FC2ブログ

~萌畢竟~思索考究

メインは東方雑記など。他マンガアニメゲームニコ動に言及。時々絵を描く。最近はTF玩具レビュー多め

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
追記:居眠りながら改行修正したけど、文意変わってたらすみません。


今月は何やら狂ったように連ツイートする日が何度もありましたが、
東方の作品性と二次コミュニティの性質について、似たようなテーマで
話題を繋いでいたので、まとめてブログに転載できればいいな
とも思っていたところです。
そういうわけで、5月後半の東方とメディア(媒体)論?的まとめ転載。
残念ながら、句読点と改行程度しかほぼ加筆修正はしていません。
最後は締め括りで千字ほど書き足してる。
不定期に話題を繋げるツイッターよりは読み易いだろうから暇だったら読んで欲しい。




・ZUN東方の本質と二次展開したコミュ(ニコ動など)の相性について。

手書き動画の話、2009からPixivも増え始めて、
そっちに絵描きを取られたとも言えるよね。
Pixivに1枚ずつ投稿して溜まったら動画にするって人も増えた。
2008はまだ、動画の最後で今後についてアンケートやってた。
懐かしいよねえ、そんなカオスな時期に東方に興味持てて良かった。
さっき 「東方の日常」とかいう手書き見たけど、すごい適当に
ネタ詰め込んでるよね?正直選曲もよくわかんないしw
でもそれ見て楽しんでる人もいっぱい居るんでしょ?
それだよ、東方はそれでいいと思う。

ニコ動、カオス、シュールなぐらい適当、謎。東方はそれでいい。
先日陰陽鉄が云々って話題になってたけど、
もう二次創作三次創作で界隈まで存在してて、そこは東方から独立
したような状態で、 二次創作を派生的パロというより
新たに生まれた作品性・聖地的に捉えられる。
そんな所にZUNは全く関与していない。宗教の派生みたいなもので。

そう、原作者へのリスペクト断絶、がひとつの鍵か。
悪意的な無視(元より創作で悪意など滅多にないが)ではなく、
クロスやオリジ要素によるかなり大幅な作品性の変更。
「無邪気なネタ(素材)借用。」ネットや同人(特にパロ的意味での)は
殆どそういうものだ。東方もこれと同じだと思える。
神主も東方の原作性?をよくわからない状態にしておくという話を
何度かしていたと思う。三月精の初期に
「その方が作品性?世界観?が浮き彫りになる」とか、
香霖堂もゲームキャラ敢えて出さないようにして適当な雑誌に掲載したり。
儚月とかもそうだったと思う。
何かメディアで報じられた時も(見聞録か何かと間違われた時?)
その謎さが良いと言ってた気がする。曖昧。へんてこな世界。
神主の意図するものや東方のジャンル性とはそういう「変なもの」
だと僕は思っている。
アップルパラダイスとか読むとどんだけ適当なんだよwってぐらい
gdgdでカオスだ。あれを読むと、あ、東方って
こういう意図・センスで作ろうとしてたのかと納得する。
設定の整合性、硬派ファンタジー世界とは縁遠いもの。

うん、東方はそういうものだと思ってるから、
ニコ動みたいな半無法パロ地帯と大変相性が良かったのかなと。
風神頃に幻想入りの設定で更にクロス二次やりやすくなっただろうけど、
紅や旧作の頃からクロス・パロ・二次創作色が強く、
東方という独立世界より「何かとのパロ」扱いしやすかったのではないか。
紅魔郷やって、うわ、レミフラは魅力的なキャラ・世界だな!と思うより先に、
悪魔城とかアガサクリスティが頭に浮かぶと思う。
東方は独立完結したファンタジ世界作品というより、
メタ的パロ的に同時に楽しむもの、或いはそっちこそ本懐なのかもしれない。

だから僕は東方を完結した世界としてシリアスに(メタ・パロ抜きの漫画など)
二次創作する人は、ちょっと真面目・素直過ぎると思ったりする。
それも一種無邪気な創作意欲の成せる事なのだが。
それに比べると、ニコ動で 素材がやや違法的ではあるが 
適当にクロス・パロやってる方が本来的東方だなと思える。

さっきの 東方の日常って、日常なの?東方なの?
何でクイックマンが?主役雛?とか、謎だらけなんだよね。
商業漫画、王道・エンタメとかとは真逆のもの。
でも、それを楽しいと感じる感性に嘘も何もない。それも1つの娯楽性だ。
日本で漫画アニメゲームが溢れてても王道がこれ以上洗練
されるわけではないと思うし、パロディやクロス・二次創作的な
アイデアの派生・複雑混沌化が進むのは自然、良い事だと思う。 
コンテンツ性の否定って話も先日触れた気がするけど、
有機的過ぎて捉えきれないぐらいが良い。そういう物があっていい。
それだけがいいってわけじゃなく。
商業とか王道・エンタメとかの流通があって、それとは違う「択」が
あっていいなと言う事。 多分だけど、神主がアンチ商業的発言をした時も
そういうニュアンスがあったと受け取っている。
ここまでの話で触れなかったけど、俺は神主の東方に対する思い・意図は、
古来の信仰的価値観のリスペクト・布教なのかと思っていたりする。
説明が難しいから滅多に(遠回しにしか)その話はしない。
鳥船遺跡・秘封CDの魅力もそういう意味で評価している。
自分が感じるZUNセンスの魅力の核と言える
僕の生きる愉しみって懐古やモラトリアムやゲーム性や風土・民俗・文化性
みたいな話を主観的に自分の感じた通りに言語化する事、ぐらいのものだ。
東方なら「信仰」を現代的にどう解釈・表現していくかが興味深い。
それは東方ファンに自覚して貰う必要はない。自覚できないぐらいでいい。

――――――――――――――

・自分が考える東方同人の目指す処って。

半年pomでもスレの空気読めないって面白い事言うね、
ぴったんスレの言葉が分からないって前オフレコスレで聴いて笑ったけど。
フタバって板単位どころかスレ単位で定型・ルール・言語あるからな。
半不定期で立つスレをわざわざチェックし続けてようやく理解できる
文脈・文化とか最高に面白いだろう。
それそのものが同人だな。
好きなネタのために半不定期で同好の士が適当に集まって懇談する。
間口広まって個人が人気と金を稼ぐコミケより余程「同人活動」じゃないか。 
(と まで言うと怒られそうやな)
つむりスレとか、確かに考えてみると、すごい過疎でも一年以上続いた空気
(文脈、ローカルルール未満の)があって、その理解・記憶を前提に
レスするわけだよな。それは多分、半年ROMってても理解が足りないかもしれない。
そう考えると、やっぱ双葉のスレを記録し続けるのは面白い・意義ある事かも。


神主がイベントで人死なない程度にトラブル起これって発言は、そのまま東方だな。
死なない程度に異変が起こり、酷い目に会う。無邪気というか。開き直った無邪気。
同人即売会が手堅く自治されすぎて、ニコの方が暴れてるぐらいってのは確かだ。
何事もきっとそうなっていく。縛りのない世界・国はどこにあるか。
そう言えば、アフリカ辺りに酒屋作りたい、むしろ国作りたいとか言ってたっけ。
国と言えば東方はネット上に国作ってるようなもんだがな (神主は統治してないが)
何と言うか、神主ファン?(悪く云えば信者)的なコメ欄の反応で、
「神主が世間的な意味・倫理観にそぐう発言(正確には、そぐうように聞こえる発言)」
をした時に安直に「その通り!さすが!」みたいなノリはヤバイと思う。
彼はもっと無邪気で偏屈で天邪鬼なだけだと思うから、その賛同は滑稽。信者的。
過激な事言うぐらいの方が楽しいかもしれない。過激な発言は、遺書みたいな感じ。
これ言ったら俺のネット生命終わるわ、ってぐらいの方が
頭切り替えできていい(躁鬱的な意味で)。
我慢してると嘘に嘘を塗り重ねていくみたいで息苦しい(生き苦しい)。
単に頭おかしいだけなので真似してはいけない!


