FC2ブログ

~萌畢竟~思索考究

メインは東方雑記など。他マンガアニメゲームニコ動に言及。時々絵を描く。最近はTF玩具レビュー多め

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ftz-2.jpg
ftz-a.jpg
ブログ更新してるんだからまだ追い込まれてないんだろう^^;
いや、諦めてるんですけど!

昨日だけでこの状態。人物は6時間、甲冑は苦手だし普段全身描かないから
かなり手際悪いです。ドラゴンは描く暇ないかも。
っていうか、甲冑の金属が苦手なので仕上がらない気がして、もう放置路線w
なぜ甲冑を選んだ^^; 同じ苦手ならロボでも良かった?
いや、ロボは会社の路線的に無意味・・

背景は3時間ぐらい? 手間かかりそうだし、何より、背景いくらできても
普通の会社は外注で済ますから、これも無意味じゃね?と・・^;

でも、背景なら並のキャラデザ志望者と差別化できるかもしれない。
モンスターは・・、これも会社の路線的に微妙w

RPGやアクション作ってる会社じゃないのよね。
アドベンチャーとかシミュとか? じゃあファンタジー背景とか甲冑も
無駄じゃね?・・・(´-`) ・・・ん・・

もう1日消費しちゃったし、とりあえず背景はこのまま進めて、
甲冑は放棄するかもだけどその場合昔描いたモンスターを
加筆するとしよう。 ドラゴンはその専門家とかいるので
できればオリジナルのモンスター路線で・・

何にせよ仕上げ苦手だし 不慣れで手際悪いし どっちつかずだし・・
週末へと加速していく俺の人生
この会社は諦めモードだなぁ


スポンサーサイト
このページのトップへ
とりあえず今私に言えるのは、忙しくてここの更新どうなるか判んない
ってこと。そう言いながら 息抜き という名目で大いに更新するのだが
今回本当に死亡フラグがビンビン立ってるのでわからないということにしておく。

モンハンはもうフラゲしてる奴もいるんだろうけど、俺はそれどころじゃない。
ゲームで遊ぶ側じゃなくて遊んでもらう側にならないといけない時期で、
もう私が人生で夢中になってゲームをプレイすることはないかもしれない。
そういう気持の切り替えというか 消費者意識が強すぎて流石に不味い。
と、絵を描いてると思う。

送付催促が来るまではT.R.Cの東方麗魔事変がかなり面白いから
感想なり意見なり長々と書こうと算段していたのだが、それも叶わない。
今品薄だからどこも売ってないけど、夏で再販されたら
麗魔事変の3話は激しくオススメする。それまでの作画より大幅に
質が上がってるように思うし、シナリオも動き出している。
おおよそ私にとっては最高の東方同人だと思われる。

まぁ1話から面白いけどね。
できれば読者方には富槻氏(筆者)の漫画家としてのスタンスというか
シナリオ作り?演出?のこだわりも考えてみて欲しい。
これはそこいらの東方二次本とは作り込みが違うってことを感じて欲しい。

っていうのは俺がsimo氏関係者フィルター使ってる部分もあって
贔屓してるけど それは2割ぐらいで残りの8割は ちゃんと富槻氏に
対する評価でございます。それでも失礼かw まぁどっちも好きですってことで。

このページのトップへ
ftz-1.jpg

ほええ^^; 下請けで年中募集だと思って放置気味だったけど
送付催促来た―――www
で、インターンの都合でまとめて指示出したいのかなぁとか予想しつつ
取り敢えず問い合わせてみると電話かからねーw で2時間消費。
業務時間終わってからだと普通に繋がって、直接相談してみると
矢張り先日の作品ではちょっと厳しいから納得いく作品を送れとのこと。
一応早いに越したことはないので何日かかるのかと訊かれて、
最低マトモな1枚描くのに少なくとも3.4日は・・ と言ってしまったでござる。

ちなみに、前に描いたチルノあたりで少しずつやって1ヶ月、
幽々子に至っては時々手を入れて1年、100時間越えである。
3日であれよりマトモな絵を挙げろだと・・? 死亡フラグ。

いや、日本画の精神性は必要ないので、
ビジネスとしてのイラストを描けばいいのだ。
極論トレスでも仕事は仕事。誰だって写真とか見ながら背景描くのである。
俺は個人的な精神論でそういうのを回避しているだけで。
(それじゃ仕事にならねーって^^;)
先日もアルヴィ○○の人に 「俺ならそれっぽいのを元に短時間で仕上げる」
とか。ですよねーw プライドなんて商売でいらないよねーw
カタチとして納期までに仕上げることができないと
飯が食えないんですよww仕事ですから。

いや、言ってる場合じゃないけど。

画力伝わるものって何だろう、いや、とりあえず背景前提で絵となれば
やっぱファンタジーしかないかねぇってことで結局テンプレ臭い世界観を・・
背景の手抜きとして、空を大きく取るとか・・ いや、仕上がらないと意味ないんで
がっつりとキャラ2,3人描けばどうかと今更^^;

あ、上の絵は描き始めて3時間ぐらいです。人物+遠景ってのは楽だけど
ここに中景を挟むと急に構図が難しくなる。で、資料探しても
中景がきっちり存在するファンタジーゲームって全然ないw
あるとしたらピクシブにあるセンス重視の塗り構図ですね。
でもあれは真似できないし、画力ではなく応用できないセンス。
(まぁこれも3割くらいプライドとか精神論だけどねw)

まぁとにかく言ってしまったので4日くらいで1枚商業レベルの絵を送らないと
俺の人生半分オワタ\(^o^)/な感じ。
あれ?4日+履歴書だから5日じゃね? あー、また催促受けるぞ^^;
いや、年中募集なんだけど、2回も催促受けるのはイメージ的に最悪なので・・
「こいつ納期守らない奴だな。」 \(^o^)/

うー、背景描き込むなんて無限地獄だし、今からでもいいから
キャラデザ2本くらいにしておくか・・
いや、ガチで描いたら立ち絵でも2日以上かかるけどw

そして何より問題は 俺の人物は受けないので、
だからこそ多少評価されてるモンスターか背景なのです。
今のところ希望ありそうなのはそれだけかなと言われてて。
個人的には正直どうでもいいです。背景専門でも俺程度でよければ。
まぁ実際simo氏だって評価されてるのは背景と
エフェクト演出なんだよな。
一般論で言えば背景などはA型には向いてないんですけど
描き込みに必死な人なら見る側に逆の印象を与えることもあります。
人物の肌は描き込むものではないですからね。

いや、こんなこと書いてる場合じゃねえ・・

とにかく俺には久し振りの 「締切」 なので^^;守れる自信ないけど
いいか。 この会社は理想的だけど必死で すがってダメだったら
秋までに更に必死で作品増やせばどこかの下請けに入れるよね? >神様

大丈夫、まだ卒業までに半年ある!終わってないよね?俺・・


このページのトップへ
タイトルは迷わずストレートでいいよな。でも流石に一般ブログで
「エロマンガ」とは言えませんでした・・

概要>
久し振りかもしれないエロマンガレビュー。

(一般カテゴリですよ^^;)
なるべく短く魅力と問題点を書こうと思います。

エロいと思ったページ、絵の参考になると思ったページは
付箋していますのでそれも一応表記しておきます。
(基準としては1~50ぐらい)
5以下は買って後悔、10以上は満足、30以上は神。
商業エロマンガは200ページぐらいだから、
見開き換算でMAX100箇所です。なので50箇所だったら
漫画の半分が見所という恐ろしい内容ですが(笑

―――――――――――――――――――――
『処女絢爛』著:西川康
オススメ度:55~85/100(局部描写の好みによる)
私が付箋したページ:24箇所

ドラマCD付いてて300円UPなら安いでしょう。
CDはまだ聴いてませんw
表紙や中身のカラー共にかなり上手い。これだけ見れば
間違いなく買いですが、モノクロ原稿のエロシーンでは
局部描写が細かくてややグロいです。描き込みが嫌いな
人にはやや苦しいかもしれません。
画力・描き込みは安定していてフトモモ~腰回りが
かなり上手い。ニーソと言うか黒スト?率が高く、
(裏表紙にヒロインズの絵があるので参考に。)
その属性がある人にも勧められる。
乳よりは下半身の魅力が大きいと思う。
とにかく画力の点で商業、プロって感じだから
ほぼ買って損はないレベルだと思うけど局部が少しグロい
のだけは注意。個人的には2割グロ・8割エロで許せる。

――――――――――――――――――――
『スイート☆パラダイス』著:なまもななせ
オススメ度35~60/100(顔など絵柄の好みによる)
私が付箋したページ:7箇所

画力的には同人で並か並以下って感じか。
有名な商業エロを基準に考えるならオススメできません。
絵柄のクセ(顔の描き方とか)が好きなら表紙の雰囲気で
買ってもいいかもしれんけど、内容は表紙以下で不安定、
エロシーンもイマイチかなと思える部分が半分はあります。
アバウトで柔らかい曲線の可愛らしい絵柄が売り、と
くぱぁがなかなかエロいかもしれません。
画力の向上より独自のフェチ描写を増やせばいいようにも
思えますけど。

―――――――――――――――――――――
『戦姫魔導伝アスカ&シズル』著:竜胆
オススメ度55~75/100(ジャンル的な適性)
私が付箋したページ:15箇所

ニ次元ドリームコミックと言えば大体イメージできると
思いますが、変身ヒロイン的なキャラ2人ぐらいが
ひたすら触手に弄られるようなジャンルです。定番。
ここで問題になるのは触手描写がグロ過ぎないか?
そしてヒロインがどの程度嬲られるか?っていう
良識バランス感覚が個人的にはボーダーになります。
これはハード描写系ではないです。
そこそこ可愛い、綺麗、エロいヒロインが
並以下程度にしか凌辱されてないと思います。
触手あまり好きじゃなくても読める。
逆にエロ描写がソフトでサクサク読めるので、
たまらなくエロい!っていうシーンはないです。
これも裏表紙に中身のサンプルがあるので、
それを見て好みだったら買うってのがベストですw
ヒロイン2人とも巨乳、それ以外の人物はほぼ登場しない。
個人的にはとにかく顔が好みです。大好きな絵柄。
エロゲや同人ではたまに見かけるけど、
村上水軍とか似てるかも。

――――――――――――――――――――
『初めて恋をした。』著:あさぎ龍
オススメ度65~90/100(エロさより綺麗さ重視なら)
私が付箋したページ:11箇所

前半はガチ百合です。表紙見れば分かるけど、
Cuvieのエロを控えて綺麗さ重視に仕上げた感じの絵。
内容的には少女セクトよりもっと毒がなくて、
安定した上品さ?があります。(綺麗さ7割エロ3割ぐらい)
わずかに作画崩れがありますが、線が細くて
描写の細かさがなかなか魅力的。下着とか上手い。
後半は一応男が出ますけど和姦でハッピーエンド設計。
後書きを見れば分かりますけど、作者は女性みたいです。
百合エロマンガとしては非常にオススメです。

――――――――――――――
今回は4冊とも満足してますけど、どれもジャンルや絵柄が違い、
それぞれ好みで分かれると思います。



このページのトップへ
概要> 今日のこと。
・ツイッター転送表示されてるか
・アルセウス見てきた
・グリマリ届いた
・再放送楽しいです

―――――――――――――――――――――――――
ブログのことだからこっちにメモしておくけど

・こちらにツイッター新着転送するパーツ貼ってるけど、
日によって読み込めたり込みこめなかったりする。
重複ログインの問題かと思ったけどそうでもないかも。
単純にサバ負担でエラーになってるのかもだし、
それともブラウザのキャッシュの問題なのか・・
とにかく他人の表示もよく分からんし、結局分からんw
自画像が表示されないのはデフォかもしれない。
(これ試作ツールらしいので)
で、他のブログパーツ使いたいのは山々だけど、
今あるのはどれも何かバグるというか
完全に動いてくれない。せめて今のやつがマシかと思って使ってる。

公式のブログパーツでさえ、HTML版?はタイトル表示できなかったり
謎い。javascriptの問題?尚更わからん
元々少し編集しにくいテンプレ使ってるだけに原因も特定できないというか

公式のFlash版は1番使いやすそうだけど、もう配布されてない。
他のパーツは全く表示できなかったり、これは分からん。
問題は結局、ブログの方からツイッターに簡単に行き来できるか。
できなくても双方すぐ確認できる表示が理想なんだけど・・
===========================

ポケモン映画 アルセウス見てきました。
ネタバレになるなぁ何書いてもw うーん
まぁ、3竜はよく活躍してたし、アルセウスもそこそこシーン多かった。
ダークライとシェイミは出てなかった。
ヒードランは矢張りゴキブリみたいに壁をガサガサと這い回ってたw
結構脇役だったかもしれない。
序盤はそこそこの盛り上がりで、後半少しだれそうだったけど
最後らへんで多少感動もあったかもしれない。
世界の創造主との戦い・・ってことでもあるから
もうこりゃポケモン終わるかな?って雰囲気もあったかもしれない。

来年の映画は、ゲームに合わせてルギアとホウオウみたいです。

=========================

グリモワールオブマリサ、昨日の朝届きました。
昨日は何だかんだでアニメイトやメロンブックス、ゲーマーズに
行ったけど、どこも特典なかったですw どうなってんだw
スペルカードって何ぞ・・

少しだけ読んだけど、まぁ可もなく不可もなくw
これこそZUNクオリティ。 それほど面白くもない地味な存在感。
買っても買わなくても、読んでも読まなくてもいい程度。
敢えて言うなら、付録曲を聴くために買うのはアリ。

弾幕のスクリーンショットは見易くて、まぁ欲しいと言えば欲しかった。
一応弾幕をスクショで一覧解説してるサイトもあるんですけどねw
紙媒体での資料。ちなみに全部じゃないっぽい。
魔理沙のコメントは、まぁ少しだけ考察のヒントになるかもね?って程度。

