FC2ブログ

~萌畢竟~思索考究

メインは東方雑記など。他マンガアニメゲームニコ動に言及。時々絵を描く。最近はTF玩具レビュー多め

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
近年、余程の事がないとブログではアニメの話をしませんが、
まどか★マギカは3話から個人的にも注目してますので
話題ログが溜まってて、適当な区切りで転載しておこうかと
思い、取り敢えず最新の4話を見た後のツイートを。

しかし4話の内容に関する考察ではなく、4話まで見た時点で
僕がこのアニメ作品の扱いについて考えたことが中心です。
どういうジャンルとして見るべきか?とか。

話題の区切りで段落空けてるけど、改行とか見づらいかも^^;




みんな不幸になっていくなー 新房なら悲しいシーンでもちょっとギャグが挟まったりするものだけど、それがないのが違和感になってるんだよな。今までそんな作品あったっけ・・

この、魔法世界のひずみで死人がバタバタ出るっていう設定は、シャナに近いか

どこまで指示してるのか知らんけど、あの新房・シャフトアニメの静止画的な構図・映像と語りっていうやり方は、見様によってはあざとくも感じますよね。純粋に今までの積み重ねとしてこういう作画演出をします、って言っても作品性に合ってるかは別だし。

町ごとに魔法少女の縄張り?みたいな意識も、シャナに似てるよなー・・ うん、作品世界観としてはシャナが一番近いかも。敵が結構容赦なくて死人が普通に出る辺りも

関西、まどかの後にRioの健康的なエロは、気持ちがいいな。これが逆だったら、安心して寝られねえな
まどかとRio比較して製品版は買うか、ということを考えるのだが、部分的な演出として何度も見たくなるのはマドカだが、バトルシーン多用して超ぬるぬる動かない限りは買ってまでとは思わない・・そこで化物語のコメンタリみたいな価値を求めたいが、マドカは果たしてそういうのが向いてるかどうか。
マドカにどんなオマケが付いたら買うかということは、考えてみてもいいかもな。 まぁストレートに言えばエロゲみたいにサントラや設定資料が付いてれば買うしかないだろうけど・・ 化物語みたいなシュールなコメンタリは期待できないかな・・ 

虚淵という人はhackに似てるかもとは言いましたが、作画や音楽や声優が偶然的に一致した結果なのは明白だし、あくまでベクトルが、アニメにしては珍しく微妙に似てた、というだけだと思いますね。まぁ最近アニメ雑誌は買ってないのでマドカのスタッフインタビューとかも知りませんので何とも言えん
アニメは脚本を少し疎かにするメディアだと思うので、脚本センスが少し似てるっていうだけでも、見る側は敏感に反応しちゃうかもしれませんけどね(俺のこと

まどかマギカは何と言うか、毎回すごい話題性演出を用意してるわけではなさそうですよ? 僕は1話2話もまだちゃんと見てないけど、多分普通だったでしょ?マミさんの死の演出とそれが尾を引いてるというだけで、やっぱこれは基本的にフツーなコンセプトアニメだと思います。本当に割と普通な。
それで僕が今後期待するなら、青の子の死に方ではなく、まどかの葛藤や覚醒の演出ですかね。それと最終回のオチと。それは表現論として一見の価値があると言うか。虚淵作品ではパターンかもしれないけど、アニメでは(魔法少女とはまた別な意味で)注目度が多少ある。

魔法少女というジャンルは適切かどうか判らない。さっきも言ったようにシャナに近いと思うし、じゃああれは魔法少女か?と言えば怪しい。魔法少女というか空飛べるファンタジックなバトルならそう言える感じ。敢えて魔法少女と言うなら変身シーンがあるかどうかっていうだけでしょう。それとマスコット。
敢えて僕が言うなら「伝奇」ですかね・・この言葉のニュアンスは僕独自のものかもしれないんだけど、僕は型月以後の「現代日本を舞台に非現実な設定・世界観・能力が登場する」ジャンルを勝手に「伝奇」と読んでます。一般的ではない用法かもしれない。
型月以後とは言わないけど、そういう異能バトルものって2000年辺りでかなり増えてきましたよね。こういう話は前にもしたけど、「東京アンダーグラウンド」の時点で漫画もアニメも飽き飽きなジャンルだったイメージです。アニメは2002ですね・・この時点でもう古かった。
月姫が2000、Fateが2004、禁書が2004、ですかね。シャナが2002ですね・・東京UGの漫画が1998、それから僕が好きなパラサイトムーンは2001・・うーん、現代異能バトル(”伝奇”)は2000年辺りで一般化してたという見方で宜しいか。
その流れによって、魔法少女ものはあくまで女主役でペットが居る、などの条件でしか成立しなかったのかもしれない。現代日本が舞台で異能を隠してて夜中の事件などで危険なバトルに巻き込まれる、っていうだけなら男でも成立する。その辺り、主人公の性別とバトルのガチさで魔法少女と分別かな。
つまり、「まどかマギカ」は、新房が言う「新しい魔法少女」ではなく、死人が出ちゃう悲壮な物語であるなら、それは魔法少女ではなく僕が言う”伝奇”、 2000年ぐらいから確立された男性向けの「現代異能バトルもの」に少し寄ってるかなと思うわけです。 故にシャナっぽい。