はあ成る程、考察合同のサンプルちらっと見たが正直どれも興味なく、
1200円はキツいかと思ったが参加一覧を見ると気になるのもあるので
その一部のために買う事になりそう。そして、そのテーマ一覧を見て思ったが、
東方考察というジャンル(とクラスタ)自体が数年前と意味変わってるんだなと。

元ネタや作品考察中心だったジャンルが、求聞史紀・風神以後で
風土性・完結的世界観に最低限のリアリティが与えられ、ニコ動で人口増えたので
アカデミックな考証、をする人達が現れた。
そして今ではそれを東方考察(ジャンル、クラスタ)と呼ぶようになったのだろう。

東方という作品から論述内容・文体が離れた時、そこに興味を持てるのは東方ファン
と言うより大学などでその学問分野に関わった事のある人だけだ。
需要広げるのは難しそうだな。 
今回で言えば、合同でテーマ広いからどれか1つでも興味持たれるかもだが。

まぁ、僕はその今で言う東方考察クラスタとは縁が無さそうだから、
遠い国の話として思うまま言及する程度である。
今回の合同は、科学系に偏るのかと予想してましたが、もっと広いですよね。
理解(=興味)や需要が分散しそうな予感がするんですけど、うーん、それでも敢えて
まとめる意義があるのか、何とも言えないです。
それとちょっと思うのは、本で出す意味は何か、とか。
今時、ネットで無料公開した方が読んでもらえる可能性は高そうな気がしますし。

自分は元ネタ探しから離れてすっかり界隈観測になってる。
竹本とか主要なリスペクト作家を少し見ると「こういう雰囲気なのか」って納得して
細部の追求意欲が無くなってくる。そもそも何で元ネタ探すかって、
「妥当な東方」創作をするためのヒントとしてだし。
今長々と書いてる時間はないが、ZUNさんの思想範囲 や、
近年の東方が他作品(小説やゲーム)パロ集積より 日本の教養・伝承ネタの集積に
なってきてて、それは従来的なジャンルとしては面白いけど、普通の作品として
ひとり立ちを始めたというか、・・どうも短い言葉にならないけど。
パロ多用だからこそ同人的でユニークだったのに、和風妖怪モノと言われると
ベタな商業漫画の1つに思える。ちょっとそうなりつつある。
どういう言葉が適切だろうね。失礼覚悟で言えば、宗教観とかの短絡性?
みたいなものが見えてくるというか 元ネタの捻り具合とかが、
月並みに言って近年ちょっと面白くなくなってきた、とかそんな。
すごく根本的に娯楽的面白さとして比較すると「二次界隈の動き」の方が興味深くて。
昨日神主はラジオで、リアルイベントも幻想郷みたいに「何か事件起こればいいのに」
って感じの物言いだったけど、それは倫理観など関係なく言えば
全くその通りで、だから俺は近年の東方一次作品より
「界隈そのものの方がトラブルだらけでおもしれーよな」と思うわけです。
もっと具体的に言えば、東方板は毎日が異変で面白いと思いますよ。
数千人の妖怪的住人が気紛れにスレ立てて暴れる、百鬼夜行の異変過ぎる。
楽しいもんですよ全く。

僕は学術意志も何も無く、ただの主観記憶としてかなり純粋に
自分の愉しみのためだけに今回の本を発行する。
恐らく東方で言われる歴史とは個人の記憶とその継承だ。
客観性やその共有意志など欠片も無い。
ある意味、考察合同とは真逆の事だと思います。
この修羅場でも荒らしていこう! 準備万端の状態で予定通りイベント行って
当たり障りのない挨拶して、そんなもん何も面白くないわ。
そんなために交通費1万も使うなら家でニコふたば見てた方が面白い。
(去年夏の某氏ニコ生から、どうも典型的なネット匿名キチ思考になってきてやばい。
神主がラジオであんな放言できるのは、十分金稼いでるからだからね・・)
昨日スペースの人に連絡してて、「何かこれは違うな」って思った。
いつも仲良くする人を決めて会う度に和やかに挨拶する、そんなもん面白いのか?と。
それはコミュとしての同人ではあるが創作としての同人ではない気がする。
ネトゲでも決まったフレとだけつるむとか、馴れ合い的なのは吐き気がしてくる
真性ぼっち気質なのもあって、何とか面白くならんものかって思うんだがなぁ・・
折角年に一度ぐらいしか会わんのだし、和やかな挨拶以外に何かあればなぁって。
まぁ色々考えるわけですよ、TRPGとか僕は全然疎いけどそれをもっと柔軟に
コミュと繋げた、日常的ゲーム思考ができれば素晴らしいんじゃないかとか、
そう、人間、考えれば色んなヘンな遊び?ができると思いますよ。
ごっこ遊び、いいじゃないですか。東方はごっこ遊びでいいと思いますよ。
僕は大学まではゲーム業界入りたいって思ってましたが、それも何か
変な気がしたんですよね。ゲームって今の日本では意味が変わってきてる。
金かけて職人ががっつりデジタルコンテンツ作るのがゲームか?
何かそれはストイックな意味では違うなって。
ゲームはデジタルコンテンツじゃない、日常、だ。
ゲームは日常と繋がった方が面白い。
東方はデジタルコンテンツじゃねえ、日常でありゲームだ。
東方作品世界も、そしてメタ的に東方界隈も。
日常であって、ゲーム(ごっこ遊び)でもある。

――――――――――――――

・上の話題を引きずってあれこれと。

近年の同人、そして東方を変えたのはツイッターだったか。
東方の考察も、個人サイト中心だった時代から共有性が変わったという事だろう。
クラスタとやらが組織できる時代が来るべくして来たわけだ。
アニメ周辺からコンテンツ的に見た東方はオワコンの臭いがしているのかもだが、
一方でこうして真面目に深めているコア層はこれから固まろうとして段階である。
ははは、神主さんは永遠の国を既に築かれましたなぁ。
ならば僕は、これから東方を立ち去ろうとする者の意志力こそ称えよう。
泥舟ですぞーここは泥舟ですぞー!


>@nayakoto: この次はこの次はと思いながら、いつまでも紅魔郷や妖々夢や永夜抄に感じた「幻想」を追っている人が自分。もうないだろうなと思うけど、でも、その幻想を抱かせ、いまも希望を持たせる「東方」というシステムを作り上げちゃったからには神主の勝ちで、自分は常に負け続けるのだろう。
紅~永に対し、風~ってどうなんでしょうか。
風神は山、かなり現実的な故郷を東方に持ち込みましたよね。
これを幻想と感じる人ばかりではなさそう。
そして次に地獄。これも愉快な場所かもしれないが一般的に良いイメージではない。
次は魔界。次にお墓・・。

最近この話を書く事が多いのですが、所謂考察クラスタの方達など、
東方の所謂第五世代以後?がやっと同人誌を出し始めた気がします。
アルムバンドさんはもう少し古い方だと思いますが、多分他の方は
風以後の世界観から心酔していったクチでしょう。

東方で世界観や物資に関する考察が始まったのはいつから?
求聞史紀・風神からリアリティが与えられたという話を最近よくする。
日本なら当然にある山を描写した事、(妖でも山国とは書かれているが)
天狗という組織・社会を追加した事、それと漫画的な都合で言えば
報道者キャラという役割は極めて重要だと思われる。
風神でやっと作品世界が確立したと言ってもいい。
求聞史紀辺りで人里の存在を強調し始めた、というか挿絵で具体化した。
永夜キャラも人里と絡めてるし。ゲームとしては永夜で一つの区切りがあった
かもだが、むしろ世界観は広がり・リアリティを持たせ始めた。

yukueさんによく「同じサークル買い続ける作家買いへの疑問」の話をするんだけど
ニコ動で名も知らぬ誰かが書いた漫画やSSの動画を観る方が、
どういう作品か 作者はどんな人物で何を思ってこんな動画を作ったのか 
新鮮な興味が向けられる気がする。僕は元々匿名的コミュを評価する立場だ。
ほんとこの話ばかりしているが、残念ながら僕は、同人誌で一定の作風から
人気確立されて作家買いを増やすような現象を快く思っていない。
自分なりに頑張っている作家自体に同人的な違和感があるわけではないが、
買い手が上手い人だけ決めて買っていればそれは商業漫画と同じ事になる。
という話はまぁ、色々考え方があるだろうけどメモ程度にな。

