FC2ブログ

~萌畢竟~思索考究

メインは東方雑記など。他マンガアニメゲームニコ動に言及。時々絵を描く。最近はTF玩具レビュー多め

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
twitterは気軽に話題を振れるけど、返事をしたり会話になると
140字ではもどかしくなってきます。
素川氏(@ShirakawaY)へのリプライ返信が長くなりがちなので
ブログで記事として投稿してしまうおうという試み、第一回です。

ソースの話題を確認しなくても東方の世界観に興味があれば
これを読んだ他の人の意見も聴いてみたいところです。

・幻想郷は拡大しているか
・どこまで幻想郷なのか
・香霖堂が今頃になって単行本になる理由について

――――――――――――――――――――――

>呼びこむ一方では幻想郷は日々拡大化(あるいは稠密化)していく

そうだと思います。僕は一般教養を東方の世界観理解・美意識に
結びつけることを愉しみとする、
(日々の生活から得た様々な感動を東方の妄想に昇華する)
この行為によって より多角的に深く複雑に思考できるように
なることを、「(自分の)幻想郷の拡大拡張、それを鮮やかにする」、
などと表現しております。
概念・物資を追加していくということはそういうことだと思います。
密度が増すor拡張される。
空間としてファンタジックな状態か、
もっと単純に「そこまで考えてない」、或いは両方、でしょう。


>幻想郷以外の世界(月の都、冥界、魔界、地底等々)に関しては、「外の世界」と同列に置いて良いのか

幻想郷の地上以外も東方作品で登場する場所は
幻想郷の一画だと思ってます。
そうでなければ地獄で妖怪とバトルしたり、冥界に西行の娘が
居たりしないかと。
どこがどういう範囲かということは図示した方が早そうですが・・
結界と幻想郷
幻想郷と呼んでよいのか、それともただの東方幻想領域、
と考えるべきか。
また、僕の解釈で重要なのは内から見た幻想郷の限界が
意識に依存する有限性であること。
もう一つ重要と言うか問題な点、月に関しても
幻想郷から見える月は物理的な距離の隔たりではなく
漠然と空に浮かぶ球。ハリボテのような。概念存在。
例えば紫が昼と夜の境界を操作すれば幻想郷の時刻は変化するが
外の我々の世界に変化はない。つまり幻想郷内部の
あらゆる概念は現実と切り離された架空存在ではないかと考える。
そこで結界内の空に浮かぶ月について、天蓋(天井)に映った
映像的な月、という言い方がなかなか適当だと思った。
その概念存在の月がどのくらい地上から離れてるかは
住民たちのイメージで大体決まっていて、儚月抄もその距離を
ロケットで航行したのだと思う。38万kmではなく。

これは公式設定から僕が何となくイメージしている構造です。
憶測込みです。他の人も様々だと思うので訊いてみたい。


>香霖堂の単行本化の件

神主は基本、受身で状況を愉しむ人だから、
香霖堂に関して積極的に希望すれば出版関係の誰かが
どうにかしてくれるだろうけどそうしなかった、
のだろうと思ってました。
以前に言った業界を乱すというと言い過ぎですが、
この、「香霖堂が手に入り難い状況」を
敢えて野放しにしていたのでは、と。
もちろん「面倒」というのが主要因だろうけど。
面倒で放置8割、現状肯定2割とか。
ニッチな、マニアックなものでありたい、という
オタク全般の理想感覚をイメージしてる。
東方の全ての情報が誰の手にも届く、そんな状況を
神主が望むか? 恐らくNOだ。
神主は原作者である自分の設定を押しつけ過ぎない
のがいいと自覚してるのではないか。
実際、設定を固め過ぎたら二次の幅が狭くなる。
現状みたいな、知りたい人だけググったり本買ったり
twitterでフォローしたり、古いサイト漁ったり、
能動的にやればいいことで。大半の人は何も知らずに
目茶苦茶な二次東方をやればいい。
その方がお互い楽しい。

神主は、香霖堂が海外wikiに転がってることを
知ってるかどうか分からないが、それ以外にも
オークションで雑誌切り抜きを売り買いしてでも
情報集めたい、そういうオタク感覚を肯定的に
考えて、東方の敷居が高い部分として、
香霖堂コミック化を放置してたのだろう、という僕の考え。
古参と新参を両方尊重するという話にも近いかと。


スポンサーサイト
このページのトップへ
追記:

>(業務連絡的な) まぁ、こんな時間だからもう今日中の更新は無理として、東方キャラの身長云々という記事は出来れば朝までには上げときます。素川氏へのコメントもそのついでになるかと。 絵は・・6月からちょっとやる気出すことにします・・


すんません^^; いや、誰も期待なんてしてないだろうけど。





取り敢えず報告ですが、リンクの中にトゥギャッター
を加えておきました。外部のまとめなので、外部にそのまま
誘導でいいかなと。 どうせ頻繁にリストが増えるわけでもなく。

――――――――――――――――――
さてこの土日のブログ更新予定ですが、誰得っぽい、

・1ヵ月前から言ってる東方身長話題を多分書き上げる。

・私が車内用に選んだCD曲目など晒そうかという話 
 つまり東方とアニソンで自分の趣味について。
東方ボーカルのオススメ曲リスト化企画をどうするか、
前々から言ってましたけど、今回勢いで1000曲ぐらいから
厳選してますので、まぁ適当に類似話題になるかなぁと。

どちらも、完全にニッチな記事になるな・・

どうでもいいけどブログの記事が現在500、
ツイッターが10000ツイート越えました。
どちらも就活が忙しい時期に少しだけと言って始めた道楽ですが
何の需要もないままこんなに続いてしまって、愈々潰しのきかない
人生になり・・  しかしまぁツイッターでの交流も
無駄であるわけがなく、全く知らなかった東方ファンとも知り合い、
・・ネット始めた頃に僕が希求した未来のコミュツールが
少し実現してるという言い方を以前にしましたが、そういうことです。
ただ、少し早かったor遅かったね


このページのトップへ
2010年3月-5月のTwitterログ全部です。

前回まで改行してない&タグ付きで嵩張って読み辛かった
と思いますが、今回から少しタグを消して改行してみました。
今までこんなことにも気付けなくて、もし読んでる人が居たら
かなり大変だったと思います^;
僕はなるべく全角30字以内で改行するのが読み易い。
流石に句読点など分節で改行するのは手間で無理ですが。

大体 4000字/日 月12万字、前半後半合計30万字ぐらい
長編小説ぐらいか・・まぁ有益・面白い話かどうか、
僕の人格面と話題のジャンル性が強いと思うし、素人エッセイ未満。
ちなみにこのログの話題ごとの整理転載はかなり時間かかるので
季節に1度やるかどうかです。ちょっと溜まってます^^;
そちらを待って読んだ方が良いかどうかは微妙な所。
東方だけに興味あるなら、気長に待つのもアリかと。
(ただし話題がタイムリーじゃなくなる)

Twit_Aerium2010-05後半
Twit_Aerium2010-05前半

あら?改行短すぎて読みにくいかも^^; こりゃいかんw
まぁ意見等あれば歓迎。人によって見る環境違うだろうけど


このページのトップへ
東方の本家ZUNと界隈の関係に合致しそうな構造について


未修正の個人宛の話題メモ(下書き)ですが、
直してまで伝える必要がある内容でもない気がするので、
適当に晒しておきます^^; 
本文はあまり関係ない駄文です。終盤にあるリンクだけ見れば
大体伝わると思われます。
(界隈をそういう見方してる人は。)