ま、言いたいことは言ったし少し寝直すかな・・ 4話は、普通に見れば何とも思わないけど、3話の後だと色々考察・思索の余地はあるとは思う。俺はまだそこまで興味は持てないけど。 やっぱマミさん退場が早過ぎてストーリーのボリュームが足りてないような感覚があります。2クールの18話辺りかw
いや、脚本構成としてはエヴァに近いとも言えるかな?主人公が葛藤して戦うか戦わないか、っていう波が続く。敵が1匹来る毎に気持ちが大きく揺れ動いて物語のベクトルが二分される。私にも出来る!or 私じゃ駄目だorz と。ファーストガンダムもそうだったけどね。葛藤と成長とアイデンティティ。
ファーストガンダムは、正直無駄もあったと思う。全然有名じゃないエピソードもある。エヴァは、もうちょっと詰まってると思う。無駄っぽく感じる回はあったっけ?・・ そう考えると、アニメは1話でも構成・緊張の糸を緩める回なんて余裕ない筈なのよね、ましてや今時の1クールでは。
.hack//signも個人的にはほぼ無駄がない、全話好きになれるような内容だったのよね。毎週楽しみで、誰かが葛藤してたり――大きなトラブルが起きたり、という魅せ場・緊張の波がよくできてた。脚本密度があったと言うか。 残念ながら、まどかマギカは今の所そこまで注目度がない。
うーん、例えばというか個人的な意見・批判なんだけど、僕としては毎話、脚本を軸にそれを活かすための作画・音楽の演出をきっちり用意してあげる、それを1本ごとに商品としてまとめ上げる、っていうのが監督の仕事だと思うのよね。今回はそれが微妙と言うか。化物語の方が上手かったかなと思う。
化物語はセリフが相当独特だからシュールな作画付けるだけで見栄えしたけど、今回は魔法少女ものっていうありがちなイメージを基調にしてるから、無難なシーンが多いって言うか。新房シャフトアニメとして新規的なことってコラージュ背景ぐらいしかなくて、それも映像的には珍しくはないし。
しかも写真コラージュ使ってるのは最後の魔法バトルだけでしょ?それ以外ってひだまり的なユル作画+efみたいな背景のドラマチックな照明効果だけで間を持たせてるじゃん? それはもう見飽きたよ、って感じ。化物語の後だからもっと高望みしちゃうっていう欲求なんだけど。無茶なのかな。
こういう風に言っちゃうのは、新房やシャフトがそれ(僕の考える理想的アプローチ、商品制作)を実現できるだけの力を持っているだろうと見込んでるからなんだけど。 まぁアニメに関しては予算の問題とか素人では色々不可視な事情があるから、これも相応の結果かもしれないな。黙って見守るか・・
っていうか、普通に、西尾作品と新規アニメを比較しちゃだめか^^; 予算のケタが違うかもしれん・・うーん、そう思うと、まどかマギカの映像演出の無難さがすごく妥当に感じられる・・ そうなのかなぁ・・少ない予算で、無難に新房シャフトの技術を活かして軽くコラ実験アニメやってるだけなのかな


3話がニコ配信されたお陰か、またマミ絵増えてるな。結局1週間でニコシブ合わせて800枚ぐらい? その内何割が首なし絵なんだろうな・・カウント面倒だが
試しに一部だけカウントしてみたが、Pixiv 巴マミ タグ100枚中、頭が胴から離れてるものor画面内に頭部が描かれていないもの(丸ごと齧られてる状態も含む)、は 15枚だった。 血の描写を含めるとグロ傾向の絵は2割ぐらいかな?


スポンサーサイト

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ
 1月29日の夜中から朝にかけて、7時間程度、
GGJという48時間でゲームを作るイベント?の
中継トーク配信があって、それを見ながらのコメント。
(僕が見ていたのは後半3時間程度)
 対談してた人たちは存じ上げないのだけど、
ゲームクリエイターとかその周辺業種の人が数名?
(40前後の年齢層・・)
落ち着いた論調でそれぞれが考えるデジタルゲーム
の在り方、受容、日本や外国での扱い、
各家庭での状態、社会論的なもの、業界論、ゲーム性、
といった話が色々聞けました。
 その傍らで、USTのコメント欄でもゲーム関係者の
興味深い意見が出ていて、配信の終盤では
そのコメント参加者との対談に発展しました。
僕は素人だしログインが面倒だったので、
ツイッターで呟いていたという次第です。

トゥギャッターではRTなど取得できないので、
ツイログから自分のツイートと他人の主要なリツイートを
抜き出してまとめました。
僕は東方と絡めて話してることが多い。
いつも以上に勢いで言ってます。




ゲーム対談配信、面白いこと言ったな。「買いたいゲームも、買ってあげたいゲームもない。作りたいゲームなら山ほどある」 確かにそんな感じはあるね。「読みたい漫画も薦めたい漫画もないが、描きたいネタならいくらでもある」って感じが

「ゲームは工芸品」

「終わりのないものへの追求がもっとされると思ってた」

RT @yas_kawamura: それは今日的にはオンラインゲーム。目指すという意味では。

「40年目には教科書に載るべき」

RT @yas_kawamura: ゲームを人生の拡張としてとらえられる可能性はある。FPSに代表されるハイエンドゲームを単なる戦争ゲームととらえたら先はないけれど

動画やメディアの感覚は 世代差と、それと育った環境(どの程度・どのようにメディアに触れてきたか)だと思う

確かにね、ジャンルによってはプレイ動画なんて規制するのがマイナスにもなり得るよね。格ゲーは体験を売ってるわけじゃなく、対戦したくなる環境を提供する商売であって、プレイ(対戦)動画もどんどん共有できる場があった方がいい。しかしADVなら物語的だから映画の無断うpみたいな損害だよな

東方なんかは、下手でクリアできない人でも綺麗な弾幕や綺麗な避け方を鑑賞できるんだから、まさにニコ動と相性がいい。リプレイ置き場を解放したような。 東方にプレイ動画をうpするのは、文花帖の射命丸やグリマリ魔理沙みたいな行為でもある。それをゲーム外でされるのは神主には少し心外か

俺もUSTのコメントに書き込んだ方がいいんだろうか・・めんどいからいつも二軒目にも参加してないんだが、コメント拾って貰える可能性を1%でも考慮するなら、伝わらない前提でもコメントは書き込んだ方がいいのかな

俺は、何だろうな・・ ゲームなんて作ったことないし複雑なプログラム記述なんて知らない馬鹿な絵描き崩れのニートなんだけど、ゲーム性とか創作論って話は超興味あるし、その考察が本業のつもりなんだよね。ゲームデザイナーになれない趣味人って言うか。

RT @yas_kawamura: それは広告宣伝屋ではない開発側の人間か、ファンしかいないからでは。開発屋が広告のことを考えすぎるとゲームの純粋さが失われるから、ここは分業した方が良いと思っている。

川村さん(@yas_kawamura)には東方厨として見捨てられたと思うけど、いつも彼の言論姿勢には大体共感してる。親子に近いぐらい歳離れてるけど、僕でも共感できるレベルでゲーム論を言語化してくれてるようで少し驚きでもある。彼は世代的なメディア偏見を感じない。良いゲーム屋だと思う

スーパーコンピューター for ホームエンターテイメント・・ ワークステーションをプレイステーションに、か・・そういう思想があったんだな 任天堂厨の俺には初耳だ

RT @yas_kawamura: PS2が発売される直前に、クタラギさんはもう今の状況を予見していましたよ。

全てをデジタルデータ化してエンタメ的に共有することを目指して か

フィロソフィーww

RT @djsayura: ちょう正直いうと、作ってる私本人全然はまれるソーシャルモバイルゲームないです。だからこそ、毎日どうしたら自分が面白いか悩みまくって仕事してます。www

RT @djsayura: すごい、すべての現実がデータになって、それをみんなで共有する、とか、やばい、やばすぎる、もう妄想とテンションの暴走がとまらない!