自分が東方同人で求めるのは上手い漫画技術の賞賛ではなく、
作品体験的な純度?価値?を引き上げるための努力、という辺りにあるからだろう。
同人と技術力については神主が書譜で数年前に書かれていたが、
技術研鑽してクオリティを挙げて需要を得るというのは商売そのものだ。
同人もそれでは意味が無い、という差別化を意識したい。
東方が技術に訴えるハイセンス・クオリティなものであってはならない、とさえ思う。
恐らく儚月抄や茨歌仙でプロ・人気漫画家を起用しないのもそういう意味だ。
素人だからできる面白さもあるかもしれない。
僕はめっきり商業漫画を買わなくなり、東方同人にばかり金を落としている。
プロは取り敢えず絵はかなり上手くて、しかも商業コミックはページ数も多くて安い。
でも話・キャラデザ・ジャンルが致命的にありきたりだ。
娯楽性と言う程上等なエンタテイメントは少なくて、ライトファンタジー・SFとか、
萌エロでドタバタ・あるあるギャグとか。それって正直得るものが少ない。
それっぽいジャンルが量産されるばかりで、それに10年前より教養が減ってる気も。
アニメも少しそうだけど、アニメの場合映像技術の進歩により表現が進化して
映像を観るだけでも文化的幸福・娯楽体験になってると思うので
それは置いておくとして。
漫画に関しては、僕は近年、画力やページ数で劣っていても東方同人の方が
商業コミックより良質な媒体なのではないかと思うようになってきた。
特に、東方でややシリアス+日常(+カプ)のジャンルでは、
上述のような量産商業漫画に無いような教養、
「生活の中で発見できる小さな感動」があったりする。
そして一次の世界観設定が曖昧故に、作家個々で独自解釈・表現ができて
違った魅力がある。半匿名的素人の気紛れな発刊・配信で
一期一会的にそれを見付けるという愉しみがある。
これらの要素から、東方同人は500円ぐらいを払うに足る
文化性がある媒体だと思うのだ。

やや話がずれてきたが、同人の中でも更に、文化的価値・「得るもの」
という意味で絵の上手い下手は問題にならないと主張したい。
(絵と脚本センスは別、とも言える)
これ以上まだ長々と書くのも何だが、商業と同人を技術だけで比較するとか、
同人の中で技術だけを評価するのは妥当ではない、
そして読者が幸せになれるとも限らないのではないか。
文脈的だとか文化的だとかいう価値観を僕はこれからも広めたい。


スポンサーサイト

テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
例大祭お疲れ様でした。
もう、普通にお仕事に切り変えられてる所でしょう、
どうものんびり生きてるニートです。
やりたい事・読み物が山積み。

例大祭で会った方々についてはツイッターで軽く触れたので
それで良いのかもしれません。あんまり人の事書くのもねぇ。
でも一言ずつコメント。

いや、ネットって、見て回る楽しさがあると思います。
誰かのブログやホームページを見て、何か画像を拾えるかもしれないし、
もしくはちょっと日常で便利な知恵を得られるかもだし、
共感できる思い付きや体験であるとか・・・。
で、同人に関しては、思わぬ所で自分の作品名などが出ているとか。
大抵の中堅以下の作家などは多分、いわゆるエゴサーチ的な、
自作品の感想をググったりしてるのかなぁ。
まぁ、わかりませんが、僕が同人の感想など書く時も、
どうやらファンより作者が検索で来る可能性の方が高い気がしてました。
それぐらいの規模のコミュニティとも言える。
長くなりましたが、自分が言おうとしたのは、ネットってそういう、
まるで自分だけのために書かれた些細なメモをピタリと見付けるような
楽しさがあるかなと思ってまして、こうしてブログやツイッターなど
いくつものサイトでこっそり情報を撒いておいて
そのヒントを必要とするに人が見つけて気付いたらいいのになーって
消極的な種まきゲームを楽しんでます。多分。
何この長い説明。


さて、見た人達など

・『つちぐもとはしひめ』葛の葉さん
遠目に見てまさか、と一瞬思ったけどやはりご本人だった。
横の方がやまださん?そちらも外見的に意外だったかも。
葛の葉さんは放送音声が低かったのでもっと違う雰囲気を予想していた。
いやー何と言うか、あの動画センスとは打って変わって常識的な物腰の方でした。
今回の例大祭は、この冊子を貰うのが本命でした。有難うございました。

・セリフまとめやクイズなど 結城さん
かなり早く挨拶に来られました。
自分は一方的にセリフ資料でお世話になってるだけですが、
セリフへの興味ではonnelさん、SSへの興味では五蟻さん、という具合に
ウチのスペースではそれぞれ少し違った縁がありそうですねw

・wikiの人? 酔狂さん
まさか先に来られるとは、意表をつかれたというか、古参でもっと
年配の方かと思ってました。いや、見た目では判りませんけど。
普段twiで積極的に東方話題をするイメージはないけど、カジュアルに
接しやすそうな人柄でした。自分が知る周囲では最も古参ぽい人
(風城さんは紅か?)なので、違う東方界隈を見てきた人かも

・SSなど 風城さん
僕はツイッターで見てツイートの雰囲気から神主ぐらいの世代の
ゲーム・音楽ファンなのかなという認識ですがもっと年配なのかな、
ちょっと自分からは話を切り出しづらい、ストイックな風格でしたw
SS作品は読んだことなかったのですが、神主・元ネタ的なパロリスペクト
素養もある方だと思うので、またいずれ拝見したいです。
(ちょっと長そう^^;)

・ニコ動など kamSさん
ツイッターの方でも触れましたが、いざ対面すると
親子ほども歳の差があるので、何と切り出していいやら。
東方にこうして深入りする心境や、同人誌出すに至った心境など
お聴きしたいかなとは思ってました。
500部と聞いたのですが、さてどうだったのでしょうか。
東方はニコ動人気作家でも、同人誌は少し客層が違うというイメージがあります。
本はまた感想をいつか。

・SSなど いぬいぬさん
ニコ生などトークの印象はありましたが、いざ会ってみると
はたらくおじさん!って感じで、まさに世代差を感じますね。
こちらもSSは拝見してなくて申し訳ないですが、ハード、物品面で
東方・幻想入りに興味素養のある方もおられるんだなと実感が湧きます。
東方が完全ファンタジックな世界だったらそういう設定考証がそもそも
発生しなかっただろうし、界隈の拡がりを感じますね。
花映塚頃に戻ったと言われてましたっけ?世界観として固まってきた
のがその頃だったのかな。


改めてお会いできた(言葉を交わした)と言うとこの辺り…?

ウチに本を買いに来て頂いた方は、殆どこちらからお名前を
訊いただけなのですが、ツイッターやこのブログや東方板など
切欠は様々のようで、果たしてお望み通りの頒布物だったのか疑問でw

考察をまた書いて欲しいとも聞いたのですが、求聞口授など読めば
設定に関する記事は書く事になるでしょう。もっと初期の、
キャラ元ネタ妄想みたいな企画をお望みなのかな。そういうのは、
漫画ネタにしようとして黙ってたりするのですが。
僕のよく考えるパターンは、このキャラがこの元ネタとの関連で
こう考えてみればイメージが広がって面白いよね、みたいな。
匿名掲示板のキャラスレでも覗いていればそういう発案はありますわな。

いやそれにしても、僕が居ない間に来られた方などは、名前を正確に
伺ってないので曖昧です^^;まぁ直に会えても面白い話は
出来たか判りませんが。

今回頒布した色々半端な本は、いつ追記できるか未定です。すみません。
というか、webの場合、発表方法を決断できない。
売った限りは、その買った人にだけ届く厳しい方法にすべきか、
でも例えばパス付DLとか何か印象的に面倒臭そうだったり
そこまでするほどの物か?とか。 意見・希望があったらお願いします。
nazum0.jpg

色々補足的に言いたい事はキリが無さそうなのでこの辺で。

最後に、買った本や頂いた本など。やっぱ今回は少ないなぁ
緋想、星蓮、霊廟、華仙 辺りを1時間ほど徘徊したら
僕好みの、「そこそこ上手くてシリアスで委託しなそうな漫画」が結構あった。

reitai9-a.jpg
上)頂き物や買って貰ったもの、知人?など

reitai9-b.jpg

reitai9-c.jpg


テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
もう出発される方もおられるでしょうから、作業途中ですが
とりあえず暫定的なお知らせだけでもしておきます。
前日出発直前まで作業すると思うので、正確な告知は伝わらないかも・・

か-35b にて、東方板を中心に東方界隈の主な出来事まとめ
(年表と解説少し)のコピー本を頒布します。
未定ながら、挿絵なし文字のみで30P以下、20~30部、1000円の予定。

内容の手間(1年)と印刷数の少なさで、値段はご了承下さい。
通りすがりの人に何となく買って欲しい本ではなく、
確実に興味を持った人にだけ買って頂ければいいと思ってますので。
(本当は値段をつけるつもりは無いと言うか)
それと余裕があれば、色紙も売るかもしれない・・時間ないかなぁ・・
僕ごときが何ですが、スケブもラフ絵ぐらいなら出来るかも。

お話などありましたら、僕は当日、12時頃からスペースに居る予定です。
他の買い物の後で適当に寄って頂ければと思います。
それ以外は五蟻氏などが売り子やってます。多分。

五蟻さんの月々抄は、少し冒頭を拝見した限りでは、儚月抄の時フラン視点、
そして過去エピソードなど495ページ?(笑)読みごたえあるようです。
教養ネタと言いますか、色々知恵・工夫を凝らした、所謂一次寄りな作風っぽい。
同じスペースですので、そちらもオススメしておきます。

原作セリフまとめをやってるonnelさんも何かペーパーを置くらしいです。
東方一次寄りの趣味の方には、中々有意義な頒布物が揃っている、かも?

