敢えず言えるのは、例え公式設定だとしても
人里が巨大な妖怪山の陰(南西)に密集する事は無いと思われる。

人里に対して東側はある程度解放されている。
博麗神社もそれほど影にならない程度の高さ。
(最近、小高い丘にある寺に行ったら盆地全体が見える絶景だった。
あれは少しイメージの参考にしている。)
或いは、北東に妖怪山があったとしても麓から結構離れている。
風神2面タイトルで「妖怪の樹海」という表記があり、
雛がいるとか河童がいるような渓流は山の入口で、
その付近は大きな森林地帯なのかもしれない。

幻想郷には人より妖怪が多いらしいが、そこまで
大小数千以上?も妖怪が居るとすれば、山・森林地帯が
広い事になる。しかし妖怪山が富士山的大火山だとすれば
木々に覆われてない部分も多い筈。(富士山には詳しくないが)
ならばどこに妖怪が住んでいるのか、疑問だった。

そう、妖怪山の様子がまず大きく意見が分かれる部分だと思う。
風神EDでは北海道のピンネシリ山の写真らしいが
http://sakuramaya.fc2web.com/east/hokkaidou/pinesiri.htm
これは木が生えてて火山ではない。
富士山は多分5合目ぐらいまで木が生えてる?
動画http://www.youtube.com/watch?v=k_six9bGTro&feature=related
写真http://blog.goo.ne.jp/yasukenounagi/e/2f388487d66671e7d03d693d3986559c

僕は長野、白馬は行ったことなくて、樹木が高く育つような
山がどれくらいあるのかピンと来ない。
ただ、一時はZUNが幻想郷は東北か四国のイメージと言ってたので
自然の風景としては岩山の高山地域というわけではなかったと思われる。
妖怪山はともかく、他の地域はそれほど海抜が高いわけでもなさそう。
それなりに深い木々が生い茂った、妖怪が潜む地形かなと。

山の話が続いているけど、妖怪の山は風神録で後付け
設定だとも思っている。
紅魔郷では人里より先に神社へ霧が来ているようだし、
高い妖怪の山は後になって「幻想入りした」のだと思う。
三月精で大きなものが突如幻想入りしているように、
『アップルパラダイス』のように、作者の都合で
突如地形が変異する。
妖怪山まるごと来たとは考え難いが、守矢も含めて、
風神以前の世界観と完全には整合してないだろう。

とは言え、紅魔郷で霊夢が早めに気付いて阻止したという
ストーリーを尊重するなら、霧の湖と神社の間に集落を
配置したりは出来ないと思っている。
この辺りの位置関係を重視すると
湖(紅魔館)>博麗神社>人里 という標高・距離関係にしたい。

博麗神社は山ではないと指摘された事もあるが、
幻想郷一望できるとか 人里より霧が先に到達したなら
割と高い丘か、妖怪山の東側下腹、辺りにあるとも考えていた。
それと太陽の畑が求聞で奥地と書かれていて、
合せて考えると幻想郷はとても南北に長いのでは、とか、
正方形や円形のイメージを捨てた。
地図作成スレで出ていたこの図は結構イメージに近い。
http://momijitocirno.sakura.ne.jp/remilia/uploader2/src/remy4083.png
ここでは幻想郷の主要区画が10km程度しかない事になるが、
僕の最初のイメージではそんな規模だった。
少女たちが気軽に遊びに来る、山間の狭い村。

村という言葉は多分、10人~1000人ぐらいまで通じる表現だ。
ウチの近くでは山間に十数件の集落が点々とある状態。
しかし幻想郷が妖怪に脅かされた歴史を考えるなら、
集落は一ヶ所にして塀で囲い、それこそ戦国時代の陣営か
中世ヨーロッパの砦のようなイメージさえあった。
そうでなければ、家数軒の集落では動物・熊などにさえ襲われる。
明治時代でもそういう事はあったらしい。
この辺りのイメージから、幻想郷と里はゼルダの伝説ムジュラの
クロックタウンっぽい位置関係なのかなとか思ったり。

