FC2ブログ

~萌畢竟~思索考究

メインは東方雑記など。他マンガアニメゲームニコ動に言及。時々絵を描く。最近はTF玩具レビュー多め



追記05:32 3Dカスタム少女の動画について
テックアーツが提案する3Dエロゲの展望とか・・

んで6月に発売して先日アップデートされた
3Dカスタム少女の動画とか
一応オススメは、 11(魔理沙) 12(閻魔あい) 14(レミリア) 
その他、9.5(ウィッチーズキャラ紹介3D化)

ラブデス2で結構3D始まったと思ったけどカスタム少女の
ムチエロさは立体の魅力をよく引き出してると思うな。
まぁポージングにはクセがあるけど、表情がすさまじくエロいな。
まばたきした後 一瞬目を逸らすとか、上手い。
このシリーズ見たことないならまず14(最新動画)を最初から最後まで
飛ばさず見た方がいいかなw特に後半はややロリな気があれば
普通に抜ける程度のエロさだと思う。立体の魔力。
選曲が上手いってのがかなりキモだったりするw
お洒落エロい。(←新ジャンル?w)流石カリスマ・・
11の魔理沙もかなりエロイ。俺は正直魔理沙を1度も女として見たことが
ないくらいに好きじゃないんだが、今日これ見て初めてエロいと思った。
もし東方がマンガアニメ実在化した場合、巨乳であの性格だったら
普通に好きかもしれんな。んでアリスにデレたりしたら最高だぜ。
12閻魔あいは、飛ばさず見たら所々でフェラシーンが映る。
どう見てもちくわですね、ありがとうございます
しかし去年の今頃DOAとかの水着ムービー連貼りされたりしてたけど
このカスタム少女でまで どこがいいの?とか抜けるわけない とか
言ってられるなんてかわいそ過ぎるぜ。
結局何でも、楽しめた者勝ちであって。
見識(キャパ)が足りねえんだよ。
3次 AVとかで抜けるのは普通だろ。
エロアニメとか、エロマンガとかは想像の余地とか脳内で補完できる
高度なエロなんだよ、わかんねー奴はわかんねーまま
生きてればいいさw
それでも抜けないという人はこっちのサンプルエロムービーでもどうぞ(18禁
(体験版もありますがグラボとかないとマトモに動かないと思う)


追記01:04 シグルイとクレイモアなど

思いついたことを思いつき次第(笑)
下の追記でシグルイについて少し言及しているが、
今のところ作者山口貴由はBだと思ってる。
原作の影響が読み取れない部分もあるが。。
まず最初 描写の内実性とか演出の上手さ、
眼の描き方や荒れてるタッチなどでAかな?と思ったが
やはりこれほど描けるAがいるとは少し思えないのと、
作者の顔を見た感じでちょっとAとは違う気がした。
むしろBっぽい。そして極めつけとして、
5巻あたりの鬼瓦の乱雑な掛け網タッチがB特有のものだと
ほぼ断定した。 そこでこの面白すぎるバトルものの絵が
『クレイモア』の独特なタッチに似てるように思えてきた。
クレイモアの作者も私はBだと思ってる。
去年の秋 モンハンの団長から勧められて改めて全巻揃えたが
かなり面白かった。数日間クレイモアのことばかり考えていたw
知らない人のために説明すると、妖魔狩りの女剣士たちの物語で、
全力になると人間の姿を保てずバケモノになってしまう。
これが俺的に最高のツボジャンルである(笑)
美少女が半妖、そしてでかいモンスターになるっていう設定が
一番好き。 理由はヤンデレに近い。 結局は、
女っていう か弱い存在が鬱屈した感情を爆発させて暴れる
ということだ。現実には無理だが。
これの軽度の状態こそ、ツンデレだ。つまりはSっ気が強い女性。
他人に当たり散らすことで自我を保っている両刃の女の子なんて、
投影出来過ぎてやばいじゃないかww話がそれてきたw
 クレイモアで好きなキャラはリフル。
覚醒体は帯?紐?が絡み合ったような、網状のバケモノ。
いつか描いてみたいと思う。 ・・けどコミック全部どこかに
片付けてしまって、設定確認できないw