では、会場でよろしくお願いします。



テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
さて、作業中なので明確な事が言えなくて申し訳ないが、

第九回博麗神社例大祭、「か-35b」(abysmalhypogeumさん)

まだ詳細な告知が出来ないのですが、当日は12時頃からスペースに居る予感。
本は、ふたば東方板とニコ東方動画の過去一年間大まかなまとめ、
資料本になる予定です。図説・挿絵的なものは少ない、文字資料になりそうです。

コピー本、30P程度、30部程度?とか?間に合わないともっと減るかも^^;;

色紙は時間ない予感…

また詳細決まったらその時に。
何か希望あったら気軽にどうぞ。

テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
プライムシリーズの玩具に関して、
日本版と海外版の違いがあるので個人的な雑感メモ。
まぁ好きな人は自分で調べてるでしょうけどね。
僕は最近になって興味が湧いたので調べてみると
かなり違いがあって驚きました。もっと早く知っていればなぁ。

僕の知る限り、プライムのシリーズは、

・ファーストエディション(FE)国内版
最初に販売された、プライムでも最も出来が良いシリーズ。
生産数が少なく、安売りされる暇もなく普通の値段で完売した。
今では定価の倍額ぐらいで新古品が取引される。
玩具は大きめで、余分なジョイントなどはなく、塗装は豪華で、
武器は小さいオマケ程度。
発売初期:デラックス2000円、ボイジャー3000円、
現在:デラックス3000円~、ボイジャー5000円~

・ファーストエディション(FE)海外版
国内版と微妙に色が違うだけ。輸入品なので少し高い?

・ROBOTS IN DISGUISE(RID、R.I.D.)海外版
プライムで全体的に簡略化した第2シリーズ?
上記FEから新規、体が一回り小さくなり、武器が少し豪華になった。
特にボイジャークラスはパワーライザー?という
ライトアクションの豪華な武器が付属する。
海外のみなのでFEより安いというわけではない。
しかし生産量が多かったのか、日本でも多く輸入転売されているので
探せば普通のTF値段で買えるだろう。
発売初期:デラックス2500円前後、ボイジャー4500円前後
現在:デラックス2000円前後、ボイジャー4000円前後

・アームズマイクロン(AM)国内版
海外RIDの塗装を減らしてシールに変え、ジョイントを増やし、
武器は少し違う組み立て式にして、国内版にしたもの。
ジョイントが多くて値段が安いのは利点だが、
塗装が最悪で武器が安っぽい。
値段が高くて武器は良い海外版とどちらか少し悩むことになる。
発売初期:デラックス1500円、ボイジャー3000円
現在:デラックス1400円前後、ボイジャー2500円前後

さて、キャラ個別に見解を記す。
――――――――――――――

・オプティマス
2012年5月現在、なぜか海外RIDが安売りされ始めた。
本体の出来はFEが良いけど高騰してるし、国内AMは武器が悪いので
RIDを安い輸入店やオークションで探す事をオススメする。
2000~3000円でAMもRIDも同じくらい。
RIDには短剣も付属するのが良い。ただし色は明るい青。
AMは暗い青だが武器は小さい変形銃だけ?
FEは身体が大きく、武器が小さい。短剣も付く。

・アーシー
本体はFEが大きくて良いけど高い。AMが今月末に発売だが、
最近RIDが安いのでRIDが良いと思う。
RID武器はブレード1つと長い銃なのですごくカッコイイ。
AMは変形ブレード1つ。FEはブレード2つ。

・ラチェット
AMかRID、どっちでもいいと思う。
AMはジョイント豊富でブレード1つ、
RIDはジョイントなしでブレード2つ。

・バルクヘッド
これは好みによると思う。
FEは大きくて5000円ぐらい、
RIDは武器がギミック式豪華で4000円、
AMは塗装悪くて武器ショボく3000円以下の予定。

・バンブルビー
FEは造形・塗装良くて武器ちょっとショボい?
RIDは造形簡略化?で武器増えた?
AMは塗装最悪で武器変形できる。
探せばどれも1500円程度だが、迷うところ。

・クリフジャンパー
RIDは小さいハンマーのような武器。
AMはジョイント増えて武器はガトリング。
FEは造形違って塗装は最高で武器なし。
迷うところ。


・メガトロン
FEは塗装良くて武器もカッコいい。2000円~
AMは塗装悪くて武器がちょっとダサイ。1500円以下
RIDは大型のボイジャークラスがあって、武器豪華。
まだ国内AM化発売は先だと思うし我慢できなければ。4000円前後
玩具としてどれも良い。

・スタースクリーム
FEは塗装が豪華。2000円~
AM「スカイワープ」色が違って変形武器が付く。1400円前後
RIDは大型のボイジャークラスがあって武器も豪華。4000円前後
玩具としてどれも良い。国内ボイジャークラスはいつか不明。

・ビーコン
FE版は塗装豪華、RIDは別物、
しかしどちらも4000円前後っぽくて手が出にくい?

・サウンドウェーブ
RID版は塗装が少し良い?けどジョイントも武器もない?2500円前後
AM版は塗装が少し悪いけどジョイントと武器がある。1400円前後
あと腕など材質が硬質か軟質かの違いもあるらしい。
単純にどちらか買うならAM版の方が断然オススメか。

取り敢えず主要なキャラは以上

テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

このページのトップへ
いやー、原稿全く進んでないなw 絶望期はもう越えた(謎)

買ったトランスフォーマー玩具を紹介するだけの日記です。
プライムRIDボイジャースタスクだけでもレビュー記事急ぎたい所だけど、
画像のリサイズや整理を後回しにしてて、なぜか他のものを先に編集してるとか
いつもながら優先順位の守れない人間です。
また24時間起きててさっきから眠過ぎるので、先週買ったTFを軽く紹介。

TF0516all0.jpg
結構レアなもので、ヤフオクなど9ヶ月チェックしてて1度か2度しか
見たことがないので、もう手に入らないかもしれないと諦めてました。
しかし毎日他店も合わせて地道に監視してたら、先週手頃価格で幸運にも
見付かってしまったのです。いやー、天のなんたらですね。
手頃と言ってもこれだけで結構な値段だし、これでもう僕のムービーTF集めも
欲しいものが無くなってきたので終わりに近いです。
まぁとにかくこれらは、かなりラッキーで手に入った。
いずれ個別でレビューするとは思いますが、
・スタースクリームズアサルト(スタースクリームVSマッドフラップ)
(海外ショップ限定)5k
・シャンハイショーダウン(デモリッシャーVSスキッズ&マッドフラップ)
(海外ショップ限定)6k
・アルティメットバトル(オプティマスVSメガトロン)
(海外)3k
・ドレッドウィング&スモークスクリーン
(国内イベント限定)5k

TF0516all1.jpg
開封途中で上とは少し別の写真なのですが。
RIDプライムのオプティマスも加わってます。
今回個別に紹介はしませんが、このオプティマスは予想以上に良くて、
文句無しの可動性、サイズ、装備品、変形、特に日本版との違いは
色と、それから武器ですね。武器が日本版より断然豪華で、
電池式のライトギミックとナイフが付属します。これが付いて
日本版と数百円しか違わないのでこの海外RID版をオススメしたい。

