FC2ブログ

~萌畢竟~思索考究

メインは東方雑記など。他マンガアニメゲームニコ動に言及。時々絵を描く。最近はTF玩具レビュー多め

<概要>
・今日のこと
・血液型性格分類調査の欠陥指摘
・嘘つけないという話
・進化の歴史から血の本質を探る


さて、いつかこうなるとは思ってましたが見事に血液厨的な
記事が続いておりますw
まぁ当人、冷静かつ客観的に分析・推測をしているつもりですけど
マンガアニメでA型が描くキャラ全部Aっぽいのと
O型が描くキャラ全部Oっぽいのと、まぁそのあたりから考えたら
どんなに頑張っても偏見にはなるので、
(例:らきすたの柊かがみはBに見えるか、とか。)
(その点で言えば庵野はエヴァのキャラ殆どAにしてるから、自覚的だね)
そこは了承してもらうしかないです。

ともかく。今日1日でウィキペディアの魚類両生類爬虫類鳥類哺乳類、
脊椎動物関連項目、無脊椎動物、甲殻類、恐竜の分類、など
動物に関する大きな項目全てに目を通し、
そのあと系統図を画像とテキスト両面からググって目欲しい限り
チェックしてきた。
うーんw生物学の楽しさの一端を久し振りに垣間見た気がする。
細分化した生物の分野を一つ一つ入念に調べていくことで
頭の中に自分なりの系統図を構築していくのだ。

どう例えればいいか、 すごく難しい数学の問題を解いているか、
哲学の命題を思索するような、 長い長い物語を読み進めているような、
まぁそんな感じだろうか? ああ、絵を描くことにも似てる。
絵画だと1ヶ月くらい余裕でかかるわけだが、その間紆余曲折経ていく。
また、下手をすれば究極の美を追求するあまり、一生かかるかもしれない。
そういう途方もない相手。

能書きはいいから、という話だが。
生物の進化の歴史をある程度把握して 今までの私の血液分類考察と
重ねてみると面白いほど迷うことなく辻褄が合っていく感じ。
今までは飽くまで俺の推測でしかなかった、論拠なき経験律
だったのだが、これで明確な確信を得た。

この感じをどう伝えればいいのか難しいのだが、
ABO血液型による性格分類は、まず先天と言って差し支えないと思う。
厳密に言えば、「性格」と云う表現そのものに問題があると思う。
もっと深い、「本能」と云っても足りないような、
完全に根本に刷り込まれた習性、 これでも足りないかな?
「極めて必然的な生活様式」・・そう、体型・身体の構造レベルで
そういう生活をせざるを得ないというくらいの、仕様とも言うべきもの。

例えばマリオブラザーズは横スクロールのゲームで、
左右に進むかジャンプするかしかできない。そのように
プログラムされているし、実際それ以外できない。
この例えはそれほど妥当でもないが、多少ニュアンスは伝わるだろうか^;
つまりは、一般に言われているような、
同じ人間という立場でA B O ABという4種の性格があるか?という
考え方で、統一した設問を与えても、土台意味がないのだ。
 ん。少し的確な例えを思いついたよw
ネコとイヌとウシとカエルに対してネコの言葉でこんにちはと言う。
ネコだけがどうしましたか?と返す。
これが、今までに学者が行ってきた血液型性格分類検証実験である。
 結果、犬はワンワン、牛はモーモー、カエルはゲコゲコ言ってた。
これは法則性なしですね!!!って(笑)

ではどうしろと言うのか?だが。
 とりあえず推論レベルでなら 今日私がやったように
生物の進化の歴史から血液型の変遷と動物の明確な特徴を
照らし合わせば大づかみな分類が見えてくるはずだ。
 それ以外でならやはりこれも推論ではあるが、
最初から「性格分類が存在する」という前提を強く持って、
それを逆算していくように柔軟な論理的考察と統計調査を
繰り返す 方法もあると思う。
他にも徹底した条件づけで統計を繰り返すなど。難しいけど。

とりあえず私が昨日今日で感じたのは
(一応前々から感じてたんだが)「"性格"分類」という表現が違う気がする。
性格っていうのが厳密に・論理的に規定不可能な抽象概念であり、
個人的な言語観によってのみ規定されているされているだろう点。
この一点に於いて性格分類は永遠に規定し得ないことを
私は何度か書いている。

もう少し丁寧に言えば・・
・血液分類調査の前提として各日本語の認識方法について
宣言されていない。 なぜ誰も気づかないのか知らないが、
宣言しておくということは数学や論理学やプログラミング・・まぁとにかく厳密に
規定する際の基本中の基本だろう。
それぞれが違う言語観を持っている状態での設問は無駄でしかない。
(あまり上手く説明できてない・・すまん)
・A型やB型と云うが、AOやBO、ABOのO型含有率も数値化しないと
調査になってない(笑) 99% O型のA様もいますので。
・調査に対して嘘をつく可能性とか。
(俺の血液性格診断サイトでの調査方法のひとつwわざと全て逆を選ぶ。)
・すこし抽象的な話で言うと、占い関連で最大の問題、
バーナム効果とか言われるものだけど、誰が聞いてもそれなりに
納得してしまう表現。つまり人間は多少違っても共感で補正してしまう。
(その逆もあるし、とにかく規定不能。)