追記23:38 主にシグルイと筋トレの話

さて、いつも通り書き捨て状態であるが、一応言った限りは追記しておく。
例え考察を書き切れなくても ここを見た人の
何か一助とならんと願いつつ。
 何しろ、私が明日生きているという保証がない。
ウィキペディアの「哲学」の項目で 以前に見たとき、
「しばしば哲学者の突然の死によって
その膨大な思想大系が失われることがある」
というような記述があった。 人生をかけて考えこと、その人の
世界観そのものというのは 書きたくても書き切れるものではない。
腕が何本もあってリアルタイムに記録しつづけても足りないだろう。
寝てる間もある。 電脳化して直接記憶データを残せない限り。
トランスフォーマー ビーストウォーズ、あれって
遠未来の人類が宇宙に生活の場を求め、機械の身体に
魂(マトリクス?)を封じ込めたという設定じゃなかったっけか?
いや、まぁいいけど。 以下雑記
=============
ニコ動で懐かしいアニメソング というシリーズをうpしてる人がいる。
ヒカ碁OPやワンピOPなど。メジャー処だが私はCD持ってないので
ありがたく頂いた。マキバオーとか幽々白書なんかは
手元にあるんだけど、俺も兄貴も結構紛失している。
古いSFCゲームサントラやシングル時代のアニソンは
今だからこそ欲しい。 懐古もたまには良い。
============
マンガ『シグルイ』5巻まで読んだ。
非常に面白い。無類と言ってもいい。
シンシアミッションを読んだ時とやや似てるけど、
シグルイはその上位互換かも。ひょっとしてパクリ・・じゃないよな(笑
鬼巫女という霊夢の同人で完全にシグルイのパロを
やっていたりする。俺はそれを読んで気になって原作買ったw
時代劇としてスルーしてきたけど、これは無視できない質だ。
キャパオーバーと言っていいんだろうか?
隙間なく面白い展開が続く。何とも神がかった演出・描写力である。
ただ上手いだけでなく、むしろ内面描写のようなものが強力。
バガボンドをサラっと見た感じでは写真トレスしたような
何とも中身のない絵柄でシュールなようなリアルな話が
淡々と続いてる作風であったが、シグルイは中身も感じるし
描写も独自性があるように思う。チャンピオンに似つかわしくない
クオリティだと思う。そうでもないか?まぁ方向性は合ってるが
これを普通の青年が読むとは思えない。そういう意味で言えば
読者層が難しいかもしれない。
現代漫画論のマンガ雑誌調査発表でチャンピオンRED
を担当してた人がいたけど、結論として
「面白いがジャンル未分化の中途な雑誌」という
扱いだったように思う。 これも「超」面白いけど、
売れるには限界があるだろうな・・時代劇って言う敷居。
キャパオーバーっていうのは、大きな見開き描写とか
見たこともない奇妙なカッコイイ剣術とか、
ものすごい皮肉な演出とか、今までほとんど感じたこともない
ような思いが色々と浮かんでくる。これをどう消化していいか困る。
時代劇ではあるから実践ではないんだが、この作者が描いてるものは
決して今の日本人でも無視できない何かだと思えてくる。
 カタチとして言えば、私は木刀・摸造刀を素振りする
(むしろ剣舞?)趣味?筋トレ?があるから、
ちょっと虎眼流やってみようかとか思うがww
私の理想として、引き籠りつつ 毎日30分程度の運動が必要だと
思っている。 腕立て・腹筋・スクワット・・10分
1キロ程度マラソン(100mインターバル数本+500m全力)…10分
摸造刀で剣舞的なこと10分。

ちなみに俺は陸上部は1年だけ。得意は長距離(2キロ以上)とハードル。
それ以外は一部パソコン部で、あとはずっと卓球。
無論剣道は全く知らない。中学で卓球部の隣が剣道部で
懇意にしていたが基礎も何も知らない。
ただの個人的な鍛錬として、何か重くて長いものを
扱うと良さそうなので模造刀・木刀にしてるだけだ。
京都だからそういう店はけっこうある(笑)
大学1年、入学間もない頃 人気のない廊下で
つま先から頭のてっぺんまで黒づくめの格好で
刀振り回してたことがあったけど(お面もつけてたw)
先生らの「彼は変態なの?」「お前、事件だけは起こすなよ。」
とか、全く正常な指摘である。人のこと言えないな俺も。