枯れる・悟るというのはオタクを卒業する、
他の属性やクラスタを蔑む時の感覚を指して
使われるのだと思ってます。
属性とか記号、テンプレ、・・漫画アニメゲームでは
こうした使い回しの型がありますよね。
ロリ、ネコ耳、メイド、妹、巫女、幼馴染、
ツンデレ、ハーレム、根取られ、孤児、
まぁ言ってみれば一見、エロや萌えや燃えに
直接関係ないものでも物語進行に使える
一部の定形化は全てオタ業界で共有されてる発想でしょう。
部位、シチュ、テーマ、何でも記号概念です。
それを辟易、拒絶することは現役オタクであろうが
一般人であろうがあることです。
動物の寿命は限られてるので効率意識がゼロの
人なんて本能的にあり得ないと思いますが、
そのことによって概念や行動の拒絶が起こる。
「やっても無駄」「どうでもいい」と。
人間が現在築いた価値体系=金 と 前述の時間、
が主な生存の優先事項でしょう。
金の問題は各自努力と運で解決するしかないですが、
時間に関してはその金次第で免除される問題だ。
他にも理性的にある程度回避できたりする。
無駄だ、どうでもいい、という意識を敢えて
踏み越えることができる。最低限収入さえあれば
あとは時間の使い方は自由だということ。当然だが。

