FC2ブログ

~萌畢竟~思索考究

メインは東方雑記など。他マンガアニメゲームニコ動に言及。時々絵を描く。最近はTF玩具レビュー多め

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
2012春頃に発売して輸入されている玩具、
トランスフォーマー プライム 海外版 ロボッツインディスガイズ
Robots In Disguise(R.I.D.) ボイジャークラス スタースクリーム
の写真紹介記事です。

TFpRIDss00.jpg

丁度2ヵ月前に購入し、すぐにこの写真を撮って真っ先にレビュー
公開できればなぁと思ってたのですが、文章が面倒で
放置してる間に日本版(AM07)が今日発売してしまった^^;
今更ですが、折角めずらしく多めに写真撮ってたので公開しておきます。

一言で感想を言えば、可動性やプレイバリュー(遊びの多様性)はイマイチで、
立ってるだけで細いプロポーションがカッコいい、という商品です。

TFpRIDss01.jpg
ロボットモードはパースのかかったアングルが似合いそう。

TFpRIDss02.jpg
手足の可動は不器用で、細長い棒状のパーツがボールジョイントで
繋がってるだけ。購入前の期待では、デラックスクラスより
複雑な関節で柔軟なポーズができるのかと思ってましたが。
手先は小さくて武器を持ち辛く、素手でポーズをとるのが中心。

TFpRIDss03.jpg
しかし手足の長さは絶妙なバランスで設計されており、
どんなポーズでもそれなりにカッコいいです。

TFpRIDss04.jpg
TFpRIDss05.jpg
残念ながら日本のアニメは少ししか観てないので、スタスクがどんな
戦い方をするのか知りません。
しかし玩具はスピード感のあるポーズが特に決まりますね

TFpRIDss06.jpg
肩パーツは胸パーツと繋がっていて、動かすと胸ごとズレたり、
腰が堅く固定されてないので太腿を動かすと腰ごと動いたり、
そのストレスが正直ネックだと思います。
太腿の先端突起が腰に干渉するのはデラックスクラスの劣化っぽいし。
その辺りを利用して、腰をわざと外して前傾姿勢にするのもカッコいい。
TFpRIDss07.jpg

TFpRIDss08a.jpg
武器は背中に装着、説明書にそう書かれてますが
案外邪魔にならない程度かも。
TFpRIDss08b.jpg

RIDボイジャークラスの武器はパワーライザーと言うらしく、
ボタン電池で光ります。これが日本版との明確な違い。
TFpRIDss09.jpg

胴体は透過パーツだから背中の武器から光が漏れるのですが、
ちょっとだけですね。
TFpRIDss10.jpg

TFpRIDss11.jpg

手が小さすぎるので武器を持たせるのは困難で、
手首の5mmジョイントが実質正式な装着場所でしょう。
TFpRIDss12.jpg
ドリルのような武器ですが、伸ばす前は変なパーツなので
全然似合わないと思いますw
これはそもそもオプティマスのリデコ武器なので、これを
スタスクに付属したのは失敗だと思うんですよね・・
RIDスタスクをオススメできない大きな理由の1つです。
まぁ僕はパワーライザーが好きで海外版を買うようにしてますが。
やっぱり光る武器って玩具らしい楽しさがありますからね。

TFpRIDss13.jpg
オマケ、最近輸入されてたムービー版のバトルフック。
これぐらいデカい武器が似合うと思わなくもない・・
サブ武器パーツはミサイルなのですが、小さすぎてダサいので。

TFpRIDss14.jpg
日本版アームズマイクロン武器を持たせてみる。
大き過ぎる武器もボイジャークラスなら似合います。

更にオマケですが、
ムービーシリーズのテラダイブやスペースケースに付属の
槍が似合うと思いました。悪魔っぽくてイイ感じ。
TFpRIDss15.jpg
TFpRIDss17.jpg
TFpRIDss18.jpg
TFpRIDss19.jpg

ここから変形。
TFpRIDss20.jpg
デラックスクラスとさほど変わらない程度の難易度。
非常に無駄なく収まるのでボイジャーの方が出来は良いかも。
僕が急にRIDを集め始めたのも、イベント公開速報でスタスクの
ビークルモードがカッコ良かったから、という理由もあります。
デラックスクラスは注射器みたいな形でしたからねw

TFpRIDss21.jpg
グレーの成型色だけなのにスリムで綺麗。

TFpRIDss22.jpg
武器は様々な装着場所があります。正直どれも似合わないけど…

TFpRIDss23.jpg
他の商品と比較。ボイジャークラス オプティマスと。
ロボの身長ではスタスクはプライムで一番高いけど、
ビークルはボリューム無いですね。

TFpRIDss24.jpg
デラックスクラスのスタスク色違い、スカイワープと。
発売前の速報段階では、まだボイジャークラスの詳細が
写真だけでは不明だったけど、ビークルモードでは明らかにサイズ違う。

TFpRIDss25.jpg
近年のムービーシリーズのボイジャークラスと比較。
近年縮小化傾向にあるTF玩具ですが、幅だけは維持されてますね。

TFpRIDss26.jpg
先程のバトルフック。大きなブレード状の武器が欲しいかも?


ロボットモードも比較しておきます。
TFpRIDss27.jpg
TFpRIDss28.jpg
デラックスクラスではウイングが可動したのと、
手首が曲がる、太腿に干渉がない、など、利点が多いです。
対して、ヴォイジャークラスでは手足が大まかな曲がり方で、
直線的な動きしかできません。しかし非常に安定感があり、
足も幅があるので自立性に優れています。
似て非なる設計と言えるでしょう。

TFpRIDss29.jpg
少し古いディセプティコンの集合写真。流石に高い。


TFpRIDss30.jpg
最後に。塗装について。
色は全体的にグレーでまとめられており、塗装のコスト制限が伺えますが
グレーの微妙な使い分けでバランスを取られているので、
なかなか部分的な塗り替えが難しく思いました。
それにビークルモードにそのままパーツ移動があるので、
どこを塗ってもビークルモードまで考えないと影響します。
僕は胸のパーツだけシルバーでいいと思って後で少し塗りましたが、
まぁ塗るなら全体的にシルバーでもいいかもしれない。
ちなみに日本版では肩など色が違う。武器も違う。

海外版も最近は4000円以下になってきたようですが、
日本版が3000円なので、どちらかと言えば国内版をオススメします。




スポンサーサイト

テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

このページのトップへ
謝る事のメモ。
(このメモを以って実行報告とする可能性もある)

・メンインブラック3感想が遅れ過ぎて上映終了してしまった事。
良作とは言わんが個人的に好きだったので

・1月のコミトレ東方同人誌の感想を結局書いてない事。
珍しく早く読んで、個人的に好きな本もあったけど・・
それに加え、冬コミ本で神霊廟本だけは全て読んでいて、
その感想ついでに去年の時点での世間の豪族キャラ認識について
記事を書くつもりだった。もう今更である・・

・例大祭で発行したコピ本の追記修正(改定準備)が全く出来ていない事。
追記したい事は山ほどあるけど、秋までに実行する暇があるか疑問。
でも早くしないと去年の日誌記録なので読む価値が無くなる。

・口授やFebri、インタビュー類、2軒目ラジオなど東方公式類の消化・感想が遅れている事。
ここが東方だけのブログってわけではないが、東方公式記録庫的な
意義が危ぶまれる。それは長い目で見れば東方からの卒業に繋がる?