少し話を戻すが、幻想郷は現実的にかなり小さいのではないか、
というのが直観としてある。唯一だったらしい神社の管轄区、
一望できる、という話からしても数十キロあったとは考え難い。
後付けで大きな妖怪山が配されても、博麗神社~人里の
位置関係は本当に村規模ではないかと思う。
富士山麓を意識するとそれだけで裾野30km前後あり、
山の麓に全てがあっても博麗神社から人里まで10kmとか
あまり「ちょっと買い物へ」という距離ではない。
仮定が難しいけど、飛行速度は普通どれくらいだろうか。
服が激しく乱れたりしない程度、自転車ぐらいだとしても
信号はないので1時間もあれば着く。
だから一応30km前後でも不可能ではない。一望は無理だけど。
先日僕が見た丘の上の寺からの眺めでは、せいぜい5kmも
見渡せてない気がした。遠近でスケールは分かり辛かったが、
もし幻想郷が数十キロもあれば大変な事だと驚いた。
富士山裾野+他の地域だから倍という意見もあるが、
60~80kmってそりゃ都道府県ぐらいの広さだ。
人口も昔でさえ数千人ってレベルじゃないと思う。
さすがにそれを日本と陸続きとか言えたものじゃない気がする。
高速で飛べるとしても都道府県全体を霊夢一人で
管理してるとは思えない。
仮に、妖怪山を20kmとして図を書こうとしたら博麗神社から
最寄の場所まで5km、みたいなスケールになってて、現実的に
生活が成り立ってる気がしない。飛ぶならともかく。
もう一回り狭いスケールで考え直そうと思っている。
http://twitpic.com/5fvf4p (これ1マス1km)

また自分の話だけど、先日参った寺の中には集落から離れた
谷合いの山奥に孤立してる場所もあった。
そこは由緒ある寺なので古くから畏敬されていた筈で、
里からたった300m程度の隔離だが生活には相当不便に思えた。
山を一つ回り込むような立地である。
これはまるで、博麗神社の参道問題を思わせる。
博麗神社の参道は鳥居が向いてるであろう東向きに仮定すると
結界の厳密な境界はどこなんだよwって話になる。
以前にも紹介したと思うがここのサイトが分かり易い。
http://gakuyourou.web.fc2.com/text/text_jinja.html
ZUNの勘違いでなければ回り込むしかない。
裏道があるとの説もあるが、普通に考えてわざわざ神社の
表参道を無視するのは作法的に不味いw
それと2月に指摘したが、山(丘?)の西側だと日陰で
冬場凍って通れないかもしれない。
博麗神社の向きに関しては正直ZUNの勘違いが疑わしい。
或いは、比良坂などの作画誤解によって、鳥居・神社・参道
のどれかが別の向きだとか?
スレなどで多く参照されている三月精だが個人的には
ZUN直筆の設定以外は9割信用していない。
そこまで詳しい相談をしている気配がない。
神社周辺の地図などにしても半信半疑である。

話を戻すが、山を回り込むような立地の寺社は一応あり得る。
その寺に行った時に霊夢の生活を想像してみたが、
里まで数百mぐらいならまぁ散歩ついでに歩いていける生活圏だ。
スレの地図では神社から森へ続き、里への距離を広げてある。
この点は自分と異なる。 距離的な無理より、
獣道・茂み横断の危険で人里から往来が無いのかと思っていた。
しかし妖怪が潜む茂みとなれば最低でどのくらいの規模になるか?
昔は峠1つ越える時に山賊を警戒したのだと思う。
200、300m、それから里外部の田畑が続いても
個人的に5km、10kmという想定はしていない。
これも難しいもので、飛ぶなら自転車の速度でも10数分になり、
数キロあっても違和感はない。
三月精の話で霊夢が歩いてるような描写を見るに
彼女らの日常で飛ぶ移動が必ずしも当然ではない予感がしている。
食い物まで持っていれば飛行移動は難しかったり。
暢気な東方キャラなら敢えて急いで移動はしないような。

飛ぶ速度の難しさは、ゲーム本編の時間にも関わる。
大体1日?もあれば解決してるらしいが、
幻想郷の中 数km~数十kmを何時間も飛び回って10代の少女が
妖怪を打ち倒す、とは体力的にキツイ。
飛ぶ速度によると言っても各所数kmの間隔がないと
ゲーム本編が成立しない。それはご都合演出でもあるが、
空中戦を繰り広げて迷惑にならない程度の規模はある筈。