~(少し脱線)~~~~~~~~
 これを趣味や休息に当てるのが一般的だと思うが、
 そのひとつが「同人の生産・消費」だ。
 商業・法人より作品の質が低くなりがち&頒布数が少ない
 &頒布形式が局所的なので参加には能動性が要求される。
 つまり作家が好きであるとか、ジャンルが好きであるなど。
 (徐々にコミュが形成されてそれが目的にもなる。)
 以下略
~~~~~~~~~~~~~~~
続き書くつもりで面倒になった というか全体的に説明的で
詰まらない内容で嫌になったので強引に話題を誘導。

型を作ったり崩したりするのが東方。(まぁ詭弁だが)
東方の二次内部で小さな流行り廃りがある。
大きな波を起こすのが本家の新作。
年一度の新作はまるでファッション業界みたいだ。
モード、トレンド、・・(この例えは時々使ってるけど)

http://www.mode21.com/mode/01.html
注目して欲しいのは「最新モデルとしてのモード」という見出し。
これ、東方の本家の役割を端的に説明してないか?

色々コメント略。僕はファッション専門外なので、
結構安易に大系的な説明として言葉を引っ張るので鵜呑みにしないように。
ただ、非常によく洗練された業界構造を持ってるイメージ。

この記事は暇だったら修正するけど多分しない

このページのトップへ
主に昨晩Twitterの萃夢想話題をまとめ転載+微加筆した記事。
あれ?案外長くなった・・

僕の中で萃夢想の評価は、初見の時から変わってない。
過去に何度かそういった記事を書いてきたが、
再評価というわけでもなく、「最初から好きだったし
今でも好き」
なのだ。ただ、上手く伝えられてない
気がしてて、度々言い直してみようとする。今回もそれ。



しかし今回改めて振れるべき部分は、
秋枝儚月抄との比較で、あれは群像劇としてオムニバスに、
黄フロ作品のような形式で最後まで処理できたら、
終わり良ければ全て良し的印象を与えられたのでは、と多少思う。
ツイッターでそういう指摘を何度か聞いたような気がする。
実際の描写では各キャラが負けたりするシーンが冴えないとか、
小説と連動を活かし切れてなくて引っ張るべき部分・伏線などの
棲み分けが特別あるわけでもなく、所詮それぞれの読者に
その雑誌だけ行動してれば一応のラストを迎えるという内容だった。
もうどうせなら、漫画では霊夢たちだけのルートを追い、
小説では紫ルートを追う、とかで良かったのでは、などと。
そうすればフェムト蘊蓄の動きがないシーンが小説に合う。
土下座も漫画絵面じゃないから嫌味が強くない。

漫画:表立ってよくわからないまま旅行がてら暴れてきた霊夢たち
小説:暗躍していた紫と月人の知略戦
4コマ:地上の暢気な出来事
              って感じで。


※ここから転載本文―――――

>萃香がぼっち(そら氏):
自ら望んで独りで居ようとした、
孤独のナルシズムのような感覚もあったと思う。
例えばツイッターは極論自分の率直な気持ちで、
誰かにへつらう必要がない。
某氏風に言えば独善を行使する場所。
実際はコミュ主体になってる人が多いけど。 
萃香も一方的に高みの見物していた。

どこまで読み解くか・・ 
萃夢想の会話は相当細かく会話を読めると思うが 
色々割愛するとして、高みの見物だった萃香が
この一件で他人と会話することになって、
常に優位に立てるほど知恵の差があるわけでもなく、
容姿相応に子供(童子)な部分が指摘され、
図星でイラついて、見栄張って、
そうやって尖ってたところを紫が宥めて終わり。
終わりとも言えないか?でも霊夢は
間違いなく萃香に良い影響を与えた。
クサい言い方だと、彼女に
今の幻想郷の居場所を与えた。

もっと萃夢想と神主を好きな人なら
これでも短絡的過ぎると解釈と怒られる
かもしれないな^^; すみません、
僕 東方初心者ですのでw
萃夢想は難しい。
東方セリフの全盛期と信じてやまない。

さっきの萃夢の話の続き。
東方の原作テキストは行間の作為・無為判断の
曖昧さもあるけど、無駄を肯定してることも重要で、
商業的な物語構造として必然性のあるセリフが
特に優先されるわけではない。
創作や芸術全般がそもそも必然の構造
だけでは語れないけど、最低限の
商業表現スタンスは存在する。
東方にはそれが特に排除されてる。
ZUN氏の趣味と、それからSTGで会話が重く
ならないようにという配慮によって。
 
それがどういうことかと言うと
儚月のフェムトみたいな本編であまり必要ない
蘊蓄とか、当然に登場するということ。
儚月抄に関係が薄くても少しでも東方の
世界観表現になるならアリ。
(むしろ目先の異変解決より世界観表現の方が優先か)
無駄を肯定すると会話が多様化するという話ね。
これはポケモンでマイナーやネタ型使うと
読みの可能性が多様化し過ぎて博打ゲーに
しかならないという批判に似てる。
東方セリフが無駄でもOKというのは
本筋のストーリーの伏線じゃなくとも
神主が何となく使いたいネタの代弁や
キャラの複雑な心情描写でも、
或いは極論、勘違いでも構わないのだ。
求聞史紀に書かれてることが勘違いや
捏造である可能性もあるように東方内には
誰かが勘違いした情報も存在する。
或いは全てがそうかもしれない。
シュレ猫的な詭弁だが事実確認などできない。

萃夢想のテキスト(セリフ)は、異変の
本筋そのものはシンプルで霧になってる萃香を
燻り出すというだけだが、かなり解釈が難しい
各キャラの性格を提示する部分が多く含まれている。
異変の本筋よりその配分の方が多いぐらいか。
これは黄昏作品のオムニバスなストーリー展開を
活かすための発想だろう。
その性格付けについて曖昧な言葉遊び会話で
書かれているから難しい。セリフ一つ一つについて
キャラの心情・気質が読み取れるかもしれないのだ。
だから萃夢想は難しい。恐らく最も解釈が
複雑な東方セリフ。これには少なからず神主
本人の投影もあるだろうから、
作家研究としても興味深いところ。
東方本家のキャラ性格解釈を深める場合
萃夢想をどこまで読み込めるかということ。
香霖堂や永夜本編などにもそれなりに参考になるが、
萃香と対峙する各キャラの書き分けを意識的に
行ってる萃夢は更に分かり易い。
あと当時ZUNが香霖堂も併せてメディア拡大に
乗り気だったような感覚も大きい。

大体僕の萃夢想の評価根拠はこんなところだ。
とにかく細かく萃香と他キャラの確執が読み取れる。
神主がイメージした部分、
そしてイメージしてなかったけど
我々プレイヤ側の知識経験と
化学反応して感じる更なる付加人格が
あるかもしれない。それほどの情報量を誇る
テキストは商業や漫画などを含め稀だと思う。



萃夢想に書かれているキャラの性格付けは、
二次設定にとって邪魔になりがちでしょう。
あれを厳密に解釈していくと
二次創作の自由度がすごく狭まります。
あれは所詮黄昏の公式二次としてスルーし、
大まかな属性記号だけ意識するのが、
二次界隈には吉かな。

>「無駄」の対概念は「必要」だろうけど無駄の肯定は必要の否定になるのか?(Bash氏):
東方で「無駄」の対概念にしてるのは
「必要」じゃなく「実用性」かな。
儚月抄で「道は近きに在り。しかるに
これを遠きに求む。」という句のを印象的に
提示していたかと。月なんて紫の能力で行ければ、
一話で終わっても良かった。超遠回り漫画ですw
前にブログで軽く言及しましたけど、
月で玉兎が持ってた銃剣は戦時中、
役に立たなかったらしいです。
実用性の薄い無駄な武器です。

>先ほどの萃夢想への取り組み方を見てましたがそう考えると萃夢想はとても東方らしいと言えると思います。儚月抄は実用性・理屈を無理に付けようとして足首くじいちゃった感じ (Bash氏)

萃夢想って永夜抄の前ですよね、7.5で。
妖々夢で東方人気は明確化して、
僕のイメージでも同人誌などが急増しました。
この時、香霖堂が始まり、ZUNは幻想郷の
日常を描く楽しさを知り、
黄昏の企画で格ゲーにする楽しさを知り、
調子に乗ってたと思いますね。



その他お世話になってる方々の萃夢想に関する考察等――――

onnel氏の萃夢想セリフ考察

オーゴショ氏の東方備望録 萃夢想

神尾そら氏の昨日のTwitter萃夢想話題まとめ

自分が昔書いた萃夢想記事など――――

EDワビサビについてメモ
初見で書いた やたら長い本編セリフ解釈など
助言頂いたので返事

このページのトップへ
他の記事はちょっと時間なさそうなので、
昨日の夕方のTwitterでの話を加筆転載。