表紙カバーを外すと 少しはグリモワっぽくなるかな。 デスノ?いや・・w

===================
後はまぁ、何だかんだで深夜のガンダムとエヴァの再放送が面白い。
見始めたら最後まで目が離せない。アニメの歴史を変えた2作ってことかな。
このページのトップへ
概要>
Twitterの自選発言集 (20日分)
自戒のようなもの。

―――――――――――――――――――――――――
早いものでツイッター登録して20日程経ってます。
投稿426?平均で21ポスト。最近は控えてるというか
飽きてる&伝えるべき相手が居ない&忙しい。
僕はまぁ絵描きですから考えてることがあれば絵で語れって感じですね

ツイッター難しい。なかなか気持ち良く粘着できる人間なんて
居ませんよね。全ての趣味嗜好が合う人。そりゃ見つからねえわw
そして何より、私にとって重要なのは文章がそれなりに難しいこと。
そこそこ情報を持ってること。これがとにかく前提。
僕はセンスとか評価しない。私が好きな曲(クセ)は
ちゃんと実力に基いた、延長での能力。意志の成果。
まぁとにかくツイッターの検索機能は宜しくない。
グゥグル>>ピクシブ>ニコ動>>ツイッター

さて、それはともかく、ツイッターの投稿数が増えすぎないうちに
多少整理しておきました。このブログは自分用のメモバックアップ
でもあるので、(オンライン公開倉庫) こっちにも転載。

つまりは、自選の発言録ですね。下に行くほど古いので
本来なら下から読むべきでしょうけど。(話題の流れは下から)

もっと削れっていう^^; 丁度1万字ぐらいです。
――――――――――――――――――――――――――――

絵なんて描き始めた時点で内的完結してんだよ

高校の昼食は殆ど毎日期限切れのパンだったけど食えるだけでも幸せだと思ってた

そう言えば渡辺明夫と新房コンビだとこうやって記号的なロリ見せるのは得意だろうね つまりO的

人生消費時間 :モンハン>描画>アニメ>マンガ>記述>飼育>ポケモン>スマブラ>ホムラン>卓球  こんな感じか。マジで仕事になるようなこと何もやってねえ

世の中裏口なんていくらでもある。僕はむしろ正面から入ることに疑問を感じる人間ですがね・・

私は挨拶を返すのが苦手だ。こんにちはと言われてこんにちはと返すのは失礼な気がして、もっと別の気が利いた挨拶を返さないと、と悩んで、返事に困る。

私がネトゲで得た結論として私が一番聞いてて面白い話は愚痴に近い話だということが分かった。物事にYesじゃなくNo because

でも今にして分かったんだがあのカルタの明度コントラスト強すぎな塗りは間違いなくsimo氏だよなー。あれが良かったとは思ってないけど、確かに普通ではなかった。で、普通の塗りを見た時やっぱあれで良かったのかな、とか思えてくる。あの歪みが気掛かりであったと気付く

俺の思い描く東方キャラはあまりにも投影解釈が強すぎるのだろう

すごく外罰的なアレっていうのは、きっと誰でも一度は出会ったことがある人種だから、まぁ。そこは関わったら負け、ぐらいの感覚でも問題ない。実際ハイリスク ごくたまにリターン、って感じだし。   そんなことより今俺が気になってるのは今日60ぐらい投稿してるっていう廃人的事実

健康に金落とすのは永遠のジャスティス と、遺書に書いておこうかな俺は

わは、 面白いね「内罰的」って言葉。エヴァ16話かな? 俺もガチガチの内罰人間、どんなことも自分の責任だと思ってるけど 日本人が謝ってばかりなのは一般認識だよね。 で、何が面白いかって、対義語が「外罰的」。この言葉は面白いよ 言ったら悪いけどすごくアレのこと。言えないけど2番目の

綾波は・・綾波もAなんだ。そうか、これも庵野の一面なんだよね。だとしたらこれは人造人間としての無感情ではない。積極的な感情鈍麻と言うか、キャラ作りっていうか。そうなると本質的にハルヒの長門とは違うってことになるか。レイは人間で人間らしいこともできるんだ。なら破もあり得る世界だよね

孤独そのものに共感こそできるが孤独状態の解決にはならない。だからこそ引かれ合う?自分に。異性じゃないねこれは。俺の理論では男脳と女脳は先天で本質を規定しているから孤独が引かれ合うのは後天の共感であって性的なものではない・・と

俺 東方の2次、同人を拒絶しまくってるけど今思えばエヴァの同人も完全拒否してるんだよね。ちょっと問題が別だけど原作で完結し兼ねない勢いで言えばA的固有結界は同種であっても介入の余地がないっていうごく一般的な考え方が適用されるみたいで面白いね

エヴァ14話。すごい独白調だね・・結局これは全部庵野の多面性が生み出した独白でしかないんだよね。自分物語。ZUNは一応否定するんだけどエヴァ知らないならそういう考え方がないだけとも思える。物語と作者の投影関係の否定?そんなのは漫画家なら誰でも肯定的に捉えてるメタ構造でしょ。

緋想の天子が神社に手を出すのは矢張りタケミカヅチの国譲りを迫る場面に重なるのだが・・ コトシロヌシは国譲りを承諾し、タケミナカタは相撲で負け、大国主は最終的に国を譲る。 紫が最終的には折れて天子を許すことは決まってたのだろう。

右か左か戻るか という選択肢では困る。俺は右と左両方見てから戻るような人間。 算数か国語か芸術か・・いや、俺は算数も国語も芸術も甲乙つけがたいくらい好きなのだ。どれも違った良さがある。

俺もいつか水の都を舞台にしたファンタジー系RPGか、SRPGを作りたい。別に俺が関わらなくてもいいけど、誰か作ってくれ。最低3週は遊びたくなる綺麗な世界観を。

>キモイよ俺  :simo氏が全くきもくなかったら絵が上手いだけの普通の絵師じゃないか。それはきっと同情すべき残酷な可能性。 今日もsimo氏可愛いよ

ツイッターでニコ動の時間が半減してる。俺は自分優先しちゃうからなー 全ては自分との闘い

いう。もっと遊べば面白くなった?いやぁ、無印は最後まで遊んでも印象変わらない気がw MH2で結構遊びやすく、ボリュームも改善されたけどバランス調整の問題が山積み残った。それをオフゲとして改善したのがP2G

私が金落とすものって、 よくできたゲーム 、 貴重なインタビュー掲載雑誌 、何か新しい感心が起こりそうな漫画 、 文体がすごく気持ちいい小説、 綺麗で可愛くてエロい同人  この程度ですかね。あとは食べやすくて美味しくて少し身体に良いお菓子とか。偏った消費層だなぁ

私なんて1聞いたら100文句言うけど1円も払わないからね とんでもない毒虫です

確かに病弱ではあるが小学校から大学までほぼ皆勤に近いし 誰より酷い生活してても決して遅刻欠席しないってのが俺の売りでもあって、その体力を完全カバーするための精神力もある・・つもりなのだ  というか精神で負けたらもう俺には何のスキルもないw

今日私は昼食で喫茶店500円の飲み物を節約したのである。そうして今、とらあなでグリマリの送料600円を不当に請求されるわけだ。狂ってる

ZUN絵も ローゼン原作絵も みつみも、結局女脳絵なんだよなー。決定的なのは装飾性と平面描写、輪郭線の扱いかな。これらが不安定に混在している状態だけが女脳的。 この言葉もう廃止したんだっけ・・まぁ便利だからいいか

それに対する言い訳・・でもないけどそれが「同年代のごっこ遊び」だとか。STGパート以外は女子中高生のかしましさが東方の本質だろう。 それは多分ZUNのコミュ欲求の発散ではなく自己対話みたいな気がするけどね。 ZUNは果たして他人が好きかどうか・・

>久  霊夢って紅魔郷の頃から不老長寿にはなりたくない :ZUNには死の幻想があるからね、霊夢をそんな生きる屍になんかさせないと思うよ。 魔理沙が建前 霊夢が本音?そんなことはどうでもいいがエヴァと同じで主要キャラは全部ZUNの一面って感じは変わらないな

とりあえず私も仕事へ移行するにあたって、何のプラスにもならない小さな趣味は捨てて行くしかないだろう。オタクとか同人のツテは大事にした方がいいと全力で思うけど俺にはそれ以外の手荷物が多過ぎるのよなー ヒトよりモノの人生だよ でも実際にはヒトしか役に立たねー大人のやり方

別に私が作りたいもの作りたいってわけではないけど 売れないと半分分かり切ってるようなものを延々やってる中小には恐れ入る。でもこっちもそれを分かってて入れてもらうしか目下入口がないような ってこれはどこの業界も同じなんだが。単純に打開できなくとも構造欠陥には違いなくて 遅効性かも

こういう考え方は大手、特に任天堂とは全然違う。そりゃ任天堂が売れるはずだ、他の奴らゲームを根本的に捉え違えてるじゃねえかと。この業界は半分以上勘違いで膨らんでしまってるんだなと。まぁこれは胸にしまっておくよ 中年ぐらいまで。言っても理解できないだろうし逆ギレみたいな。そんなもん

中小の下請けでは模写も立派なスキルの内で、版権制作の場合にはこういう人が使われる。むしろ他人の褌で食い繋ぐのが中小の主軸でもあって、ゲームが会社形式で作られるのは大義名分というか建前が堅いっていうか ね。発想の如何ではなく見易い形にまとまって何やら動かせたらゲームですよ ってw

こんなことやってる場合じゃないからこの際色々切り捨てようかと思ったけどやっぱり今まで通り生きていこうかと今ふと冷静に思った。

自分の意図・計画と社会の流れが見事に決裂してる感じ・・自尊心にナイフを突き付けて 今すぐ昼飯買ってくるか 死ぬか選べと迫られる。僕はただ黙って近所のコンビニに行く。毎日違う道順で・・

今日説明会出かけたとして夜に帰り、そのまま朝まで印刷再開して、面談に行く。まるで何一つ希望がない。どれも中途半端に失敗しそうな予感、確信。でもやってしまうんだろうな。僕は贔屓も七光りもなくフリーの優柔不断職なので・・

肝心な日に寝過ごす癖があるのだろうか。絶望→呆れ→諦め→でも何も変わってないいつも通りの世界   人生は本質的に喜劇である

>ユーザーがブログに移ったり、価値のある情報はIRCやTwitterにあり、オーソドックスなwebには価値が無い
>その底辺を支えきれる程、バナー広告は有効ではなかったし、コンテンツの中のほんの一握りの頂点は、バナー広告の無いスペースへと移動してしまっている

>東方への信仰心が高まりすぎると某月とかを赦せなくなるのか   儚月ってどういう人なら好きになれるんでしょうね。キャラ萌えでもシューターでもなく、神主本人のファンでしょうか?月刊連載されるゲームじゃない東方を看過できる人たち。東方を見守ることができる暢気な人たちか
他のマンガ・小説と比べないんじゃなくて、比べた上で好きになれる、欠点を受容できる価値観を持ってる人 かなぁ

社会では中間管理職の融通次第で多くのことが改善されるんだけど、個人の作業でも同じで、何をどう 手を抜くかってことでどうにでもなる。 時間って作るものらしいから俺も妄信しておく

この時期からプランナーに転向なんて俺も暢気なもんですよ。暢気って、自覚じゃないね。相対では結構みんな暢気様

私にとって文章を書くことはタンスの下に転がった100円玉に執着してタンスを退けたら嫁の古い写真が出てくるとか、 庭の草引きをしていたらトカゲに遭うとか、そういう感じなのだ。後者の方が近いか。 尻尾を切って逃げられる?それもよかろう

気の利いた言葉でもかけてやれなひかと思ったら既に負けて居る。一度行き過ぎた良心は快きを欠いて居る。善きにして好く非ずさてもかけたるは詞か意か  いや、ネタ考えてる場合じゃないんだが

眠過ぎて風呂行くこともできない→そのまま無理して作業→ソファで寝るフラグ  玄関のアブラゼミに起こされた。しかし気温はまだ全然夏じゃない。暑さへの憬れが夏かしいエロスを促進すると云う

アナログ専門の絵描きですごい猫背の人がいて、それ見てから私は姿勢良く(色々な意味でw)生きていこうと思ってたけど いかんせん家の作業環境は糞みたいなソファだから姿勢云々言ってられるかっつー話で、近年何とも考えなくなってた。もうオタクとして前かがみで生きていけたらいいかなぁとか逆説


有頂天はまだ穢れのわずかにある天界で色界に近い天界(東方的には月に近いけど地球寄り)なので五衰があるし寿命もある。生死があるならこれは月人的には穢れてる。
幽々子は生死の輪廻から外れてるので月人が言う穢れからは外れてます。だから浄土。しかし桜の下に封印された肉体もあるし幽々子は食欲などが残っている有余涅槃。
これに関連して幽々子にも当てはまりそうな概念を最近見つけたんですけど有余涅槃と無余涅槃ってのがありまして有余涅槃では肉体を残して、動物的欲求が残ってる状態らしいんです。幽々子はこれじゃないかと思う。
>所謂月人的「穢れ」というのは『煩悩』に相当する   月人の穢れって生死のことだとか儚月で言ってませんでしたっけ。だから海にも魚とか居ない。多分月人が言う穢れは食べることなど生理的欲求は含まれてないと思います。実際モモとか食事してるだろうし


どんな目薬でもないよりはマシってわけか。うるさい。わかってる・・ (独りツンデレのテスト中)
1200円の目薬がイマイチだったことを俺はしつこく愚痴る。でも使うよ最後まで。そんなの解ってるでしょお互い。  あててんのよ!