RT @yas_kawamura: 別にこれは本来いい言葉なんだけれど、「枯れた技術の水平思考」にまつわる横井さんの考え方ですかね。

横井軍平の本は結局まだ読んでないけど、あれが任天堂の文脈の一部になってるというなら、俺はあれが絶対的に正しいとか良いとは思ってない。数十年前だからこその思想だと思うし

RT @yas_kawamura: ゲームの新奇性を日本は崇拝しているので、新しい遊びの仕組みがなければ面白くないという。しかしその観点で見たらFPSなどは面白さを説明できない。

これは俺も宮本さんの言に近いかなっていう気がする。今でも宮本さんは万人向けの新しくて尚且つ本質的な楽しさがあるゲームだけを目指してる感があるけど(去年の発言とか見ると) それは所詮最大手の会社、任天堂ブランドだから言えることだし。下手すりゃその道は他の会社を潰しかねないよ

川村さんの「任天堂の呪い」は何度も聴いてて、100%理解しているつもりはないけど僕なりに感じてる任天堂の問題性ってその辺りだな。 あそこはゲームの土台を作ったけど、今でも業界全てに守られる理論とかではなく、ブランドの1個にしか過ぎないって思う。他社は別な道を考えないと。

RT @yas_kawamura: それは「ゲームに軸がない」って事なんですよ。ゲームよりも大切な物があるから、「ゲームシステムが枯れている」訳です。

RT @yas_kawamura: ゲームを通して、「世界を体験しよう」という目的なんです。つまり「体験の新奇性」に軸がある。

RT @POLYGONINUKAI: DOOMとQUAKEの、カーマックも別に対戦ゲームを作ろうとしたわけではないんです「世界」をつくろうとしたんです。そーしたら対戦がうけたんです。この本にかいてある。

RT @yas_kawamura: 軸はあるよ。ゲーム性にこだわりすぎる軸が。wiiなら「wiiならではの遊びを考えてくれ」とか。こんなのソフトの人間からしたらエライ大喜利ですよ

世界体験ね、俺にとっては東方が、そういう思考の柔軟なインターフェースになってるんだな。創作という行為へ思考を導く、現代的な1つの切欠。 同人のコミュツールだとか、東方がゲームだとか酒だとか言い換えされるのもそういうことだろう。 東方はソフトというかゲームハードになったんだよ。

いや、さっきの話は割とマジで東方に重なるな。 ユビキタスという言葉を以前に使ったけど、ソニのクタラギという人が現実をデジタル空間に共有するのを目指したのであるなら、東方は幻想郷に現実の幻想・夢想を投影する行為を促してくれたのだ。投影世界を構築・共有する愉しみを与えた。夢のハードだ

録画はずっとしてます・・ こういうゲーム関係者の生な対談って良いこと言ってるのに録画公開してくれないよね・・ やっぱプロだから資産共有はしたくないのか、単なる旧世代感覚なのか、知らないけど

川村さんは三上さんの直下だったのか。 三上さんはツイッターで前に言ってた、「お前らは工場のオバチャンじゃねえ」という物言いが人柄をすごく端的に表してるなぁって思った。 そういうのを知らないと、バイオの雲の上に居る神様っていうイメージしかないけど。
前にも言ったけど、モンハンFでつるんでた人も、川村さんと同じくらいの年で、バイオ2~カプに居た人だったのよね。今思うと俺は恥ずかしいことばっか言ってただろうけど、カプと任天堂や、彼の世代的なゲーム開発の感覚ってのは聞かせて貰った。 まぁ僕は島国さんの本のイメージ影響が大きいけどw

RT @yas_kawamura: 日本にはハイエンドゲームがやっぱり必要。だれかゲーム業界の田中角栄を呼んでくれ。ゲーム業界に新幹線通そう。

音、BGMやSEって言うと、僕の理想はスーパードンキーコングだな。完成された、ゲームのひとつのピークだと思ってる。音と2Dアクションの同期。
仮想体験、立体音響と言えば、.hack の「ザ・ワールド」はヘルメットみたいなデバイスを使ったかなりリアルなオンラインゲームなのよね、多分。今の無料ゲーの数字ウィンドウ見る作業じゃなく、もっと体感的でリアルな投影世界の。 普通に考えたらそれを構築するのは困難過ぎるがゲームの理想だ

これ7時間やってるのか・・ 半分しか見てねえな。こうして考えると、萎えラジとかやっぱ有難い配信だと感じる。 配信、共有だよね。ゲーム屋の話をどこからでも聴ける時代。

64マリオの声で宮本が悩んでた? あれ初だっけ、どうだったかな、当時驚きはあったと思うけど・・ 子供としてはCMとかインパクト・驚きだけが記憶に残って、世界観の妥当性までは思考しないんだよな。 俺のイメージと違うわ!とか文句言うのは子供ではないような

「これからのゲーム業界とか宇宙とか人間とか」・・抽象テーマ、哲学テーマいいですな。 ゲーム性の話(創作論)とか ゲームと業界(需要)の話だとそのベクトルになるんだよな。 神主もそういう話いくらでも聴きたいよ。まぁ言い過ぎたら東方霞むけどw(それゆえに今のスタンスとも言えるか)

ラジオ2本の実況&コメントで1日終わるとか・・ これがニートだよ・・ 結局、ゲームや創作を語るってことは「俺はあの有名作品を作った人です」という実績がなくてはな・・  でも神主は逆に実績あるからdisられてるらしいし・・どんな立場でも言論に何らか反感は伴うか

@yas_kawamura あ、すみません言葉が悪かったですね。以前の、去年夏?の最後辺りの対応で気分を害されたのかなと思ってました^^; 有り難うございます。先程のUSTもそうでしたけど、矢張り自分の意見を主張していく気持ちの強さは大事だなと思いました。