タイトルの通り、ニコ動初年のMADの思い出話。



夕方から何してたかということを
もう少し言っておくと(誰も聞いてねえよ^^;)、
先日から少し懐古してた、ニコ動初期MADで、
ラキスタノキワミ、アッー?ってのがあった。
公式CD発売前にすごく良くできた偽物MADが
うpされたのだ。当日ランク1位だったと思うが
削除激化してた時期で、すぐ権利削除された。

るろ剣でも京アニでもなく、
ふぃぎゅあっとの権利削除だったのかな。
組曲などもそれで削除された記憶がある。
で、ラキキワミだけど当時まだ音MAD文化に
関心が薄かった俺は初見で公式かと一瞬
疑ってしまった。ここまで素人編集で出来ると
思えなくて。衝撃で毎日登下校iPodでループしてた。
ネタ歌詞全部覚えようとしてた。

音感としても圧倒的で、歌詞の面白さも
アニメ音系MADとしては最高に思えた。
どうやってこれほどの整合性を実現できたのか分からない。
(2007はまだアニメのカットペーストが模索状態
だったと思う。徐々にMAD技術は向上していった。)
当時の流行り、らきすたキャラソンとイオシスの融合。
このラキキワミの翌月(2008/1)から
イオシスや東方Voに嵌り、俺の東方が始まった。

その時見た音系動画でアリスや八雲紫に興味を持ち、
調べてみたのが2008春。原作体験版もやった。
当時はまだwin東方製品版が常時品切れで、
俺が製品版をやったのは2008/9の再入荷だった。

それでまぁ、俺の手元にキワミは残ってるけど、
跡地残ってるかなということでググってみたら、
そのうp主の関連作とかその後の行動とか追えて、
・・多分俺も当時この人を必死にチェック
してたと思うけど、あれっきりだったんだよな。
今またここに辿り着いた。変わらねーな何も・・
いや分からない・・人が変わるのか、世の中が変わるのか

モラトリアム的憧れで、架空の高校時代に
僕はよく郷愁・回帰願望を抱きますが、
2007~2008のニコ動初期も僕には
モラトリの範疇のようで・・
今回の件ではっきり自覚した。性癖として
スピード感のある所謂β臭~のMADは好きだったが、
あの頃のアニメやMADやニコ動のノリが好き
だったのだろう。
ひぐらし、ハルヒ、らきすた、イオシス・・
まぁ殆ど消されたり、再うpされたり。

――――――――――――――――――――
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm2061289
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1796511
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm2420865


このページのトップへ
Twitterで東方の参考作品について話題が流れて、
良いタイミングで皆さん反応して下さったので、
外部のトゥギャッターという転載サイトを利用してみた。

・主に元ネタ書籍まとめ
>オーゴショ氏
http://togetter.com/li/21164
竹本泉、藤木稟、京極、帝都物語、ジョジョ、etc

・神主がやってたゲームなど
>そら氏
http://togetter.com/li/21215
STG、マリオ、etc



元ネタ以外で、界隈でも有名なネタが含まれる二次作品も
紹介した方がいいのかな、と思ったのですが、どうしたものかw
やや個人嗜好寄りの同人紹介なら過去にやったことがありますが、
徒歩二分とか大沖、アドベントなど僕は読んでないので・・。
公式絵師になっちゃってる ほた。氏もオススメに入るのでしょうか。
去年秋に同人誌・動画の漫画作品についてコメント&一部紹介した記事
あるのですが、昨日のtwitterと同じく長々とした話になってるので注意w


二次音楽のオススメリストは微妙に用意してる途中ですが、
先が長く^^; 超有名曲ならばニコ動のVocalタグで
マイリス5000以上ぐらいをチェックすれば良いのではと思う。

半端でもいいから随時更新の記事にすればいいのかね^;


このページのトップへ
先日公開された神主自宅本棚の件を切欠に、
東方考察の姿勢について個人的な理想論を述べたら、
他人の発言を僕への批判と勘違いし、解説コメントをした。
その後の経過・収束を含めた一連の流れです。

僕が言ってることはいつも通りですが、
相手方は真面目なお話で面白い部分もあるかも^;
――――――――――――――――――――――
●前置き
MAGネット東方特集の記事を検索してる人がまだ居ると思うので、
この記事を被せてしまって良いのかちょっと気になりますが・・

5月7-8日のTwitterでの一連の会話をまとめました。
転載ならとぅぎゃったーを使えば良いのかもですが、
使い方を知らないのと、かなり僕の問題が大きいので、
自分視点でここにまとめさせて頂きます。
関係者で不都合があればその部分は消します^;
転載なので改行改変しませんので、読み辛さはご了承下さい。
――――――――――――――――――――――――
●主な人物
>私(Aerium)
>kazaneko氏
>Ruw氏
>その他

●主な流れ(私的解釈)
私)本棚おもしれー。これは読むべき。
私)でも本来なら考察屋はこれ全部読むべきだよな。
風)元ネタに捕らわれず、何でも知ろうとする姿勢が良い。
私)これは元ネタに執着し過ぎる俺への当てつけだろうか?
私)他にも断片的にしか俺の話を日頃聞いてない人は
私)勘違いしてるかも・・一応解説しておくか。
ル)そもそも設定に執着することは・・
私)お、ちょっと話してみよう 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~
風)あれは本質的に神主に近付くための話でした。
私)僕は元から神話ネタが好きで、東方に執着はしてない。
私)まぁ今回は色々と勘違いでした^^;

―――――――――――――――――――――――――――
●原文(一部補足)
※(発言者名)が頭に付いてない改行段落は全て私の発言です。
※文頭に「@名前」があればその相手へのコメントです。


神主本棚で2冊目。『鳥居 百説百話』が届いた。俺が1歳の頃の発行年だ。名著との評価だったが、これは確かに資料的使い勝手抜群だろう。各地の鳥居が写真付きで解説されている。これはあの鳥居と似ている、とか、系統立てているのも有難い。その他鳥居に関するあれこれにも言及されている。
とにかく写真が沢山使われてるのがいいね。鳥居図鑑みたいな。 ところでトリイステーションという施設があるらしく、正面に鳥居がある軍事基地だとか。これはスペカ名として使えそうな響きがあるね。
神主本棚は、買って全部読むとなれば時間が厳しいと思うけど、ちょっとでも金に余裕ある人なら、気になったタイトルだけでも買って、(中古でもいいよ)中身の雰囲気を軽く味わってみたらどうだろう。 何となく神主・東方のセンスの元を感じられる・・かもしれない

大学でメディアリテラシーの講師(大変聡明なお方でした・・)が言ってたことだけど、巻末に列挙されてる参考文献を全部読んでその本を書くに至った経緯、価値観の土壌みたいなものを理解するのだ と当然のように言っておられたので、 あーやっぱりそうだよねーと思ったし、素川氏やオーゴショ氏も。
だから僕の消費者・創作者としての立場がどうであれ、物事について考えるには、その程度のことは当然にやってるべき、だという感覚。東方のオタクとかマニアとかじゃなく公式に公開されてるあらゆる情報をおさえて、その上で、口を開ける。 現状東方でそれが無茶なのは分かりますが感覚的な話ではね。
気持ちをトレス というのは二次創作にあたってのことだが、価値観・その作家の人生をトレス、というのが評論とか 作品の消費者も含めた現象に関する議論にあたって前提となるように思っております

さて、東方幻想言論でしたっけ。あれどこ行ったかなぁ・・ 結局読んでませんわ。
世の中商売人が多いから、幻想も安泰というもの。 妖怪は正体不明の看板を背負って、飯食ってますのね
皮肉を1つ言ったら絵を1枚描くという確約にすれば、俺も迂闊に惰性でツイッターできなくなるだろう。 人を呪わば・・~ 何てエロい言葉だ(ぉ

(kazaneko)
神主の本棚について一言。元ネタを知ってそれっぽく作ったところでオリジナルには近付かないので安心して読み漁るべし。どんなに作り込んだところで弾幕風が決して東方Projectになれないのと同じ。スクリプト=思想。一番怖いのは知識欲の意図的な抑制。一次二次問わず制作者の資格なし。南無