朝の筋トレと言えば・・上記のメニューを夏休み中は行っているんだが、
新聞配達に来たおばちゃんがぬるい目で見ていたことがあった。
気まずいが挨拶はした。
寺の 砂利がひかれた、松の木や灯篭(とうろう)が並ぶ庭で、
朝から坊主の息子が刀振り回している光景である。怪しいw
それより気不味いのはマラソンの方かもしれん。
早朝、人気のない田舎の田園風景で熱心に走り込んでいる青年。
都会の公園じゃあるまいし、田舎では逆に空き巣みたいである^^;
実際そういう目で見られる。 学生が朝から何うろうろしてんだ?
って思われる。 それはともかく、これを始めたのが数年前、
丁度ひぐらしが流行り始めた頃であった。
私もプレイして、鬼隠し編をやった頃だったから、
実際 早朝に田舎でジャギングというのも怖くて仕方なかった。
まさに圭一がL5発症した頃、レナを待たず独りで登校する際
村人からレナについて追及されたり、山狗の車に轢かれそうに
なるあたり。田舎とはいえ、畑仕事をしている年寄りに
所々で会う。これが全て自分をつけ狙う者であるという疑心・・
100mほど遠くに見える人がこっちに向かってくるだけで、
命の危険を感じる。 自意識の臨界とは斯くも危ういものか。

くだらない話で長くなったのでここで一旦切ろう。



概要>・深夜アニメとエロについて。
     ・就活にあたって、俺にしか描けないものについて。
     (擬人化や版権絵の多角的視点解釈と表現の重要性について)



最近スマブラと絵のことばっかりだから、たまには
考察とか書いた方がいいでしょうか?
とりあえず思い出し次第追記していきますね。
まぁ社会人なら夏休みでもなく、夜しかネットやらないだろうし、
昼間随時更新したって特に意味ないんだろうけど。



恋姫無双の4話でエロシーンがあったみたい。
いつもなら数時間放置される最新話が、4話だけは
数分で消える。R-18カテゴリで抜粋が残ってたけど、
夜まで消されないとは思えないなw
恋姫無双 問題のシーン」というタイトルの動画
昔あった、ヤミと帽子?って深夜アニメでオナニーシーンあったんだけど
俺は当時高校?一応あれは全話録画してた。
見てて普通に分かる程度の表現だったと思う。
「え?うそwwでも・・そうだよね・・^^;深夜やべ~」って感じ。
一応放送禁止になったらしい。
他は・・ポケモンの事故回、ポリゴンだっけ?あれも普通に見てましたね。
まぁ集中力ないし電気はつけてるし3mくらい離れてるし・・問題ない。
高校になって、テレビから1m以内で見てる奴いてびっくりしたw
バカなの?・・って・・、兄貴も見てましたサーセンwww
私は小さい頃からおもちゃで遊びながら遠目にテレビ見てたから
所謂「ながら生活」?が身についてしまってるなぁ。



就活ですけど、面接とかで話すことというか
美大まで行ってナニやってたかってことなんですけど
就職に当たって自分のセールスポイント?的な話しないと
と思えば、結局「自分にしか描けないもの」とか
「自分が考えたオリジナルなもの」を商業クオリティ
(人に見せられる完成度)で提示できないといけない。
もしくは、圧倒的な基礎力、デサッサン力とデザインセンスですね。

もちろん個性を表現する前にそれらをある程度習得してないと
駄目ですけど、個性なくても基礎力がすごくあれば問題ないとは
思います。
一応美大行ってる時点で最低限デッサン力とかは保障されてますけど
4年間ナニやってたかってのは問題ですよね。
大学で4年間 もの造りやって批判受けてきたってのが
大卒の強みですから。(って任天の面接官が言ってたような気が。)

実際作ったものが認められるようなことってないです。
なにしろ大学の教授なんて40以上のジジィですからw
ニコ動なんて知りもしないしマリオとポケモンくらいしかゲームも
知らないだろうし。そんな人が昭和の"イラストレーター"を
あーだこーだ引き合いに出して批判するんだから。
アンディーウォーホルの毛沢東が300億で落札された?フーン。
ゴッホのデッサン1枚 10億だっけ?ほ~。

いや、まぁ両方死んでるけどね。
逆にエロゲンガーなんて現役・・20代から40くらいまでに
ちょこっと名が売れて終いでしょうに。マンガ家は
50過ぎても名前だけ残ったりするかもだが。
 おっとw話がずれてたw