・トランスフォーマー玩具を集めるだけ集めてレビューが出来ていない事。
別に急ぎで誰が待っているわけでもないが、個人サイトで商品ラインナップの
大半を網羅したデータまとめ的な事を是非やりたかった。
でもやっぱ多過ぎて難しい。書きかけのレビューが多い。
玩具は300個、写真は2000枚ぐらいに達している・・

・絵を描く描くと言って全く描かない事。
これは色々な意味で死活問題だが、結局僕はそういうクズなのか、
Pixivで点数入れてくれる人にも申し訳ないし、どうにかしたい(願望)

・五蟻氏の儚小説を読めていない事。
ごめんなさい、こういう時どんな顔すればいいか判らないの

・その他
今年の商業エロ漫画のまとめレビューとか思い付きで書いてたけど、
それも半端な事になってる・・


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

このページのトップへ
久し振りに儚月抄話題。

先週の東方板の儚月抄スレ(約280レス)を読んでの考えまとめ(?
未読ログ消化してたらお客様煽りが多過ぎてイラっと来たので
つい俺も求聞史紀読みながら全レス読んでしまった。
ツイッターでも月と地上の結界の定義は何度も論じ合ってきたが、
(2010年に書いた結界図)(2011年の結界境界の話
数ヶ月経つとすぐ忘れてしまう。その度にこうして調べ直す。面倒。

大まかに、頻出ソースは
・求聞史紀、特に霊夢113Pと紫49-51Pと独白153P:結界について
・記憶する幻想郷:紫の検閲(求聞史紀にも能力誇張の注釈あり)
・茨歌仙2巻9話:妖怪の実体化について
・儚月抄全体
・他、妖々夢マニュアルや永夜抄おまけ?:結界について


○スレの流れ+調べた解釈など
永琳は儚月抄小説で即断で殺させる程冷徹な性格だし、
儚月抄の結末として永琳が紫を手討ちにしなかったのはおかしい

・紫を殺せない立場だった
・懐が広かった
追加案・永夜抄の輝夜談により、妖怪は月人に用意された存在であって
わざわざ殺す理由ないのでは?

殺せない立場というのは紫厨の妄想、と煽るお客様が暴れ始める

・紫が幻想郷の結界を張ったので死ぬと存続できず、妖怪は滅ぶ
並行議論・永琳に結界は必要だったか


紫と結界の根拠については求聞史紀、
(以後僕の解釈を挟み書き直すと)
大凡一般認識として500年前の拡張計画と130年前の博麗大結界、が存在し、
(僕が求聞史紀を読む限りではこの2つを神主は半分混同しているが)
これを別個のものと考えるとして、
500年前紫の発案と能力によって実行され、この結界?で妖怪など幻想を
呼び込む仕組みになった。
スレでは主にここが争点となり、呼び込むだけだと煽られてたが、
独白では外で死滅と書かれているので転生・生成の機能とも取れる。
この該当部分は博麗大結界の方だと思われるが、妖怪を呼び込む機能は
拡張計画の結界なのでそちらと合わせた説明とも取れる。
そうでなかったとすれば博麗結界の方が問題となるが、博麗結界は
再び紫51ページに戻って、創った賢者の一人、と書かれている。
ここも争点になるが、「能力」と「幻想郷との関係」の項目によると
境界能力が重要な役割を果たしたような書き方だし、
実際紫以外に境界能力や関わりのある賢者が明示されない以上、
紫だけが結界を作る重要人物であるという暫定認識は妥当ではないか。
(紫は一種族一個体とか文花帖で書かれていたと思う)
64P藍の目撃報告では紫が結界監視を続ける立場にあるらしく、
他の作品でも結界や幻想郷の管理を担っているのは現状紫だけである。
更に追加案として、幻想郷は資源(食糧)を紫などが仕入れている
設定があったと思うし人妖両面でのサポートであり、結界以外にも
必須の役割だと思われる。(資源の入手が紫という明記はあったっけ?)
(外に依存している恐怖は求聞史紀155Pにも記述あり)


・ついでに、霊夢も殺せない根拠としては求聞史紀の霊夢ページで
結界維持には神社と巫女が必要で妖怪は手が出せないと書いてある。

・茨歌仙によると結界を超えてきたマミゾウのような者と、
よくわからない実体を持った妖怪が存在する。
結界が無くなると外で存在否定されている者は存続できない。

・永琳、輝夜は月人だから幻想郷の結界関係なく存続できるか?


・永琳ら月人が神であるような記述が求聞口授で発覚している。
神であれば結界の外では信仰を失うと弱る?
神でなくとも、幻想の力である限り月や幻想郷の結界外では維持不能?
・永夜抄において、輝夜の永遠能力は博麗結界の互換となっていたか?


・月の追手を警戒していたが博麗結界によって防げたというストーリー
これにより永遠亭の防護機能は劣っている根拠になる。
しかしウドンゲやレイセンは単独で結界を越えたという謎?
満月という条件でだけ可能?それとも個人の力量?


結局永琳、輝夜が結界と紫を必要としているかは断定が難しそう。

地上で暮らすと決めた以上、今の周辺地域情勢が大幅に変わるのは
嬉しい事ではなく、矢張り殺す理由の方が乏しいという直観はある。

――――――――――――――

まぁ、この記事を書いたのは、今後もまた似たような疑問が出た時の
過去議題参考メモとしてソースと合わせてまとめておこうかという
事なので、それ以上の意図や結論はない。

読み返してて色々気付いた事はツイッターでも書いたが、
結界について、外と陸続きである事が強調されていて、
「結界に囲まれた」とあるので、かつて話題にした幻想郷の境界
については、今の僕のイメージは、日本の山奥が普通に
ドーム状などに覆われており、その内部だけ現代とは違う
特殊な地形になってるのだろう、という認識になった。
求聞史紀で博麗神社は中からは中の神社しか見えないらしいので
中から見れば境界の端は幻想郷らしい原風景の隔たりに見える
のかもしれない。実際に歩いて行けるかはわからない。
あくまで認識の変化だけで、物理的には日本の国土であり、
日本の大まかな地形・面積が数百年前と変わってない以上、
幻想郷は無限に続く原風景、ではないと思う。
まぁ結界と幻想入り条件については根幹で重要なのに曖昧な所だ。


テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
先週の日曜にできるはずだった感想、の半分までをどうにか。
今週読んだ合計で20冊超えたのですが、それ一気に感想書くのは
流石に気力が続かず。毎日進めてたのですが、小分けに公開
した方がいい気がしてきたので、一旦10冊ぐらいでも紹介。

丁度、命蓮寺本と華扇本に収まりました。
(エロもありますので注意)





●星・命蓮寺本
――――――――――――――――――――――――――――

・『けーさん!』/ROCK CLIME/2011.12./20P
表紙http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=23735096

響子と寺のフルカラー4コマ。微ギャグ

カラー塗りが上手く、ほぼ全キャラ巨乳。
寺の中で新参・弱い地位にいる響子の視点で、星蓮後~霊廟復活の時期を描く。
神奈子・華仙なども出番がそこそこある。
(作者は響子が好きなのか、Pixivで響子や華仙の絵が多い)
響子が加わったことで、非力な立場から見た寺妖怪たちのドタバタ、を
表現しやすくなったと思う。この本はまさにそれである。
響子自体は廟仙人組と外れてしまって勢力的人気が扱いにくい位置に
なっている印象だが、寺漫画にとっては有効な存在だと思われる。
この本は4コマで一応のギャグ的オチにはなっているが東方外ネタは無く、
東方本としての安心感がある。メタネタやパロギャグが多過ぎると
ある意味同人らしいが東方本の実感が薄れるから。
描写・内容に関しては、響子が最初からやけにぬえを嫌っているとか、
早苗のキチキャラ強調され過ぎてるのがちょっと気になる。
ページ数は少なめだが、確か200円?とか異様な安さだったし、
フルカラーで見所が多いので十分充実した内容だと思った。
もう一冊(2巻)も買っておけば良かったかな。
命蓮寺が好きな人に、オススメです。

――――――――――――――――――――――――――――

・『妖怪小娘入門編』/ばにらはうす/2012.5./24P
品切れhttp://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/04/89/040030048958.html

響子が寺に馴れていく漫画(ギャグやシリアスというより純粋に日常エピソード)

上に引き続き、かなり似たジャンル・構成の響子漫画。
星蓮船後に来た響子が寺に馴染み、神霊廟の時期へ、という辺りを
原作補完できるストーリーになっている。
こちらもメタギャグなどは無く、響子視点で寺の日常が描写される。
かなりの画力・作画密度で、ページごとの情報量が多い。
24ページで響子と寺の様子をよく掴める内容ボリューム・満足感がある。
ヤマビコが廃れるとか新しい公式設定も入ってる? ナズが星に懐いているなど
求聞口授の設定が完全に反映されているわけではないのかもしれない。
寺漫画では響子の登場でナズが星を取られて嫉妬するパターンは多い。
しょぺ、ギリシャの本でもこのような展開があった。
しかしこの本では、新参である響子視点によって、悪意的ギャグにはなってない。
シリアスでもギャグでもないと最初に書いたが、この本の主役響子は
非力ながらも気丈にチャレンジしていく、元気な可愛さ、ポジティブさが
一貫して感じられる。
(先に余談を挟むと、求聞口授では確か伎楽の記事で生活に不満を抱いてる
っぽい設定が明かされていたと思うし、最近それを元にしたSSを読んだので、
これだけ充足した生活をしている響子には残念ながら多少の違和感が伴う)
この本の響子の魅力はそこ。全て説明するのも何だが、
置物的な弱者ではなく、ぬえに対抗したり、芳香を死体として処分
しようとするほど積極性がある。
これ一冊で、新参響子の視点で元気な入門体験ができる充実した本だった。
命蓮寺が好きな人にオススメ。