ちょっとレトロなRPGをやりたい。でもFFとドラクエは嫌い。低レベな同人ゲームの方が好みに近い。 3Dで自由度高いアクションもやりたい。色々カスタマイズできて ステージやエリアをいつでも戻れるようなシステムがいい っていうかそれ以外やる気出ないの

東のエデン・・アニメスルーしてたけどこれは・・O臭が強いな・・嫌悪感と言うほどではないのはアニメが個人制作じゃないから。救われてるよね、 ほら・・7ドラとかw まぁそれでも俺は買わないけどね 。200歩ぐらい譲らないと買えないってばw

私が見るゲーム業界の未来は、もっと簡単にイメージをカタチにできる ツールというか開発環境というか・・そういうものが一般化すれば日本は、オタクは、 ほら、ねぇ?あれよ。すごいじゃないのよ

ポケモン以外DSで遊べるゲームのイメージができない。任天堂って恐ろしい。発想がすごいと云うより、どんな発想でも金・人材・時間をかけてカタチにできてしまうことがすごいの。そして恐い。 資本主義・・ああん、

むしろイラストってストーリー・テーマさえ考えることができれば 複雑な絵でない限りデッサン力とか必要なくキャラ絵ぐらい誰でも描けるはずなんですよね。  増してや、東方絵は原作絵の水準があの通りなので、特徴掴めば誰でも、ね。 結界どころかスーパーバリアフリーじゃないですか。ねぇ
もりのほん氏とは東方絵の趣味が合うかもしれない 一方的に。それは合うと云わないか・・とりあえず軽いストーリーくらい考えてイラストを描こうという姿勢がないと私はあまり評価しないんで・・

多忙な時期に判断狂ってどうでもいいことを済ませようとする習性が。 今から寝るとして起きたら急いで作品直しつつ印刷・・間に合うのかどうか  でも起きたらまずスマブラやることが国連で決議されているらしい

あー。俺ももっとシンプルなイラスト然とした絵が描けたら安易な東方絵量産してやるのになぁと ひがな一日思っておりますともよ

私が理想とするエロマンガは多分2年近く前のなかじまゆか

ゆったりした曲はイライラする。電車の乗り換えで歩いてる人を見るごとに普通の人は俺と流れてる時間が違うんだなと思う。スローモーション。俺が絵のテーマ何時間も考えてる間に10分で描いた落書きを評価されてる人もいるんだよ。視覚世界って残酷だよな

例え勘違いであれ語弊であれ西尾の冷静なやらしさを新房がそれとなく所々拾ってるところがアニメの間を持たせてる。これはパニポニでもやってたんだけどキャラを絞ってるだけに見せ方(話の構成や演出)がスマートに仕上がってる。だから化物語は新房的に成功だと感じる (予想外に簡潔だな^^;)
あざとさの化学反応っていう部分をもう少し掘り下げて言いたいんだけど。まず私がこの作品で好きなのは西尾のそそる感じ、冷静なやらしさ。まぁA的萌えとかツンデレとか何て言ってもいいけど、それを新房のO型的なスタイリッシュな映像センスが上手く支えてる。
いいや。西尾のあざとさと新房らのあざとさが上手く化学変化起こしたって感じで漠然と褒めておけば。

話題が転々して悪いけど つくづく最近の俺崩れてるよなー この2ヶ月でせっかちのベクトルが変わってしまってる。 パターンが強いのは嫌なんだけどなー でも相応のスキルは発揮できそうな気もするし人間的にはプラマイゼロだろうね

アニメって作品ごとに全然作風違うけど、どれも確実に進化していってて、そういう業界全体の成長を毎年感じるんだわ。それが嬉しくもありさみしくもあり。アニメは幸せだね

すごく夏を感じるんだけど多分私じゃなくて周りがおかしいんだと思う こんなこと言うの初めてだけどなぜだか。でもこれは大人の煩わしさの前兆 そうアリスが警鐘

このアイスのくどさ!最高!嘘だけど。 チョコの甘ったるさ!たまりませんねぇ世の中どうなっちゃってるんだろうか(俺の

昔の人は言いました・・「プランナーは犬でもできる」

どんな絵を描くかってのは大した問題じゃなくて(むしろ後でどうにかすることで)どんなゲームにするかってことが何倍も大事に思えるんだ。アホな絵師が考えたゲームも脚本家が独走してるゲームも結局糞にしかならねえ
当たり障りがなくそこそこ魅力がある BGMでゲームらしいSEで、そこそこ魅力のあるキャラとすごく好きなキャラ1人、それからテンプレじゃないその世界ならではのシナリオがあって20時間以上の本篇ボリュームなら やりたいRPGだと思える。いや、他ジャンルでも同じ条件かも

神主が講演で幻想郷に住みたいか訊かれた時に否定してたけど、すごくリアルに考えたら難しいことだと気付く筈。まず人里に行ってどうにか宿を探し、手伝いとか仕事見つけて。そうやって安全な寝床を確保していくしかない。妖怪と戯れるなんて霊夢や魔理沙だけだろう

居眠りsimo氏可愛い。起こしてあげたい?いや、見守るかな・・で慌てて起きたところをニヤニヤ観察する。ジャスティス・・

仮にですよ、わたしが暑中見舞いをそれとなくエロで流したとしてどうでしょう いやどうでしょうって云われてもね、・・・できるんですか? ――できませんけどね。  はははっ(橘流奥義)

年間でもやりたいことが特に多い7月に何もできてないことに焦らざるを得ないだろう。今月の記憶がない・・パターン化しないつもりでしてる部分がある エヴァの弊害かどうか判らないけど あれはちょっと間が悪かったとは思う
でも暑苦しい時期にエヴァをシリアスに見られるかと言えば6月って正解だよなあ 7月にやっていいことなんて一握りもある訳ないし

リンゴって符号は特定できない感じでいいかも。これこそ墓穴を掘るというのだよ明智クン どうせだからこれから全部まとめてリンゴって言うことにしようかしら 何だこいつ水を得た猿猴の如く

思い切って言うけど綾見ちは好きなら中山哲学も いや、忘れてくれ。これぐらい思い切って生きてれば俺の高校時代は違っただろうなぁとは思うけど  もちろん性的な意味で

言えって云われたから謂うけど、福満しげゆきのマンガはオススメします。生き別れの兄弟だと思うんでよろしゅうに (以上 定型文) 嘘だけど。

ないわー。 ケモノも好きではないんだけどリンゴに比べたら大好きと言ってもいいレベル。例えば嫌いな食べ物があって、それと蝋でできた食品見本、どっちで腹が膨れるかなんて言うまでもないでしょ? このコメントは怒られたら消します

義務感だけでは成長が遅いのは分かるが趣味だけでは歪み過ぎて戻らなくなってしまう。俺は人に言えないことの専門家になった

自分に理解を示してくれる人に会ったとして、その人が少しだけ自分の好みと違って、やんわりとNoと言う。でもこれは一般的にはミスだと思います。完璧に気が合う人ってのは一生かかっても会えるか微妙なので妥協すべきなのです。 まぁこれは一般的な努力で生きてる標準的な人間の話ですけどね

まぁこれは確実に言えることなんだけど、文句言う暇あったら建設的なこと、自分に出来る生産的な良いことをすべきです。なので文句言う人はそれが仕事か、余程暇ということ。文句から新しい発見もあるんだけど、誰かを不快にしてまでやるべきことではない。相手がどんな悪人であっても ね。

私の発言は常にクレームが来ることこそあれ、感謝される要素はゼロなのである。だから他人に声をかけられたらまず自分の行動にミスがあったか省みて言い訳を考える。大丈夫、私は独りだから 独りだから闘える ってデジャブなんだけどこれ

っていうか俺は和食以外無理かもしれない・・つくづく旅行を楽しめない人間だよな。イメージでしか幸せになれない先天性インドア脳

こっちの準備できてないけど ダメ元って奴ですよ。俺の人生にはダメ元が多過ぎるんだけどね やらないよりはマシってのが俺の最大のサービス精神でもあって、これはゲーム制作でも必要だと思うんだけどなぁ

仮眠の1時間を抜けば30時間起きてる。何でこんなに眠くないのか?目が痛いのを越えて熱があって頭も痛いけど。僕がこういう状態になる前兆として、前日悪夢でよく眠れないことで 起きたらそのまま丸2日ぐらい覚醒状態が続くというもの。この40時間の間は強烈な自我が保たれる

俺に推理が合わないひとつの理由として答え(犯人)が画一的であること、結末が画一であるってことかもしれない。思索できない、グレーじゃない、曖昧じゃない物語に移入できないのだろうか

今にして思うと何が面白くて読んでたのかサッパリ思い出せない。推理物っていうジャンルが俺にはミステリイだわ
うみねこアニメ2話?推理物臭さが強いなー これはちょっと好きになれない。推理物が明確に嫌いなのではなく食わず嫌いみたいな面倒臭いイメージ。趣味じゃないんだよこういうの

ツイッターぐらい言いたいことを謂わせて欲しいから言いたいことを云うけど、

方キャラを描く時、まずアレンジが前提だけど残念ながら民族性より服飾としての真っ当な綺麗さ可愛さを志向するのは何も酷いことではなかろう。建前は建前なのだ。バナナを食べる時は皮を剥くだろう。リンゴやミカンでも皮に栄養があると聞くが、それでも食べないことが多いわけで。

結局やってることはブログと同じか~ チャンスを活かせない男だな俺は。全部自分の力で通せると思ってるなら神主くらいのことはやらないと駄目だろう

問題は役割かな。役割で人を選んで役割でモノを作ろうとするからだ。役割こそ重苦しい石橋か。 技術じゃなくてゲーム作りたいと本当に感じてる賢い人を集めて何か作れたら理想か。

くれないからね   じゃあ何か、無能なのは企画と人事か?  堅実を越えたところにも別の道があるって分かるよね? 石橋を叩いて渡るのは石橋があるからで、いやこの例えは適当でないが

海外展望とそういうアソビは共存できないのかな?今の時代そういうのでやれないって社会(笑)が言ってるのかな? マザー3は最後のそういうゲームで、でもあれは消化不良みたいな・・(単純に糸井がもう歳だったということかもだけど

よく製作者や実況者が言う、昔のゲームにはアソビがあったっていうのはマリオRPGやゴエモン、マザー2が典型ですよね。下らないギャグ満載で楽しくプレイできる。エンディングなんて感動とネタが半々って感じ。ZUNはもうちょい古い理想を持ってるのかもだけど私はスーファミが全盛期だと思ってる

この世界のどこかにサツマイモだけで一生過ごす民族がいるらしい。平均寿命は80ぐらいだとか。ネイティブの中にはO型だけの部族とA型だけの部族が居るとも聞く。僕が最近気付いたのは そういうことなんだけどね。

それと、学校のオ勉強は程々にした方がいいね。もっと自分がやりたいこと、そのスキルを確実に習得しておいた方がいい。 多分、ゆとり教育は正しい。俺はゆとりのないまま夢の世界で豪邸建てて、目が覚めたらもう冬が来てた。この冬はきっと越せない

目的意識なしで絵を描いてきたことを多少後悔している。んなこたぁ5,6年前に聞かされてたんだがなぁー 半信半疑でした。 やっぱプロの云うことは聞くべきです。いや、 聞いて 実行しないと意味ないよ?俺みたいになるよ

それが伝わってるかはともかく神主はいつも何らか意図があってやってることだもんな。後になってそれに薄ら気付いたり、別のことを思い付いたり・・神主は遊びを限定しようとする部分もあるけど結果的には起った多様さは懐の大きさとして肯定的に見てる

今年は祇園祭中市内に行かないね。浴衣は・・地元の祭で拝めるだろう。見るのは浴衣を着た女か、女が着て居る浴衣か

ニコで東方と任天堂作品の相性が指摘されるけど 要するに世界観が出来上がってる作品はどれも互換性というかコラボ可能というか。受容できるだけの世界の拡がりがある 人の価値観がある その世界が生きているということ

子供の頃はジュンサーが好きだったけど今はジョーイの方が好き。ピンクで丸みがあるデザインはエロゲ的で安心設計だろう

ツイッターの残酷さには本当に恐れ入ったよ これは秒刻みで死人が出てもおかしくないレベル

シモシもカンヌシもこうして目前に居ながら声が出せないもどかしさ・・これが俺の生まれた世界だった。 今夜自棄酒して裏山で首吊っても哀しみはツケに回されてしまうよ

ソファで寝てしまったから自意識がはっきりしてる間に儚月6話を読んでおいた。今の俺が一番綺麗。今の俺が絶対綺麗。このまま音もなく生きていけたら。

って書きながら俺がいかに今まで何もせず生きてきたか実感してる。懐古主義・・そっか、俺何もしてなかったんだよな  落ち着こう、とりあえず俺は違う道で生きていく

そういうマイナスより構図や質感や描き込みの魅力が圧倒的に勝ってる。この人の絵は文字通り魅力に溢れかえってる。5年以上前の絵でも技術こそ今ほどないけど描こうとしてるものの魅力は今と変わってない。俺は昔の絵も今の絵も同じくらい好きだ

感動を越えて悶死の域

すてプリ見てます。これは恐ろしく堅実に作られたアニメだな・・4話まで見たけど全面的に好感が持てる。本当に死角がない良いアニメ。 90年代のファンタジー臭が残ってる感じも俺の世代には嬉しい

髪が赤いだけで惚れるエロゲ気質((

ニコニコ動画って名前はスキじゃないけど事実としてどんなに機嫌悪くてもここ見たら まぁいいかと思える。日本はすごい国


「俺のピュアはとどまる所を知らない」吹いた。とどまれww

Pixivのブクマ基準下げてしまうと無尽蔵に増える予感・・ 尻軽の眷属ですから いや、俺の尻は重いかもしれないけどね(事務員的な意味で

エロゲのものすごく出来上がってる至れり尽くせりな世界はプレイヤを全肯定してくれる。人間の綺麗な部分だけに触れられる。エロゲはメディア的に美しい。遅行性の神経毒も含まれてるんだけどね

「ダメ元」の加減を知らない男がここに居る

イラストって手が描けたらもうルナシューターみたいなものだと思ってる。パターンが必要っていう意味でもあるんだけどね

某イラストサイトの話だけど文がガチでパンチラする絵がひとつのジャンルとして確立してないか? カスタム少女で――――――――にしてる俺が云えたことではないというか、むしろ全肯定すべき現象なのだが・・腑に落ちないのは同人ゴロ的発想なのかなぁ