今アマゾンから送料込3000円ぐらい。この輸入品店の安売りは
すぐ終わったりするので、迷ってて後悔する事も多い。
日本版が2200~2600って感じ。

まぁステマはさておき(笑)
TFoptLAST.jpg
アルティメットバトルの方のオプティ、ファーストガンダムっぽい
フォルムなのでラストシューティング的なポーズもできたり?
ちなみにこのセットはレッドマーキュリーで5000円だったと思う。
もう片方の緑メガトロンの方が欲しくて迷ってたんだけど、
先週運良くヤフオクで3500だった。国内版カラーでも同じぐらいかな。
ユナイテッドでタンクメガトロンとか個別に売ってるんで、
色はイマイチだと思いますが入手は楽ですね。

コメント長いかなぁ。値段とかは誰も興味ないか。

TFsent0.jpg
センチネルプライム。これはかなり以前に買ったのですが、
最近また3500とかで再販セールしてて、その時に紹介したかったけど
もう安売り終わってしまった^^; まぁ相場普通に4kぐらいだと思うけど。
そう、人気ないっぽいけどダークムーンのリーダークラスでは普通に
傑作だと思います。僕はそう聴いたし、実際買って比べてもそう思う。
ちょっとガンダムのMSっぽい、サザビーとかのイメージです。
実際映画では逆シャアのサザビー的な役柄だったしw
まぁともかく、リーダークラスでも素直に可動するタイプです。
めずらしい盾とブレードが付属するけど、ブレードが映画より小さめなので
今持たせてるのは同じくダークサイドムーンの「バックファイアー」です。
これもちょっと探せば1100~1500円ぐらい、何よりビームランチャー
っぽいモードがリーダークラスの武器に似合うんですよね。
このセンチネル、武器まで付けて5k以下でこのボリューム・リアルさで
結構な満足度です。 ありゃ、またステマだ^^;

TFdwss0.jpg
ドレッドウィング&スモークスクリーン、
国内でも2009頃に発売したマインドワイプとスカイストーカーの
色違いをキャラホビか何かのイベントで限定販売したverだったような。
今ではヤフオクで転売が頻繁にあって、送料別4~5kが相場だと思う。
通常カラーでもカッコイイけど入手困難だし、むしろこっちの青い
限定版の方をオススメしたいぐらい。個人的に、このカッコ良さで5kは安い。
特にドレッドウィングの青い宝石のようなボディはTFとは別の
SFロボットデザインに見えますね。文句無しにお気に入り。

何か気軽な日記ではないな^^;;

TFasltSS0.jpg
スタースクリームズアサルト…
これは本当に貴重なものだと思います。半年探しても見つかるかどうか。
でもぶっちゃけ、特にクオリティが高いわけではないw
マッドフラップの方は良いけど、スタスクの方は他のカラーの方が
出来が良いと思いました。コレクター向けって感じ。

TFpaBB03.jpg
TFpaBB04.jpg
TFpaBB05.jpg
パワーアームドバンブルビー、最近も紹介したかもしれない。
相場は4~5kだと思いますが最近再販したのか3500だったのでつい。
リーダークラスは気軽に買うと場所に困るので注意^;
あまり写真は載せてませんが、ビークルの状態なら十分コンパクトです。
しかしロボットでは上手い構造で足がまずバンブルビー型で一番長そう。
バランスは正直ちょっと犠牲になってると思います。
まぁそこは面白さにもなってるけど。
デラックスクラスのニトロバンブルビーの大型版のようで、
胴体がどっしり重い、太いバンブルビーです。その独特な威圧感、
ボリュームを眺めるのが楽しい。他のリーダークラス、
センチネルやアルティメットアイアンハイドと同じく自立性は少し不安で、
特にバックパックが重過ぎて大きな足でもよく倒れたり。
それでも、他の二人に比べるとこのバンブルはポーズ自由度高めだと思う。
わずかだけどその差が大きくて、
このバンブルって他にも、足がいわゆるディセプティコンの鳥足
逆関節も可能なので、ほんとに足だけでも魅力的です。
まぁ上で貼ったセンチネルの足カッコ良さもなかなかのものですが。

あと、このバンブルの写真は胴体や頭部などを銀で色々と塗ってますね
これも気に入ってます。色はデフォでやや少なかったので。

そんなわけでどれも気に入ってますが、いやー、金が飛んでいくw


テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

このページのトップへ
更新の日が開いてきました。今月は例大祭原稿を進めながら
東方板とニコ監視しながら、玩具開封とレビューできれば理想でしたが
現実は玩具とネット巡回に掛かり過ぎて原稿が進まず、
ブログも更新できてません^^; 写真はよく撮ってるんですが。
写真レタッチして文章も付けて、となればやっぱ面倒ですね~
普通に1日かかってしまう。サブ趣味として成立しない。
まぁ、東方板のほぼ全スレ見ながら原稿も進めるとかそもそも間違いだ。

ともかく、今月は特にTF玩具のレビュー記事が多めです。
東方書籍や同人を読んで感想となれば数日単位の仕事になるので
冗談でも今月やりますとは言えない。
というか今東方の事を書くならブログじゃなく本に載せるわwって感じで。
はい、追い込まれてます。
一応、年末にブログで書くつもりだった、年間の出来事まとめなどを
もう少し丁寧にまとめてコピー本にする予定です。
基本は文字で、挿絵?の量は時間と相談。
・・って予定は書くけども、所詮予定なので全然違う可能性も…?

うーん、求聞口授読みたい。他にも公式書籍読みたい。春までの同人感想も…
来月になりますねー



追記:殺風景なのでTF写真でも適当に置いておきます。
これは先週以前に撮ったものですけどね

TFaltH0513.jpg
アルティメットアイアンハイド+武器セット
安かったので今更手に入れたけど、ボリュームには満足、ポーズ性はイマイチ

TFaltH0513b.jpg
ビークルモード。かなりでかいけど武器ジョイント無いのが残念

TFpaBB-hide0513.jpg
パワーアームドバンブルビーにフル装備と整備士君
こちらはビークルの武装が可能で要塞のようになる。遊び易い

TFPss0513.jpg
急いで手に入れたのに何だかんだでレビューできてない、
プライムのRIDボイジャークラス スタースクリーム。
可動性はイマイチだけどデザインはそこそこ。

TFss3d0513.jpg
最近集めてたリベンジ版スタースクリーム系。
ジェットストリームな感じ(

TFssV0513.jpg
正面より横からの方が目が光る。逆行気味だとなお良し。かっこいい

TFsw-hide0513.jpg
これは先月ぐらいの写真だが、やっぱジオラマ風だと楽しいねー

これ何の記事だっけ・・


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

このページのトップへ
追記:2013/05/23:この記事の一覧表を修正し、ブログで直接表示できるようにしました。こちらをオススメします>ディセプティコン一覧(新)

追記:2013/05/18:ムービーのオートボット一覧もできました!


追記:2013/05/12:記入漏れ
・デバステーターは日本版だけ顔が赤い塗装
・リベンジの海外セット、ギャザリングアットザネメシスのフローズンメガトロンは灰色
新商品も含めてこの一覧記事はいつか書き直したいです。


追記:2012/09/22:記入漏れをいくつか発見。
・(フローズン)メガトロン メタリックフィニッシュ 相場3~5000 レアSS
・フィアスウープのセット内容はサイドウェイズ→サイドスワイプの誤記




最終更新日:2012/05/07

注)この記事は途中段階で公開しています。
完成の見通しが立たないため、編集途中でも誰かの役に立つ
かもしれないという期待で^^;
写真は多過ぎて整理の見通しが立たず、
現状公開できるのは名前と相場価格の一覧だけ
です。



トランスフォーマー ムービー ディセプティコン
一般的な玩具(トイ)シリーズと派生リメイク品のまとめ。


――――――――――――――
定義が難しいのでシリーズについて。自分なりに説明します。

私は映画に沿って大まかに3作品に分けます。
ムービー(TF1)、リベンジ(TF2)、ダークムーン(TF3)。
※日本名ダークサイド・ムーン、海外名ダークオブザムーンなので
共通名としてダークムーンにします。
略語としてはリベンジはリベンジオブザフォールン=ROTF、
ダークオブザムーン=DOTM、
その他海外シリーズで
ハントフォーザディセプティコン(HUNT FOR THE DECEPTICONS=HFTD)
リヴィールザシールド(REVEAL THE SHIELD=RTS)
などと表現する時もあります。
そのような、上述の映画三作から更に内訳シリーズについて。
以下、ちょっと面倒な説明になりますが一覧に含めるムービートイの定義と
シリーズ分類について書きます。(読まなくてもOK^^;)