――――――――――――――――――――――――――――

・『雨宿り』/透き通る風/2012.5./34P(32)
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/sp_212001051222_sukitoru_amay.php

小傘のナイーブなシリアスキャラエピソード。

橙が好きなサークル?関西のイベントでよく見かける。商業級に絵が上手い。
いつも買ってるけど、去年の本は積んでるので実は初めて読むかも。
大まかなストーリーとしては、小傘が雨の日に橙(ネコ)を見付け、
その境遇に自分を重ねて過去を思い出す、という少し哀しい雰囲気の物語。
芳香も登場するので時系列的には神霊廟の直前ぐらい。
コマ割りが的確で読み進めやすく、感情移入させる。
小傘の表情や、傘の独特な動作まで描写されている。
小傘が捨て(忘れ)傘の妖怪であることは二次でも周知であるが、
この本は雨の日の橙との出遭いでドラマを作ってる所が
このサークルならではの発想と言えよう。
小傘好きにオススメする一作。

――――――――――――――――――――――――――――

・『あめいろcake』/そらいろはーふ/2012.5./24P
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/04/90/040030049094.html

小傘×早苗+ぬえのカプ日常エピソード。

積極的な小傘と早苗、の好意関係が前提にあるカプ漫画。ぬえも居る。
上で紹介した本もそうだったが、小傘は無邪気・素直な喜怒哀楽を
表に出すキャラとして描かれている。
ぬえは多少天邪鬼な性格で、この辺りも大凡二次の基本であるが、
この作品ではこがさなえと仲良しのようだ。
小傘・ぬえは個人的にも星蓮船で爽やかに見える少し好きなデザイン。
たしか人気投票でも小傘ぬえは他より少し上の人気だった気がするので
世間的にもデザインやキャラ性が認められているのかもしれない。
素直で無邪気な小傘は周りと絡めるには魅力的。
内容に関しては、本当に日常の「一日」を切り取った話。
作者は女性だろうか、この何気ない女子たちの集まり、幸福感は、
戦いや皮肉やギャグのない、優しい幻想郷だ。
(それでも少し諏訪子が黒いキャラ扱いされてる辺りは、矢張り原作の
祟り神設定が二次に十分浸透してしまっていると痛感する。)
それにしても少し短い印象はあった。こがさなえをシリーズ化している
サークルのようなので他の既刊を読んでみるのもよいかもしれない。

――――――――――――――――――――――――――――

・『幻想ニーソマニア』/39xream/2012.5./30P(28)
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/sp_212001051215_39xream_ex3nin.php

フラン・こいし・ぬえ、EX三人娘のニーソ微エロイラスト集(モノクロ)

セリフ無し全身構図のモノクロイラストが1P~2P見開き構成で続く。
三人とも所謂オーバーニーソックスで、ノーパンっぽい微エロ。
東方で靴下・ニーソのフェチ本と言えば大嘘や「あなたを廃人です」の皓
がEXキャラ絵で有名な作家だと思うが、近年では大嘘は足が大きくなってたり
皓は汚し・乱れ過ぎるエロだったりして、もう少し普通なエロ綺麗さが
あってもいいんじゃないか、という不満があったので、
この本はなかなかスタンダードなバランスの絵柄で良いと思う。
この本に関しては、セリフやストーリーが無いので少し物足りず、
イラストの配置が大きく見開きだと綴じ込み部分が見えなかったり、
ページ構成上の残念さがある。
エロかわいいけどパラパラと見て終わってしまう。
今後もEX3人を描く機会があれば、ストーリーやセリフを付けるなど
あっても良いのではと思う。絵柄自体に不満は無い。

――――――――――――――――――――――――――――
●華仙本
――――――――――――――――――――――――――――

・『愛×華霊』/安達貴族/2012.5./32P
品切れhttp://shop.melonbooks.co.jp/shop/detail/212001051420

13人ぐらいの霊夢×華仙ギャグ合同。

前半は主催とゲストが交互にギャグ漫画対決、後半は普通の合同。
各1~2P構成。それなりに名の知れた作家も居る。全体的に見劣りがない。
テーマ(お題)が様々のショートギャグで構成されてるので、
このページ数でもかなり長く感じる。
オチが分からない謎ページもあるが作画的に気にならない。
(しかし最後の火鳥さんのページは適当過ぎてどうかと思う)

――――――――――――――――――――――――――――

・『ラブカセン』/安達貴族/2011.8./18P(16)
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/detail/212001048684

茨歌仙のショートギャグ漫画。

茨歌仙1巻をそのままネタにして いじってる部分が殆どで、
それに加え東方以外のパロギャグが盛り込まれている。
絵は見やすくてギャグ向きだと思うけど、東方外のネタが多いのは
ちょっと好き嫌い分かれる部分かもしれない。ゴリ押してる感じ。

――――――――――――――――――――――――――――

・『Hermit Pink』/HELLFRAGRANCE/2012.5./16P
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/sp_212001051034_herufure_hermitp?LIVRET=off

18禁。
華仙が霊夢のおしおきでモブ男とやらされるエロ漫画(ライトな凌辱)

一方的で強姦ではあるが悲壮感は無い、あくまで
「華仙とセックス」というシンプルなテーマである。
絵はかなり上手く、構図もトーン処理も何の不満も無いが、
セリフは喘ぎ以外全くない。悪く言えば、華仙のコスプレエッチ、
と言われても仕方ないレベルで東方要素が無い。
本自体、エロシーン以外一切ページがない本当に「薄い本」。
しかし委託価格が500円とかなので、十分であろう。
もう少しセリフが練られていれば良かったと思うが、忙しかったのかな。
数ある華仙のエロ本でも、絵にくせが無く上手い方。

――――――――――――――――――――――――――――

・『華仙ちゃんとSEX!!~合意じゃないからSEXじゃないもん!!~』
/くまのとおるみち/2012.5./20P
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/sp_212001051059_kumano_goisex.php

18禁。
華仙が修行させたモブ男三人に輪姦される、軽いノリのエロ漫画。

一応商業作家?サイトを見るにアニメ系のシャープな絵が得意っぽい。
まず表紙のキャッチーな泣き顔華仙に惹かれて買ってしまうが、
モノクロでは崩れ顔が堅くてギャグっぽく見える。
作者的にはギャグエロという姿勢なのかもしれないが、
そのライトギャグなノリとエロジャンルの相性は好みが分かれる所。
大き過ぎないおっぱいや、断面の描写は上手いと思う。
プレイ内容はごくテンプレらしい流れで、ページ数も少ないので
良くも悪くも「軽い」と思う。
個人的に踏み込んだ希望を言えば、パンツ脱がすところを
1P使って丁寧に描いて欲しいなと思うのだけど、
濃い描写自体が苦手な人なら向いてないかもしれない。
あとやはり、表紙で可愛い表情に期待したけどモノクロでは
あまり可愛くなかった、というのも残念ポイントだった。
モブ男がウザいとか。基本的に男側が喋る視点なので、
華仙はほぼセリフ無しで流されるだけ。
絵は十分上手いと思うけど、色々微妙な要素を差し引くと
あまり後味は良くなかった。
しかし少し調べてみるとこのサークルは健全本を多く出していて
そちらの方が背景など作画の密度も伺える。そんな人がなぜ、
今回のようなエロに転じたのかよく判らない。

――――――――――――――――――――――――――――

・『仙人様の日々』/幻想演戯/2011.12./26P(24)
サンプル(なぜか重い)http://www.geocities.jp/gensouengi/0527sample.html

