FC2ブログ

~萌畢竟~思索考究

メインは東方雑記など。他マンガアニメゲームニコ動に言及。時々絵を描く。最近はTF玩具レビュー多め

絵の作業してると まとまった話題を書きにくいので
思いついたことを随時・・という形式になります。
こういうのは東方カテゴリなどに回しにくいです つまり雑記

=====================
06/26/07:10
糸井重里と伊集院のマザー3対談ってのがあったみたい。
僕は今日偶然知ったんですけど、これは絶対見なくちゃいけないと直観した。
これはアタリとかそういうレベルではない。全部が偶然的正解。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5093966
見た方がいいとか 見てくれと言う、お願いするレベルじゃない。
あなた方はこれを見る筈だ。聴く筈だと僕は信じてやまない。
私があなたに会った時、きっとこの話をするでしょう。
マザーに興味がない人、例えば東方が好きな人も聴いて欲しい。
これはとても重大な、答えに近いものだと思う。
僕の云ってることは分かりにくいことかもしれないけど、
これを知らないで生きていくということは、
あまりにも見るに耐えないことだろうと確信する。
あなたは明日目が覚めて、ほんの少しだけ、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

=====================
06/26/04:33
キャラ☆メルが発売したはずです。京都では多分売ってないw
とらあなで買えば特典付くらしいから(東方のペーパー)、通販で買います。
これでいよいよ、儚月抄は終わりました。届いて読んだら、
本当に何か感想を書く・・と思う^^; いや、書きかけで公開してないだけだが。

久し振りにゲーム雑誌立ち読みしたら、モンハン以外の
Wii DSソフトが色々出そうですね

=====================
06/26/04:23
いやー。絵は描いてないっすわw 描こうという気はありますけどね
とりあえず進歩的なことをするために、暑中見舞いを視野に
考えてるんです。で、どうすりゃ霊夢可愛いかなとか1日中考えてるw
1ヶ月振りに大学行ったんだけど、ポートフォリオ見て貰ったら
「デッサン力が美少女には活かされてない」
「オリジナル絵の完成度が低い」
「文章がくどい」
「文章がそんなに好きならプランナーで考えたらどうか」
など。 ですよねー。まぁ・・ねぇ んなこたぁ分かってるけど、やってない。
聴いてみると、クラスの子が一人ゲーム会社受かったとか。
ブラブラですよ。ブラウニーブラウン・・マジカルバケーションや
聖剣シリーズ作ってる任天堂とスクエニの下請けです。
その子は・・大学は殆どサボって、課題も趣味のイラスト描いてるような
人ですね・・ 季刊エス(やや女性向きのイラスト投稿雑誌)で
入賞して紙面に作画肯定が載ったこともあるとか。
言われてみるとなるほど、エスっぽい絵柄でしたね。(微腐女子w)
俺はファンタジー好きだけど全然描いてないしな。困ったものだ。
聖剣シリーズも面白いとは思うけど、好きではないです。
とりあえず、モンスターのデザインで絞ってみるかなぁ・・

06/24/22:46
魔理沙のグリモワールの発売日決定してんのかしらね。
7月28とか。で、とらあなの情報では

本書では、人気キャラクター霧雨魔理沙の研究書というコンセプトのもと、ゲーム本編の美麗な弾幕画像や迫力溢れるイラストを原作者ZUN氏による全編書き下ろしで収録


全編?いや、どう考えても絵は別注だろうw 役割社会乙って感じ・・
表紙は唖采らしい。唖采ってZUNより年上のゲームプログラマでしょ?
東方関係なく気が合うかもしれませんね。その辺りの話は聞いたことないけど。
文花帖の表紙見れば見るほど、安倍吉俊に似てますね。
安倍ってのは東京芸大出の地味に人気ある?漫画家。村田のツテか。
あの人の生い立ちについては何度か聞いてるけど、AかOかよくわからなくて
 ・・しかしこうして見てみるとAなんでしょうね。むしろ納得ですわw
何て言うか、すごいデッサン力あるのにイラストは冴えない感じで、
でも表現したいものは自分なりにあって・・結構共感できるかもね。
僕もそういう道(表現主義的マンガ家)なら容易に想像できる。
けど一生続ける気はしないな。飽きるわ マンガ描きは。
もう、一層漫画原作とかやりたい。絵か文章どっちか捨てろとか、
どっちなら一生仕事できますか?って聞かれたら、俺は
文章の方が続く自信あるからw
そういう意味で言えば、ZUNがマンガ(儚月)などの原作担当してるのは
社会的に的確な役割だと思いますね。向いてるよきっと。
世の中の人間が全員向いてることだけやってたら、趣味性が破綻して
大変なことになるでしょうけどね 特に日本は・・

=====================

06/24/22:04
あれ?2日振り? 一昨日は半日スマブラやって半日ニコ動見て
暑中見舞いのネタ考えながら寝てて、そのネタ気に入ったから
引き続き考えてたんだけど肝心の絵が進まないで、設定が増える一方w
 今日は半日モンハンやって上位祖龍とか・・G級武器で2時間は酷いw
硬化したら双剣ゴリ押しでは30分でも5000ダメージ与えられず、
ガンスは上突きと砲撃半々で硬化してないのに5000ダメージに27分。
で・・反動装填ライトガンで拡散調合撃ちなら14分で5000\(^o^)/
もう、祖龍は拡散で倒せってことですよね。これは・・
ちなみに、昔話はずっと継続して見てます。毎日10本以上は見てる。
そろそろ半分越えてる筈です。まんが日本昔ばなしは全部で
1000話近くあるんですよねw まぁ版権アニメですからリンク張るのは
どうかと思いますが、 いつか面白いのを紹介したいかも。
10分間のエンタメですね