――――――――――――――
・ムービー
映画一作目、「TF1」「ムービー」「ムービー1」などと表現する。
日本版のディセプティコン商品記号は「MD~~」。
2007~2008年に発売された。シリーズ内訳は、
1.映画の劇中に登場したキャラ 
2.劇中に登場しないアメコミやゲームなどの番外編追加キャラと
 劇中キャラのリペイント(色違い)を合わせて、
 「オールスパークパワー(ASP)」という。ムービー1後期の商品
3.旧シリーズTFのリペイントを海外限定で販売「オフスクリーン」
 (これはムービーではないと思ってるので当方は除外する。)
4.劇中再現のために人間フィギュア付属セット「クリーンバトルズ」
5.劇中キャラでも特に人気商品の豪華塗装版「プレミアムシリーズ」
6.イベントや一部の店で限定販売されたリペイント品
7.同時期に販売された小物をテーマにした幼児向け玩具、
 「リアルギアボット」国内で正規ムービーシリーズ扱いだが、
 当方は基本的にムービーTFとして扱わない。

・リベンジ
映画二作目、「TF2」「ROTF」「リベンジ」などと表現する。
日本版のディセプティコン商品記号は「RD~~」。
2009~2010年に発売された。シリーズ内訳は、
1.映画の劇中に登場したキャラ 
2.劇中に登場しない、TF旧シリーズリスペクトでムービー風に
 新しく作られた番外編追加キャラ「N.E.S.T.」、
 人気キャラを大人向けに複雑化した「ヒューマンアライアンス(HA)」
3.更に追加された後期新シリーズ「オートボットアライアンス(AA)」
4.1~3の海外リペイントやリデコ多数、
 「ハント・フォー・ザ・ディセプティコン(HFTD)」
5.ムービー系に限らず近年のTFのリペイントなど、
 「リヴィール・ザ・シールド(RTS)」当方はこれも一部含む。
6.イベントや一部の店で限定販売されたリペイント品
7.超人気キャラを超豪華クオリティで再現「マスターピース」

・ダークムーン
映画三作目、「TF3」「DOTM」「ダークサイド・ムーン」などと表現。
日本版ディセプティコン商品記号は「DD~~」。
2011年に発売された。以後の続行は不明。シリーズ内訳は、
1.映画の劇中に登場したキャラ
2.劇中に登場しない、TF旧シリーズリスペクトでムービー風に
 新しく作られた追加キャラ。
3.更にその中で小型・武器型変形・人間フィギュア付属の、
「ヒューマンアライアンス」(リベンジからの同名シリーズとは別系統)
一般的には「HAベーシック」と呼ぶらしい?、とその海外リペイント
4.主に海外の一部の店で限定販売されたTF1・2のリペイント・リデコ
5.TF3劇中キャラで人気の品が海外で正規・非正規含め豪華リペイント
6.TF1から日本では食玩、海外では通常パッケージで販売されていた、
レジェンドクラスの少し豪華版シリーズとして「サイバーバース」。
通常サイズでは生産しづらいキャラもこちらで発売した。
(当方はムービーシリーズとして一部扱う。)

――――――――――――――
私がムービーシリーズのTFとして収集・紹介するのは上記範囲です。
基本的に発売順・国内正規ナンバーを元に、類似モデル、
(そのリペイント・リデコ)を派生商品としてその都度紹介します。
写真はビークルモードとロボットモードと類似品の比較を各1枚。



・・・と書きましたが冒頭の前書き通り、写真は多過ぎて整理の見通しが立たず、現状公開できるのは名前と相場価格の一覧だけです。


ブログに表を直接表示するのは面倒なので、画像のリンク先をご覧下さい^^;

TFムービー1
TF1desepALL.jpg

・TFムービー2 リベンジ
TF2deseptALL.jpg

・TFムービー AA、HFTD、RTS
TF2AAdeseptALL.jpg

・TFムービー3 ダークサイド・ムーン
TF3deseptALL.jpg


テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

このページのトップへ
(直接的なネタバレあり) 
5点満点で言えば4点ぐらい。神話アクションで普通にオススメできる程度。


3D映像的に迫力あっても前作よりボリュームダウンに感じるって否定意見も
あったり、CMネタバレ過ぎて、劇場で観る必要あるのか、懸念があった。
前作はCMのお陰で本編観てもがっかりだったので今回も期待してなかった。

それでも観たかったのはキメラがモンハンのテオ実写版に見えそうだったのと、
ラビリンスの表現が移動仕掛けで迫力ありそうだったから。そこは期待してた。

実際観ての感想だけど、途中飽きる事もなく1時間半程度、壮大な神話の風景
とテンポの良いバトルを堪能できた。予想外に満足だった。前作より良い。

前作は古い映画のリメイクらしくて変な設定やアドベンチャー形式が
違和感で気になったけど、今回はリメイクじゃないんだろうか?
ギリシア神話に出てくる魔物・神をアクション映画的物語に組み直した
バトル中心の構成で、割と次々神が倒れていく。
原典の神話に詳しくないので何をどうアレンジしてるのかわからないけど。
神々が倒れていくのは「え、こんな簡単に死んでしまうの?」って感じ。
まぁラストまでネタバレはしないけど…。

今回は主人公に子供ができていて、活躍はしないけど息子への想いが
主人公の支えとしてテーマ付けられている。
前作から言われるように、神々は人間の祈り(信仰心)を糧にしていて、
信じる気持ちがあればすぐにでも駆けつけたりする世界観。
ここは日本人でも面白いと感じるし、東方の神と妖怪の設定と同じだ。
まぁキリスト教的映画でも悪徳は悪魔の糧で美徳は神の救い、的演出はある。
この映画では神々の闘争状態にあって、人間は神へ祈る事もできない。
主人公は前作みたいな神不信ではなく、10年の歳月相応の大人になって
親ゼウスも信頼しているようだが、神々の戦乱でも息子のために
戦う親というポジション。
しかし子供が活躍するわけでもないしそこに共感・移入できるわけではない。
これ完全にネタバレだが、ラスボスを倒した後のエピローグに尺を長めに
割いてあって、そこでも無駄に丁寧に息子との絆が描かれるから
そこだけは面倒に感じた。
途中でもちょっと絆を試すような演出はあったけど、どうも取って付けた感。
結局この映画の魅力はバトルの物理的面白さや、神話風景の表現力にあった。

上述の通りだが活躍するのは主人公だけではない。
そこが個人的にポイントなのだが、チャラい半神のお供は映画的お約束キャラ
だとしも、主人公が信頼する老神たちも活躍の機会があって、そこが印象的。
最近観たバトルシップで(これもネタバレだが…)老練なジジィの
威厳とカッコ良さが上手い演出だったけど、同時期に上映中のタイタンもまた
「スーパージジィ映画」だったのだ(笑)
前作は主人公以外、味方全滅してしまうので、今回見方が活躍するのは
映画的見所を拡げていると思う。

どうせバレ有の感想なんだから半端に隠す必要ないかもしれない。(?)
前作で敵だったハデスが共闘してくれるという演出も、続編モノでは
王道展開だと思う。「パイレーツオブカリビアン」で、
無慈悲ながら海賊らしい渋い男、バルボッサが見方になるように。
共闘展開はありきたりながら僕は好きだ。

さて、劇中の壮大な風景だが、今回は森や迷宮で大きなオブジェも多くて
前作より遥かにボリューム・密度を感じた。この映画で最も金かかってる
要素だと痛感した。たとえ背景だけでもこれほどCGつぎ込めるのは
やっつけ映画にできる事ではない。今期最も宣伝されてる印象だったが
宣伝に見合う内容(特に背景)の自身があったのだろう。
バトル自体はCMトレーラーのネタバレより丁度満足できる程度の尺になってるが
恐らく3D映像としてバトル以上に風景の壮大さが印象に残る。