祭の雰囲気は好きだよ。DQNでも浴衣着てたら日本人だもんね オタもスーツ着たら・・社会人になれたらいいんだがね

少なからず千和とひろCコンビの好感が後押ししてるかもしれない。新房があの2人を気に入ってる理由は想像に易いような難いような。でも俺はあの2人が西尾を読んでるかと夢想すると 世の中に少しは感謝してもいいかなと思うのよ

いいや。俺も自然にツイッターに馴染んでいこう。自然こそ絶対の調整率だよね

ついったーで何が怖いって、投稿数が増えると見る側も書く側も把握できないんじゃないかってこと。 これって投稿まとめてバックアップできないのかな?できなかったら糞なんだが いやそれでも続けるだろうけどね だからキライなんだってば

使いにくく作られてるサービス業にはとことん非情になってしまう俺・・信念?プライド?共感?同情?だってキライだもん





このページのトップへ
昨日無駄に記事3つ更新したから今日抜けてしまった。
いや、私の日付は1日ずれてますけどねw
仮眠を挟みつつ24時間以上起きてる習慣がついてしまった。

とりあえず絶対的に言えるのは昼間暑くて寝られないので、
それを回避しつつネットの流れに合わせるなら、
夕方前に寝て夜起きるとか、午前中寝るとか。

午前中に目が覚めたなら、小さい頃のラジオ体操とか、
そういう記憶が朝のやや涼しい空気とセミの声から感じられる。
大人になった今だからこそそういう夏の習慣を肯定的に捉えられる。

青汁って、不味いけどその不味さを受け入れるものです。健康的にね。
カレーは辛さを楽しむものです。ビールもワインも苦いのが美味いわけで。
夏は暑さを受け入れるもの。冬は寒さを、秋は哀愁を、
春の風は心機一転・・でも変わらない世界の心地良さも。
風情、趣を受け入れる楽しみ。受動的な喜び。
これはアドベンチャーゲームや強制スクロールするSTGでも同じ
ニュアンスがあるんですけどね・・
(ZUNはSTGのそれが良いのだとも言ってますが)

それで今、 夏の話に戻りますけど、ウチの地域ではそろそろ
ヒグラシの声も聴けるみたいです。一昨日は夕方に寝たのですが
丁度寝室が山の手に向いているので否応なくヒグラシの声が聴こえる。
(春なら中庭のウグイスの声で目が覚めたりする)

良いものですね。 実際うるさくて暫く寝られないんですけどw
セミの声が聞けるならもうしばらくこの風情に浸ってやろうと思える。
受け入れるということ、それは妥協の心でもある。
優柔不断、あれも良い、これも良い、とフラフラ低回するかの如く。
猫が路地裏や塀伝いに散歩、散策する如く。心の散歩?散策?
何も部屋から物理的に出る必要はない。冒険はどこに居てもできる。
ゲームはそれを誰にでもできるようにした簡易促進ツール。

聴き慣れたあの村のBGMがふと想起されるように、
今までの人生で見て聞いて感じてきた様々な記憶が頭を巡る。

こんな時に、変な錯覚を起すのだ。いつだったか、こんな同じ状態で、同じ事を話しながら、やはり、テエブルのすみを見ていた、また、これからさきも、いまのことが、そっくりそのままに自分にやって来るのだ、と信じちゃう気持になるのだ。どんな遠くの田舎の野道を歩いていても、きっと、この道は、いつか来た道、と思う。歩きながら道傍(みちばた)の豆の葉を、さっと毟(むし)りとっても、やはり、この道のここのところで、この葉を毟りとったことがある、と思う。そうして、また、これからも、何度も何度も、この道を歩いて、ここのところで豆の葉を毟るのだ、と信じるのである。


太宰治の『女生徒』です。(良ければこの前後も読んで貰いたいところ)

私には『ひぐらしのなく頃に』の思い出も深い。
あれはもう4,5年前になるのでしょうか、(まぁあの切欠もsimo氏だったけど^^;)
ひぐらしが与えた夏のイメージは一生忘れ難いものです。
ヒグラシの声を聴く毎に、ひぐらしの惨劇を、そこに生きた者たちを想おう。

いや、そんなことが言いたかったわけじゃないんだがw

ヒグラシの声には夏だけでなく日本の山の暮らしの色々な趣が
詰まってると思います。そう思うのは私がそれらを体験したからですけどね。
生きていればいるほどこの概念的な情感も年々厚みを増していくでしょう。

ZUNには悪いけど私の中で東方はそこそこ都合良くリアルな
妄想世界になりつつあります。
夕方には暗がりの中で虫のさざめきや妖魔の声が聞こえ出す。
霊夢達も屋内に入って夕飯の支度・・かな?(ホント、ご都合世界

しかし何だろう、このタイトルは((

このページのトップへ
消化し切れないメモを無差別投下することで
消化したような錯覚を起こそうというもの。

特に意味のない短文を何となく読むのが好きならどうぞ、程度。
自分のこと半分、ネタ半分って感じ
―――――――――――――――――――――――

みんな大好き!不幸キャラ!!
四面楚歌、背水の陣、積極的不幸…どんと来い
誰のことか?考えちゃだめよ


・すごく頑張るけどどうにもならず
報われないまま死んでいくキャラ
補足:一瞬状況が好転するかとぬか喜びする場面も。

・終盤で瀕死の重傷を負っても尚主人公に執着する
ライバルキャラ
例文:忘れるな…お前を倒すのは俺だ!
   >水銀燈 >ジェリド 

・病弱な為、読書だけで育ったやけに色白な少女
:決して他人に頼ろうとせず、自分の知恵だけで
 物事を乗り切ろうとするが上手くいかず、
 主人公に助けられて他者を受け入れるようになる。

・噛ませ犬
:真のヒーロー かみついたら2割で怯み狙い((

・悪いことを企むがすぐにばれていつも失敗する
そして反省していない憎めない自称敵役
:ホワイトホール。

・ついカッとなって無駄に大きな買い物をするが
そういう自分も肯定的に考えている作者の投影キャラ

・興味がない振りをして身近な女性を何かと
いじろうとする仮性喪男

・やたら装飾的な服装を好むが自分の身体には
コンプレックスを感じている女性

・このままでは不味いと感じつつ積極的打開に至らず
落ちぶれていく自分に快感さえ抱いている
自称元勝ち組勢

・行事、イベントになるとテンションが高い人

・方向音痴だが常に先を歩こうとする人

・アホ恥ずかしい役回りの女の子

・空を見上げる厭世癖
・思い出し笑いの感傷癖
・夜になると口数が増える
・朝はとても冷静
・常に甘いものを食べている(生き方は堅実なつもり)
・恥ずかしいけどその恥ずかしさに身を任せようとする
 そして満更でもなくなる
・雨天、暑夏、雪、悪天候で心が弾む
・視力は良いがメガネをかけて年末の街を歩いてみたい、
 窓辺で読書アンニュイしてみたい、残業してみたい、
・海辺の町で防波堤に沿って幼馴染と歩きたい 