華仙のお説教癖を霊夢と直す、ゆるいSD絵の4コマ。

かなりユルいほのぼのショートギャグ。ストーリーと言っても、
華仙が説教臭く年寄りみたいなので霊夢に対して我慢するというだけで、
話はそれ以上展開しない。
コマの配置を詰めてもう少し量を増やせないものか。
ほのぼのは空気の好みが合うかどうかが問題だろう。

――――――――――――――――――――――――――――

・『我の家来になるのじゃ』/三様な犬/2012.5./28P
サンプルhttp://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=27142738

華仙・青娥が布都を鍛えるギャグ漫画。

この本は新しい好きなキャラが揃ってるので買った。
絵が特別上手いというわけではないが作画密度が高く、
次々ギャグ展開が続くので楽しく読める。同人とはそういうものだろう。
大まかな話としては、布都が龍使いに憧れて華仙の所へ
教えを乞いに行く。
華仙の指南も酷いものだが、青娥も加わって布都の教育は悪い方向へ。
どこか抜けてる世話焼きお姉さんの華仙と、邪知を吹き込む青娥と、
アホの子布都がギャグ的に噛み合っている。
ジト目で見張っている屠自古も二次イメージに合っている。
豪族組で幼い布都と"みことじ"夫婦というキャラ付けは結構
確立されていると思う。求聞口授の影響が夏以降あるかもしれないが。
ちなみに"じゃ布都"である。例大祭本を見る限りじゃ布都多い。


テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
何年ツイッターをやっていても孤独感・疎外感はある。
どうにも誰にも馴染めない真性ぼっち気質(ただのニートとか脱落者の部類)

フォロワがいるという事は消極的に発表しているわけで、自己主張だ。
自己主張にはエネルギーや確信めいた思考が必要だ。

こういう事を「誰に言ってるわけでもない」というスタンスで
しれっとツイートする手もあるが、この記事は他の言い訳の為である。

昨日(と言ってもこのブログは記事の日付け表示位置が判りにくいが)
に公開する予定だった例大祭本感想3がまだ出来ていない。

めずらしく1日で多く読んだけど、後でまとめて感想書こうと思ったら
数えてみると10冊超えていたので、今日の日付け変更には間に合わない。
つまりそう言う記事である。


折角なのでもう一つ余談だが、
矢張り買った同人誌は華仙本と命蓮寺本が多かった。
華仙本は仙人の啓蒙的な教養や、二次ならではのカプ開拓に期待していたが
それは少なくて、原作コミックを読んでそのまま4コマギャグ的なノリで
原作をネタにしているか、「説教キャラ」という要素をひたすら押していた。
まぁ東方二次の大半はこういうものである。

原作で天子や幽々子も知的なキャラだと思っているが、
二次ではそれぞれMツンデレと、大食い・ボケお姉さんって所が大半に思う。
紅魔ぐらいの人気であればレミリアやパチェの知的な本もあるように思うが?
華仙に関しては小此木さんの御所望通り、説教キャラの印象が成功、
そしてエロキャラとして需要が確立してしまった、今となっては
シリアス漫画の期待は薄いかもしれない。

儚月抄のように、書籍キャラが漫画終了まで設定謎のまま、という事も
ありえるし、鬼と過去についてはまだ確信に欠けよう。
(鬼としての過去補間本は1つあったと思う)
東方板では青娥・芳香を交えた妄想が深まってるようだが、
本としてはどうか。口授ネタで、歌を詠む芳香の漫画はあったみたい?不明。

もう一つ、命蓮寺についてだが
紅魔館はふと数えてみると小悪魔込みで6人も居るではないか!
これだけ居れば、キャラが揃っていて人気も出るというもの。
個別に厨二というだけでなく、人数が揃った勢力はまさに一強。
命蓮寺は・・え、雲山込みで10人!?これは酷い。
ドタバタしてる同人誌を見ていると、寺ってそんなに多かったっけ、
と思って集合絵見るだけでも何かいっぱい居るじゃないか。何コレ。

最近ツイッターで、「星蓮船は不人気ながら1ボスから勢力のまとまりが
あって、仲間外れキャラの無い構成が上手い」的な話をしていた。
今後も神主がそういう1ボス2ボスを揃えてくるかは不明だが、
勢力との関わりがあった方が多分ストーリー・世界観を作る時に楽しい。
それは二次創作者と同じこと。
ZUN自身、自分が最初に考えた設定を元にセルフ二次創作を連鎖させて
いるようなシリーズだから。

それで、寺は変な妖怪が集まってて面白いと思う。
吸血鬼とか、鬼とか、天狗とか、メジャーな妖怪でなく、
弱小妖怪の集まりなのが、むしろZUNらしいと感じる。
巫女ゲーを作ろうとした神主がどんな気持ちで寺と妖怪を
書いているのかはわからない。
寺は暗いと言う。日本の寺は葬儀場だ。死の香る場所。
妖怪寺という言葉はあるが妖怪神社という言葉はない。
神社に墓が併設されてないイメージや、紅白装束などが
より清純な一般イメージを手伝っているのだろう。

話を戻すが、命蓮寺は既存キャラでは最大(多)勢力になっている。
それぞれ出自・素性が違うのも面白い。
そういった部分に焦点を当てたり、誰かとカプさせたり、
もしくは現在の生活を考えてみるだけで何十通りのストーリー・ジャンル
になりそうだ。すごい可能性に満ちたキャラ達だと思う。
過去補完やカプをやり尽くされている紅魔とは対比的で、
旧三部作に対し、今、地味な広い伸びしろを持っているのは星蓮(命蓮寺)
ではないかと期待している。
人里と繋がっているし、神霊廟とも縁がある。可能性に満ちているではないか。
という気持ちを胸に、命蓮寺本を読んでいます。


テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
予定が完全に遅れてますが・・取り敢えず6冊。エロもあるので注意。

――――――――――――――

・『神奈子様が生贄になる話』/びびっどサンダー/2012.5./16P

諏訪・神奈の出会い漫画。ややギャグ寄り。

このサークルは諏訪子神奈子の神話時代をよく描いている。
元ネタ的神話解釈が好きなら要チェックである。
大和の上司くらいは登場するが、基本は諏訪子・神奈子だけに焦点
を当て、短くまとめている。
諏訪大戦、というか古代の諏訪王朝をシリアスに描く二次漫画は
既にいくつもあり、共有された二次補完イメージであろう。
その手のシリアスでは諏訪子は祟り神という肩書から、
チビだけど厳しい性格に解釈される事も多い。
この作品では諏訪子は無邪気な強い穢れの力とされており、
二次一般イメージのロリ諏訪子と母親神奈子という関係の延長で
読み易いと思われる。そこまで言ってしまうと内容まるごと
解説しちゃってるようなものだが。
そういうわけで、シリアス過去モノだと4番,5番煎じだし、
ギャグタッチで読む意義は感じるが、特に斬新な斬り込み
などは無かった。
ただ敢えて言えば、恐らく短期間?で作った本だとすれば、
作者のギャグっぽい漫画構成が自然に出来ていて、
少しセンスを感じる。巻末の早苗4コマも良い。

――――――――――――――

・『こまこまこまっちゃん2』/おえかき屋/2012.5./20P

華仙と小町がぶらり一日過ごす、二次ネタまったり日常漫画。

茨歌仙が単行本化して1年になるけど、エロ本ばかり増えて
普通のカプ本や日常ものは少ない。
華仙小町の原作カプ、そこに天子とか神子が少し絡む。
絵もそれなりに上手かったので買ってみた。
(綾見ちはとかちょっと顔の描き方が似てるかも)
前書き・後書きで割かれて本編が短く、作画は一部解像度が
荒い?とか少し不安定気味。全身絵のバランスはきれいに
描ける人だと思うんだけど。
内容的にはサボリ小町と真面目華仙、そこへ更にドM天子とか
結構ベタな二次キャラ扱いで登場する。
個人的には好きなキャラが揃ってるし、天子や神子が出会って
少しぐらい真面目な会話とかがあれば良かったのにと思う。
カプと言っても日常エピソードに重点があり、
この手のジャンルにありがちな露骨な萌えや微エロ描写はない。
一通りストーリーはまとまっているが、短くてやや無難な印象。

――――――――――――――

・『みこの☆センニンさまっ♪マジLOVE1000%』
/ファミチ貴族/2012.5./26P
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/sp_212001044861_famiti_mikono1000.php