そういう、風景の魅力・人間ドラマ・バトルアクション、が割と自然に
繋がれてて、途中で飽きたりしなかったのだ。アクション映画は毎年数あれど、
そこは素直に出来良いと感じた。
細部でここの演出はもっとこう…という思いはあるが、当初の目的だった、
「一部のバトルだけ期待」を上回る収穫・満足感があった。


このページのトップへ
鳥船遺跡、今日手に入ったので聴いて読んで、思い付いた事を書きます。
400字くらいでサクっと収める筈が、普通のCD感想を兼ねて書いてると
途中居眠ったりしながら何ともまとまりのない長さになりました。
かと言ってここに結論だけポツンと書くのはどうかと思うので、
タイトルが気になったら適当に読んでみて下さい。
個人的には、幻想郷の存在理由が少し明かされたようで驚きでした。



さて何から書いたらいいんでしょう。
話の順番がばらばらになるかも。
いつもの如く、どうでもいい話が先になるかも。

各曲の印象はまぁ、ストーリー展開に合わせてあるなという程度。
どれも悪くない。デザイアドライブはゲームより好きかも?
この中では「宇宙に浮かぶ幻想郷」が好き。ロマンチック。

1. 衛星トリフネ ~ Satellite TORIFUNE
2. トロヤ群の密林 ~ Trojan Green Asteroid
3. デザイアドライブ ~ Desire Drive
4. フェアリー冒険譚 ~ Childlice Adventure
5. 天鳥船神社 ~ Space Shrine
6. 夜空のユーフォーロマンス ~ UFO Romance
7. ハルトマンの妖怪少女 ~ Lonely Monstar
8. 天鳥船神社の結界 ~ Space Shrine in Dream
9. 感情の摩天楼 ~ Cosmic Mind
10. 宇宙に浮かぶ幻想郷 ~ Paradice Torifune

Cosmic Mind以外はサブタイトルではないけど、
ストーリーカードでは英語名が付いてるので
それを勝手に付加しました。お間違い無きよう。
ハルトマンがロンリーモンスターって初出ですかね?

それにしても僕、真面目に秘封聴くの久し振り。
前回は東方まとめて買った時に、まだ東方よく知らない状態で
一度作業的に聴いただけなので、ZUNさんや東方の価値観も知らず、
秘封の面白さも特に感じなかった。
ゲーム曲の方が勢いあって印象に残る。
秘封は冴えないちょっと不思議な感じか、SFの壮大な感じか、
そしてキャライメージもないのでどうも弱い。

まぁゲーム曲と比べる事自体がおかしいのかもしれない。
これはこういう作品であって、ストーリーカード読みながら
秘封と、その世界観と、作者ZUNの考えるSF幻想、に思いを馳せる、
そういうものかもしれない。

今回で言えば、鳥船遺跡って何ぞ?というテーマ(ストーリー)。
解説自体は普通にされている。
元ネタに関しては誰かもう調べてるのかな。
僕は天文ガチで好きでもないしそこまで判らないけど、
タイトル聴いた時に軽く言葉をググったりはしました。
天文の知識なんて人それぞれだと思うのでその辺は各自で
ググれば良いとして^^;
冊子の方では「トロヤ群の密林」の英題がCD副題の
「Trojan Green Asteroid」になってますね。
このままの意味として、
トロヤ群=ラグランジェ付近を運動するの小惑星グループ(wiki参照)
そしてストーリーで出てくるテラフォーミングという言葉、
これはそのまま鳥船の事だし今回のテーマでしょうけど、
テラフォーミングで撃ち出された密林の宇宙ステーションが
トロヤ群になったという事。
これをなぜ群と呼ぶかは解釈が微妙です…。
そういう単語として単に使われているだけか、
それともこんなテラフォーミング宇宙ステーションを複数飛ばせば
例えばガンダムのコロニー群のような、って事なのかとか。
まぁ無知は黙っておくとしてw

そう、今回興味深いのはテラフォーミング。
(神社については、神頼み的日本思想を神主が基本的に願っていて
彼の人生観や東方の世界観としてもそうなのだと思ってます。)
今回ストーリーでテラフォーミングのトリフネへ
メリーが夢の結界?から接続するわけですが、(ここも後で触れよう)
ストーリーによるとそもそもトリフネの適応対象は地球だと言われている。
地球に適応するために宇宙へ一旦飛ばす?
「これぐらい適応力がないと地上には持っていけない」?
そこで僕が思ったのは、秘封たちの世界は近未来で、更にもっと未来
地球環境が悪化したら地球を捨てて人類は飛び立つのではなく、
肉体を適応させ地球にまた戻ればいいと神主は考えたのかなと。
トリフネもその実験として宇宙に一旦脱出した動物たち。

そして・・最後の曲が「宇宙に浮かぶ幻想郷」。
僕は頒布前、曲名だけ見て別の事かと思ってた?けど、
上述のような話を読んで、そして英題のParadice Torifune
となれば宇宙に浮かぶ幻想郷とは月でも天界でもなく鳥船遺跡だ。
鳥船遺跡が(も)幻想郷。
これ逆も言える事なのかなと。

テラフォーミングのために宇宙へ隔離保護され独自進化した動物たち。
まさに地上の(東方)幻想郷と同じだ。常識と非常識の結界により
神妖怪異や幻想の忘却物を保護する夢の楽園。
そして神主(或いは作品内では紫?)が幻想郷・博麗結界を作った理由
も同じ事ではないかと思い至った。
紫(メタ的に神主)は何のアテ(見通し)もなく暫定的に幻想怪異を
かくまう保護区を作ったのだろうか? 何か思想あっての事だとすれば、
それこそ幻想(廃れし美文化)のテラフォーミングではないか。
それも、外の世界を見限って逃げるわけでなく、半隔離状態にして
生態系を優れた強固な状態にした上で、いずれ外の(元の)世界へ帰る。
「東方Project」「幻想郷」とは神主(と紫)の「幻想テラフォーミング」
だったのではないかと。今回の記事で言いたかったのはまずそれ。

あとは蛇足的で曖昧な所ですが、メリーが結界・夢へ介入できる能力。
僕は前々から、求聞史紀などの記述で「幻想郷はメリーの夢」かも
しれないと思ってました。そういう説もあるでしょう。
もっと言えば、メリーの夢結界への介入があちらで八雲紫なのかなと。
今回も肉体レベルで神社と夢を通じて遠くの鳥船幻想郷へトリップした
ことから、いつも同じ事やってんのかなと。
その自覚性や目的や度合的な事は分からないし、神主も実際そこを
明確に決めているのか判りません。
(講演で突っ込んだ質問されると今思い付いたような返事してるよね)
よくある説だけど講演でメリーと紫の関連を挙げたのは
矢張り関連人物だと思われるし。デザインも近い。アバター的に見える。
蓮子については様々な説があるし僕も個人的な妄想レベルですが、
ただ今回の鳥船ストーリー読んでると微妙に霊夢説の可能性が上がった
気がしました^^;今まで蓮子=霊夢は絶対無いと思ってたんですけどねw
今回「シューティングゲームの主人公よ」とか言ってる。そんな願望が?
まぁそれとも東方幻想郷とは関係ない人物かもしれないし。不毛ですな・・
絵の一枚も描けなくてすみませんw


テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
ウチの回線悪化と 格ゲーでの人読み・攻め方について。

ブログでスマブラXの事書くの超久し振り!