エビフライの衣を残す。

コロッケの衣だけ残す。

ビーフカレーで肉だけ残す。

ハンバーガーでパンだけ食べる。

まんじゅうで衣だけ食べる。

肉じゃがでコンニャクだけ食べる。

天丼で御飯だけ食べる。

クリームパンのクリームは残す。

ガンダムではジオン、

仮面ライダーでは怪人、

ウルトラマンなら怪獣、

アンパンマンならバイキン&ドキン、

~~~~~~~~~~~~~~~~~
このページのトップへ
今月号のテックジャイアン(TG)で
イノセントグレイ原画兼代表の杉菜氏の特集が組まれている。
事情は書かないのもアリかと思ったけど一応書くと
頻繁に私が言及する絵師、(現Type-Moonのグラフィッカ)
simo氏が以前に属していたのがイノセントグレイである。
杉菜氏とはそれより以前、九頭竜というブランド時代から。
そこから独立して二人+そのツテでイノセントグレイを作り、
ミステリ作品『カルタグラ』を作ってからsimo氏が抜けた。
細かい事情はサイトの過去ログとかスレとか
勝手にお願いします^^;(まぁ訊かれたら知る範囲で答える)

まぁエロゲ会社でのトラブルなんて日常茶飯事。

多分だけど、イノグレでの分担は原画(線画)=杉菜氏、
塗り=simo氏。(曰く、「塗り素材は全部やったはず」)
(原画を一部修正している可能性も)
>ライターって言っても、プロット部分は
>逃げた元ライターと杉菜氏が描いたもの
以上を頭に入れて今月号のTGを読んでみるわけです。

『カルタグラ』はグラフィッカーさん
が非常に頑張ってくれて、自分で言
うのもアレですが、かなり目を惹き
つけるグラフィックだったと思うん
ですよ。 ~中略~
   実際、ビジュアルを載せた
資料を持っていったら、色々なとこ
ろでいい反応を得られまして。それ
こそ、最初はTECH GIANさんにお
持ちしたわけですが(笑)。
――その節はありがとうございまし
た(笑)。でも確かに塗りの感じが今
までにない感じでしたし、なにより
本格推理ミステリー作品っていうも
の自体、美少女ゲームというジャン
ルの中では珍しかったですよね。



いやはや。最初読んだ時は盛大に吹いた。
流石だなー 流石です

いやぁ僕がコメントしていいことでもない気がするし
だから何だと言うこともないんですけどね
 僕が今後コンシューマに潜り込めたとしても、
人間関係の諍いからは逃れられないでしょう。
アニメ、ゲーム、共同でモノづくりってそういうもの。
まぁそれが面白くてやってるM成分も多少あるのかね
 エロゲ幻想・・まだ捨ててません (<つまり憂鬱なのは俺)
このページのトップへ
結果から言うが というか主旨なんだけど、
新谷良子はB型らしい。
最近何度かニコ動のアンリと比較して言及することがあったが
あれを全面的に修正するのはムズイ。多分放置。
なぜ気付いたかと言うと、雑誌のアマガミ特集で書いてあった。

そう言われてみると、新谷の声はB特有の響き。
(なぜ気付かなかった?でも違和感はあった。)
確かにそうすると新谷の人気の傾向にも納得できる。
(これは各人のイメージにお任せする)

きちゅねこさんの件でも声が三石に似てるのとノリの良さで
Aと間違えた。この件から純粋に喋り方だけで判断すると学んだが、
新谷もラジオの喋りノリで判断したつもりでそうではなかった。
先入観。
数年前にどこかのサイトで調べた際にAと書いてあったように
覚えていたけど、俺の見間違いかソースの間違いかだったみたい。
写真も遠巻きに全身を何度か見たことがある程度だったが
今回顔がアップの写真をいくつか見ると、これは確かにBらしい
顔をしている。 声も、顔も、間違いなくBだった。
これだから毎度話題の裏付け確認をとってから、記事にするのだが
今回はうろ覚えのまま書いてたのだ。声優の血液型勘違いは
度々ある。大抵は公式プロフィールかどこかで声優リストや名鑑を
見て何となく覚えたこと。もっと確認しないと駄目だなー。

もちろん喋りのイメージもあるから、間違えることは滅多にない
筈なのだが、それにしても新谷はすごい。
今こうしてBだと分かってからトークを聞いても、余りBだと
感じる喋り方がない。 きちゅねこさんでは言われてみれば確かに
Bだなと分かる感じだったけど、新谷にはそれが全くない。
強引過ぎる発言もなく、的外れな発言もなく、ここまで
馴染むBの人間には今までリアル・ネット問わず会ったことが
ないような気がする。 ふーむ?

極めつけはキャラ萌えトークだろう。分かり易く言えば、
2次元のキャラクタに対する熱狂的な没入、つまり夢中になるような
オタクっぽい精神傾向というのはA型とB型にそれぞれ多く見られる。
一般論で言えばO型は3次元への依存が強い。或いはその延長で。
AとBがそれぞれどういう属性の傾向があるかは勝手に考えて欲しいけど、
Bでは古典的というか王道というか、一定の属性を
ひたすら好きであり続けることも多い。例えば、スク水が好きなら
そういうイラストを何十枚も描き続けるような。
Aではややそういう固定的なジャンル、要素、属性は珍しい。
制服、フリル レース、そういうフォーマルな服装を好む
傾向こそあるがそれだけを続けるという例は知らない。
 妄想力、想像力という意味では、既存のものに
囚われないor既存のものを自分なりに解釈した発想→B
既存のものを延長したor自分の美意識、
好きな雰囲気を具現する発想→A
とか、そういう傾向は多少あるかもしれない。
何を元に愉しむ=萌えるかということが問題なのだ。
つまりそれは オタク感覚の違い ということ。
今回は新谷などAとBを間違えることが多い私の解説なので
AとBのオタクベクトルの違いについて。
そもそも血液型と脊椎動物進化の歴史で考えていたように
Aの次に派生したのがBであることから近縁種であるとも
考えられる。最初からそれを考慮しての議題。
最終的に派生した捕食層のO型と、初期から存在して
食物連鎖を形成していたA・Bでは擬態や護身の意味で
想像力が発達、とか短絡的には考えられる。

そういう意味で私はAとBが間違え易いよ、と言うのだが
実際にトークで積極的に自分のイメージを話すようなBは
知らない。だからアマガミラジオ聞いても新谷がBだと
気付けなかった。
あまり言いたいことをストレートに書けていないんだけど、
ここまでの話をまとめると、

 新谷みたいなノリが良い腐女子傾向のBは初めて

ということ。これまた一般的な話、男女問わずBには
ショタ萌え属性が多い。リアルでも姉が弟を好きだったり。
(Aなら兄が妹を好きになることがあるかもしれない)
そういう腐傾向はあるのだが、新谷の妄想はもう少し
幅広く感じる。 このぐらいの人なら、実際に会っても
血液型分からないかもしれない。(顔で分かるけどw)

まぁとにかくこの件は少し驚いた。
それと新谷さん・新谷ファンの人、すいませんでした。

私は加藤英美里、田中理恵、堀江由衣、河原木志穂など
B声優のラジオ好きだから、それで気付くべきか^^;
このページのトップへ
いつも最初に断ってることだけどこれは思索である。
俺が個人的に読み取った「行間部分」を語る。
=============================
時間無いけどちょっとだけ考えたことを。
(この下りは危険だ。「ちょっとだけ」と書いたら1万字書くフラグw
いつもそうなって後からこれを消す。)

概要としては、萃夢想の萃香と紫と幽々子の会話を読み直し、
ちょっと気になる部分を・・って感じ。本当にメモ程度の思索。
=============================

萃夢想  咲夜 魔理沙 アリスの建前会話?について。
これも何から書いていいか難しいところ。
魔理沙の性格についてはZUNの投影であるとか
霊夢との対比で 嘘つきなようで真っ直ぐみたいな役割が
あったり、ZUN曰く ナニナゼ君・・プレイヤー視点としての役割とか。
旧作の設定だと霊夢は努力なしで出来る子、魔理沙は努力で
どうにか追いつくタイプ、でも仲良し・・みたいな感じだったか。
西方か・・ 霊夢

 いつも何か変な事に巻き込まれてしまうが、その半分は陰で魔理沙が引き起こして
 いるらしい。霊夢は気づかないふりをしている。そんな魔理沙をしょうがない奴と
 考えている。


魔理沙

 しかし実は努力家でその力は隠れて修行した
 ものである。修行を全然しないくせに才能だけで強い霊夢に妬みを持つこともあり、
 いつもいじめたりする。その実、魔理沙は霊夢がいないとつまんなくて死んでしま
 う位、仲がよい。



あまり霊夢の内面を書かれることはない。そもそも内面がないかも。
萃香は何を考えているのかと訊く。本人は何も考えてないと答える。
幽々子は神社の茶と萃香を比べようと言う。それは・・ 。
あまりはっきりとは書けない。俺の思索だから、まぁ。
(恥ずかしいのかな^^;規定するのもされるのも怖い)

萃香 紫 幽々子 霊夢  その他 魔理沙・アリス・咲夜
このあたりの絡みが少しづつ繋がってるようで面白い。
それぞれの扱いというか解釈というか・・どのキャラがどのキャラを
どう思ってるか、っていう関係?が面白い。

そういう風に考えるとき、魔理沙と咲夜とアリスがかなり人間的な
思考ではないかと思った。具体的なことは萃香ルートのセリフ。
建前、と言ってるけど、萃香が言うところの人間ってのは
嘘を吐く、見栄を張るような部分かと。真っ直ぐ、素直じゃないよね。
逆に妖怪たちは嘘とか言ってない。多分。
八雲紫はいつも荒唐無稽、と言っていいのか分からないけど
無茶苦茶なことを言う・・けど嘘ではないし誇張でもないような。
(この感覚はすごく難しい。無意識に嘘や見栄を張る癖がある人が居るし、
紫の妖怪感覚って当然だけど多くの人に当然じゃない。と 濁しておく。)
とりあえず鬼以外の妖怪も嘘は吐かない気がする。

そして見栄、思ってもいないことを言う、する というのがポイントでもあって
これが人間の特徴に思える。逆に妖怪たちにはこれがない。
紫は思ってもいないことを言わない。萃夢EDで幽々子に萃香のことを
訊かれてはぐらかしているが、これは厳密には嘘じゃないと思う。
ひねくれているが、嘘は吐いてない。
他の全てのボスも、霊夢魔理沙に対していきなり好戦的に
対応してくるだけで、負けたらそれまでで後腐れがない。
唯一とも思えるのは萃香に対してレミリアが 次は倒す
と言っている場面だけだろうか?負け惜しみを言う妖怪は珍しい。

対して人間たち、しかし霊夢は人間と違った扱いに近いことが多い。
単純な強さのことではなく、属性、という部分だろうか。
空気のように幻想郷に馴染んだ存在。これは鬼や妖怪に近い。
まぁ巫女だから精霊や神や自然と人間の仲立ちでどちらにも馴染むのが
当然ですけどね。霊夢個人の性格にもそういう属性がある。
役職と生まれで最初からポテンシャルが高く、真っ直ぐな性格。
無駄に好戦的ではないが思いのままにぶつかっていくのは妖怪と同じ。
独りで居る時は多分 今日も賽銭なし?どうなってんのよもう!
とか、そんな調子で妖怪が来ても 昼間っから神社に何の用よ!とか・・

 他の人間に目を向けてみると・・
魔理沙はどうやら他人の前と家では様子が違うらしい。

萃香「あんたは宴会でもそうでなくても賑やかだったね。
      一人の時はそんなでも無いのに」


紫 「貴方みたいな愚か者は、一人で居ると楽することばかり
    考えてしまうって事よ」


これがZUNの投影であるかどうかはともかく、
人前で元気に振る舞うというキャラの模様。
そして努力は影でやる。(まぁこれはZUN自身も言ってたね)
 明確に意識して書き分けてるのか不明だけど、儚月抄などでは
一番の常識人的な、依姫に交渉するようなことをしている。
ナニナゼ君で読者視点の説明役という役割をそこそこ遂行していた。
これを意図的描写だとすれば、魔理沙は矢張り普段ふざけているだけで
実はすごくマトモな考え・性格の持ち主という可能性が残る。
霊夢やアリスの手前、調子良くボケているが家では研究や勉強をして
普通に落ち着いた暮らしをしているのかもしれない。
力を誇示する魔法使い、それが人間的で真っ直ぐな魔理沙の生き方。
関係ないことにも好奇心で首を突っ込む。(でもこれもキャラ作りで建前かも)
霊夢は・・仕事だから持ち前の能力で元凶を潰す。それだけ。
霊夢は仕事だけど建前と言うより生き甲斐、にも近い。そのために存在する。
人間としてはとても対照的。
萃香と幽々子の会話で言っているように、まさに霊夢は天然の香りだ。

しかし魔理沙は逆に一貫して見栄と建前で会話している。
これが恐らく純粋に人間的で萃香は本当に鬼として対峙することが
できたのではないか?
「あんたには負けんよ」 あの会話では萃香は魔理沙の性格に
すごく納得してるけど口には出さず、その理由故に絶対負けないと言う。
萃香が懐かしい人間らしさを感じた?
セリフを追ってみよう。萃香ルート VS魔理沙
(ちなみに章題は「ヒューマニズム」)

魔:本気でかかって来てくれないと、こっちも面白くない
>本気で戦えるわけがない。妖怪が本気出したら人間は死ぬ。これは見栄
萃:あんたは私に全く敵わない
>ごく普通に努力して力をつけた人間らしい人間だから。
>そもそも八卦炉がなければ魔理沙は・・w
魔:宴会を開いたのは私の意志だぜ。
>本当は自覚してた?操られてるって。
魔:みんなを集めたのもその方が盛り上がるからだ。
>嘘、建前、分かってるんでしょ?
魔:そこまで言うなら、お前も参加して良いぜ。
>見栄。何も言ってないよ?どうしたの、今日は無駄に口数が多いね?
魔:と言うか誰も拒むつもりは無い
>もう、必死。判ってるけど判らない振り。そうやって生きてるんだ?
萃:ほらその性格。私の見込んだとおりね
>お疲れ様でした。愛すべきオールドタイプ
魔:取り敢えず、この場は去る。
  幹事の私は、宴会に行かないと行けないからな
>嘘、見栄、建前だけで塗り固めた人生・・人間ってそういうものよね

今回発見と言えるのは魔族と暮らしてる咲夜と、
半魔族のアリスも人間的であるということ。
意識してみると魔理沙に近い扱いだと気付く。

萃:宴会ではいっつも調理と片付け役に徹してたわね。
   でも~ 誰もあんたに感謝はしていない
>役割遂行。自己犠牲。
咲:だから誰にも気が付かれないように片付けするの。
   誰にも気を使わせない。そう在るべきなのよ
>そう思い込むことで仕事を続けられる?
咲:困った奴に連れてこられたのよ
萃:嘘。そろそろ調理と片付け役に飽きたんでしょう?
>パーフェクトメイド(笑) これが普通に人間的な咲夜。
>無難に仕事をこなそうとするけど結構いい加減だったり強引だったり、
>仕事だからやってる、普通の使用人。

アリスも人間寄りだとは思ってたけど改めて見るとかなり人間的。

萃:人間に憧れているのかしら?
>人を捨てて憧れ?魔族は理想と違った?すぐ転職する若者・・
萃: それとも、自分より強い者には余り関わりたくないのかしら?
>プライド、臆病、 否定されるのも負けるのも怖いからぬるま湯で・・
>尚、求聞史紀の説明では
>「人形が命令に逆らう事も、操縦者を傷付けることもない」とか。
>アリスは人間としてもかなりナイーブなタイプだろう。
萃:でも、その人間が一番怖い事に気が付いていない
>恨み、妬み、人間社会の軋轢。魔理沙はアリスをどう思ってるだろうか?
ア:むしろ、あの人間達の方が妖怪みたいな行動をしているのよ。
>認めちゃった^^;魔族の誇りもない”成り損ない”の魔法使い
ア:だからからかうの。って、貴方は誰なの?此処は何処なのよ
萃:それを言うしか能が無い
>衝突を避けてるのかな。自分から喧嘩を売る度胸がない。