って、少し考えたら分かるようなことがゴロゴロ出てくるんだが、
偉い学者様は今まで100年も、これらに気付かずに
調査してたってのが驚き。
まぁ私だって、本気で論理的に詰めて考えてるつもりでも、
数年先、見識を広げてからとか冷静になってから再考したら
簡単に解けたりとか、よくあることで。いつもすごく怖いんだけど。
単一視点ってのがいかに狭隘かってことですね。
論理欠陥は矢張り違った立場からしか指摘できない場合が
殆どで、下手すれば学会というか、その集団そのものが
ある種の固定観念を持ってると、10人とかいても皆で
うんうん唸ってることになる。これも結構危惧すべきことなんだけど、
実はよくあることで。 分かりやすい例だと、
アンケート調査は「アンケート葉書出すような奴の思想調査」である(笑)
ゲームのアンケートの返答者は一般人じゃなくてゲーマーだけ。
これと同じことが日常起こり得る。
同じ学問をやってる人は似たような人だから、論理欠陥も指摘されない。
 私の身近な話だと、画壇っていうの?か、別に絵でなくてもいいけど
まぁ、いわゆるコンクールとかで賞とかありますけど。
あんなの、偏見だらけの「自称」プロ数人が、自分らの好みで
「これサイコーwww」って決めてるだけじゃないかと。
まぁ?私ごときが何言ってもだめなんでしょうけど。厳然たる事実として
言わせてもらいます。
それでも社会評価ってのはソレの積み重ねだから、あるに越したことはない(笑
矛盾を指摘するのが仕事みたいになったら、偏屈哲学者で、
隠居みたいな人生に・・orz そう、何事もひたすら「受け止める」ことでしか
社会では生きていけないんですね。だって他者はいつまでたっても他者で、
絶対的に分かり合えない前提で付き合ってるんだから。
そういう体裁関係こそ、人間社会。だから、
キャパシティが必要なんですね


アッーーーーー血液型の進化の歴史(本題)について
何も書いてねええええEEEEEEwwwwwww
やっちまったZE★

い、今から書いた方がイイ?^^;
まぁ、、タイトル書いちゃってるしなぁ・・orn

かと云ってメモをコピペしたらちょっと表現がよろしくないんだけど・・
まぁ俺がこんな辺境ブログで差別表現してもどうせ
何も問題ないと思うんだけど、そこは正義っていうか
やっぱりダメなことはダメでできない・・そうだ・・Aのこういう
ちょっとした気質の積み重ねで 今日の日本の平和はあるんです。
(大学生活とかでちょくちょくあるんですけど、嘘をつくかどうかって質問?
みたいな。いや、場面は様々なので例えは無理ですけど、
何かの拍子に「嘘くらい当然つくよねーw」ってノリのとき、
「いや、嘘なんてつかんけど。」なんて言ったら 何イイ子ぶってんの?って
空気になるだろうから、「まぁ確かにね~w」って合わせるしかない。
他のAはどうか知らんけど、俺は俺のポリシーっていうのも臭いけど、
自分ルールがあるから、それを崩したくないからちょっとやそっとで
嘘はつかない。・1明らかにヤバイ状況で且つ、永遠に誰も迷惑しない状況
・2嘘つかないと相手が傷つく状況 ・3ネタとして分かるようにワザと。
基本この3パターンしかないと思う。せいぜい半年に1回かな?・・
 それも辻褄が合うように言動とか、”ルール”修正が大変。
そのあとしばらくは注意し続ける必要もある。自己嫌悪もある。
とにかく、筋を通して生きるってことはカンタンじゃない。
それが崩れるのはもっと大きなストレスだから、板挟み。

さて、それらしい話に持っていくけど、
じゃあ何でAはそんなことにこだわってしまうんだろうか?
そう、何かに執着する、せざるを得ないっていう習性。
執着・妄執・中毒・執念・クセ、何とでも言えるけど。
(或いは自覚できてない人もいるかもだが、確実にこの習性はある筈)
(O型比率多いから自覚できないとは完全には言えないっぽいかも)
今日私が考えてみたのは、魚とか最も原始的なA型に論拠を
求めてみたらどうかってこと。

#すいません、まだ追記しますけど一旦公開しますね。
# 10時だし。



この前発掘したラフの銀様塗ってますけど、まぁ仕上がってからの
楽しみってことでもいいかと・・いや、生意気ですけどw





関連記事
スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

Information

Search

pixivご無沙汰 日々の事 ツイログ一気読み tgt話題録 tumblr抜粋メモ nicolistほぼ東方 interviews.jpg自分の事 twitpic日記画像 亜奇数(Furcas)
  • Author: 亜奇数(Furcas)
  • ニコ厨。ゲーム廃人。東方廃人。血液型厨。こっそり絵師。
     東方話題が多いけど、サブカル・芸術などを対象に表現論とコミュ論をモヤっと書き綴る。
     何か調べ事でしたら記事に関係なく質問コメ貰えれば 分かる範囲で答ます。様々な相談にも対応します。
    ゲームは主にスマブラ ポケモン モンハン、心綺楼。
    絵のリクエストも暇だったら何でも受ける。
    当ブログ内の画像は商用以外の無断転載をほぼ許可します。
    コメント反応の目安は3日だと思って下さい。
    小さい話題は全てTwitterで消化してます。リンクは自由に。

Calendar

07月 « 2020年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

過去ログ月別

2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【13件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【15件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【18件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【26件】
2009年 05月 【36件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【27件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【20件】
2008年 09月 【25件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【40件】
2008年 06月 【10件】

カテゴリー

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

スマホこっそり対応

QR

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

通りすがりに

コメも面倒な人用。

無料アクセス解析

投票でも面倒な件

テルヨフgif