11人の華仙合同。東方外作品のパロギャグが多い。

読めるレベルで絵が上手い人が揃っているけど、
華仙のキャラを特に活かさない投げやりなギャグ1~2Pって
感じが半分で、これ何の本だっけ、という疑問が最後に残った。
それでも華仙が説教キャラという基本認識は誰にもありそう。
プチ合同だとしても、このページ数なら人数半分でも良かったかも。

――――――――――――――

・『愚問苦渋の神仏道』/StrangeChameleon/2012.5./20P
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/sp_212001051097_strange_gumonk.php

求聞口授の三者鼎談後(帰路)を短い漫画にまとめてある。

僕はまだ求聞口授読んでないけど、伝え聞く内容の通り、
三者三様の警戒?を胸に帰る。聖は暢気だけど厳しい?
作画はとても丁寧だけど短いし、口授を読んだそのままの
イメージに収まっていると思うので、オリジナリティとか
があるわけではないかも。口授発売直後にこそ読む時事漫画本。
あとがきは四猿の事を熱く語られているようだけど、
僕はわかりません^^;
ちなみに神子ヘッドホンは「貴」

――――――――――――――

・『熱病』/そろのさん家/2012.5./22P
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/sp_212001051037_sorono_netubyo.php

18禁。
名無し男がナイスばでぃなヤマメに性的な介抱されるエロ漫画。

性格も見た目もZUN絵ヤマメとはかけ離れているが、
エロ漫画として絵柄が好みだったので買った。
二次のヤマメはロリからアダルトまで様々な解釈があるが、
この本ではアダルト体型・ツリ目で黒ガーター、だけど性格は優しい。
プレイや作画は標準的なもので、特に不満は無い程度にエロい。
蜘蛛としての人外要素やグロは無い、本当に標準的なエロ漫画である。
普通に良かったと思いますよ。

――――――――――――――

・『天狗式』/Satellites/2012.5./20P
http://shop.melonbooks.co.jp/shop/sp_212001051123_satellites_tengu.php

18禁。
射命丸の比較的ハードな輪姦エロ漫画。

ここは東方凌辱系でかなり卓越した画力の人気サークルだと思う。
僕は買ったり買わなかったり、今回はページ数やキャラ込みで
どうしようか迷っていたが、表紙やサンプルの射命丸が
綺麗だったので結局買ってしまった。
作者サテツさんの絵柄は髪の房を細かく描写するのが綺麗。
前巻の霊夢もそうだったけど、東方キャラの髪を細かく捉えると
ややリアルな美少女に見えてくる。このややロリ顔で繊細な
描き込みは「ブリキ」にも似てる気がする。
ページ数は少ないけど、描き込み情報量がすごいので
短く感じない。ストーリー性は特になく、すぐにエロ展開になる。
上司の天狗に逆らって?肉便所にされる的お話。
射命丸のロリ過ぎない引き締まった肉感と汁描写が文句無しに上手い。
ストレートな凌辱が好きであれば間違いなく買いでろう。
暴力・流血・虐待などハード過ぎる描写はない。(が、完全一方的)
少し思うのだけど、
現代日本であれば嫌な会社は転職する選択肢がある。
しかし幻想郷は閉じた世界、村社会であり、村八分・悪評を
受けるともう人生終わりではなかろうか。
射命丸の天狗社会がどのくらいの規模か不明だが、逆らうと
割とマジでこの漫画のようなイジメ・慰みはあるかもしれない。



テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
※追記:本文少し読みづらいけどモデルの参考画像とリンクを追加。
※最初にかなり長い余談がありますが、読まなくてもOK

タイトルの通りなのですが・・
5月の初旬にニコ動の東方MMD界隈で何かあって、
エロ改造を嫌ったモデル作者が公開やめたとか、
漠然とそんな話題はMMDスレで間接的に聴いてたけど、
気になって今頃調べてみたわけです。

なるほど、萌え系モデルを多く作ってるアールビットさんでしたか。
そう言えば、4月までランキングに溢れていた
水着こあこあ咲夜美鈴、前貼り椛(えと式?)などが完全に消えて――

丁度この事件の直前に大人気だったアールビット式こぁ美鈴動画
albitMRN.jpg
※こあ・美鈴は特に多くのエロダンス動画が存在する。
albtKA.jpg
※えと式椛・・3月までの方が人気だったかも。際どいエロ多し
etMMZ.jpg

――そこの隙間を埋めるように、にがもん式が次々来ていた印象です。
時は今、東方大MMD時代って感じですねぇ、
人気投票に影響あるという噂もあるけど、これだけ多いと
来年の2月まで首位を維持できるわけじゃないから、
にがもんアリス並のガチプロモーションをしないと効果なさそう。

あ、ちょっと話がずれてきましたね^^;もうちょっと話したい。

にがもん魔理沙は個人的には柔らかい雰囲気が好きだけど、
宣伝費も入ってる割には伸びませんね。――

最近配布開始のにがもん式魔理沙   ※にがもん式霊夢
ngmnMRS.jpgngmnRIM.jpg

――にがもん霊夢は結構人気で、これは僕は遺憾なんだけど
綺麗に見せてるのもあって、あれは地味に良かった。
それ以外は、他のモデルとの相性とかあんまり良くないと思ってる。
あの少女っぽい小柄・キュートさが好みってのも判らなくはないが。

そう言ってる間に、つい一昨日から、ななみ式紫が
にがもん魔理沙を超える勢いで拡散してますね。――

最近配布開始のななみ式紫
773YKR.jpg

――今日はずっとデイリーランキングで紫MMDが10個以上キープでしたw
最初はキモいと思ったウェーブ髪は破綻無くて素晴らしいし、
顔や胴体も綺麗に調整されてて作者の意欲を実感できる。
MMDスレで「水着はそれ以上脱がすなっていう意味」だとか言われてて
なるほどと思いましたが、まぁそのデフォ水着も
綺麗とエロいの丁度いいバランス。
まぁ乳に対してアンダーバスト~腰回りが華奢過ぎて変かもとか
些細な要望は無くもないけど。

※納得の黒ビキニ
773YKRm.jpg



いやいや、近況の話じゃなかったね。

本題なんですが、僕が何か言うより騒動のソースのリンク集を
各自で読まれた方がいいでしょう。

と言いつつ大まかな流れとしては、
・4月からどうもエロ東方MMD動画が多い。
アールビット式美鈴のエロが総合ランキングまで上がったり、
マエバリ状態のえと式椛や水着巨乳小悪魔らの動画が常に東方デイリーにある。
・5月に入り、プルート氏の定番、五大老エロや
配達P氏?の裸っぽい改造動画が連続で投稿される。
(この辺は僕も毎日チェックしていたのですが、ある日突然消えて謎だった)

※総合ランキングでお馴染みプルートのエロ五大老。なぜか消えない
pltBBA.jpg
※配達Pの美鈴腰振り動画。(これは修正済み)
hittMRN.jpg

・どうやら5月7日、急遽アールビット氏が公開したばかりのモデルなどを
配布停止、謝罪と自粛など宣言。
・この前後で配達P氏が挑発的な言動・行動をしていた。
これを追求されるなどあって数日後引退宣言。
・アールビット氏はあくまで創作の責任問題としての対応であるとか。
モデルは公開停止しても使用可能、そして本人も少しずつ活動再開?
って感じだと思われる。

まぁ単純に誰が何で悪いか、と言い切れないと僕は思った。
人によってはこの立場はこうだから誰が悪い、と断定的なようだが、
僕はそうも思わない。社会において何が良いか悪いかなど
決められるものではないと思う。
ニコ運営が消さないから悪い、というのも一理ある。
MMDエロは小中学生なら普通に視聴規制レベルに達していたと思う。
いや、僕が長々と書いても仕方ないが、
配達Pも過度な3本だけ消せばいいのでは、とか、
まぁMMD界隈の横の繋がりや風当りの事はさっぱり判らない。
半無法のニコ動と言えどクリエイティブな部分では普通に
権利や責任問題が伴っているのだろう。

はい、ここまでの話、これ全部書く予定無かった前置き^^;
僕はどんな動画でも好きですけどねぇ、東方の一般イメージの
一端を担っているという意味では、
プルート氏のMMDも今年(もっと以前から?)結構悪評にもなってたし
抑止効果としてアールビット氏の事件は肯定できるのかもしれない。
プルート氏はマイリス・ニコレポ非公開になってますが、
これって元からでしたっけ?それとも自粛なのかな。