@yas_kawamura ちなみに、1つ訊いてみたいのですが、川村さんは、実績や地位のない人がゲームやその他作品を語る、それから物作りについて語るという行為をどう思われますか? 例えば僕のような現場経験のない、実質素人がゲーム性や業界のことを語るべきではないと思われますか?
@yas_kawamura 最初にお話した時、実践論よりは哲学、理念的なことを扱っていると言われてましたが、僕は実績が無かったり現場経験のない言わば一般人でも、考えたり語ったりする権利はあって、それもどこかで産業の足しになってると思ってるのです。
@yas_kawamura そうして例えばゲームについて考えるという行為を通じてその人なりに生活や仕事に考察・思想を役立てたりする可能性は無限にあって。ゲームという仕事に直結しているだけがゲーム論ではないし、クリエイタがそれ(言論)を弾圧するということは業界の縮小にさえ繋がる予感

RT @yas_kawamura: @Aerium 実体験にもとづかないぶん信頼性は低いかもしれないが、意見の中身が論理的であればそれに一定の信頼性を認めるべきだと思う。要は話が正しいか正しくないかだけが俺にとっては問題です。観察力のないプロが薄い話をするより洞察に優れた素人の方が良いことを言う可能性はある。
RT @yas_kawamura: @Aerium 評論家になるならそのまま突き進めばいい。作る側に回るなら作るための理論武装に転換したらいい。そう言うことだと思うけれどね。どんな立場の人間も自分の立ち位置からの意見は発信していい。
RT @yas_kawamura: @Aerium 作る側が文句を言うとしたら、俺の作るものに他人が指図をするなって言う事だ。そういう人間は人間も作品も放っておけばいい。ただまあ、そう言う人間の作品からやはり離れられないなら、一定の譲歩は必要やね。それはしゃあない。

@yas_kawamura 返事有り難うございます。川村さんの姿勢は了承致しました。同人では創作に踏み切った者とそうでないただの消費者とで言論に少し確執が起こりがちで、それは勿論創作に至るのは良いことだけど、僕は言論そのものにも価値を感じるんですよね。
@yas_kawamura 確かに言われる通り、論の内容と立場は別として考えるのは自然だと思います。アニメでもゲームでもネットで客のレビューが共有されるようになって作り手からの問題意識が高まったのではと思います。評価が肯定であれ否定であれ創作行為について一般人が考えるようになった

@yas_kawamura 重ねて有り難うございます。余裕がある範囲で返事頂けるだけでも嬉しい限りです。 任天堂の呪い云々という件も、年々 思考のバージョンアップなどあるのか存じませんが、継続的にTLで拝聴できたらと思います。
@yas_kawamura それはそうだと思います。先ほどの配信で言われていたプレイ動画の問題も少し関わりますが、レビュー(作品感想・評論)の共有やプレイ動画(ゲーム体験の視覚化)の共有がネットで容易になったことで、作品の純粋性が損壊する恐れ、という問題かと思います。

東方は少なくとも、創作をさせる・促すために作られたものではない。その点で明らかに異なるのは竜騎士。あちらは完全に受け手の考察など二次行為を促すべく発せられている。 作るという行為・過程に重きを置いている神主が純粋さを求めたり実行を伴わない言論を嫌うのも仕方あるまい。
で、一方僕は、ひぐらしで考察や言論を構築して他のファンと共有することを良しとして同人を理解し、東方へ移った。しかし東方では「人の数だけ幻想郷」と言って半分解放しつつ半分閉鎖している思想を基調としていた。僕の立場はここで衝突する。

寒い部屋で寝ず・食わずでPC触ってたら肩がめっちゃ凝る・・ 風呂入って寝る。  また追々、先週や今週のツイッター話題をまとめねばなるまい・・ おかしいな、東方クリアが見えない


このページのトップへ
1/29:最後に個人的な補足を追記。



今回は創作の話なしで終わるかなーという漠然とした予感で
メモする気なかったのですが、2時間で最後の30分ぐらいだけ
真面目に語りだしたので、主にそこのログを取りました。
それ以外も、ZUNさんが積極的にコメントされた部分だけ
メモしてます。
コメント欄では最近話題になった「シャベッタアアア」が頻出
でしたけど、それは記録してません。
終盤の創作論は大体メモできてると思います。

情報についてあざとく考えないことをやたら強調していた感。
創作は純粋で努力家、コミュは情報を与えるものではない、
とか何度も言ってた。
コミュだけでは社会は成り立たないと思ってる俺は、
こうして報道するわけです。
前時代的と言っても、東方で言われるワビサビのように、
人間の歴史は脱皮のような古い行為を捨て去るものではない。
情報の伝達と階層構造が無くなったわけではなく、
需要供給のバランスやそれが求められる場が変わった・移った
というだけではなかろうか。
今ここを見てるあなた、あなたは神主が言うオールドタイプ
かもしれないが、間違いなく現代に生きてる存在だ。

ログについて、神主が言ってる曖昧・抽象的な話でも、
僕としては「あ、これは前回言ってたアレのことかな?」
とか心当たりがないでもないが、まぁログはログなので
僕の推測は抜きに見て貰えばいいと思う。
故に、曖昧な部分は書くべきか迷ったまま
半スルーな記述になってる。録画が公開されたら、
自分で確認して頂ければと思う。
(それができたらここを見てねえよって話だな^;)




――――――――――――――
z:ZUN
お:小此木
あ:あずまあや
特に指定してなければ全てZUN
――――――――――――――

z:お酒を勧めたことはない
 止める時は止めるけど

ウイスキー タルの匂いが必要


続けたら人は増える
売れなくても続けて人が集まればそこで実力が分かる

締切があるのは大切
商業の方が意外と締切ない 
伸びちゃう あれが嫌

間に合わなくても体験版出しますから

例大祭一回も申し込んだことない
スペースあるということは強制的に何か出さないといけない

USTのコメントが盛ん・・
場所を作ってみんなが会話してくれれば僕はいい
それが今のコミュニティ
二軒目ラジオのコミュニティが出来てもおかしくない

そこで聴いた情報を広める、
ジャーナリスト的なものは古い ばかばかしい

キャッキャしてる女の人何考えてるかわかんない 怖い

あず:マジうけるwwとか怖い

z:そういう人とは次元が違うから話せない

お:鬼という形容が流行ったのは
z:僕が学生の頃ですよ 秋葉原で鬼安とか

あずまとZUN 歳14違い
FF7?97年
弾幕っぽいのが出てきた頃
エスプレイドぐらい?