とにかく、美大行ってて面接となると自分にしか描けないものとか
ないと、と思うのですが、こうしてピクシブとか見てて分かるのは
自分には背景とか込みで「絵作り」というか、
キャラでなく、絵として仕上げることができない。
背景も描けなくはないですがメドイし、特に必要性も感じない。
キャラデザは世界観理解した上でどうキャラ動かすかってだけだし
樹の生え方とか町並みとかわざわざ描いて考えることじゃあ
ないと思う。
別の視点から言えば 私はイチイチメディアなどを見るとき
要素を分解して解釈してる。
アニメを見たら キャラ設定・デザイン 世界観・背景・シナリオ・演出・
動画・声優・SE・BGM・OP・ED・・って感じで。
それに対して作品全体の印象もあるけど、それはそれ。
あのアニメはあそこを評価するけどあそこは看過できない、とか。
 じゃあ自分で絵を描く時、それらの多くの要素をひとつひとつ
完成度を持って押さえていくとなるとどんだけ大変か。
まず、個人じゃ荒が出る。 マンガなんてのは連載前から
何ヶ月か編集者と相談して世界観とか大まかな流れ決めてるし、
 これをイラストレータの絵にイチイチ求めるのは厳しい。
せいぜい何となく思いついた場面を ソレっぽく見せてるだけなのだ。
 そういう意味で言えば画材や絵柄の問題だけで
画家とイラストレータの差なんて大してない。
キャラとか要素分解して考えてない、無責任な描き捨ての
世界なら、これは商売にならない。
 ちゃんとこのキャラはこういう性格で・・とか
現在隣の国は・・とか  ここにはこういう動物(モンスター)がいて・・とか
絵に見られる以上に設定が存在しないといけない。
逆にそういう意味で言えば 実際に描くのは「絵」である必要がない。
「デザイン画」「設定画」というやつだ。
べつにちゃんと塗ってある必要もなく、背景もいらない。
もっと言えば言葉で説明してもいい。
箇条書きだと流石に 企画書になってしまうけどw
相手(仕事仲間)に伝えるための説明手段としての図像だ。
 
 そう、絵じゃなくて、図像。オブジェクト。
俺は それをいかに面白くするかってことを仕事にするつもりで。
まぁ別にそうでなくてもいいけどw(背景でも小道具でも何でもいいけど)
だからキャラ以外何も描かない。 樹を描くのも好きだけど、
別に仕事にするつもりもないし。
純粋に世界観の中でひとりひとりの人物がどんなであるか、
どう行動するかって考える方が、俺的に自意識を投影しやすいから、
つまり俺が人間だから 人間描くのが楽ですよってことなんだが。
 残念ながら人間描くの上手い奴なんて腐るほどいるからw
じゃあ汚れ仕事的に、需要も供給も少ないけど必須要素である
クリーチャー(モンスター)デザインなんて狙い目かも、と。

いや、そんな消去法で決めてるわけじゃないよw
もちろん俺自身もともと妖怪とか怪獣とかからオタになったから
原点として人間より自由にカタチを描けるモンスターの方が楽しい。
それで、ゲーム的にクリーチャー(グロいの)描きたい人が少ないなら、
是非ともやらせて下さいってことで。


また、そういう視点でもって多角的に人物を捉えられる
絵描きなんてのが まず殆どいないであろうと思う。
 ここでピクシブから学んだことって話に戻るんだけど、
擬人化って有名なジャンルあるけど、
あれは何でもいいから美少女(人間のメス)に変換して
可愛かったり、極論「ヤれたらいい」的な欲望の産物って
だけでもなく、モーフィング?というか。
カタチ(形態)の連想ゲーム的に、もっとこういうカタチの可能性
があるんじゃないか、あったら面白くないか、っていう
デザイン(意匠)提起でもある。むしろそういうクールな、
アカデミックな行為であると思う。

美大まで行ってて、そういう意匠形態理解の柔軟さってのは
なかなか芽生えないものだと思ってる。
京都芸大の学内見て回った時、漫研的な酷い冊子を
見かけた気がするが、結局のところ、云っちゃあ何だが
デッサン力とか構成・色彩のセンスを持て余してる
もの造りのエキスパート様がやることと言えば、
何やら現代の萌えやらアニメゲームと言ったものを
所謂風刺的に軽度理解に基づいて表現(笑)すること程度なのか、
と失望せざるを得ない。
もちろんこれは関西の美大事情であるから、人材豊富な
関東でのことは知らん。もっと良質な環境が構築されてるだろう
とは思う。そしてその道を選ばなかった、或いは選べなかった
自分を残念に思う。
 僕もこうして学歴コンプレックスを抱えて、
負け犬が狂犬病にかかったように 荒野を空腹に任せて彷徨うかと
思えばこそ 今こうして駄文をしたためられるのだろうよ。 乙