で、最後になってしまったけど、騒動のリンク集です^^;


アールビットスレ謝罪
http://dic.nicovideo.jp/b/a/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88/331-#341

配布停止と自粛宣言
http://dic.nicovideo.jp/b/a/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88/421-#439

>公開終了のモデルは今後ともお使いいただければ幸いです。
>改造の有無を問わず配布はしないようにお願い致します。

プルート 騒動直前の動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17696184

配達P 裸美鈴の動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17731538

投コメ
>>レミリア『なんか配布停止停止行ってる人がいるね』
>>配達P『しらんがな(´・ω・`)元々乳首描写が入ってたんだからこのメーリン』
>>レミリア『あれ?それなら、何で全年齢対象で配布されてたの?』
>>配達P『さあ?こればっかりは配布者の凡ミスだろな/(^o^)\』

配達P(引退)ニコレポにログあり
http://www.nicovideo.jp/user/21984455

アールビット日記での事情説明、謝罪
http://v-nyappon.net/?m=diary&a=page_detail&target_c_diary_id=1046699


テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
RIDノックアウト、スタースクリーム、メガトロン、の簡易レビュー。


今月末に日本で発売予定のトランスフォーマー プライムAMシリーズ、
・メディックノックアウト
・ビーコン
・ウォーブレークダウン
・スタースクリーム
の中で、ノックアウトとスタスクは海外版(RID)が比較的手軽に
手に入るので、それを先に紹介(宣伝)しようかと思います。
ビーコンはなぜか高騰してるので国内版を待ちます^^;

――――――――――――――
・まずノックアウトから。
先月頃に海外から輸入され始めましたが、最初は定価2600円ぐらい
から一向に下がらず、出来は悪そうなのにそんなに欲しい人いるのか?
とか思ってました。ひと月もしないうちにヤフオクで2000円以下になった。
今月末の国内版が1500円前後だろうから、塗装がちょっと良いなら
先に海外版買っていいかなということで、2000円で購入。

TFpNOut01.jpg
矢張りシンプルだけど杖?が良い。TFには珍しい武器。

TFpNOut02.jpg
分割もできるとか、気が利いてる。
国内版は多分、カニのようなAMを伸ばして武器にする感じだと思うが、
そっちは分割できないだろう。

TFpNOut03.jpg
TFpNOut04.jpg
横や後ろから見ての通り、ロボットモードはガワパーツを閉じない
構造になってる。全体的にそうなっていて、少々頼りない・扱いづらい。
正面でも、肩や首の周りが固定できなかったり、腕が車の窓そのままで
平べったく、しかも窓の角が干渉してヒジがほぼ曲がらない。
この辺りは普通に設計ミスだと思ってしまうのだけど、
肩はよく回るので大振りに腕を動かせて遊べる。
ヒジを曲げず腕ごとぶんぶん回すポーズが中心。

まぁそれでもいいんだけど、僕は最初説明書見て変形させる時、
腕のヒンジっぽいパーツを畳まない方がいいと思った。
つまり
TFpNOut05.jpg
こうして腕を二重関節にすると不格好ながら可動が凄く広がる。
TFpNOut06.jpg
こうなるとどんなポーズでもできる。

TFpNOut06b.jpg
背中にも届くし

TFpNOut06c.jpg
もし日本版など買うなら、この腕をオススメする。
日本版は赤がシンプルになり、腕と胸にジョイントが付くようだ。

TFpNOut07.jpg
海外RIDで同時発売だったホットショットと。
これは塗装が本当に素晴らしいけど、多分日本版は出ないかも。

TFpNOut08.jpg
ビークルモード。
ホットショットはバンブルビーと同じなので超簡単。
ノックアウトは、最初説明書を見ると回転操作が多くて
かなり難しいけど、一度覚えたら直観でできる。
ただ、左右にルーフを開く時にホックが折れそうでちょっと怖い。

TFpNOut09.jpg
ノックアウトのビークルは多分、プライムのデラックスクラスで最小。
ムービー系のスカウトクラスに近いサイズだが、中身の密度は高い。
ボイジャーメガトロンで踏めそうなぐらい小さい・・

僕はアニメを観てないのでどんなキャラか知らないが、
TFスレで聴いた話ではアニメではもっとスマートでカッコ良さそう、
それに黄色いパーツがあったり、どうも玩具では塗装が節約気味のようだ。
僕が思うにTFプライム、RIDシリーズは塗装コストがかかってるものと
少し安っぽいものに分かれている気がする。
クリフジャンパーなどほぼ赤一色、それに比べ上記のホットショット
などは成型色に加え模様まで入ってパーツ分けも多い豪華っぷり。
ノックアウトも赤が単純気味なのでアニメCGを参考に塗装すると良いかも。

総評としては、特別名作だとも思わないので、
赤い車型が好きとか、TF、ディセプティコンが好きとかじゃなければ
強くオススメする程ではない。なぜかアマゾンも今は少し高め。





TFpHHShot01.jpg
上で少し触れたホットショット。
バンブルビーの塗装が悪いと思ってたので、このリメイクは
とても有難いタイミングだった。アニメで何者か知らないが
青がヒロイックでアメコミセンスを感じる。
輸入品店やヤフオクで2000~3000円ぐらい。一応オススメする。




・さて次は月末発売のボイジャークラス、スタースクリーム。
これは個別に丁寧にレビュー記事書くつもりだったので、
今回は簡単に流す。 とか言ってる間に発売しそう^^;

tfpStar01b.jpg
シャープなフォルムがスズメバチ(カトンボ?w)的な
カッコ良さで、まさに戦闘機型TFの意匠を感じる。
しかしデラックスクラスの単純な上位互換とは言い難く、
手足は関節1つで曲がるだけ、手首足首はオマケ程度の可動、
接地性は良いが手の方は武器も持てず、とか、
可動フィギュアとしては正直期待外れ感もあった。
デラックスクラス版とは別種の玩具だと理解した上で、
このフォルムに惚れた人にオススメする。

日本版は今3000円、妥当な価格である。
僕は海外版3900円で、パワーライザーという発光武器付だが
それはオプティマスの流用で正直ダサかった。少し待って日本版を
買うべきだったのかもしれない。日本版は少し肩など色が違う。


tfpStar02.jpg
細いがボイジャークラスだし身長はプライムTFで一番高い。

tfpStar03.jpg
次はオマケでボイジャークラスのメガトロンを紹介する。
メガトロンは国内ではいつ発売か不明だが、
噂では翼的な大型のオプション付で豪華になるようだ。
それを待つのもいいが、塗装は劣化するだろうし、
海外版はパワーライザーの発光武器がカッコいいので、
今海外RIDが安くなった時にオススメしておこうかと思った。

tfpMega01.jpg
海外で発売した当初は、デラックスクラスをそのまま大きくしただけ、
しかも色が安っぽい白だろうと思ってスルーしていた。
それでも大きなメガトロンというだけで気迫があり、
ずっと欲しかったので結局4000円の時に買ってしまった。

しかし届いてみると思った以上に大きくて、TF玩具でムービー3から
縮小傾向にあった中では恐らく最大のディセプティコン。
写真探すのがちょっと面倒なんだけど、恐らくリベンジ版の
ボイジャークラスメガトロンを少し意識しているのだと思う。
余ったガワパーツを翼にしているし、足の爪、肩の爪、顔など似てる。
全身の白は、写真では伝わらないかもしれないが、パールホワイトで、
紙ヤスリで磨いたような跡、ミクロの縦ラインが刻まれて
ザラっとした手触りになっている。謎の豪華感。
それと武器が良い。大きめだがガッチリ腕に装着され
ライトアクション、背中にも装着できてクリアパーツが光る。
tfpMega02.jpg
tfpMega03.jpg
tfpMega04.jpg

これがなかなか楽しい。玩具本体がデラックスクラスの完全上位互換
と言えるぐらい可動が強化されてるし、その上で武器も魅力的だ。
透過パーツは光に透かすとエネルゴンの光?というか・・
このメガトロンはパワーライザーシリーズ初期の商品なのに
クリアパーツの透過が素晴らしい。
(日本版ではどうなるか不明)
tfpMega05.jpg