ラジオの主導権がコメントにある それでいい
こちらから情報を提供する気はない 前時代的

注文 太古の黒うさぎ → 弥生 (ロック
あずま ジンジャーエール

お:普通のラジオだとゲストの宣伝がある
茨歌仙6月ぐらいに単行本が
(書き直しもある)

z:骨折さん熊本のメロンで薄い本たくさん買ってた
薄い本マニア
熊本のメロン広くてびっくりした 通路も広い
エロの方にTENGAが売ってる

お:全部ここで買っていけ的な
z:あんなとこで売っても売れないよ・・

z:アマゾンは酷いよ
なぜこれがってものしかない 自分で選べない
「あなたこれ買うんでしょ?」ってw
DVD買ったらずっと電車のDVD勧められる

情報欲しくてニコ生見るのはばかばかしい
そこに居て楽しいだけでいい

(動画するなら)
ゲームを作ってみたとか
お:そういうのありますよ
z:もう「ゲームを作ってみた」という状態
(配信だと)2か月ぐらいになってしまう

開発で喋らない生活をしてるとコンビニで答える時に裏声になる
電話も声おかしくなる

僕はこういう性格だけどこの仕事の人は基本的に喋らない
僕はよく喋るけど
文章書いて「www」って打つけど実際は笑ってなかったりする
真顔で打ってる


お:ラジオの気持ちはアンオフィシャル
z:もしかしてフェブリ自体が公式じゃないのかなー
お:なん・・だと?
z:いきなりエルシャダイネタ入れるのは酷いよー・・
僕はああいう雑誌だと自由に漫画描けるからいいけどね
気楽でいいわー
色々試せます。
そろそろ僕も本領発揮しないといけないですね
雑誌ブレイカーの!
人生でそういう経験2回しなきゃいけないのかっていう
2回あることは3回ある


(話題を選ぶ、 納得のいく笑いが欲しい(?

ワイン飲むけど違いがよく分からない
美味しいけどワインが合う食事にはビールも合う

僕の方から話題出さないです
自分から語る、もうそういうことはしない
自分から話さない 質問させるようにしてる
自分から話すことはいっぱいある気がするけど話す気にならない
人前ではうわべの話しかしない
一番大切なことを話す必要性を感じない
本当に大事なことなら隠す 現役だしライバルには見せない
技術的なことはまだ教えられない 自分の宝ですから
まぁそういう感じですよ 酷い人間のような感じになるけど
教えるようなことがないのも確かです

講演とかばかばかしくて出来ない
やるとしたら哲学的なテーマになる
技術的なことはない 高いことはやってるけどぐぐればいいだけ
売り方、商業的な話は興味がない

最近断ってるというかスルーしてるのかも(講演
東大)酒は受け取ったのに没収された はめられた

次同人で話する場があるなら哲学的な話の場ならいいよ
誰も理解できないような話
こいつアル中としか思わない・・
聴く側も当然かもしれないけど、すぐ役に立つことを聴きたいだろうけど
宗教的な話をね・・
人生観とかそういう話をね

自分がやってることは何なのか毎日考えてるけど・・
未だにほんと子供なんですよね
ゲーム作って覚えてるだけでも満足
その後何と言われようが関係ない

最近同人作ってる人間が先のこと言い過ぎて・・
そこんとこ僕が伝えたいんだけど
どうせ東方作ってるからだろ?って言われる

お:有名税
受け取る人が多くなると

同人ゲーム、同人誌もオリジナル作って成功する人間は
無知じゃないとね
無知で勉強家じゃないと、
余計なこと知らない人間じゃないと難しいのかなって・・

ツイッターのフォローしてる人間が同人多いから
そういう話を聴くわけですよ
皆真面目なんだよ・・真面目が悪いわけじゃないけど
すげー真面目なんだよ・・超真面目なんだよね・・
いいことなんだけど
それが好きだから同人ゲームやってるんだけど
何だろう すごく純粋なのかなみんな
純粋な人間同士の飲み会はたまらない
朝までゲームで盛り上がっちゃう
ゲームという漠然としたものについて語る
そういうのがたまらないw
みんなゲーム好きなんだなぁって

みんな好きだから考えちゃうわけです
こういうのはいけないとか・・
作りたいのを作ればいいだけだけど

 何の内容もない話
 みんな変わんないから・・三つ子の魂百までだから

同人ゲームは真面目にやりすぎて痛い目に会うかもしれない
痛い目に会ったとしても皆真面目だから変わんない
真面目過ぎる・・集まってるとそう思う
真面目にふざけてる 社会に反するふざけ方ではない
ロックではない
そこが好きだから居てしまう
そのお影で同人ソフトから抜けられない
同人ソフトはまっすぐしかいない
まっすぐにふざけるからあそこから抜けられない

そろそろ締める、と言って配信終わり――――――――



一か所だけ自分なりに解釈してみますが、
(ツイッターにて)

ラジオの、「納得のいく笑いが欲しい」と言う辺り、僕が思ったのは、前回か前々回の二軒目ラストで神主がオチにこだわってた、アレかなと思う。ラジオとして配信する限りは、配信者なりの意図決定や区切りが提示されて、それに対してイエスやノーの結果が伴う。ゲームや作品とはそういうものだ。
ラジオは結局、コメント欄がコミュになってしまっていたけど、それは結果論と彼の考える社会の理想であって、企業理念というか発信者側としては自分なりの試行錯誤と意思決定・表示が必要だと考えているのではないか。東方はそういうスタンスだと05年以前は再三言ってたし、それと
STG方法論のインタビューでは「プレイヤがちゃんとミスを学んでクリアへ思考を導く」ような、健康的・自然なゲーム構造を意図しているように言っていた。世界観はひねくれてるけど、システムとしては健全志向、みたいな人だと僕は思ってる。
MAGネットで福嶋さんが「ゲームとしてはクレバーな造り」とか言ってたのもそういう意味だと僕は捉えていた。  神主も商業屋であって遊び手のことをすごく考えて作ってる筈で、その遊び手とは第一に自分のことであろう。自嘲も含みつつ自己満足としての同人だとは言うだろうけど、それだけではない。