いやww乙じゃねえよww書くべきことを描いてないw
「俺にしか描けないもの」について、考えたのは、
レナとか、普通の にわか素人絵師じゃ真似できないような
適度にリアル化した絵だろうと思う。
ドラゴン描く人もたまにはいると思うけど、
リアル寄りの、シリアスな萌えキャラを描く人なんてのは、
なかなかいない。
上の文章で言いたかったのもそういうことで、
美大行ってデッサン力つけても、それを今時な
アニメゲームの世界に持ち出す人は少ない。
ウチの大学はそういう分野であるはずなのに、
実際にはジジィの先生が古典マンガとかにこだわってるから、
開けっ広げに今風の絵柄は描けないのだ。
つまりまだまだ美大は古臭い画家養成所であって、
先端の需要供給に対応できてないと思う。
それを理解して教育に取り込めるほどのキャパや視野を
持った人物が、極めて少ない。
マンガ文化論の先生は 「マンガ研究者」ってのは肩身狭い
って言ってたが、そんなものなのだ、まだまだ日本は。

別に任天堂に萌えを持ち込もう!世界に萌えを!とか
思ってるわけじゃないw もう少し違った視点で、
擬人化など、創作的な形態のキャラっていうのは
まだまだ未開拓だと思ってるので、
(しかもそういう視点を持てる人は極めて少ないので)
俺のセールスポイントになるかもね って思ったわけだ。


しつこく補足するけどw 例えば東方であれば、
なぜか妖怪たちは普通の女性として描かれているが、
別にあの設定を順守しなくていいと思う。
版権絵の問題とも擬人化の話は近い。
版権絵を描く時、どこまで元設定意識するかってこと。
画力あれば、リアルに描けるし。
例えばマリオだってムキムキのオッサンにすることもできる。
もっと言えば、人間上手い人は腐るほどいるって言ったけど、
逆に言えば、人間しか誰も描けないってこと。
動物であれば日本なら動物園か資料集見ながらしか
描けない。 ドラゴンともなれば基礎デッサン力に加えて
相当な想像力が必要だから、 モンスターデザインとか
なかなかオリジナルで完成度高いのは難しいのだ。

俺がティガ擬人化とか レナとか描いてるとき、
資料とかロクに見てないw 漠然と自分の中にあるイメージを
何倍にもふくらまして勝手に好きなように補完しているのだ。
しかしそれで良いと思う。誰かが考えた設定を順守したとしても
何ら進歩性はない。もっと他のイメージと混ぜることで
新しい可能性が開かれる。
ハルヒだけのMADより、らきすたと混ぜたMADであれば
何だ、こんな面白味もあったのかと気付いたり。
別に他の作品と混ぜるだけではないけど、
元のイメージをふくらませる、多角的視点が必要ということ。
もちろんそのためには様々な類縁知識が必要。
 知らないものは表現できないんだから・・ってコレ誰かも
言ってたっけww
知識的にものをデザインする、想像を他人に伝える
ってことはそういうのが楽しいのであって、
生産性ってのはそういうことなんだと解釈する。



関連記事
スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

Information

Search

pixivご無沙汰 日々の事 ツイログ一気読み tgt話題録 tumblr抜粋メモ nicolistほぼ東方 interviews.jpg自分の事 twitpic日記画像 亜奇数(Furcas)
  • Author: 亜奇数(Furcas)
  • ニコ厨。ゲーム廃人。東方廃人。血液型厨。こっそり絵師。
     東方話題が多いけど、サブカル・芸術などを対象に表現論とコミュ論をモヤっと書き綴る。
     何か調べ事でしたら記事に関係なく質問コメ貰えれば 分かる範囲で答ます。様々な相談にも対応します。
    ゲームは主にスマブラ ポケモン モンハン、心綺楼。
    絵のリクエストも暇だったら何でも受ける。
    当ブログ内の画像は商用以外の無断転載をほぼ許可します。
    コメント反応の目安は3日だと思って下さい。
    小さい話題は全てTwitterで消化してます。リンクは自由に。

Calendar

07月 « 2020年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

過去ログ月別

2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【13件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【15件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【18件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【26件】
2009年 05月 【36件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【27件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【20件】
2008年 09月 【25件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【40件】
2008年 06月 【10件】

カテゴリー

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

スマホこっそり対応

QR

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

通りすがりに

コメも面倒な人用。

無料アクセス解析

投票でも面倒な件

テルヨフgif