更に嬉しいのは、海外のボイジャークラスはパワーライザー以外にも
普通の手持ち武器が付属している。TFの武器は2つ以上あってこそ
プレイバリューが発揮されると思う。
tfpMega06.jpg
tfpMega06b.jpg
ナックル・クローのようなパーツを手に持たせるか、
フュージョンカノンに装着してもカッコイイ。
ここが日本版とはっきり違うと言える部分であろう。
ボイジャーのオプティマスやスタスクも日本版は武器が足りない。

tfpMega07.jpg
ビークルモードもでかい。近年小さかったボイジャークラスで
ここまで大きいのは久し振りだ。リベンジ以来か。

総評としては、肩パーツが少し干渉して腕を上げづらい程度しか
問題がなく、安定したかなりの傑作だと思う。
白は地味にも見えるがこれが全身シルバーだと目立って嫌だ。
まぁ日本版の色が悪かったら全身シルバーにしてみてもいいかも。

ヤフオクは先月で3500~4000円って感じだったが、
輸入品店で最近3300(送料込)まで落ちたようで、
どうせ日本版も3000円はするだろうから、今先に海外RID版を
オススメしてもいいのではと思える。
ちなみにこの店は上で紹介したノックアウト、ホットショット、スタスク、
も売っている。


テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

このページのトップへ
トランスフォーマー プライム、海外 R.I.D.(ROBOTS IN DISGUISE)
ディセプティコン デッドエンド(Dead end)のレビューです。

TFpDE00.jpg
TFpDE00b.jpg
TFpDE00d.jpg



(購入について前置き)
今月初めぐらいから輸入が始まったようで、僕は先週通販で購入。
相場は多分2500~3000円(送料込)って感じでしょうか、
来月には2000円前後になってるかもしれませんw
先月ぐらいに発売していた、オートボットのホイルジャック(白)
のリペイント&顔リデコ。ホイルジャックも剣士でカッコ良かったので
買うつもりだったのですが、丁度買おうとしたタイミングで
このデッドエンドの予約が始まってたので、少しだけ奮発してこちらに。
ホイルジャックは白が安っぽい懸念があり、対してデッドエンドは
異常な迄にカラフルに仕上がってます。これは恐らく、日本のプライム
AMシリーズでは発売できないクオリティではないでしょうか。
そういうわけで、3千円くらいの価値は余裕であると思いました。



開封。ビークルモードはデラックスクラスでも少し重量感ある感じ。
武器も塗装されてるし、本体の塗装もすごいと思う。
同じプライムRIDシリーズでもコストが違う気がする。かなり豪華。
TFpDE01.jpg
TFpDE01b.jpg
とは言え、塗装と成型色が半々で、成型色の黒にはムラがあります。
色ムラと言えば、DOTMのHAサウンドウェーブのグレーが酷かったのが印象的。

TFpDE02.jpg
TFpDE03.jpg
配色がムービーのダークスチール(メタルスのクイックストライク)に
似てるという話もあったけど、まぁ似てると言えるのは大まかな
配色だけかなと思います。虫っぽい。

TFpDE04.jpg
やや大きめ。

TFpDE05.jpg
変形は、プライムシリーズは少し難しかったり簡単だったり
幅があるイメージですが、デッドエンドは車型の典型的な手順で、
特にストレス無く変形できます。
塗装がカラフルでも構造はガワパーツの処理に無理がないので
破損の心配がなく、どちらかと言えば気持ちが良いです。

TFpDE06.jpg
刀は肩にジョイントがあって装着できる。良い位置。

TFpDE07.jpg
撮影場所の都合で、今回は目が光ってない写真ばかりですが、
このように綺麗に顔が光ります。アメコミらしい邪悪な顔つき。

TFpDE08.jpg
小太刀二刀流って感じ。
ホイルジャックの方は配色と刀で、ユナイテッドのドリフトに
似てたと思うけど、この色では面影がない。

TFpDE08b.jpg
ホイールの緑があるので側面でも見映えする。

TFpDE08c.jpg
背面はジョイントがないけど、他のプライム商品より
ガワパーツの無駄がない綺麗な処理。

TFpDE09.jpg
TFpDE10.jpg
TFpDE11.jpg
肩は横軸の可動が狭く残念ではあるけど、ヒジは二重関節だし
手首も少しは動くので、ポーズは良く決まる。
手足がガッシリしていて安定感があり、自立性に問題なし。

TFpDE12.jpg
猫背体型だし、支柱を使った動的なポーズはあまり
似合いませんでした。刀を低く構える方がカッコ良さそう。

TFpDE13.jpg
TFpDE14.jpg
TFpDE15.jpg

最近発売したAMの武器を持たせてみる
TFpDE16.jpg
TFpDE17.jpg

ここからは集合写真で
TFpDE18.jpg
アニメは観てないのでキャラが掴めない・・

TFpDE19.jpg
ガワパーツの扱いが開放的ではなく、表面積が狭い。
ビークルの大きさ・重さの割に小柄なんですよね。
TFpDE20.jpg
RIDシリーズは両手に武器があるし、プレイバリューがある。
日本のAMは小学生以下のための食玩パズル遊びって感じでやや残念臭。

TFpDE21.jpg
他キャラと比べてもデッドエンドは塗装が魅力的。

TFpDE22.jpg
発売中のディセプティコン集合。アラクニドは単品で売ってませんねぇ…


・総括
かなりオススメです。
腕が横軸には回らない、腰も回らない、という以外には
安定感のある可動性で、武器持ちポーズがカッコいい。
ビークルモードも綺麗で、変形にストレスが無い、良い品でした。

ヤフオクでちょっと安いのを探すか、
輸入品店、と言いたい所だけど今確認したらどこも品薄ですね。
自分の知る限りではジャンクショップしか無さそう
(送料込3300)

テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

このページのトップへ
今回はイベント終わってすぐ、読む気満々でしたが、
中々上手くいかないものです・・捗る日とそうでない日の落差。
できれば1冊でも感想記事を書いていきたいところですが、
それも予定通り進んでないので^^;取り敢えず数冊。




・『唐傘の泪 おでかけ版』/葛の葉/2012.5./モノクロ8P

ニコ動手書き「つちぐもとはしひめ」の作者によるオマケ本。
同じく手書き動画で有名な やまださんのスペースで配布された。
小傘の変化をぬえとマミゾウが指南する話。
最近星蓮キャラが好きな僕には有難い。
葛の葉さんのちょっと地味に古いボケのセンスが
マミゾウのキャラに合う気がする。
小傘の顔にUFOがめりこむ絵は、ネタ画像で見覚えあるような?

――――――――――――――
・『MerryChristmas!MerryChristmas,Mr.UFO! NUE!NUE!NUE!』
(作中表記では『MerryChristmas!MerryChristmas, Mr,UFO』)
/パルテノンロマンス/2012.5./20P

ぼっちぬえを寺みんなで元気付けようとするシュールギャグ漫画。
今回、命蓮寺キャラの本という事で買ったけど、
個人手的にこのサークルは許早苗で人気のマジキチ漫画
というイメージしかない。
最初に見たのはルナがカタツムリ食って狂うネタだったと思うが
許早苗で見かけるのはアメリカンパチュリーやシュール・グロ
ネタでどうにも手が出しづらい作風だった。
最近ではナズ粘着スレで響子の生意気な顔が印象的だったので、
それが新刊に収録されてるっぽいので買った。
さて開いてみると独特なギャグ・キャラ性格付けで、
密度も高くページ数よりずっと長く感じた。
4コマなど区切りが無く、コマ構成関係ない変ギャグが
淡々と繋がれていく。下ネタも露骨に挟んでくる。
半分、11Pぐらいまでは各キャラ付け・個性を十分楽しめたが
後半になるとキチ要素が増えて、ナンセンスギャグと言うか、
あまり東方でやる意味も感じなくてややつらかった。
キャラ付けは普通の二次イメージの延長とも一応言えるが、
ギザギザ歯で人見知りのぬえは中々ユニークだった。
原作イメージもあり、ぬえは比較的強気な二次が多いだろう。
人見知りで弱気なぬえは珍しい。
それと印象的なのは矢張り響子、幼いようでやけに生意気な顔。
しょぺさんの漫画でもナズと響子の確執があり、
どちらが優位ともつかない双方のウザさが面白い。
口授で星ナズカプにヒビが入ったとも聞くので、
星に良い子ぶって喧嘩、というネタは続くかどうか?
話が長くなってきたのでこの辺で終わる。
余談だが、黄昏のトップ絵ネタがあって、
やっぱ作者もとしあきなの?と一瞬思った。関係ないか。