>永夜でもそうだけど独りで異変解決する勇気がない。
ア:貴方が目の前に居たんだから、仕様が無いでしょ?
>言い訳、強がり、建前、
萃:嘘。そろそろ本当の孤独に気が付いたんでしょう?
萃:あんたが居なくても宴会は始まると思うけどね
>この流れは、見ての通り咲夜・魔理沙とほぼ同じ。
>人間たちは見栄を張って理由をつけて生きようとするから
>孤独になる。 エヴァ的に言えばヤマアラシのジレンマとか、
>ATフィールドと言ってもいいかもしれない。
>人間勢でも半人前の妖夢には幽々子という保護者がいる。
>早苗も神奈子が導いてるっぽいし。(でも人間友達が欲しいとか・・星蓮)

貴方は誰なの?此処は何処なのよ と、 本当の孤独 は
不思議の国のアリスを意識してるようにも思えるけど。
取り敢えずアリスは妖々夢以降のシリーズでは、徹底して
孤独・見栄っ張りキャラですね。近所で人間度合も近い魔理沙と一緒に行動。
 ちょっと個人的な話を挟むなら・・
A型の人って、いくつかタイプはあるけど本質的には一緒で、
表面的には嫌いだと思っても実は別の面ですごく気が合ってたり、
嫌ってるつもりでも他の人より意識してたり、
或いは逆に仲良くなりたいけど声がかけづらかったり、
似てるからこそお互い干渉する余地がなかったり、そういう人って
周りに居ませんでしたか? 僕は、いつでもどこでも居ますねw
多分、アリスと霊夢はそういう感覚ではないか、と思います。
ある意味魔理沙より霊夢の方がアリスに似ている部分があるかもしれない。
しかし魔理沙ぐらいボケてくれた方が絶妙に間が持つ。
まぁ、その魔理沙もキャラ作ってるわけですが。
頼りないボケ主人公と しっかり者のツンデレヒロイン、って。
まぁどっちも弱い人間なのかもしれないけど、支え合ってるかも。
(そう思うと他の永夜コンビはどれもボケ揃いだな・・)

何だか思ったより長くなったけど 言いたかったのはこの程度か。

この記事を書いたのは百質が恥ずかしいから流したかっただけかもしれないが
魔理沙について思索してみるのは楽しみでもあった という処か。
そういう俺のイメージする魔理沙の内面を描いたようなマンガとか
考えてみたいなぁ・・いや、描く暇ないけど。
霊夢xアリスなら繰人形で十分だしな、 魔理沙が生活しながら悩みも
あるんですよ、みたいな生活の影を書いてみたい気がする。
シリアスな魔理沙もいいんじゃないかしら

っていうか、小説儚月みたいな東方キャラの心情に迫るような
単一視点が好きなんだよな。紫香花も好きだし。
そう言えば幽々子視点の小説ってないか・・


このページのトップへ
まぁこれは永夜抄時代の設問だから、やらないつもりだったけど
何となく気が向いたからやってみたっていう。
好きなセリフだけ確認するのにかなり時間かかって保留してた。
(風神までは全セリフ読み直した)
あと、ゲームのことは余り分からないので嫌だったけど一応って感じで。
そういう感じで適当に流して下さい。 っていうかすごい長さだから
流しても読むのメンドイ。実際回答に半日以上かかってる。

===========================
東方好きに百の質問(永夜抄時代ver)

前半追記修正:2009/8/6
追記修正:2009/07/23
回答日:2009/05/22
回答できない質問は飛ばしてます。


質問1:まずサイト名とお名前(HN)をどうぞ。
サイト:萌畢竟(もえひっきょう、モエキワ、) 
HN:亜奇数(あきすう)=Ax、Akiss、Aerium、A、
   or Furcas(フルカス)

質問2:サイト内で東方の占める割合はどれくらいですか?
65~80%ぐらいかな?

質問3:東方を始めたのはいつごろですか?
ゲームをプレイしたのは2008/05~ 月に数時間程度のプレイw
本格的に興味を持ったのは2008/01~ イオシス関係で。
同人誌は2005~ 買ってましたけど魔理沙霊夢が嫌いだった。

質問4:それ以前に弾幕STGをやってましたか?
全く。2DのSTGは、SFCのツインビー以来で10年以上やってない。
ちなみにブロック崩しは忍耐ないので無理

質問5:むしろシューターだったりしますか?
新しいもの好きなのでシューター自体軽蔑に近かった^^;

質問6:最初にやった東方は何ですか?
風神録の体験版。当時の最新作でした。2面の道中曲、
「厄神様の通り道」で東方の魅力を把握したw
当時東方は売り切れてたから発売間もない緋想天だけ購入。
だから初めてプレイした製品版東方は緋想天。
 その後体験版全部やって、3ヶ月後に再販された製品版を
全部購入。現在もチマチマ進めてます。

質問7:東方を知ったきっかけは?
最初のキッカケは同人誌かな。妖々夢~永夜抄あたりで
知名度上がったかと。
あとはニコ動のイオシスPVとかオーエンMADでしょう。

質問8:それを買った方法(場所)は?
とらあな通販。同人イベントには行ったことがない。

質問9:大体どれくらいの腕前ですか?
まだSTGの東方はプレイ時間合計で20~30時間かもw
イージークリアできるかどうかっていうレベルです。
EXボスで見たことあるのは妹紅だけw

質問10:パッド、スティック、キーボードのどれを使ってますか?
また、そのキー配置はどうなっていますか?
PS2コントローラです。モンハン用の。
ボタンは、○=ショット △=ポーズ
□=ボム ×=低速 です。ボムのボタンが離れてるから
食らいボム少しやり辛いかも?

質問12:好きなキャラは誰ですか?(複数可、作品問わず)
プレイ前に好きだったのは八雲紫・パチェ。インテリキャラが好き。
東方をプレイして最初好きになったのは
鍵山雛(デザイン)と幽々子(緋想の性能が好みだった)
と天子(綺麗な配色とプライドの高さ)。
考察始めて好きになったのは萃香・幽々子。暗喩が上手いから。
絵を描いてて好きなのは射命丸・輝夜・八雲紫。イメージ湧きやすい。
 総合的に好きなのは幽々子と紫ですね。デザインも性格も好き。
二次創作ではゆかれいむが一番。ゆかゆゆはまだ発展途上。

質問13:好きな曲は何ですか?
(複数可、作品問わず。ZUN氏の曲なら東方以外でも)
哀メロの極み。譲れない曲だけを挙げます。

紅魔郷:赤より紅い夢 明治十七年の
妖々夢:東方妖々夢 幽雅に咲かせ さくらさくら
萃夢想:夜が降りてくる
永夜抄:狂気の瞳 ヴォヤ1969 千年幻想郷 月まで届け
風神録:厄神様の 明日ハレの日
緋想天:有頂天変
地霊殿:緑眼のジェラ 旧地獄街道を
その他:妖精燦々として

以上が甲乙付け難い候補ですが特に好きなのは
明治十七年 千年幻想 妖精燦々

質問14:好きな台詞は何ですか?(複数可。分かる限り記入)
おおまかには、永夜のセリフ全般・萃夢の萃香ルートが好き。
ZUNの全盛期だと思ってる。最近は見立て重視してるのかな?

・レミリア 「咲夜、その感嘆符と内容が合っていないわ」
 咲夜 「途中で話題を変えたのですよ。お嬢様」
・魔理沙「私が言ってるのは『迷惑な妖怪』を退治だ。
     お前の場合は、迷惑な『妖怪退治』だろ?」
・萃香の嘘看破全部。東方キャラの本質が記述された珍しい場面。

質問15:好きなスペルカードは何ですか?(複数可)
すまん、全く分からないw
ゲーム中はスペカの名前を読もうとして死ぬことがよくある。
だからよそ見しないようにしてて、覚えられない。

質問16:嫌い(苦手)なスペルカードは何ですか?(複数可)
名前分からないと言えないな^^;
妖々夢:虹川(前半)妖夢(後半)
永夜抄:永琳とか
地霊:勇儀 お空(後半)

質問17:全く歯が立たず決め打ちしてるスペルカードは何ですか?(複数可)
イージーシューターだけど、気合い系は無理だよ

質問18:喰らいボム(ラストスペルは除く)を狙って出せますか?
反射神経鈍いから食らいボムになってしまう、のかも
妖々夢では。

質問20:上海アリス幻樂団はブックマーク(お気に入り登録)してますか?
してない。更新して下さい^^;
あと、私は巡回サイト以外はタブで開きっ放しですw10窓ぐらい。

質問21:巡回している東方系サイトはありますか?
ないわw 元ネタwiki Pixiv ニコ動は必然的に毎日見てる。
同人誌もそこそこチェック。

質問22:会話、スペルカード、曲名などの元ネタが気になって調べたことはありますか?
去年の6月から、生活の大部分が考察です。
起きてる時間はゲームのことか東方元ネタのことしか考えてないw

質問23:東方の旧作品(PC98)を知ってますか?
     やったことがあるならば、感想などをお願いします。
表示とか見辛くて、起動しただけで放置w
レトロゲー自体最近では嫌いじゃないので、また暇があればやる。

質問26:携帯の着メロに東方の曲が入ってますか?
携帯嫌いだから、最近はデフォ設定のままで使ってる^^;
てか、着信音は常にオフですwバイブだけで判断。

質問27:東方の同人(本、アレンジCDなど)を持っていますか?
同人誌は気に入ったものだけ厳選して購入。200冊未満だと思う。
アレンジは正直ニコ動で聴くことが多く、CDは20~30枚程度。

質問28:実はそういう物を作ってたりしますか?
本出したいんだけどなあ^^; お金取るって発想がない。
あとは入稿手順とか面倒で; 本当にやりたいと思ってるんだけど…

質問29:日常で東方の台詞が出てきたりすることがありますか?
ん~、考察やってる時はそのセリフを使いたくなることがある。
でも暫くしたら忘れるから、まぁエロゲのマイブームみたいなものでw
 よく言ってしまうのは「桜は咲き過ぎるから散る」(自虐w)
元ネタは魔理沙 妖ED最後の「花は、咲き過ぎるから散る」

質問30:紅魔郷のレーベル面の絵がチルノって知ってましたか?
忘れてたw しかし1ボス2ボスあたりがラベルに採用されるのは
知ってますよ。ちなみに、星蓮船の雑誌付録では早苗がラベルです。
多分あれは、デザイナの判断で決まったのではないかと推測する。
或いは分かり易くするためのZUN的配慮かもしれません。

質問31:プレイ前にマニュアルやReadmeを熟読しますか?
     また、おまけテキストなどはどれくらいのタイミングで読みますか?
東方のマニュアルはほぼ読んでませんw特有システム知らないw
おまけの設定は最初に読みます。それがメインの目的だったり。
神主には悪いけど、それを先に読まないとゲーム中にイメージが
湧きにくいっていうのもあるけど。
ちなみに私はゲームの取説は意図的に熟読or全く読まない。

質問32:プレイ中はどれくらい処理落ちしますか?
常に57~60ぐらい? 正常だと思います

質問33:音楽はWavとMidiのどちらを使ってますか?
ゲーム中はMidi優先かも。でも紅魔以外は後半Wavの方が良いと思う。

質問34:初期残機数を1でやったことはありますか?
    あればそのときの感想をお願いします。
ないwワンコインか。俺はミス受容できないゲームは嫌い。
デジタルの意味がない。

質問35:パッドの方向キーが入りっぱなしになる、急にキーを認識しなくなる、
     突然ウイルスチェック、熱暴走などなど…
     このような自然現象(?)に落とされたことはありますか?
パソコンでゲーム中のトラブルは、幸い1度もないですね。
っていうか、そうならないように配慮してるんですけどw

質問36:Practiceはどれくらい使ってますか?
むしろプラクティスしかやってないぐらい^^;
こういうのは悪いけど神主に共感できないわ。

質問37:安全地帯を知ってますか?また、使ってますか?
攻略動画は少しだけ見てるけど、覚えられないw
ゲーム後半とか重要な部分はあまり攻略知りたくない。
根本的に非パターン思考の俺にはSTG向いてないだろうな
(常にパターン化しないように心がけてる人間です)

質問38:リプレイを見て、『自分にはとても出来ない』
    と感じたことはありますか?
逆。上手い人のリプは弾が遅く見えるから、自分でもできるかと思うw
ルナをノーボムクリアの動画には恐れ入りました^^;
「シューターは人間じゃない」らしいからねぇ…
金閣寺低速なしクリアも常人じゃ無理だわ

質問39:大体どの辺で1機落ちたらやり直しますか?
2面まで…かな。個人的にはイージー・ノーマルなら
3面までに死んだらダメ。4面=1~2死+ボム 5面2~3死+ボム
6面=スペカ3つ目以後ボムゲー。

質問52:初Extra時、又は初フランドール戦の感想は?
永夜抄ですけど、妹紅までにボムかなり使ったw
こりゃしばらくクリアできないだろうなぁと思った。

質問53:夜しか活動しない、取って食べれる人ですか?
夜しか活動しないけど、肉は殆どついてないです。
男の肉は元々硬いらしいけどね。

質問54:「聖者は十字架に磔られました」って言ってるように見える?
絵を描き始めた人にはよくあることだけど、
自分の絵のデッサンの狂いに突っ込む人がいます。
ZUNも大人になって絵を描いてるので自己批判があるのでしょう、とか

インパクトのある絵にする時 ZUNは手を広げたりするみたいですw

質問55:もしかして私って方向音痴?
女性は地図が苦手だと言いますよね。空間認識力が低いらしい。
志向性の問題でもあるんだけど、A型は女脳的で方向音痴に
なりやすいだろうと思います。
俺もかなりの方向音痴で、面白い体験が色々ありますw
気まぐれな霊夢には共感できないでもない。

質問56:あんた一人で「陣」なのか?
あの件では、プレイヤーがむしろ湖を背負っていて、
中国ではなく自分が「背水」の陣ではないか?という
考察があります。意図的なネタかどうかは分かりませんけどね。

質問57:あんた、どういう教育を受けたのよ
放任主義の家で、欲しいものは買ってもらえるという、
かなり恵まれた家庭だったと思います。
しかし経験でのみ教養は身に付くので、
子供はある程度甘やかす方がいいと私は思ってます。
 霊夢は誰に育てられたのか気になるところですね…

質問58:恋愛係は中等部なのか?
何故魔理沙は恋の魔法使いなのでしょうか?
考察もしたことないし、旧作のことも分からないです。
妖々夢の体験版プラスでは立ち絵が可愛いんですよね?
 僕は、小五まで女子に全然興味なかったけど、
小六ぐらいで急にライクがラブ(恋愛感情)に変わった気がする。

質問59:あなたは今まで食べてきたパンの枚数を覚えているの?
ジョジョは嫌いですが、良いネタは豊富らしいね。
食パンに限定すれば、フェルミ推定できるかもしれないねw
年に数枚程度だし。 これは記憶ではないけどw

質問60:看護婦の方が良かったか?
紅魔郷好きじゃないからネタ分からんわ^^;
咲夜のセリフかな? ZUNの趣味にはすごく興味あるんだけどw
看護婦は永琳で十分だろう

質問61:一人になったら首を吊るんだろ?
これは魔理沙とフラン?レミリア?紅魔は分からんw
僕は自殺願望旺盛な人間だけど、やるとすれば
飛び降り 、ですかね。痛み持続は嫌だ。
リストカット願望はあるけど、痛いから嫌。
「今日は飛べなかった」…俯瞰風景は幻想ですね。

質問62:妖々夢や永夜抄は体験版が出た頃から製品版の発売を待っていましたか?
     それとも知ったときには委託や再販で製品版が出ていましたか?
委託されてたし、売り切れだった。
イベント参加しない俺は流行に乗るのが少し遅いです。

質問64:敵がいない時に森羅結界が発動したときの心境はどんな感じですか?
頼りたくないと思うから、まぁいいんじゃないかな

質問65:妖々夢1面の中ボスがチルノということにいつ気づきましたか?