犯人はむしゃくしゃしてやったなどと意味不明の事を呟いており、警察は犯行の動機を更に追求するとしています。

僕が文句言う対象は「やるべき最低限のこと、やって然るべきことをやる」これに尽きる。生まれてから死ぬまで、僕はこれを訴え続ける。所詮 個体に宿った意思であったとしても。これ以外には特に言うことがない
妥当なこと、然るべきこと、を描いているかどうか、この無為のテーマ性・作風こそ私が本質的に東方と認めるものであろう。この条件に適うのであれば神主であろうが二次であろうが正史の一部に組み込む。逆に東方・ZUN氏を好きになったのも妥当性あってのこと。私が最も好む作品要素。
見えない色の糸がある。見えない糸であらゆる物事が繋がっている。 創作概念であれば 繋げられる というべきか。それが見えない人種ならば相応のアプローチがあるし、それはそれで素晴らしく、評価に値する。しかし双方から迂闊に手を出せる世界ではないな。

僕は神主を妄信してるわけじゃなく、むしろ彼の制作スタンスには少し批判的でさえある、という点を勘違いされている方もおられるかもしれません。一般的に言う信者に近いからそう自己紹介で書いてますが、これは厳密には違います。元ネタを調べることでZUN東方よりもっと妥当な美しい設定を考える。
神主の真似をするための研究というつもりはないです。ちょっと高慢な言い方ですが彼が僕より上だとは思っておらず、もっと言えば一般のファンより遥かに、僕は作り手として対等に見てます。だから「彼」とかZUN「さん」とか言います。年上だしゲーム屋だしゲーマーだしその意味での畏敬はありますが
元ネタかどうかも確定してないのにやたらとそれを強調する、原作者の意図を越えて強要・提示するという意味で「元ネタ厨」です。先日も言いましたが東方作中設定から脱線し過ぎるという意味での過剰さを「厨」と言ってるニュアンスもあります。
元ネタに執着するのは単純に言って、この「ZUN東方より妥当な設定を考案するため」と、もう一つは 「僕が個人的に共感してる部分があるから それをより投影的に愉しむため」(東方の枠組みを越えて人間として。) 大体この2つが浮かびます。
で、後者の方を押し広げて、「神主本棚の本を是非手に取ってみて下さい、きっと面白いですよ」と、「無関心な番組視聴者へ」コメントしたつもりです。
さっきからしてる話は、これを僕のツイートに対する批判と判断しての やや遠回しな解説コメントです。言われていることが数時間前の僕の話と全くずれているので僕の勘違いである可能性も高いです

(Ruw)
他人の作品について設定を考察してる時点で、作者の手のひらの上で踊ってるんだよなということを自覚しないとなー。昔のゲームが面白かったのは色々考えることができたからだろうと考えれば、今の作品は設定が表に出過ぎているんだろう。

@Ruw 神主が最初から二次的人気を意図して多めの設定を用意したわけではないにせよ、ひぐらしで竜騎士はそれ(二次コミュの拡大)を意図してやってたあたりで、当時は「もうネットはこんな時代なのか・・」と感じましたね。

(Ruw)
@Aerium うーむ、そこで竜騎士さん出てくるのかー。まずそこが俺的にはNGなんだよなーw

@Ruw 昨日の話で「おおおな」(過ぎ去ったことの意味)と言われてましたが、僕もルー氏の視点には追いつけないですね^^; 竜騎士を引き合いに出したのは、僕がパソコンを手に入れたのが ひぐらしが出てきた時期だったからです。僕にとってはあれがネットを介したクチコミ人気の1作目。もっと以前にもあっただろうけど
@Ruw あー、先日聞いた話だとリーフの痕?なんかも当時は考察が溢れてたらしいし、僕の知らない先駆けは色々あったでしょうね

(Ruw)
@Aerium 竜騎士さんがひぐらしでやったことは、それより数年前にガンパレが「23番目のクラスメート」として実行・完結済みだったし、それより前に遡れば読者参加型ゲームとかゲームブックとかTRPGとかWizとか、そういう作品はあったし。

@Ruw TRPG、あー、そこまで遡るのですかw 設定を与えてコミュに発展させるという根源まで行っちゃうとそうなりますか・・

(Ruw)
@Aerium まぁ「知らないことを知らない」まま思考することを「知識欲の意図的な抑制」というなら、この表現はすごく上手いなと思います。
@Aerium まぁただ一つを追求するなら、より一層色々なものを見ないといけないんじゃないかなーと思うわけです。俺の引き出しなんて神主と比べたら1割くらいですけど。自サークルの中でもゲームに限ると引き出し少ないほうだったり。
真面目なこと書いてたらPCの排熱で部屋が暑くなっていた。あぢー。

@Ruw まぁ早速有難い限りで。(<ツイッターでこうして会話できることに対して。) 先日の 作り手と消費者が接することの恩恵について多少咀嚼しておりましたが、直接作品を介した会話でないとしても人が人と接することがマイナスなわけがないw(考え方次第ですが。) それと無礼ですんません

(kazaneko)
@Aerium 貴方のツイートに刺激されたのは確かですが、昨朝の「無粋だな」という呟きが契機です。批判というなら知識欲のない自分自身への批判といいますか。逆説的ですが、関係ない知識が多ければ多いほど神主の世界に近付けるでしょう。直接的な元ネタの閲覧よりも、それを探す手間の構築が
より深い東方観を構築する。結果的に「他人の空似」に近付くと言うことです。それを日頃から実践されている貴方をどうこう言うことは勿論出来ませんが、その一環として神主の本棚を垣間見ることは別に無粋でも何でもないなと。浅い元ネタを見つけてしまったその先にきっとまた新しい世界観が見えるから
僕はEVA:やfateのようにぎちぎちに構築された世界観に倦んでしまった人間なので、東方が徐々にそうなってしまったことを少し残念に思う一方、感覚の解釈を残す世界観への憧れを懐き続けており、そこへ向けて足を着けた思考を続ける方々の呟きを(飛び飛びですが)楽しませて頂いてます。
場合によっては、原作に載っている言葉を追うよりは、皆さんが踏み越えた部分の方が面白いと思うことも多々あるし、もっと踏み越えて頂きたい。ただ無関心な視聴者にまでそれを押し広げるつもりはないかもですね。僕の脳内の東方な光景は結局の所、誰にも見せられない極私的なものです。

僕が東方元ネタ考察に踏み込み過ぎてるのは 風神録での半端に愚直なような諏訪神話の丸写しと神主解釈の介入について遺憾だったからだろう。諏訪子がカエル?祟り神?そりゃないだろー ってことでその手の本をあれこれ買って読んだりし始めた。こうなると記紀神話丸ごと考えることになってくる。

(kazaneko)
多分、神主にとっては元ネタの真贋はどうでもいいのです。彼のずば抜けた能力は要素の組み合わせ方にある。どうでもいいことを並び替えれば意味があるように見える。細かいところは酒で滲ませて一気に呷ってしまう。それできっと十分なのです。だから幻想郷に於いては真実が幻想なのだ、と

@kazaneko 所詮趣味とゲームのネタ という領域を越えてはいない、あまり神主が専門的ではない、というのは少し調べれば分かってくることですが、僕個人がまずオカルトや宗教ネタ好きなので元ネタを追求してるのです。これは東方にさせられてるのではなく僕が個人の趣味でやってるに近い。
ああ。 僕が東方に執着して神道を考察している、というわけではないですね^^; 度々言ってることですがウチは寺で宗教家です。境内に稲荷社もあります。しかしこれも偶然の環境で、僕は個人としてオカルト・宗教ネタが好きなのです。東方を好きになったのも妖怪ゲーだからです。
僕は幼少の頃は日本昔話で育ち、水木しげるの妖怪図鑑が好きで、中学高校の頃は学校から帰ったらずっと幻想生物事典、悪魔事典、とか見ながら悪魔っ子を描いたり、大学入学したらまず図書館で民俗学のコーナーをチェックし、 みたいな人生です。で、2年前に東方を見つけた。(知ってたのは5年前)

(kazaneko)
@Aerium なるほど。正しく解されるべきことへの態度を培ったバックボーンは解る気がします。僕は子供の頃はキリスト教系で今は禅宗の檀家ですがどれもこれも付け焼き刃な知識で使い物になりませんので。。。10年ぐらい前までは伝奇物にさっぱり興味なかったですし。

そういうわけで、僕が1番好きな東方絵は、半分妖怪になってる系の絵だったりしますw これは初期の頃言ってましたが、藤崎竜の漫画『封神演義』で妖怪仙人って居ますよね。僕にとって東方キャラはああ言う存在です。ピンチになると半妖態化します。