ラジオ内でのZUNは実践論をやたらしつこく否定してるんですけど、正直そこまでZUNに求めてるような人はもう居ないですよね。商業屋だとそういうことを訊くかもだけど、東方やZUNを少しでも知ってれば今更東方に実践論は求めてないかなと僕は認識してる。


この辺りが僕としての納得がいく笑いのための補足、か。
前後をよく聞けばもっと別なニュアンスの可能性もある。

テーマ:東方プロジェクト - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
プレイ200時間、クエも一通り終わったので、
エロくて実用的な汎用剣士(結論装備)を作ろうと思って。


お守り集め、レア素材、そんなのは御免だ・・という前提で、
取り敢えずテンプレになるのは確実にシルバーソルだから、
最低限、堅殻10、紅玉1、程度は持ってるという状態での話。
銀レウスを3~4回やれば集まるはず。

で、防具の構成は、基本が、
ウルクSキャップ 装飾:回避+3
ベリオS(ドーブルでも可能)装飾:回避+3
シルバー
シルバー
シルバー

痛撃のお守りがあれば理想だけど、ないなら装飾で埋める。
あとは余った装飾で補助スキルなど。
弱点特攻 業物 攻撃UP小 回避1が確定で、あとは自由。
見た目が銀でまとまってていい感じ。
ドーブルならヘソがエロい。護符爪込みで防御401とか。
 僕は気絶+10痛撃+4のお守りがあるので、
回避2 気絶無効 弱点特攻 業物 攻撃UP中になった。
回避2があるとかなりテキトーなプレイができて快適。


さて、応用の話だけど、エロ防具というのは実践スキルを
更に数種類に換装できるのがモンハンでは毎度の理想だと思う。
 上の装備、頭に紅玉使ってシルバーにできれば、
胴と脚を変えて装飾するだけで様々なスキルに変更できる。

シルバー(生産が難しいけどウカム頭も良い)
何か
シルバー
シルバー
何か

例:
アーティアS=ガード強化・心眼
ネブラU=集中
ドボルS+お守り=火事2・攻撃大
バギィS=攻撃大・回復速度1
など。

僕は
シルバー・アーティアS・シルバー・アーティアS・シルバー
お守り痛撃+4気絶+11で、
弱点特攻 業物 気絶半減 攻撃小 心眼 ガード強化。
見た目は銀の甲冑スーツ。普通かな・・w
スキルとしては金銀レイアやウカムの前足に弾かれるのが嫌だから
それを少し意識してある。そしてガンキンの顎とか
アグナの硬化状態でもさくさく切れるのが楽しいかも。
調子乗って攻撃してたらガード不能攻撃!っていうのも嫌だから
ガード強化も使えるかもしれない。そういう変なスキル集めた感じ。

まぁ、色々応用できるから汎用微エロ剣士結論ってことでいいかな。


テーマ:モンスターハンターポータブル3rd - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
年末年始にやったニコ動2010ベストみたいなことを
Pixivでもやりたいなと思って、
公開ブクマから東方絵を5つ(5人)ほど選んだ。
(超有名絵師は外した)

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=8876618
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=11550470
・レイマリ /こずみっく
人気絵師ではあるけど、個人的にも去年最も上手い東方絵だと思った。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=big&illust_id=9262960
・幽々子 /詠蝶綻放-下-
個人的に良いと思った幽々子絵。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=8345313
・依姫 /背景月
絵的にとてもよくまとまっている。
こうして見ると藤崎竜の封神演義のキャラみたいな服装だと思った。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=12439475
・神隠しの現行犯 /月色
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=11220297
・フランドール /月色
シュルレアリスムのダリとか、近代絵画や西洋イラスト・絵本の
ような絵柄で、奇妙な感じがよく表れていると思う。
構図や塗の不器用さが魅力的。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=8750007
・奇々怪界 /後ろの正面 弐
東方絵ではないが、ある意味本家とも言うべき人の強烈な絵。
霊夢は妖怪に好かれているが、一般人から見ればこんなホラーである

――――――――――――――
申し訳程度の企画ですが 以上。
皆さんもやってみて欲しいですねぇ・・
ツイッターでも言いましたけど、今の時代腐るほどあるイラストで
1年も記憶に残ってる作品があるなら、あなたにとってそれは
大切な視覚センスなのでしょうね。

テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
おや、結構まともなペースで更新しているつもりだったけど、
ツイッターとモンハンだけで今週終わってる・・
連日DMでの長話が続いたので、部分的に改変して
自分の話だけでも転載、というのは去年から考えてるけど
実際面倒でやってないのよねぇ・・

それで、差し当たって記事を書くとすれば、
今週のツイッターの小さい東方話題を転載加筆するか、
冬コミ&コミトレ本の感想を少しずつ書いていくか、
って感じだとは思う。
毎日絵描きたい描きたいと思いつつ、ペンタブの上に
積まれた本を見ると、 あー これ先読まなきゃなぁ・・
って思いつつモンハンやるゴミ生活である。
スケブでもいいから落書きすればいい、と思うけど
部屋が狭すぎて画材拡げられなくて萎える
そんな悪循環が2年続いている・・
広い机を1つ下さい(しかし1ヶ月で本が積まれる)

――――――――――――――

あ、書くとすればもう一つ、年末年始のニコ動2010ベスト
みたいなことをPixivでもやりたいなと思って、
公開ブクマから東方絵を5つほど選んだ。
・・けどこれはこれで記事を改めるか^^;


このページのトップへ
ということで明日のイベント、
代わりに本買って頂けるらしいのでPixivで参加一覧チェック。
ほぼ東方で6冊ですけど。
――――――――――――――

http://www.pixiv.net/member_event.php?id=68087&event_id=858
Y-09a 冬コミの新刊らしいですが・・
冬のゆかれいむ本と、既刊の萃香本を

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=15416538
V-01b 冬コミ新刊ゆゆみょんネチョ

http://yuyukai.blog.shinobi.jp/Entry/34/
U-53b ガベル後編(四季映姫バトル漫画)

http://sangensei.blog.shinobi.jp/Entry/360/
V-34a ゆゆゆか漫画+神奈子のエロ冊子?

http://takenoko.drawing.jp/work/nyokix/nyokix.html
ウ-40a よろずエロ


テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
巫女の紅白の意義は?・・・ということで
無茶なタイトルそのままですが。
エヴァ的な意味で霊夢のアイデンティティと
巫女の役職を問われる日が来るのではという予感がして。