ニコ動有料アニメが無理なら、公式にすごく低画質で・・とか
短絡的に考えたら結構いいんだけど、著作物のクオリティ下げるのは
問題あるんだろうな~。 低画質配信を許したら宣伝的にはいいと思うんだが・・

=====================
06/21/26:12
そお言えば、このブログ約一周年です。ありがとおございます。
(僕の挨拶はほぼ全て「お疲れ様でした」で代用する)
多分検索東方が7割でマンガが3割ぐらいだろうけど。
6000人か・・ ウチの大学は学生5000人ぐらいだろうな。
でも1周年感謝絵とか、時間ないだろうな~w
それよりサイトトップ絵とか、暑中見舞いの準備が必要かもしれない^^;
それに、感謝絵って言っても、ここ一般だからえっちなものは無理だしなぁ。
エロ以外で感謝を表現できるか・・?否。
感謝はデレ・・ デレなど根っこから存在しなかつた。(完

======================
06/21/25:49
半年振りに文花帖を見た。本の方。
去年は求聞史紀も文花帖も何度も読み返したが今年は
それほどでもない。私の中で東方の基礎は築かれたのだ。
しかしZUNの話には分かりにくさも相俟って、何度でも読める雰囲気がある。
求聞史紀は風情(思索)って感じではないが、文花帖はなかなかに
思索(幻覚)の余地が大きい。
キャラ視点で書かれていたり、ZUN視点で自由に書かれている。
僕にとって思索は最上の行為であるからして、東方はその好対象であり
「幻想の音覚」は有意義極まりない。
ZUNは何を感じていたのか。僕はどう感じていたのか。
それがどういうことであるかこれからも考え続ける。

「月の妖鳥」とは蓮子のことだと書いてある。
"月の鳥"とは・・?ウサギのことであろう。矢張り蓮子=てゐで間違いない。
メリーは酔った化け猫であると謂う。これはまだ厳密に解釈できない・・
紫も霊夢も猫のように気まぐれ(カプリス)な性格であるのは間違いないが。

====================
06/21/25:20 
久し振りに「自分の絵」を描きながら、絵柄の模索で
(八雲紫の眼がどんな色か分からなくなってきた)
資料見てたら、 やっぱり日本でキャライラストっていうと
それほどレベル高いわけではなくて、一部の人だけが
信じられないぐらい特殊な塗り&描画センスを持ってるだけなんだなと思う。
久し振りにsimo氏フォルダとか見てたら鬱になりそうorz
やっぱりこの人は塗りがずば抜けて上手いんだな。
大学からイラスト始めたっていうのは半信半疑だけど
大学以後の1年間でド素人からプロ級になったのは間違いない。
simo氏はその1年で俺が一生かかっても真似できるか分からないぐらいの
技術に目覚めた。(<みょんな表現)
ここで指している技術(センス)とは、あのディテールの処理ではなく、
ラフイラストの色遣いである。 simo氏の売りって基本的にあの
細々した模様やレースの描き込みだと思うけど、個人的には
「影の塗り方」が一番注目すべき技術だと思う。
本人が言うところの絵を描き始めて1年ぐらいで既にその面影がある。

具体的には イラストとして適切な影色の選び方、
そして陰影による形の見せ方。日向と日陰で立体的に塗るのは当然だが、
simo氏はこのコントラストを結構強くしてて 前髪の毛先などが
1本1本キレイに見えるのだ。 これはすごくデッサン的な手法。
美大などに行ってない我流の絵師だと普通色相に傾倒した塗りになる。
(O型はそうではないが。)しかしsimo氏は持ち前のセンスでこれをやってる。
まぁこれは誰でも努力すればできることだとしても(それでも難しいが)
影の色を無難に選ぶというのは一種の「イラスト慣れ」である。
悪く言えば思考停止で色味放棄。まぁ塗りの記号化である。
これは美大に行くと逆に概念に囚われないために困難になることも多い。
日本画 油絵みたいなリアルな塗りが高度に習慣化している場合は
この限りではない。それなりの大学で抽象に逃げなかった人は可能だろう。

simo氏の絵は見れば見るほど共感できるけど、やっぱり私には
ここまでできない。お互いに4,5年前から違う道を歩んでいるのだろう。
私は私の絵を描くことにしよう。(きっとこの道は通行止めだが。)
今日は何だか胸が苦しい・・


関連記事
スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

Information

Search

pixivご無沙汰 日々の事 ツイログ一気読み tgt話題録 tumblr抜粋メモ nicolistほぼ東方 interviews.jpg自分の事 twitpic日記画像 亜奇数(Furcas)
  • Author: 亜奇数(Furcas)
  • ニコ厨。ゲーム廃人。東方廃人。血液型厨。こっそり絵師。
     東方話題が多いけど、サブカル・芸術などを対象に表現論とコミュ論をモヤっと書き綴る。
     何か調べ事でしたら記事に関係なく質問コメ貰えれば 分かる範囲で答ます。様々な相談にも対応します。
    ゲームは主にスマブラ ポケモン モンハン、心綺楼。
    絵のリクエストも暇だったら何でも受ける。
    当ブログ内の画像は商用以外の無断転載をほぼ許可します。
    コメント反応の目安は3日だと思って下さい。
    小さい話題は全てTwitterで消化してます。リンクは自由に。

Calendar

07月 « 2020年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

過去ログ月別

2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【13件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【15件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【18件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【26件】
2009年 05月 【36件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【27件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【20件】
2008年 09月 【25件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【40件】
2008年 06月 【10件】

カテゴリー

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

スマホこっそり対応

QR

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

通りすがりに

コメも面倒な人用。

無料アクセス解析

投票でも面倒な件

テルヨフgif