そうだっけ(笑)

質問66:2面でアイテム回収に行ったらいきなり敵が出て落とされた経験はありますか?
どの作品でもよくある。

質問67:4面は道中が長いですが、プレイ中にそれを感じましたか?
妖々夢って4面が難しいっていうイメージが強い…

質問70:妖夢のスローがかかるスペルカード、初めて受けた時の感想をお願いします。
うざい。 あれは時間的スローではなく、体感的なスロー演出
なのだとか聞いた。マンガやアニメ的な演出で、居合切りみたいな。
神主、違ってたらごめん。るろ剣とか好きなのかな?

質問72:幽々子の背後の扇に命中判定があることにいつ気づきましたか?
妖々夢プレイする前に、この100質問を見たことがありました。
なので、プレイ前に知ったw

質問73:幽々子戦、最終弾幕発動時(初見)に思ったことは?
私が初めてやった6面だったので、レミリアの演出は知りません。
だからあの演出は泣きそうになった。
ボーダーオブライフはあの演出で聴かないと、単体では冴えない曲ですね。
ビジュアル的にも弾幕が桜の花びらが舞い散るようで、
これこそZUNが言うシステムと世界観の一体化なのだなと納得しました。
東方はストーリーモードで5面以降の演出(繋ぎ)が毎度神がかってる。

貴方ごとき、私で十分です―――→
1度やられたラスボスの側近がまた追いかけて来る――→
ここまで来ちゃったのね。仕方無い、相手しましょうか――→
少し遊びが過ぎたようね。―――→
実はもっとヤバイのが居ました(EX)

質問76:Phantasmが出てきた時(或いは存在を知ったとき)の心境を一言どうぞ。
私は東方始めるのが遅すぎた。紫のことを知らずに
ファンタズムが出現したら、感動でしょうね。
ポケモンで新しい進化形を知ったらワクワクします。
モンハンで初めて戦うボスはドキドキします。
スマブラで隠しキャラ出たら嬉しさと緊張でよく分からなくなります
 でも東方は自力でクリアする限界があるので、まぁ仕方無い。

質問79:猫は炬燵で丸くなるのは迷信なんですか?
飼ったことないから分からない。
母が言うには、夜に布団の中に入ってくるらしいです。
橙はZUN的に萌えキャラなんでしょうか?人外が好きなのは
確実としても、どの程度可愛さ意識があるのか不明です。
(ネコは本気で好きみたいですけど)

質問80:他人の心配するくらいなら、自分の心配したら?
誰のセリフだっけ^^;リグルとか序盤のイメージが

質問82:永夜抄の愛用キャラ(組)、あまり使わないキャラ(組)はどれですか?
     また、それらは他の作品の自機と比べてどうですか?
紅魔組簡単だと思うけど好きじゃない。
結界組は会話好きだけど性能好きじゃない。
詠唱組はデザイン好きじゃないけど性能は好き。
会話好きじゃないけど面白い。
どんだけ天邪鬼なんだ俺はw全部反対ですねw

質問83:スペルカードプラクティスはどれくらい活用していますか?
5面6面は積極的にやります。4面以前はやらない。
正直やりこみとか安置研究するほどやる気ないw

質問85:道中やボス戦で使い魔を倒しますか?それとも妖怪で本体狙いですか?
倒せること自体気付いてない。言われてみると倒すようになる。

質問86:初めて4面ボスと対面した時の感想(?)などありましたらどうぞ。
急に弾幕激しくなるよね。シナリオは本筋入りそうで入ってないw

質問87:今回の最終面に関してどう思いますか?
永夜のことですかね? 今では星蓮船か。まだ公開されてないねw
永夜の分岐は面白かったと思います。イージーだと輝夜弱くて
理不尽だと思った。真ラスボスってどういうこと?

質問90:夜に飛ぶ鳥を恐れたことは無いのかしら?
夜に鳥って見たことないわ。フクロウは何度か見たかも?

質問91:魔法は真夜中に思いっきり使うものなのですか?
夜しかないでしょう

質問92:あなたは、後ろに目がないのかしら?
ノコノコは目が縦180度に動くんですよ。
アムロの「後ろにも目をつけろ!」は好きなセリフです。
アッシマーがああああああ

質問93:で、妖夢の大きな半幽霊は何の為についているのでしょう?
ひとりえっちで使うんです。間違いないです。
そういう同人誌やイラストを見てから私も何とかして
あの半霊をエロく使おうと考えたけど、結構難しいw
シリアスでは、あの半霊が白楼剣に融合して伸びて、
スピードも飛躍的に上がって戦うという漫画ネタを考えました。

質問94:人生に疲れます
誰かのセリフ?東方関係なし?
人間は気力で生きてるようなものだから、それはもう死ぬ。
能動的に、「ああ、疲れた・・明日も頑張ろう」と思えるように
なれたら、毎日が楽しいです。
トルストイの『アンナカレーニナ』をオススメします。
ローゼンメイデン(漫画版)とか、空の境界も勧める。
死を越える思考、それ以上の恒久的価値を志向できるように
なりたいものです。

質問95:それはさておき、ZUN氏の音樂CD(蓬莱人形、蓮台野夜行)は買いましたか?
ゲームとは違う魅力もあるけど、ゲームほど印象深くない。
映像の力って大きくて、弾幕演出がいかに大事か。
特に6面の弾幕や音楽は印象に残り易いでしょう?
 音楽CDはゲーム曲の微アレンジが少し楽しみでもある。
あとは蓮子とメリーの話に興味がある。

質問96:あと、ColorfulPureGirlで連載中の『東方香霖堂』は読んでますか?
ピュアガールは昔買ってたこともあるけど、情報量で
テックジャイアンに乗り換えて、それきりw
(他にもプッシュとかバグバグとか買ってたこともある)
香霖堂は電撃萌王分だけ所持してる。

質問97:東方に出会って何か変わりましたか?
・神社に興味が持てた・和食が好きになった
言葉にすればたったこの二言ですが大変な心境の変化です。
例えば、ライオンがいきなり草食になったら大変でしょう?
それぐらい大きな心境の変化です。
それに家は寺なので、神社に興味を持つ日が来るのは驚き。
いや、ウチにも稲荷社があるんですけどねw庭に。
掛け言葉が好きだったのは前から。でもZUN的な
風習や物の原理を例えに使う手法は学びました。

東方はZUNの創作世界です。他人の作った世界。
それでも私はここに居てもいいと思ってる。
元々世界は自分で創るものではなく与えられるものだから
乗る方が自然でさえある。この時代には気の利いた
お膳立てがあったんですよ。
ZUNの思想は少なくとも歴史的・人間的に的を突いた
何かであったように思われます。
我々はそれに気付けたことで幸せなんです、とても。

質問98:東方を完全にやめる事があるとすれば、どんなときだと思いますか?
ひぐらし好きだった時は絶対やめる気なかったけど、
東方の方が上だった^^; まぁあれは完結したし仕方ない。
東方は個人的に和風アカデミック萌えの最高峰だし、
今後これ以上の作品が出るとは思えないので、個人的にも、
社会的にも、歴史に残るであろうと思われる。
忘れることはできない。それでもやめるとすれば、
他に時間割けないくらい面白いコンシューマー作品が
出る時かな?多分数年以上未来。.hackみたいな
全身体感型のネトゲとか?
しかしZUNが余程ネタ枯渇しない限り、面白いだろうと思う。
もしそんな日が来れば、有志とかで開発技術もっと底上げすればいい。
ZUNが嫌がるなら、勝手に二次で既作をリメイクとか。
とにかくZUNのやる気次第かなぁと思う。
一生続けるつもりはないらしいけどね

質問99:東方シリーズ製作者のZUN氏について何かあればどうぞ。
待て、その質問は危険だろうw何万字でも書くぞw
自重で箇条書き。
・ビールは嫌いだからノーコメントかな。
俺はワイン>日本酒≧カクテルです。それ以外飲めない。
・ゲームについては、私はSTG苦手だからそういう
システム的な好みとその要因について話してみたい。
・他の漫画や小説の好みについて聞いてみたい。
・やはり元ネタや神話の解釈、考察について話してみたい。
・一緒にゲーム作りたい(夢のような夢でないような冗談っぽい)
・曲作ってるところを見てみたいとは思う。
・日本文化に興味が持てた。ありがとう。

質問100:お疲れさまでした。最後に何か一言どうぞ。
自由度高過ぎるのは嫌だな。
月並だけど、ここまで俺の東方観に興味持つ人が
いるのだろうか?っていう疑問は尽きないね。
もし良かったら、最後まで読んだ人はWEB拍手してくれないか?
参考にするから。
100質問そのものはいくらでも改善の余地があると思う。
シューター向けとキャラ萌え族では別だし。
ニコ動や同人誌やアレンジ曲について質問してもいいかもね。
そういうアンケート企画は最近Pixivでもあるけど。


 設問Made by 壬 辰巳 (http://miznoe-t.hp.infoseek.co.jp/index.html)
このページのトップへ
7月~秋 就活本格的に忙しいのと、小さい話題は全部ツイッターで
消化されてしまうので、ブログのネタが圧迫されてしまいますわな。

とりあえず何かまとまった長い話題、 語るべき本やゲームやアニメが
無いことには、ブログの更新ができないw

まとまった=2000字以上?

まぁ、多分毎日ツイッターで投稿してるのは2000字ぐらいです。
こっちに転載したいような話題もあるんだけど、ちょっと修正とかメドイ。

一応こっちで書きたい中ぐらいの話題は毎日あるんだけど
これは正直書いてるヒマない。頭では長々と考えてるけど、
どうしても考える手間と書く手間で倍かかってしまうのが悩みで、
最近はその時間が取れないわけです。

俺が中年になる頃には音声で自動テキスト化するツールとか
一般化してくれないだろうか。

まぁそれはそうとして、なるべく絵を描くようにしないとな^^;
モンハンはもちろんやるけどバリバリ廃人級のやり込みは無理だと思う。

就活の企業の印象を細かく書きたいんだけど、あまり名前出せない気もするw



このページのトップへ
東方と言うより表現とそれによって与える感情 印象とかそういう話?
特殊体験を分析的に考えてみようという流れです。
しかしそうすると東方などに見られる「符号」、
パロディ、ネタ、って何だろう?という話に発展します。
私も最近愈々分かりにくい文章を書くので 少しはマトモに
その話をしておこうという意図があるのかもしれません。
あまりにも長く、流石に時間がないので最後は話が飛んでます
追記:ZUN絵師の参考を3つほど用意しました。
――――――――――――――――――――――――――――――

まずはこの人、ニコ動で上級者向き手書き東方やってる人。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7665444

新作か・・サムネよりタイトルの異様さですぐにわかりますね。
何かの創作掛け言葉なのか、毎度日本語的に妙なタイトル。
マイリスは1000~2000で内容的にシュール過ぎて
コメントできない人も多いでしょう。「よく分からないけどすごい・・」そういう感じ。

僕は・・いや僕も分からないですねw毎回何が何だか。
作者の意図が全く分からないので ほえー と動き見ている間に終わります。
そしてわからないからすごく怖いです。同じ人間が作ってると思えなくて。
敢えて東方的に言えば曲の「東方妖々夢 ~Ancient Temple」とか、
あれは笙のような音色であの世みたいな不気味に清浄な雰囲気を
醸してるわけですけど、このうp主の使う洋楽(フランス?)の
曲調がそれに近いので そういう印象を受けるのかもしれません。
JPOPでは考えられないことですね。聴きやすさじゃなくて精神性とか。
私は、洋楽は音楽として本能的に作られ過ぎてるので好きではないです。
完成度は高くとも(いや、その高さが問題なんですけどね)決してベストではない。
感覚を追求し過ぎてるんですよね。
例えばネイティブが太鼓のような楽器を夢中で叩いて踊ってる感じ?
それを一緒になって手を打ち、踊れる人なら洋楽は邦楽より遥かに良いでしょう。
 しかし私はそれに嫌悪というか敵意というか恐怖を抱き、
その場から逃げ出してしまうと思います。

ちょっと遠回しな例えで云えば、『ゼルダの伝説ムジュラの仮面』で
最初のボス、オドルワというキャラが居ますけど、
巨人で剣と盾を持って踊りながら戦うわけです。ムジュラそのものに
そういうダンスとか奇妙な世界観が表されており、ラスボスの
ムジュラの化身も激しく踊りながら戦います。
これは嫌悪、不気味さとしての踊りの性質をゲームで扱ってるわけです。
楽しそう、というプラスの裏返しとしての不気味さでもあります。
このムジュラを例に挙げたのは、ダンスが闘争心として重なってる
部分があるからです。オドルワは踊りの延長として攻撃してきます。
ムジュラは悪ふざけとして踊りながら攻撃してきます。
主体的に動きながら攻めるということは完全な攻撃行動、害意ですよね。
防衛では絶対にないし、食事の狩りなど必要としての攻撃でもない。
むしろ嗜虐行為です。主体的であって楽しんでいる。
僕はこれと同じことをネイティブのダンスに感じてしまう。
日本でも祭で踊ることはあるでしょうけど、
宗教的な演舞は楽しむ為の行為ではないし、自然や神の崇拝は
人間主体ですらない。踊ることを楽しむ文化は日本でそれほど
大部分を占めていたとは僕には思えないんですよ。
部族 民族 国をあげてそういうことに興じるということが
僕には嫌悪ですらあるわけです。日本ではそれほど全面的にも
行われてこなかった非自然的=人為的(文字通り人のための行為)
な文化ですから。 先日アニミズムの件でも書いた、外国の祭では
神霊ではなく人間同士で楽しむ色が強いということを指摘しましたが
今回はずばりその話題なのです。

音楽ではキレのあるダンスでPVを作ったりして疾走感とか
曲との一体感を促進するためのこと、そして歌手側の感覚を
全身で表現しようというような行為でもあるんですけど
これらは不気味とかマイナスのイメージはないですよね。
もちろんそうならないようにカッコイイ動きを考えてる。
これが美術分野のインスタレーション(実演系のアート活動、演出)
であれば決して音楽のように爽快感だけを求めていません。
変なダンスで不思議な感覚にさせることを目的にしている場合もある。
バレエでも、身体の動きを美的に見せるための様々な試みが
見られるでしょう。しかしこれらはあまり今日でも一般的な表現ではなく
(まぁそれ故に美的なのかもしれないが)
何の興味もない人なら気持ち悪く感じるかもしれません。

さて動画に戻りますが ここまでの話は
・音楽が洋楽で、これは通常の邦楽より直情的な性質であること

・うp主が多用するFlash的な絵の動き、ダンスは
 疾走感など音楽に対するプラスの演出ではなく おそらく
 美術芸術分野のインスタレーションやバレエに近い少なくとも
 異質な表現であるということ

このようなことに気付くわけです。
あと考えるべき部分は絵でしょう。
作画はおおよそニコ動でも屈指のZUN的な絵柄かもしれません。
偶然であれば、私が経験的に思うにZUNのような絵を描くことは
かなり容易です。何度か書いていることですがZUNはデザインこそ
特殊なネタの引っ張り方をしていますが、描き方そのものは
イラストの素人らしいごく普通の描き方です。
「萌えイラストの手軽な描き方を教えてくれ!」みたいなノリの
スレッドではよく見かけられそうなイメージを頼りに書いた
女の子イラスト・・そういう感じでしょうか。
イラストの可能性は理屈の上では無限ですが実際は人間の
価値観、育ち方などというものは殆ど画一的です。
外国の方がイラストのセンスが特殊なのは就学率や生活地域の気候などが