まとめるが、歩いても可能で 飛んでも狭過ぎない、
程々の距離で神社から人里・森へ繋がってると考えたい。
5km以内か。

・・・・・
一週間以内で暇があれば簡単な図を作るかもしれない。
興味ある人はやってみるのも面白いでしょう。


フリーのアイコン置き場
http://free-icon.org/index.html
幻想郷 ウィキペ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%BB%E6%83%B3%E9%83%B7
地図作成スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/41116/1285135966/


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

コメント

紅魔郷における人里 / 幻想郷の端

幻想郷の地理には私も興味があるのですけれど、以前少しだけお話ししたとおり、全体像を明確にイメージできている訳ではありませんので(この辺で思考停止 > 竹本的な、制作者に都合良い・楽しいファンタジー世界)、私自身はあまり意見は出せないと思いますが、ぜひ完成図を見てみたいものですね……。

> とは言え、紅魔郷で霊夢が早めに気付いて阻止したという
> ストーリーを尊重するなら、霧の湖と神社の間に集落を
> 配置したりは出来ないと思っている。
紅魔郷における人里は、幻想郷の「人間の里」とは別ではないでしょうか?
紅魔郷の“このままでは、霧は神社を越え、人里に~”のくだりは、「霧が神社を越えてさらに東側(幻想郷の外)にまで広がろうとしている。幻想郷の外に干渉して外の人間に気づかれると幻想郷の存在が危うい。」と読めます。

> スレなどで多く参照されている三月精だが個人的には
> ZUN直筆の設定以外は9割信用していない。
> そこまで詳しい相談をしている気配がない。
同意です……。
書籍(あと黄昏さんのゲームなんかも)における描写はまったくあてにならないと思います。
さも当然のように信頼されている方が多いようで、普段からもどかしく思っていました。
(二次創作の参考にする分には良いと思いますが。)
ですが、博麗神社が幻想郷の東端に東を向いて建っているのに参拝客が参道からやってきても不自然ではないと私は考えます。幻想郷の東端と言っても、そこで幻想郷が突然途切れているわけではないでしょうし。
東端というのは、それより東には特に何もない(野山が続いている)という程度のニュアンスではないかと思います。

  • 2011/06/25(土) 08:08:48 |
  • URL |
  • ソラ #gw3CiMFk
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://furcas.blog39.fc2.com/tb.php/637-7ef797ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幻想郷と博麗神社

幻想郷の東端にある博麗神社が東向きである理由など

  • 2011/06/28(火) 02:15:57 |
  • 東方幻想狂 ~ Lunatic Lotus Lover
このページのトップへ

Information

Search

pixivご無沙汰 日々の事 ツイログ一気読み tgt話題録 tumblr抜粋メモ nicolistほぼ東方 interviews.jpg自分の事 twitpic日記画像 亜奇数(Furcas)
  • Author: 亜奇数(Furcas)
  • ニコ厨。ゲーム廃人。東方廃人。血液型厨。こっそり絵師。
     東方話題が多いけど、サブカル・芸術などを対象に表現論とコミュ論をモヤっと書き綴る。
     何か調べ事でしたら記事に関係なく質問コメ貰えれば 分かる範囲で答ます。様々な相談にも対応します。
    ゲームは主にスマブラ ポケモン モンハン、心綺楼。
    絵のリクエストも暇だったら何でも受ける。
    当ブログ内の画像は商用以外の無断転載をほぼ許可します。
    コメント反応の目安は3日だと思って下さい。
    小さい話題は全てTwitterで消化してます。リンクは自由に。

Calendar

07月 « 2020年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

過去ログ月別

2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【13件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【15件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【18件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【26件】
2009年 05月 【36件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【27件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【20件】
2008年 09月 【25件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【40件】
2008年 06月 【10件】

カテゴリー

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

スマホこっそり対応

QR

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

通りすがりに

コメも面倒な人用。

無料アクセス解析

投票でも面倒な件

テルヨフgif