エロゲで美少女なんてものは出尽くしてて、人間の姿から脱却してまでフォルムの魅力を追求するとなれば、SF系のスーツか、ロボっ娘か、人外娘に行きつく。妖怪ゲーがこれだけ人気というのは有難い。安心して描け・・ないんだよなーこれが^^; ・・東方でも妖態絵はマイナーだ

@ShirakawaY 巻末にある参考文献一覧を、当然の事として処理する(全て読む)、という姿勢が僕が認識するところの考察姿勢でして、これは東方に限った話ではないです。ただの漫画アニメゲームでそこまでする人が居ないというだけで。そこまで手間暇かけるのは一般に趣味の領分ではないね

(abysmalhypogeum)
設定考察が作者の掌の上で踊ることだ、という意見は作り手側に移動した人間がプレイヤーを冷笑したいがための発言であろうが、現実にはそうはいかないだろうな。

abysmalhypogeum >冷笑 :そういうニュアンスがゼロだったとは考え難いですが、それについて噛み付いても僕に利益はないので、そのゲーム屋様ならではのご意見を引き出せるようにリプライしてみたのですが・・成功だったかどうか分からない結果になりました^^; まぁ満足ですが

(abysmalhypogeum)
プレイヤーを気持ち良く踊らせるため意図した部分と、作者が時代や環境に合わせて意図せず踊っている部分と、色々ある。意図して作った安置と意図せず生まれた安置のようなもので、考察にも色々な攻略方法がある。

@abysmalhypogeum 満足、というのは 会話が成立しただけでも、まぁ身に余る現象、とでも言いましょうか。 (僕は少なくともまだゲーム創りに関与したことがないので、世のゲーム屋は全て雲の上の人、というニュアンスも少し含まれてます。東方差し引いても。)

(abysmalhypogeum)
@Aerium おはようございます。今読み返しましたが、面白い内容でした。私はひぐらしをあまり知らないのでなんとも言えませんが、ゲーム史の話は作り手としては両刃の剣のような気も。

@abysmalhypogeum 面白かったですかね?僕はまぁ、案外面白くなかったのがある意味面白かったかな(w   ヒグラシは、竜騎士が完全に意図して、ユーザーのコミュを促進するための作品だったようで、これと対比するつもりで言及しました。
@abysmalhypogeum 両刃ってのは、さっき仰られた、作り手の意図と無為(虚)の両方を晒してしまうって意味で? それとももっと漠然とした立場的な意味で?

(abysmalhypogeum)
@Aerium 立場的な意味で考えました。界隈ウォッチャーとしては良いんですが、作り手としてはNGと言い放てるものなのか…

@abysmalhypogeum 彼に関しては、一番最初に言えないことは言わないって仰ってますので、これで良いんじゃないでしょうかね。「作り手と消費者を隔てて良いことなんてない」 これは否定しきれないそれなりの妥当性を感じなくもないので
・・って。公開で話してたらまた怒られちゃうんだけど!^^; それを分かっててやってるあたりがまた何と云うか慇懃無礼?いや、ちょっとニュアンス違うか。図々しい、と云う方がシンプルだ

(abysmalhypogeum)
@Aerium ああそうですね(笑)公開で他の方との議論についてつぶやくのもなんなので自重します。

(onnel)
@Aerium あんまり言うのもアレなので一言だけ。とても興味深かったです。あと今更ですが、発言は誰が見てるのかわかったもんじゃないと再認識しました。

踊っているのか踊らされているのかというのは所詮詭弁であってどちらか断定できるものではなく、お互い楽しかったらどっちでも良い・・という結論で収まってしまうのがオタクや創作者の性サガだと思ってる節があります。物を作ることは自己満足ゼロでは成立しないだろうし。躍らせる時に自分も踊る。

――――――――――――――――――――――――――
俺が締めていいのか?^^;
こんな終わり方でいいのか?
ツイッターではまとまった話題が度々あるけど、
ちょっと面倒で逐一転載しなくて、いつか暇な時に
ログ全て整理するまで保留となっております。
この場合話題が古くなってしまうのが問題ではある。
需要あるかどうか・・2,3人ならあるかもだが
もう一つの難点としては、半端に部分的な転載をすると
全ログを整理する時 二度手間とか・・ふむぅ

このページのトップへ
追5:本棚の本を画像付きで紹介されてたので買うなら参考にでも
追4:ハード型番情報が曖昧なので消してくれとのことで削除
追3:終盤の本棚で一冊抜けてました。『楽しい昆虫料理』
追2:色々と追記。誤字修正。これ以上は蛇足かな・・
追:ラフ画のメモを追記しました。

――――――――――――――――――――――――――
遅くなりました^^; 丁度12時間騒いでた。

NHKの番組 MAG・ネット にて東方Project特集があったので、
その内容を文章でまとめました。
セリフでなるべく語弊をなくすように、
そのままだったり、少し要約してる部分もあります。

――――――――――――――――――――――――――
ちなみに現在、あちこちに動画も上がってますが、
いずれ消える可能性が高いし、まぁこれはその時のため、
それから動画を見た後で、気付けなかった穴を塞ぐため、
などにご活用くださいませ。
まぁできればZUN氏の部屋の様子を少しでも見た方がいいし、
特に重要なのはラフ画公開かもしれませんね。
参考に >スレまとめ
――――――――――――――――――――――――――

・番組概要
ダブスポプレイする神主が一瞬映る。
(PS2コントローラでRと□ボタンで操作してるとの指摘あり)
ラフ画など一瞬映る。
幽々子(永の立ち絵)>霊夢(永のタイトル絵)>慧音>リグル

・番組タイトル
・例大祭の列と概要。サークル4050 参加4万人
・神主列 1万枚完売
・ファンのコメント
・東方基礎知識
紅魔郷が初代との紹介。
霊夢・魔理沙、STG、弾幕、女性ばかりだとか
・トーク
書評家:杉江松恋
ラジオプロデューサー:やまけん
文芸評論家:福嶋亮大

難しいという思い出話
縦シューの面白さ
覚えゲー、学習すること
ゲームの構造的な良さ

・神奈川 海老名市 神主自宅インタビュー
部屋の戸に守矢神社の札
部屋が映る。四畳半。かなり日当たり良い。
床はフローリング、入口に帽子6つ、
お札、非常口シール、ペットボトル式加湿機、小物類、
PCデスク茶色、モニタ2つ、
普通のPC椅子+座布団、本棚にハードカバー100冊未満
文庫20~50冊?、ヘッドホン、PS2コントローラー白、
魔理沙、霊夢、咲夜のヌイグルミ、萃香の瓢箪、

・本(左から)
天才たちが愛した美しい数式
二ツ目の夢二 第1集
離散数学「数え上げ理論」
トポロジカル宇宙
世界でもっとも奇妙な数学パズル
リーマン予想は解決するのか?
珍寺大道場
知っておきたい世界の幽霊・妖怪
ニッポンの神さま図鑑
東京の階段
妖怪を見た人びと
中国古典 一日一言
ハイブリッドワーカー
ダム 萩原雅紀
知ってるようで知らない ものの呼びかた
雪月花の数学
世界の一流ビール500
異都発掘 新東京物語 荒俣宏
東京妖怪地図
異形の惑星
生命の星・エウロパ

・誕生秘話
大学の時にゲームミュージックを作りたかった
そのために自分でゲームを。
大学で初めてパソコンを使った。
プログラムも。手探りで。
14年前 理工学部

・東方霊異伝プレイ(キーボード)
別室。win98?、ふもふも魔理沙が隣に

久し振りだなぁ
プログラムの勉強がてら作った
今の人はこんなゲームじゃ絶対満足しないです
あの頃はSTG全盛期だった
一番面白いゲームはSTGだった
ファミコンでも多かった
アーケードの花形と云えばSTG

・弾幕
(ダブルスポイラープレイ中)
弾幕の作り方には2パターンあって
キャラの設定やストーリー、技を弾幕で表現する場合
プレイヤーをどう動かすか考える場合
・ネタ尽きませんか?
ネタ尽きますよ 
尽きるから新しいキャラ作って設定考えて

・番組側の東方キャラ紹介
霊夢 魔理沙 レミリア 咲夜 アリス
幽々子 紫 射命丸
「他80人以上居るので略」

・キャラクタ発想法
設定ありき。
舞台>キャラ(ゲームありき:1面、2面という構造)
・線画
萃夢の紫 豊姫 衣玖 天子 永夜ED絵
※絵の中のコメント

○紫
・ちょっとボスらしく戦闘
 モードに。(式神使役モード)
・藍が中華風なのは紫が
 中華風だからです。
・髪は長髪だが、戦闘モード