――――――――――――――
・『東雲乃書・序』/急行兎/2012.5./16P

一輪と寺創建?のシリアス漫画。
東方板のお陰で一輪が好きになったのと、個人的にも
命蓮寺のシリアスストーリーは興味があった。
この本・作者は板でちょっと宣伝もされてたが、
一輪の目つきが非常に悪く、正直好みではなかった。
男っぽく見える。気立てが良いって設定無かったっけ、
どうも冷徹な目つきには違和感があって、購入は迷ってたのだ。
まぁ結局買ってしまったわけだが、もうひとつ気になるのは、
矢張りとても薄い事。表紙の再録ページもあり、
過去絵の再録?まであったり、実質10Pぐらいに感じる。
もう少し話が進んでから一気に読む方がいいかもしれない。
内容については、普通の妖怪が訪ねて来た時、
ムラサと一輪の会話で「我々は人から妖怪に成った」的な
発言が印象的だった。そういうテーマなのだろうか。
それと、予告っぽいルーミアの再録絵?で気になって
ググったら、そうか、このサークルは例の上手いレティエロ?
漫画の人だったのか。(そっちはまだ読んでない)
っていうかプロなのかな。これほど東方にこだわってシリアスを
やろうとしているのは評価に値する。
取り敢えずストーリーについては保留である。

――――――――――――――
・『オクトーバーフェスト 1杯目』/遅筆徒然/2011.10./コピー本20P

話の全貌は判らないが風神キャラ中心の異変もの?のようだ。
イラストが専門の人なのか、表紙が鮮やかなイラストで目に付く。
タイトルを見ると酒漫画なのかと思うが、開いてみるとそうでもない。
取り敢えず作画密度があったので買ってみた。
イラスト的に一コマずつアナログな描き方で、手間がかかってそう。
やや脱力的なノリで、話の進行は遅い。異変漫画とはそういうもの
であろうか?この本は導入部だけで終わっていて、何とも言えない。

――――――――――――――
・『オクトーバーフェスト 2杯目』/遅筆徒然/2012.5./コピー本28P

上述前巻の続きである。ページ数は増えたがストーリー進行は
更に遅くなっていて、読み終わると、あれ、終わった!?と驚く。
B5ではなくA5であり、コマ割りが2コマ分割イラストとかなので
一般的な漫画の半分以下の長さに感じるのだろう。
作画効率・印刷費が嵩むのではなかろうか。
三部作で次巻終わるみたいだが、どうなるものか。
1も2も200円だったか忘れたが、読む側としてはストーリーの
短さ的にまだ何とも言えないという感想である。
風神録キャラのまったり異変、に興味が湧いた方は、
3巻までまとめて読む事をお勧めする。
むしろオフセットの完全版が出るかもしれない。


テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
Twitterログ全転載 2012春編
3200件ごとにブログに全文転載しています。ついに11回目。

過去発言一覧として検索にも便利、(誰得)
約30万字、小説2冊分ぐらい、の日記です^^;
半分ぐらいが東方話題で、他はアニメ・映画・ゲーム・ネット時事など。
URLが改行で分断されてるのはスミマセン。各自補完。
表示されない、など問題ありましたらお気軽に。
(ここまでテンプレ)

前半   後半

――――――――――――――

このログの時期は、ホワキャン騒動とステマ騒動が収束した頃か。
大まかな出来事は、

・コミック1で鳥船遺跡
・モバマスブーム、コンプガチャ問題
・MMD杯 そこそこ名作揃い
・台湾の同人イベントに東方作家が出張
・東方人気投票
・神主結婚
・Pixivイラコン
・ニコ超会議
・求聞口授発売
・例大祭合唱問題
・例大祭

東方板は永夜・星蓮・魔理沙粘着が続いてた印象。
あとグランベルというオリキャラが生まれましたね。

僕は例大祭に向けて準備サボりつつ東方と同人論みたいなものを
ぐだぐだ書き続けていた気がします。それは先日まとめて
転載記事にしたのでそちらをご覧ください。

コミケや新作が無くとも、よくもまぁこれだけ毎月
東方で大きな催しがあるものですな。
ニコ動はボカロとかニコ生とか他にコンテンツあるけど
Pixivの方は東方需要抱え込むのに必死ですよね。
それは社会的に良くも悪くもあって、いかがなものかと。
純粋に社会を良くするためと言うより、自社繁盛、利益のため
だと感じる部分が多く、東方依存する悪い意味でのベンチャー
って気がして、Pixiv周辺の絵師が将来どうなるのかとか、
それは個人の自己責任の域でなく、企業にも責任があるのでは、
…そもそも同人の1ジャンルに企業が介入・依存してる状態も異常で。

この記事でここまで書くような事ではないかもですが、
東方が本格的に流行ってから、ニコ動ブームは落ちつつある昨今、
最も東方界隈と結びついているのはPixivのように思いますし、
そんな東方ブームと共に歩むPixivの動向は、今後も無視できないでしょう。
まぁ僕は僕で、半年後何やってるか判らない状態ですが――。

――――――――――――――

もう一つ余談。このツイログ転載のやり方について。
(何の参考になるやら。まぁ僕が記憶喪失になったら自分で参考にするかも)
案外手間かかってます^^;一週間前にやる予定だったのに。
こういう事を誰もやらないのが不思議ですが、
自意識の強い人は自分のやった事、ネット上に残るログも
くま無く管理保管したくなるものだと思います。僕はそうですw
(ツイッターは3200ツイートで過去ログ削除される可能性がある)
バックアップに必死になるのがデジタル時代だと思います。
さて具体的(?面倒なので今回は簡易説明)な手順ですが、

1.ツイログにログインしてログzip(XML形式)DL。
2.前回のまとめを見て最後のツイートを調べ、
 DLしたログをそこまで削除。(前回と重複部分を削除)
3.ツイログzipは時系列が逆なのでテキストを上下反転する。
 >http://www.cityjp.com/javascript/programmer/text16.html
4.ツイートIDなど不要なので、指定した行を削除するツールを使う。
 >http://q.hatena.ne.jp/1112507323
5.ログになどのタグが付いてて見苦しいので消す。
 >http://www.benricho.org/moji_conv/17.html
6.ツイッターのブラウザ表示が個人的に読み易いので、改行を合わせる。
 改行ツール「ChangingLine」を使う。
7.FC2ブログではファイルが500KB制限なので半分でtxtファイル分割。
 長文ツイートの僕でも最終的に1600ツイート400KB程度に収まる。
8.各ファイルの冒頭にテンプレ(月日や名前=権利)を付加する。
9.ブログで記事作成。

以上、多分1~2時間で出来るでしょう。


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

pixivご無沙汰 日々の事 ツイログ一気読み tgt話題録 tumblr抜粋メモ nicolistほぼ東方 interviews.jpg自分の事 twitpic日記画像 亜奇数(Furcas)
  • Author: 亜奇数(Furcas)
  • ニコ厨。ゲーム廃人。東方廃人。血液型厨。こっそり絵師。
     東方話題が多いけど、サブカル・芸術などを対象に表現論とコミュ論をモヤっと書き綴る。
     何か調べ事でしたら記事に関係なく質問コメ貰えれば 分かる範囲で答ます。様々な相談にも対応します。
    ゲームは主にスマブラ ポケモン モンハン、心綺楼。
    絵のリクエストも暇だったら何でも受ける。
    当ブログ内の画像は商用以外の無断転載をほぼ許可します。
    コメント反応の目安は3日だと思って下さい。
    小さい話題は全てTwitterで消化してます。リンクは自由に。

Calendar

05月 « 2012年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

最近の記事

過去ログ月別

2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【13件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【15件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【18件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【26件】
2009年 05月 【36件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【27件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【20件】
2008年 09月 【25件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【40件】
2008年 06月 【10件】

カテゴリー

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

スマホこっそり対応

QR

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

通りすがりに

コメも面倒な人用。

無料アクセス解析

投票でも面倒な件

テルヨフgif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。