去年秋からずっと回線悪くて1戦やるごとに切断とか
酷い状態でIRCの人に相手して貰ってたんだけど、
切断の理由を去年からずっとあれこれ調べてきた。
それで最近やっと、WiiとPC同時に繋ぐと急に回線悪くなるっぽい
と気付いた。まぁ確証はないんだけど。
でも可能性が高いと思って10日間ほどスマブラ我慢してた。
発売からずっと、忙しい時以外は割と毎日~2日に一度は
スマブラ続けてきたつもりだ。
で、10日休んでみたら回線良くなったんだよねw
また悪化するのが怖いけど、今日は久し振りにスマブラ対戦やった。
今日は幸い、急に悪くなったりせず、切断なしだった。本当に久しぶりw

その相手とは1年ぐらいずっとやってるけど、自分の方が腕はやや上ぐらい。
完全不利キャラではどうにもならんのだけどw
俺もその人も、基本的にキャラ固定せずサブ10~20キャラを順番に出し合う。
相手がデデデ使うとかなりキツイ。デデデはミスや腕など関係なく、
殆どのキャラに投げ連できて耐久すれば勝てる、恐ろしいキャラだ。
その人はスネークやメタやファルコは使えないので実質最強キャラ。

ま、それはともかく、それ以外だと結構勝てる。今日も20戦16勝ぐらい?
(ファルコン:オリマー、マルス(自滅):プリン、サムス:プリン で負け)
と言うのも、自分は一応、思いっきり「人読み」プレイをしているつもり。
崖際で相手が横回避する癖は初心者に多いから定番だけど、
それ以外にも中級者ぐらいでは様々な癖がある。
自分が操作するキャラをコンボ訓練して上達するのが普通だろうけど、
僕はそういうの面倒なお年頃(笑)なエンジョイプレイヤーなので・・
とりあえず全キャラ使いっぽくごく基本的なコンボの知識・精度で
遊べたら十分だ。
そんな状態・腕でもスマブラは4年やめられないぐらい楽しい。
と言うのも、格ゲー的な思考、ラインの概念とか置き・読みとか
意識するとスマブラでも超楽しいから。スマXやってて3年目ぐらいで、
ストⅣ・スパⅣの動画見るようになって格ゲー意識が強まった。
スマブラはジャンプし放題だが、ステージに端があるので
基本的な攻めの思考は同じだ。
相手との距離・技のリーチを意識しつつ安全に攻撃振って、
立ち回りの隙、というか相手の癖を読んで攻め崩そうと考えるようになった。

極論、ファルコンで強キャラに対抗するには素早く逃げ回りつつ、
相手のちょっとした隙にDA当てたり、浮いたら空上Aで追撃、
ファルコンの超安定行動ってそれぐらいだと思う。
実際そこまで徹底したら寒くて感じ悪くなるだろうけどw
で、そのファルコンのDAできる瞬間って、相手が無駄にジャンプして
着地隙とか。格ゲー、というかスマブラの安定行動って極論それだ。
他のどんなキャラでもその基本は変わらない。
何らかの攻撃で相手を牽制したりステージ端に追いやりつつ、
相手が無駄な事をしそうな所を狙って刺し込む。
僕が言いたい人読みってのは、ストリートファイターで言えば
リュウが波動撃ちつつ相手がガードするかジャンプで飛び込んでくるか
をお互い読んでどう行動するかという部分。
中距離では波動を打つと相手がジャンプで飛び込むリスクがある。
ここで一瞬様子見て迎撃に備える方が安定。相手の癖を読めればもっと楽。

スマブラで言えば、うーん、例えば・・
ファルコでブラ撃って接近されたら逃げて…というのは完全なテンプレだが
もっとヤバイのはオリマーでピクミン投げつつ接近されたら掴んで、とか…
これにどう対処するかって言うと、僕なら、ピクミン投げを大ジャンプで
回避しつつ、相手が無駄にピクミン投げしそうならそこの着地に突っ込むし、
掴みに来そうなら横回避でめくる(背後に回り込む)のを狙う。
オリマーの圧倒的な強さとはピクミン投げの蓄積ダメージと、リーチ長い掴みだ。
これ、どちらも横リーチだけが優秀だ。だからジャンプから牽制しつつ、
掴みに対しては回避めくりをどんどん使って「前後」の読み合いに持ち込む。
まぁとは言っても、オリマー側も下スマとか密着・めくり対策あるし
結局殆どのキャラには勝ち目ないリスク勝負なんだが。

わかりづらい説明になっちゃったが、こうして、格ゲーの垂直ジャンプ様子見とか
置き、或いはスマブラ特有の 相手の攻撃読み回避めくりとか、
こういう中~近距離での相手の択を読んで動くって事を意識してるだけで、
超コンボ無くても相性悪いキャラ以外なら結構勝てるようになった。
ガチのキャラ使い手ならそんな読みだけでは勝てないぐらいコンボ精度で
ダメージの差を付けられるだろうけどな^^;
そもそも内輪対戦だから読めるだけだw

どうも言葉で説明しづらいんよな・・
近距離での読みと立ち回り・・

今度はもっとトロいキャラで例えるけど、クッパ。
クッパでの攻めって、空前Aの爪は相手のジャンプを読んで振る。
相手が地上でガードカウンター狙ってそうならジャンプから横Bできる。
もしくはBのブレスでもいい。この辺りの2択3択で戦う。
ジャンプでしか攻めないと相手も逃げて拒否られるから敢えて安易にジャンプせず
地上で弱や横A振ったり、相手がめくって来る読みで上下スマやってみるとか。
もっと博打なら相手が90%ぐらいの段階で読み下Bとか当たればリードできるとか・・
クッパの面白い所はガード潰せる所だったりして、
横B以外にも空下Aの棘でもガード不能になるし、相手がガード多用するなら
相手の頭上からシールド見てから下Bすればシールド割れるとか・・
攻めの手段が結構ある。素早く逃げ回れるキャラには詰んでますけどねw

長くなったのでそろそろ終わります。
スマブラも格ゲー的な読み合いが楽しいと思いますよ、つくづく。
(メタ?あきらめましょうw)


テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
うーん、朝外出前に、「もっと気軽にTF日記書きたい」という記事を
書くつもりで文面まで考えていたのですが、いつも通り夢中で
写真撮ってたら時間無くなった。ついでに板ログ読む時間も無くなったw

一言で言えば、今日の献立を紹介するぐらいのノリで
部屋に溢れてる玩具をちょこっと触れたらいいのになって話でした。
TFなんて別にストーリーや名前知らなくてもロボットとして
デザイン好きなら良いと思うので。
ガンダムだって小さい頃は原作アニメなんて別に観てなかったし。

ま、それはさて置き、東板の方は求聞口授のお陰で新設定議論スが
乱立状態にあり、本スレなんか毎日数百レス伸びるので
読み切れない事が多いです。まぁ初日でもないのに
そこまで伸びるのは、大抵粘着さんと論争(ケンカ)になってる場合かな。
粘着というか負けず嫌いな暇人が、論破するまでレスバトルしてるのか。

ともかく、僕はまだ求聞口授読んでないし、各スレ面白い指摘は
出てるんだけど 全部チェックしてやるぞという程気力がない。
そして例大祭に向けてアウトプットに切り替えていきたいので
そろそろ東板巡回を減らす時が来たかなという気がしてます。
(夏の間には仕事を見付けないと・・?)

というか今みたいな、誰のためでもないのに
ひたすら重労働のログ記録だけ淡々と残してる状態は
どうも労力の無駄な気がします。
せめて誰かヒトのためになるか、僕の生産スキルにならないとねぇ。

いきなり無茶な目標を立てますと、今月は毎日何か 絵か文章を
書くようにしたいです。
僕にできる事なんて物量ぐらいなので
せめて今月毎日何か書いてれば、まとまらなくても
例大祭で物量をぶつける事ができるので。
一ヵ月で何ができるんだ!って弱音には「青」さんの発刊ペースが
励みになりますね。あそこまで生産力あればなぁって・・


このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

pixivご無沙汰 日々の事 ツイログ一気読み tgt話題録 tumblr抜粋メモ nicolistほぼ東方 interviews.jpg自分の事 twitpic日記画像 亜奇数(Furcas)
  • Author: 亜奇数(Furcas)
  • ニコ厨。ゲーム廃人。東方廃人。血液型厨。こっそり絵師。
     東方話題が多いけど、サブカル・芸術などを対象に表現論とコミュ論をモヤっと書き綴る。
     何か調べ事でしたら記事に関係なく質問コメ貰えれば 分かる範囲で答ます。様々な相談にも対応します。
    ゲームは主にスマブラ ポケモン モンハン、心綺楼。
    絵のリクエストも暇だったら何でも受ける。
    当ブログ内の画像は商用以外の無断転載をほぼ許可します。
    コメント反応の目安は3日だと思って下さい。
    小さい話題は全てTwitterで消化してます。リンクは自由に。

Calendar

04月 « 2012年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最近の記事

過去ログ月別

2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【13件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【15件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【18件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【26件】
2009年 05月 【36件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【27件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【20件】
2008年 09月 【25件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【40件】
2008年 06月 【10件】

カテゴリー

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

スマホこっそり対応

QR

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

通りすがりに

コメも面倒な人用。

無料アクセス解析

投票でも面倒な件

テルヨフgif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。