 ではキャップの中に詰めてあります。
・ちょっと複雑すぎるかもしれないです。

 側面(うで無し)
 チャイナ部分
 チャイナ取り除き

○豊姫
家の中では帽子はかけない。
髪はロングで少しカール
袖は長め

○衣玖
羽衣はこんな感じ

○天子
緋色の剣
エプロンの


発想でも何でもないですよ
書いちゃっただけですよ・・・
書いちゃっただけ(笑)

・魔理沙を書く 鉛筆+スケブ(A3ぐらい)
目>顔・髪>胸のリボン>そのまま胴から下へ

プログラムも曲も絵も真面目に勉強したことがない
独学の方が愛されるんじゃないですかね
プロっぽい人も一杯居るじゃないですか
そうすると個性がない
確かに魔法使いっぽくないのかもしれない(魔理沙)
何でエプロンしてるんだろうって思う
(色紙の日付2010/04/13)

絵は見られれば十分
作業時間と作品の質で折り合いをつける

・同人イベントの紹介
・イオシス
・ゆっくりAA
・新潟東方祭の映像
同人誌
コスプレダンス

・著作権自由のこと
自分が作ってるものも二次
影響を受けて作ってるからファンも同じ

・ノヤ(ニコ動P)の自宅インタビュー
配達業務しながら動画制作
音楽良くて原作へ
saiで作業
自分で設定想像できることが良い
ニコ生の光景?曲から発想

・トーク(杉江 やまけん 福嶋)
絵も文章も上手くないのに発表
それが二次には良いこと
あり得ないガチムチ東方も可能
ガンダム、エヴァという文脈
若者のコミュが続くことが大事
作品が詰まってないことが良い
ゴールにアニメがある恐怖
アニメ化したら作品が終わる

・その他ニュース らきすたなど

・ZUN作曲法(♪妖怪の山)
安いキーボードでいいので(ヤマハCBX-K2)
キーボードに向かって思うままに引き続け
良いと思った部分を録音  時間がかかる
他の伴奏をつける
最初のベースとピアノメロディの状態と
仕上げで変わらない
3~4時間で1曲
ゲーム素材で何十時間もかける必要性を
感じないので

・竹取飛翔とまりおアレンジ比較
・おてんば恋娘とパーフェクトさんすう教室比較
・吹奏楽サークルを始めた人たち(全国有志)
(表記ミス:小明寺さとり)
セプテットのアレンジ譜面と演奏
練習中のファンとしての交流

・トーク(杉江 やまけん 福嶋)
ファンはNHK特集嬉しくもあり恐くもあり
3人とも叩かれる
東方は転機
新しいものを作ってみて欲しい

・再びZUN宅 冷蔵庫
ビール瓶9本
中国 台湾 鎌倉の地ビール
自分で作ったビール(茨城で体験して)
・札「やむを得ずまた酒に頼る」
・本棚(序盤より1つ下の段)
写真で歩く 世界の町並み
数学は生きている
楽しい昆虫料理
食材図鑑
鳥居 百説百話
・なぜビールが好きか?
だって美味しいじゃないですか
飲めば飲むほど美味しくなる
毎年どんどん美味しくなる
・夕方に起きてビールを一杯飲んで作業
・今後は?
あまり遠くは考えない
1年後ぐらいは考える
地ビール作ってレストランやりたい
自分で納得いく味を作る
毎年新作を出す
ゲームと同じできっちり作り過ぎず
我流で癖のあるもの
好き嫌いが分かれるような
今のゲームもそうですし

・吹奏楽発表会でED
客入りはそこそこ

――――――――――
このページのトップへ
>絵・・ 
絵は今月は頑張ります・・就活用の絵かどうかはともかく、
せめてリハビリで放置絵をいじったりとか。 
思えばPixiv去年の夏から新作なしですね・・ 
ブログの方は、東方とかゲームとか漫画とか
色々やり過ぎてどれかやれば他が疎かになる仕様でして・・
レビューとかやってる場合じゃねえw
優先度低いことを優先する癖なので、
他にも 秋に言ってた、東方ヴォーカル良曲リスト
も少し進めていたり。あれは途中でもいいから公開しておこう

まァ色々スンマセンってことで・・(謝罪以外の文末があり得ない)

あ、それと、今晩の MAGネットというNHK番組で
ZUNさんが出るらしいので、そのレポみたいな記事は、
明日書くかもしれないね。
正直、他のゲストがちょっと神主と気質合わない予感がして、
会話部分には期待してないのですが、
二次へのコメントとかゲームプレイ風景が見られる、
それから今後の予定が聴けるのであれば、かなり意義あるかなと。

最近これぐらい気軽な雑記書いてないなぁ^^;

このページのトップへ
特に気に入った18禁商業漫画レビュー集
※下に行く程書いた時期が古いです。
 最終更新:2010/5/7: 4件追加



エロマンガのレビューを、一新しようかと思い、
今後はこの記事に随時追記していく予定です。
レビューというのは新作だけではなく、
古い作品でも需要はあると思いたい。
なので1つのリストで統括保管します。

見づらくて申し訳ないが、
ちょっと独特な基準です。
数字が大きければ良いとは限らないので、
自分の好みに合うかどうかで判断して欲しい。
このリストにある時点で僕は同じぐらいオススメ。
ストーリー性やシチュエーション重視で
読む人には少し向かないレビューです。
少しロリ巨乳和姦多めです



タイトル
作者/発行年

(※全て1~5点で評価)
和姦強姦:和姦と強姦の比重
画力  :デッサン&デフォルメの安定感・描写力
フェチ :偏った嗜好表現の多さ
萌え  :可愛さ・そそる演出の多さ
グロさ :濃過ぎて不快になりそうな表現の多さ
乳・性器:個人的な判断でエロさを決める
物語性 :物語誘導の上手さ
人を選ぶ:萌えやフェチの総合量
俺的満足:個人的な総合満足度
付箋の数:エロい・可愛いと思った頁数(5~40程度)
コメント:軽く感想など




・『ネコキノと雨の町』
にびなも凸面体/2009

和姦強姦:3:2
画力  :3.5
フェチ :2.5
萌え  :4.2
グロさ :1
乳・性器:4:3.5
物語性 :3.5
人を選ぶ:3
俺的満足:4.5
付箋の数:28
コメント:キノコ帽子と猫耳尻尾のロリ巨乳
+ニーソの少女たちにおねだりされたりする長編。
絵柄も非リアル系でデフォルメが強いが、
輪郭線は柔らかくて乳などプニプニした質感。
「うろたん」に少し似ている。
とにかくポーズやコマ割が多彩。
単調な描写が多い作品が苦手な人には
かなりオススメできるロリプニ系漫画だろうか。
この作者は同人活動もしてるので興味あればどうぞ。
余談だが私が最も共感できる絵柄かもしれない。
エロ絵師あめいすめるもかなり似ている。





・『抱いて…』
中山哲学/2007

和姦強姦:4:1
画力  :5
フェチ :1.5
萌え  :2
グロさ :2
乳・性器:4:4.5
物語性 :4
人を選ぶ:2
俺的満足:5
付箋の数:25
コメント:初単行本とは思えないすごい画力。
様々な体位、シチュ、顔、髪、どれも上手い。
顔・黒髪の描き方とシチュエーション演出の上手さが
特に際立つだろうか。舞台は高校で、制服や
スク水や体操服など。男女のどちらかが年下で、
リードされるパターンが多い。
巨乳で性器はヘア有り、克明な描写。
ちなみにこれは作者の一番古いコミックだが
最新作とほぼ絵の上手さに変化はない。





・『たぷラブ』
中山哲学/2008

和姦強姦:4:1.5
画力  :4.5
フェチ :2.5
萌え  :2.5
グロさ :2.5
乳・性器:3:4.5
物語性 :3.5
人を選ぶ:2
俺的満足:5
付箋の数:30
コメント:メイド兼教師と御曹司ショタの中編、
残りの短編は教師と女子高生や、過去作からの
サイドストーリーなどだが年の差ネタが多め。
特に目立つのはショタ+お姉さん。
この作者はベテランで十分安定した画力があるが
少し太くムッチリした体型に描くので、
それが嫌いじゃなければ最初から最後まで満足
できるのではなかろうか。性器をヘア有りで
肉厚に描くのも少し特徴的。苦手な人は注意。
表情もなかなかの上手さ。





・『ミルクドール』
中山哲学/2009

和姦強姦:5:1
画力  :5
フェチ :1.5
萌え  :3
グロさ :1.5
乳・性器:4:4.5
物語性 :5
人を選ぶ:2
俺的満足:4.5
付箋の数:34
コメント:作者の単行本3冊目。デビューからすごい画力
だったのでカラー以外は殆ど上手くなってない。
相変わらず巨乳と肉厚な性器と可愛い顔、そして
シチュエーションの上手さ、が特徴だろうか。
極端な萌え系とリアル系の中間的な絵柄として安定した
質の高さ。凌辱・強姦はなし。
ショックを受けると精神幼児退行する姉(ポニテ+巨乳)
の中編、料理部のカップル短編(ツイン+巨乳)、
ショタ×学校のマドンナ(巨乳おっとり系)の中編、