アニメ店長→儚月抄→霊夢を巡る問題→茨歌仙ヤバイ(今ここ)

昨日からツイッターで転々と東方話題をしてますが
1.アニメ店長×東方の冷酷霊夢について
2.神主の「人助けしない霊夢」は儚月抄に矛盾するらしい
この話題TLはまとめ済み>http://togetter.com/li/89035
3.嫌儲思想は単純でなく、一部の人種の価値観の根底に根差す
4.「人助けしない霊夢」について自分の考え
(上のまとめ参照)
この時最後に、霊夢にとって異変解決とは何か、
仕事とは何か、彼女の性格とはどんなか、と考えて
「巫女は仕事であり趣味でもある」或いはどちらか、
ではないかと思った。少女が仕事は仕事として
頭を切り替えられるというのはおかしいような。
つまり遊びでありながら親などから言いつけられた
仕事は文句言いながらでもやるのだ。子供らしく。
それが正しいかどうかとか考えもしない。
子供、そして女の子はもっと感情的だったり無邪気だったり
社会性や道徳なんて理知的なものは多分考えもしない。
媚を売ることもなく打算もない。
・・・さて、このように考えてみるとZUN霊夢の性格に
納得できるような気がしないだろうか?

それとヒントとして、神主がテーマにしている
「お酒が先かゲームが先か」、
東大講演ではふざけて「お酒が仕事でゲームが趣味」
だと言った。僕がかつて話した
東方は文化性とゲーム性が相互的」という件も
微妙に関係してるが、お酒と仕事についても
どちらもあるのが東方だ、という見方に先日至った。
そうすると霊夢は巫女という仕事を無情に
捉えてるかというとそもそもそんな分別がないのではとか
上述の通り大体のことが遊びでしかないのではとか。
100%やらされてるわけではないけど能動的に欲動してる
わけでもなく、言わば「受動」、半々ぐらいの感覚で
霊夢は異変が起こったら好奇心と面倒さ込みで
出かける、いやこの辺りは少し神主の様子を参照したくなる。
彼は飲み会と聴けば何となく釣られると思うが
それに義務感・強迫観念のようなものもあるのではとか
もっと僕なりの言葉を使わせてもらうと
アル中やゲーム中毒の「走性」である。
この辺りは僕の創作ネタでもあるからあんまり言わないがw

走性ってのは本能レベルの衝動。
そこに理性とかは介入しない。
霊夢にとって異変解決や外出、いや全ての行為が、
走性なら?・・生きることは仕事であり趣味である。
そこに理性、道徳は介入せず、「人助け」の自覚はない。
自由。空気。無意識。無邪気。
今までの原作東方での霊夢の様々な記述が想起される。


仕事より趣味・遊び的な面が大きいとは思う。少女らしく。
そして霊夢は役職(巫女)から離れて個人として
存在感を強めていると言う。(永夜の上海アリス通信)
紫はこれを少し気にかけている。(止める気はない?)
大妖怪達に好かれるのは巫女ではなく霊夢という人格
・・趣味的人格。仕事と趣味と言ったが、つまり
趣味=個性 仕事=巫女の型
そしてどちらにせよ形式主義である霊夢には
(「式の随に棺の匣厚く固く」)
道徳=人助け がない。

くどい説明になったけど。こういうことを考えてると
最近これに触れているのが茨歌仙ではないかと
少し思い出した。

(twitter)

ふむ、趣味と仕事が非道徳・・ 茨歌仙は道徳の問題と言われてるから、こういう話題をしているとイメージが湧きますね。 神主が秋に「人助けしない」発言をしたのが茨歌仙の伏線にもなってしまう・・面白いですねぇ

3話で金には目が暗む霊夢だけど、仕事はしないって最近紫や華仙に怒られてる。霊夢が神社に良かれと思ってやったことは悉くずれてて、言わば彼女の個人・個性に集約?帰結?されてしまう。巫女としての役職を果たせない。でも異変解決の力はある。 はて・・(笑

いや、しかし茨歌仙に於いて華仙がどのように霊夢へ「仕事と道徳」を迫るのか。それは趣味(・個性、そしてそれは彼女という存在そのもの)の排除となるか。 普通に考えてそれはない。ならば茨歌仙の結末は華仙の負け、彼女の独善が暴かれることになるか? その時華仙の過去が明かされる可能性も・・

やべぇめっちゃ面白くなってきたんじゃないか・・茨歌仙はどうも対岸の火事として積極的な感想がなかったのだが、華仙と霊夢の人格をいじるつもりなら面白過ぎるぞ・・これは俺としても積極的予想の対象となり得る・・  想像遊びが出来なきゃ東方なんて何も面白くねーのよw



ということで、これ以上あまりくどい説明をしても
仕方ないが、茨歌仙が華仙と霊夢の絡みで
面白くなりそうな予感がしてきた。
神主も大まかな結末ぐらいしかまだ決めてないの
かもだが、東方の根幹(霊夢)に関わるなら
サイドストーリー番外編とかではなく
東方の正史の一部としてシリアスに注目できる。
まぁ、そういう妄想のキッカケを得たという話ねw


テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
アニメ店長×東方Projectアニメ化の上映会が
各地アニメイトであったので昨日逝ってきました。

ツイッターで雑感・見所など4千字ほど書いたけど、
http://twilog.org/Aerium/date-110110
それを少し整理しながら転載するか、
全く新しく、本編の流れに沿ってコメントするか、
どちらか未定ですが資料集を読んでから考えるかも。

そういう告知だけですが^^;
個人的にはかなり良かったので、書き留めておきたいんですよね


テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
っていうか去年の年賀以来か?公開絵はw
紫と妖夢は軽く塗って放置してる。あとはラフばっか。

しょっぱ過ぎて見せられたものではないですが^^;
(無いよりマシ精神)

2011rei

母に頼まれた年賀状 綾波的なもの・・
破から綾波が気に入ってるみたいですね。
「こういう髪型の女の子描いて」と言われましたw

僕は、エヴァTV放映後、微妙に内ハネ髪が好きになったけど
2、3年後自分でビデオ見たらアスカの方が好みでした。
プラグスーツは今ではSF微エロ属性として確立されてますね。
僕も大好きです。 今回は親に制服で頼まれて、
しかしエヴァ公式では冬服ってないですよね?
長袖でも良かったのかもだけど、そのまま描いてます・・