という構成。体操服、裸エプロン、水着、制服。
後半のヒロインは個人的に好きではないが、前半の
可愛さ・エロさが圧倒的なので十分許せる。





・『ハイテンション』
土居坂崎/2008

和姦強姦:1:5
画力  :2
フェチ :3.5
萌え  :3
グロさ :2
乳・性器:4:5
物語性 :1
人を選ぶ:3.5
俺的満足:4.3
付箋の数:20
コメント:ロリ巨乳で乳輪は大、性器はかなりリアル。
絵柄は萌え系だが全体的にいい加減。
殴り書きしてるようなノリでストーリーは皆無だが、
ひたすら乳・性器のエロ描写が上手い。
ヒロインは基本的にされるがままで最後にギャグオチ。
エロの上手さだけで全てが許せてしまう曲者作家。
他にも『ヨメイロちょいす』という微エロ漫画もある。
この作家は名義を頻繁に変えるので名前に注意。





・『BUST TO BUST ―ちちはちちに―』
ヤスイリオスケ/2007

和姦強姦:5:1
画力  :4.5
フェチ :1
萌え  :2.5
グロさ :1
乳・性器:4:5
物語性 :3
人を選ぶ:1
俺的満足:5
付箋の数:39
コメント:体型は単調で、巨乳で20歳程度のヒロインのみ。
カップルが自宅でHして終わり、という話ばかり。
性器には少しヘア有りでそれなりに上手い。
表情は普通に描き分けている。可愛い系。
絵質は最初から最後まで安定している。カラーは塗が薄い。
巨乳・和姦が好きなら誰でもオススメできると思う。





・『エロマンガみたいな恋しよう新装版』
ヤスイリオスケ/2006

和姦強姦:5:1
画力  :4.5
フェチ :1
萌え  :2.5
グロさ :1
乳・性器:4:5
物語性 :3
人を選ぶ:1
俺的満足:5
付箋の数:33
コメント:テンポの良い漫画展開で、同級生や彼女と
和姦に至るクセのない内容。絵はフトモモや乳が
むっちりしていて、やや濃いヘア有り・性器も上手い。
絵柄の安定したエロさでほぼ誰にでもオススメできる
標準的な作品だと思っているが(貧乳ロリ派以外。)、
圧倒的に上手いという評価は得ていないようだ。
かなり上手いけど神ではない。カラーはイマイチ。
ちなみにこの作品はエロアニメにもなってて質はまぁまぁ。
同人誌も出してるので気に入ったらそちらもどうぞ。





・『発情みるくほ~る』
アーセナル/2010

和姦強姦:1:4.5
画力  :3~4
フェチ :2
萌え  :2.5
グロさ :1
乳・性器:3:4.5
物語性 :2.5
人を選ぶ:1.5
俺的満足:5
付箋の数:36
コメント:これが人気だとすれば絵柄こそ肝だろう。
表紙を見ただけで即買いする人も多いと思うが、
同級生、高大生ぐらいのヒロイン描写が
ちょっと独特に強烈な魅力を持っている。
かと言って顔やエロに破綻もなく、安定している。
顔は照れたりすねたり恍惚だったりどれも
エロ可愛い。Hの体位はどれも上手い。
挿入部分~ニーソ足の描き方もかなり上手い。
乳は無難。ただしリアルというより
エロゲーのような二次元特有の絵柄なので
単調に感じる人もいるだろう。





・『ラブラブしちゃうぞ』
 はんざきじろう/2009

和姦強姦:5:0
画力  :4
フェチ :1
萌え  :2
グロさ :2
乳・性器:4:0(全修正)
物語性 :2.5
人を選ぶ:1
俺的満足:3.5
付箋の数:15
コメント:絵柄(線の堅さ)は固定的だけど、
様々なポーズを描く力はある。
やや年上のグラマーなお姉さんが得意っぽい。
ストーリーやシチュは違和感ない程度にある。





・『ぱっつん×2』
さいだ一明/2008

和姦強姦:2.5:2.5
画力  :4.5
フェチ :3.5
萌え  :2
グロさ :3
乳・性器:3:4
物語性 :3.5
人を選ぶ:2
俺的満足:4.2
付箋の数:21
コメント:やや濃い部分はあるけど、
安定してすごい漫画技術でベタランの風格。
鬼ノ仁のアシスタントをやってたらしい。
これだけ絵と話が出来るなら非エロも描けそう。
中身は制服ニーソ、スク水、競泳、幽霊、
メイド、熟女、どれも違うシチュ・アングル。
萌え萌えというより、多様なシチュで濃厚H漫画。





・『お姉さんの肉壺』
小石川れんず/2008

和姦強姦:4:2
画力  :2.5
フェチ :4
萌え  :3.5
グロさ :3.5
乳・性器:2:3.5
物語性 :2.5
人を選ぶ:4
俺的満足:4.5
付箋の数:17
コメント:ロリ巨乳でヘア伸び放題というフェチ系。
シチュは兄弟、兄弟、看護、看護、同僚、という感じ。
ロリむっちりした絵柄が好きならオススメ。





・『スカートの中の欲望』
子門竜士郎/2008

和姦強姦:4:1.5
画力  :4
フェチ :1
萌え  :2.5
グロさ :1.5
乳・性器:3.5:4
物語性 :3.5
人を選ぶ:2
俺的満足:4.2
付箋の数:21
コメント:全てにおいて素晴らしいとは云わないが、
大抵のシーンで結構エロく描けてるので、
エロ漫画として上級で扱っていいと思う。
少し妙な描き方はあるけどそれが個性とも言える。
ロリ過ぎず熟女過ぎず。制服多め。獣耳少々。





・『恥熱カルテ』
ドリルムラタ/2007

和姦強姦:2:3.5
画力  :3.5
フェチ :3
萌え  :1.5
グロさ :3
乳・性器:1.5:4
物語性 :4
人を選ぶ:3.5
俺的満足:3.5
付箋の数:13
コメント:病院に見舞い・看護に来る人が
次々主人公の少年に魅了されてHしてしまう長編。
ほぼナース・大人女性のみ。男側主体。
性器肉びら表現が克明。ちなみに過去のコミックは
描写が少し粗くてオススメしない。この本だけ良い。






このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

pixivご無沙汰 日々の事 ツイログ一気読み tgt話題録 tumblr抜粋メモ nicolistほぼ東方 interviews.jpg自分の事 twitpic日記画像 亜奇数(Furcas)
  • Author: 亜奇数(Furcas)
  • ニコ厨。ゲーム廃人。東方廃人。血液型厨。こっそり絵師。
     東方話題が多いけど、サブカル・芸術などを対象に表現論とコミュ論をモヤっと書き綴る。
     何か調べ事でしたら記事に関係なく質問コメ貰えれば 分かる範囲で答ます。様々な相談にも対応します。
    ゲームは主にスマブラ ポケモン モンハン、心綺楼。
    絵のリクエストも暇だったら何でも受ける。
    当ブログ内の画像は商用以外の無断転載をほぼ許可します。
    コメント反応の目安は3日だと思って下さい。
    小さい話題は全てTwitterで消化してます。リンクは自由に。

Calendar

04月 « 2010年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

最近の記事

過去ログ月別

2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【13件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【15件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【18件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【26件】
2009年 05月 【36件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【27件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【20件】
2008年 09月 【25件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【40件】
2008年 06月 【10件】

カテゴリー

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

スマホこっそり対応

QR

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

通りすがりに

コメも面倒な人用。

無料アクセス解析

投票でも面倒な件

テルヨフgif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。