文字はフリー素材です・・和の筆文字が合わない^;
とにかく時間なかった(5時間?)ので妥協の連続。
俺の人生こんなもんだ・・

背景を無難に用意できないあたり、デザインセンスの
問題を感じてしまう・・絵は経験積めば何とかなると
昔は思ってましたが、ダメでしたw描けば描くほど
才能の無さを感じていく。
性格がね、散漫だと、少なくとも萌エロ系には
向いてないと思います^^; ハイ

んじゃまぁ気が向いたら今月中に東方絵とか
描くかもしれない。年賀で文字とかつけるのがめんどい

あと今回はsaiだったけど、このPCだとフォトショで
ペンタブが重い、というか対応した設定になってない?
ちょっとよく分からんのでこのままsaiに移行でもいいか
所々不便さはありますが

このページのトップへ
あけましておめでとうございます。
大変遅くなりましたがどうにか公開
2010年の東方動画で、二次ネタギャグなどに
傾倒していない、幻想を触発するようなセンスや
相当話題になったネタなど、一次寄りの東方厨が
少し独自判断で必見動画を27本選出しました。
(内3本ぐらいは東方ではないアニメMADだけど)

リスト順番をジャンルごとに分けたいのと、
どうせなら東方だけに絞ってアニメMADを
抜きにしようかと迷ったのですけど、
今回は趣味というかほぼ義務感でやってるので
これに一週間かかっちゃうとつらいし、取り敢えず終わり。

http://www.nicovideo.jp/mylist/22903424
公開マイリストです。ここでURL一覧にしても
情報が分かりづらいと思いまして。
一応こちらでも更にピックアップして、
個人的に2010のオススメを挙げてみようかと思います。
しかし逆に上の27個では少ないという暇人は、
http://www.nicovideo.jp/mylist/22903436
こちらが厳選前の2010ノンジャンル動画リスト。(76個?)
コメントは他のリストからコピーされてるだけなので
あまり紹介になってません。
ボカロ歌ってみたの個人的に上手い人や
メジャーゲームで面白い実況神回など。
(ストⅣは多くて名勝負を選び切れず・・)

――――――――――――――
さて、リスト27個から更に個人的な厳選ですが、
物語・絵・音楽、全てが印象に残るのは
矢張り手書き動画のようで、3Dは確かに投影的な幻想
(自分が幻想入りしたような)
を感じるけどそれはメタ的なもので、物語的な面白さ
とかではないよね・・と考えたら、厳選からは漏れた。

いや、入れてもいいけど3Dと手書きを合わせて
5本だけ絞るとか無理じゃね・・という。
で、少し懸念して4本しか決まりませんでした。
というか頭に浮かんだ、今年印象に残ってるのが
まずこの4本で、どれも外せないけど他にも色々あるよね
ということで。意外と入ってないのは頻繁に紹介してる
「つちぐもとはしひめ」、センスが独特だけど
すごい密度・面白さと言える回は最近なかったりする。
ピンポイントで挙げると 土蜘蛛と橋姫で黄金期は
妖~花ぐらい、正史と交わらないところが華かなと。
そういうわけで個人的な神回など。

・なすなず壱
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10533894
この入り方の上手さは不動かもしれない。
絵は独特でキャラ立てがとても上手くボーカル曲を
積極的に使っている。かなり理想的な手書き動画。

・霊夢と信仰の花 後編B
http://www.nicovideo.jp/watch/nm9771350
僕が最もZUNに近い漫画、と言っている作品。
絵も見た目はZUNとは違うかもしれないが
本質的な部分で似てるような気がする。
作者はZUN絵作家としては評価されたが
過去作品の方がとても良い味を出している。

・淡々と進む東方手書き 巫女 後編3
http://www.nicovideo.jp/watch/nm12691551
恐らく固定ファンは少し居たと思うが、この回で
センスに度肝を抜かれた人も多かったのではないか。
良い意味で作者は調子に乗ることができた。

・ナポリタン東方2
http://www.nicovideo.jp/watch/nm11133655
絵も音楽も独特で衝撃的な東方表現。
しばらく忘れられないイメージを残す。

・残り一つの候補としては 
宴会の鬼3,4 ・ゲームセンター東方 ・土蜘蛛と橋姫
魔理沙とフランが星空でキャッキャウフフ
のどれか・・

まぁ、同じ動画を何度も紹介するようで良くないので
いい加減に終わりましょう^^;
いつもと同じものばかりでガッカリ、と言われるかも。
明確に「紹介・批評」、作品の意義を述べる、となれば
気軽に見てコメントするわけにもいかず、この数日
多くの動画を何度も細かく見直し続けるのは正直
かなり疲れた。来年はもっと手軽に済ませよう・・
てか自分も動画作れって話ですね

あ、ちなみに09年のオススメ動画はこれでした
http://furcas.blog39.fc2.com/blog-entry-445.html

テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

pixivご無沙汰 日々の事 ツイログ一気読み tgt話題録 tumblr抜粋メモ nicolistほぼ東方 interviews.jpg自分の事 twitpic日記画像 亜奇数(Furcas)
  • Author: 亜奇数(Furcas)
  • ニコ厨。ゲーム廃人。東方廃人。血液型厨。こっそり絵師。
     東方話題が多いけど、サブカル・芸術などを対象に表現論とコミュ論をモヤっと書き綴る。
     何か調べ事でしたら記事に関係なく質問コメ貰えれば 分かる範囲で答ます。様々な相談にも対応します。
    ゲームは主にスマブラ ポケモン モンハン、心綺楼。
    絵のリクエストも暇だったら何でも受ける。
    当ブログ内の画像は商用以外の無断転載をほぼ許可します。
    コメント反応の目安は3日だと思って下さい。
    小さい話題は全てTwitterで消化してます。リンクは自由に。

Calendar

12月 « 2011年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

過去ログ月別

2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【13件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【15件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【18件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【26件】
2009年 05月 【36件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【27件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【20件】
2008年 09月 【25件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【40件】
2008年 06月 【10件】

カテゴリー

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

スマホこっそり対応

QR

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

通りすがりに

コメも面倒な人用。

無料アクセス解析

投票でも面倒な件

テルヨフgif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。