一律でないことが大きな要因に思えます。
もう少し私の言葉で云えば、血液型の大きな分節があります。
そこから細分化しても絵柄の癖はおおまかに数種類ずつしか
存在しないと思ってます。これはいくら価値観が違う外国でも同じで、
その種族の特性を反映した描画しかできません。
カニが前に歩けないのは不可能と言うか向いてないからですね。

長くなりましたが、絵柄の体系はそのようにできており、
ZUNという個人と合致するのはもちろんあり得ることですし
根本的な手癖が多少近ければ模写も容易でしょう。
(参考: その1 その2 その3 )
その上で動画作者がここまでZUNに似せた(or似た)のは何故でしょうか?

ストレートに考えるならば、ZUNが動画を作ればこうなるか、
このうp主がゲームを作れば東方になるか、被せてみればいいのですが。
僕の考えとしては、矢張りこの人は模写としてZUNらしき形体を取ったこと、
自分の東方観に乗せて動画を作成するにあたってそうしたように
見受けられます。
それはもちろん理論としては誰もがやってること。
ZUNのキャラデザと設定をある程度なぞって
創作マンガやイラストを作るわけです。
ただ完全に似せてくる人は通常居ませんよね。トレス問題、
あまりにも似ていたら同人と言えど問題(=一般的な水準での犯罪)
になるでしょう。似せたくても似せてはいけないわけです。

ニコ動では多少認識が違います。匿名に近く商業のトレスも
一過性のネタとして許容されている場合が多いです。
そこでこの動画も成立してくるわけです。同人誌のように
金を取る媒体でもなく、トレスとしての問題性は薄い。
純粋な精神による創作物として無料の媒体に乗れる。
これはこの動画が我々の目に届くまでの構造の話ですね。

キャラクター要素にしても独自解釈による部分
(今回なら生前の幽々子らしき人物)が登場したり
演出としての補完イメージ(蝶 骸骨など)が出たり
それ以外はおおよそネット上のありそうな図画の模写など。
飽くまでZUNに近い風体での創作表現というスタンスでしょうか。

で、私がなぜここまで この動画が気になったかというまとめに入りますが、
端的に言えばこの違和感とは なぜここまで絵柄を合わせながら
誰も知らないような謎の洋学(一応歌詞の意味は合っているらしい)を選び、
そこに勝手に謎のダンスを付けたのか、というそれだけのことなのです。
それだけとは言いますが、このうp主にとっては1ヶ月の作業であって
大変なことです。並大抵の考えではない。
彼は全力で考えて半年このような作風で動画を作り続けてる。
だからこそ、 恐いんです。

動画内でコメントもなく、それぞれの演出に関する解説がなく、
何のために作ったどういう動画なのか、結局答えがない。
どんな動画にも答えはないですがそれらは流行りのネタだったり
そもそもが面白さを求めて作ったものやエロさを求めて編集した
動画が基本です。だからこそそれを他人と共有するためにあるのが
動画サイトなのでしょう。
それでも伝わらないものを作るのはなぜなのか。
伝わらなさ、それを解読する楽しさが動画にもなり得ます。
いや、これは動画でなくともどんな作品でも、です。
僕が今回この動画を通して語るべきはその部分で、
「他人に見せるための作品で わからない要素が必要か?」ってこと。

明確にこのような要素を持った最初の作品は
エヴァンゲリオン、かと思います。少なくとも話題になった。
それは作中で解説のない専門性の高い用語を使うということでした。
エヴァのための用語辞典が存在し、考察・解説の本が
多く出版されました。エヴァはキリスト教と戦艦と監督庵野の
個人的な思想による構造体でしたが 最低限、地上波で放映される
アニメ作品として一定の層には納得できる程度に
シナリオは構成されていたと思います。
 また、当時インターネットは普及してなかったけど
調べれば分かるようなネタを使っていたのも幸いしています。

そうしてセカイ系などと言われる人間のアイデンティティ、パーソナルな
内的宇宙の補完物語と重ねた大規模なドラマを描いた作品が
マンガアニメゲームで急増します。その中でも哲学や宗教、思想を
多く盛り込んだ作品づくりというのは商業的に一種の危険性を含んでおり、
(つまりそれは極めて"私的"構造体なのです。非商業的です。)
あまり活発であったとは考え難い。
それほどエヴァ(庵野)のやったことは私的なのに大掛かりで
文化史的に異様なことだった。
しかし今の時代、同人誌もニコ動も、パロディを公然と容認されている場が
大規模に存在します。誰でも私的物語を多少無責任に売り買いできる。
そこで東方が生まれた。

――――(居眠りしたからここで文体が変わる^^;)――――――――
私的ということは詰まり説明不足を擁するということ。
主観で世界と歴史を構築するということ。
自分の物語、自分が見た 見出した装飾で以て作品を創ること。
そのこと、謎かけに対して作品世界の内外に答えが存在するかという問題。
外的ネタであれば調べれば分かることです。これが符号。
しかし内的符号には調べて分かる答えがない。
いや、情報共有できない事項については符号ですらないのです。
辞書では・・
「ある情報を伝達するために体系的に使われる記号や文字以外のもの」
・・とある。個人の創作的な表現であれば「体型的」ではない。
それは新しいそういう言葉。
符号である、この世界のどこかに共有可能な答え(原義)がある、
これがネタでありパロディである。
例え私的構造体であっても他人に伝えるということはこの形式を
取らざるを得ない。商業では当然ですし、同人であっても
「同人」とは同好の士ということですから共有が必要。

 エヴァであればキリスト教的生命観と庵野という人格の解析・究明・補完。
これがシンジとその周辺人の物語で表され、これについて考察に足るだけの
情報が与えられている。人間らしい人間としての符号。
 東方であれば同人と本人の性格故に寄り茫漠とした構造ですが、
最低限自身のコメント・解説が成されています。
完全に伝わらないのでは作る意味がなくなってしまうから当然。
ZUNには少なくとも何かをリスペクトしてそれをゲームにして
伝えようという意志・意図があるはずなのです。
 私の文章は・・これはもっと私的説明不足を擁します。
ZUNは自分でネタ解説する主義ではないと言ってますが
私もいざネタを考えてみるとこれを自分で解説するのは何とも無粋で。
例えば雑誌のパズルゲームでよく見えるところに大きく
答えが書いてあったらどうでしょう?もう謎かけとして破綻してますね。
時間を潰す娯楽としては別の機能を果たす可能性がありますが、
一般的な用途であるパズルの特性は奪われています。
それならば永遠に答えを失われた方が――つまり答えのないパズル
の方がまだ時間を潰せる気がする。例えば知恵の輪とか、
答えが目に見えてあるわけではないけど何となく答えを求めて
いじり回すわけですよね。そうして考え、発見していく。
人類はそうやって進化してきた、という事実もある。
詰まり・・答えが結果的に見つかるかどうかより謎かけとしての
特性がいかに発揮されるか、それによってより高次の経験が
できることの意義が大きいのではないか。

符号に「答え合わせ」は必要ではないのだ。個人の内的処理で
より高次の解が見出されれば良いとさえ願っている。
しかし模範解答がないわけではない。少なくとも作者にはある。
特定の答えがあるからこそ謎かけは成立して、それが符号でもある。
数学でXやYを求めるのと同じこと。クロスワードパズルを埋めるのも――。
 私の文章にも模範解答はあります。
僕と同じ世代のオタクであれば、同じアニメやゲームを知っていれば、
分かるようなネタ引用であったり、そのアレンジであったり、
それを更に暗示させるようなニ重以上のメタ構造であったりもします。
東方と同じく歴史や伝承からリスペクトする場合もある。
むしろそっちの方が調べるのは容易かもしれない。
中には何時間もかかって調べなければ分からないような瑣末な引用もある。
月並でない程 文字通りの特殊性、引いては個体性に繋がるので
これを図るのは当然とも言えます。
 謎かけとして最も厄介なのは論理的な、文字通りパズル的な
配列配置の問題だと思われます。特殊な固有名詞であれば
それはそれとして受け流すことも可能ですが、構造を理解できなければ
どうにもならない。クロスワードのキーワード以前にそのルールが解らないと。
これは文法的な知識やその応用として掛け言葉の知識や
言葉そのもの・・語彙が必要になる。一朝一夕の勉強では埋まらない。
しかし・・考えるのもこれが一番楽しいかもしれない。
数学って究極的にそういう行為でしょう。
数字や記号くらい覚えられるけど、それを使って計算とかするのが目的。
そういう意味で言えば、構文の謎かけは符号というより
「式」、パターン、と言った方がいいかもしれない。
パターンはゲームなどで言う何度も繰り返せることという意味以外にも
服飾業界での模様とかその型紙という意味もある。
模様を考える(デザイン)のと数式を組むのは同じように思います。
その構造を考えるということ。

~~時間が無いので中略~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そこで動画の話に戻ってみると、
符号が符号として成立してないことに気付く。
内的符号に対して解説が成されない時、それは共有し得る符号ではない。
東方の極めて原作寄りの絵柄でありながら それ以外の構造は
おおよそ私的な様相を呈しているのだ。
それが個人的恐怖でもあると前述したが、符号としての
投げ掛けが完了していないことからも戸惑いは禁じえない。
真に 神秘主義的 とはこういうことなのかもしれないと学ぶ。
「感じる動画」なのだ。恐れ入った

このページのトップへ
最近何となく書いた特撮臭い忍者怪人ラフ 
右側は古いラフを少し直しただけ どうも気に入らないフォルム
rf0714.jpg
まぁこうして見ると数か月で多少フォルムのセンスがスマートになってるような

たまにはサムネなしで・・ って でかいわww
PCd_yuca0719.jpg
このままうだうだ描いてたらまた半年食うだろうということで強引に
仕上げに持って行くテスト・・のつもりで気に入らない作業
目はそのまま蛇の眼を参考にしてたのでどうも気になる
傘描くのが面倒なようで愉しみだったり 藍も加えようとか無茶なことも

一番初期段階のラフだけど さっき唐突に描きたくなった的紅魔勢
kowma.jpg
色々無理がある構図だし仕上げることは絶対ない。
王座に座ってるレミリア、戴冠式というのは前々からあるイメージだけどね
とにかくこの人数を入れつつ顔がそこそこ見えるサイズで構図組むのは
無理臭い気がして仕方無い。
中国は別途描いてるのがあるから咲夜さんに入ってもらおうかしら。
足元が空くから咲夜を犬として描く案もあったりして。


このページのトップへ
概要>
A型の食生活とビタミンB・C欠乏の恐れについて
個人的な経験を元に軽く記述します。後半はツイッターの転載です。


●前置き
多分丁度一年前ぐらいに血液型と食文化?食生活?の
問題について軽く言及しましたが、あれは寝惚けて途中で
話題を忘れてしまい、そのまま放置しました。
で、特に裏付けもなく個人的な確信というだけに留まっていたのですが
この一年で私自身の身をもって薄らと証明されつつあるので
軽くまとめておきます。 僕の考察がどうであれ、
現実問題として考えられる部分もあるので心当たりがあるなら
各自でアクションを起こされたらどうかと思うわけだ。

●何から話せばいいか
憶測であり個人的な確信。
どういう情報をどれだけ与えれば伝わるか微妙なところですが
私が考えてることを全部伝えるのは面倒なので。

まず基本情報ですけど(前提考察) 
・炭水化物、糖分に非常に適した種がいる。
・おおよそ南国の食べ物、果物類には適していない。
 (南半球にはA型人類は分布していない。)
 (両生類直系故に粘膜が弱く酸性を好まないのではないか。:柑橘系など)
・A型は肉食に適した種と イマイチ適してない種がいる。
 (上項の補足にもなるが南半球ではA型は
  大型ネコ科動物として進化を遂げている。捕食者であり肉食のA型。)
・非肉食の人は魚介類を好む可能性が高いようにも思う。
 少なくとも、ネコは小鳥や魚を好んで食べる。
 故に鶏肉や魚肉への適応率は高いと思われる。
・乳製品・・牛乳は多少個人差があるかもしれないが
 ヨーグルトに関しては疑わしい。その他発酵食品はおおよそ合うように思う。

●本文。ツイッターから転載する。
 編集面倒なのでほぼそのまま。飽くまで断定的姿勢。
 実は朝起きて思いついたことをそれっぽく呟いただけなのだが。

A型性質は爬虫類か昆虫に近い。
暑い方が活発。ちょっと思うんだけど寒い地域にアA型て居るっけ?
多分いない。ペンギン シロクマ クジラ シャチ アシカっぽいの・・
全部脂肪系だよね イヌも毛があるし  そうか、進化の末端が
O型であるとしてこれは本流じゃないな。

適度に涼しい地域で年中活動するのがベストなんだ。
日本や欧。それ以外の地域では捕食層への移行(適応)。
具体的にはネコ科で大型化してる・・でも効率は良くないかも。
捕食層と進化の末端は必ずしも一致しない。

Aは多分・・ビタミンCをあまり必要としない。FA
矢張り多分あってる。これは面白いよ 良いことに気付いたわ
 参考(Aなら読んでみて)

ウィキ>ただし、これらの症状は3–12か月に及ぶ長期・高度のビタミンC欠乏でないと生じない


・・つまり常に軽度のVC不足 ストレスによって不足した分
外見に出るとは思う。神主?まぁそれは言うなよ。
しかし日本人ならこの症状多いだろう。

ウィキ>新鮮な野菜や果物、特にミカンやレモンを取ることによってこの病気の予防が出来る


・・・こんなの誰でも知ってる。果物にはVCが豊富だが
涼しい地域に住むAには摂取する必要がない。
そして酸性に対して粘膜の弱さが災いする。
摂取したくても植物性のVCは摂取できないのだ。

じゃあ肉類からVCを採るしかないのか。
その意味では捕食層に転じた南方のネコ科は健康的だろうな。
日本でも適度に肉食ってる(食える)Aは肌も丈夫だろう。
ネコ科のAがそのままOへ変異する危険性はあるのだろうか・・
(ネコ科は高純度でAだがその中でもイヌなどになると変異が見られる)
(恐竜や現在の鳥類も恐らく同様)

肉類のVC含有参考

ちなみに俺の話だけどVC不足してるのは分かってたから
サプリで補おうとしたけど口内炎ができるような?
とにかく刺激が強くて堪えられない。すぐにやめてしまった。
食事に関しても炭水化物が主で肉どころかサラダも
ドレッシングなしでなければ手がつけられん。

適度に肉食ってるか、サラダ食うか、それができなくて
ストレスや肌荒れ、皮膚粘膜の弱さに自覚あるなら
意識してどうにか食うか、せめて果物ジュースとか・・
 少なくとも俺にできそうなのはジュースだけだな

ウィキ>イギリス海軍が壊血病予防としてライム果汁(ジュース)を服用していた


・・・なるほど、やっぱ手軽だねこれが。 
個人的には、グレープフルーツジュースとかパイナップルがいいかな

肌と言えば最近ではコラーゲンドリンクとか
健康食品では多いですよね。母がやたら買ってくるんですけど、
私はサプリでもドリンクでも腹を壊しますw 合わないんだよなー。 
野菜類は生まれつき拒絶反応みたいな感じで一切飲み込めなかった。
肉はじんましんが。 ある意味進化の末端だなぁ

米だけで副食を取らないことによるビタミン欠乏・・
脚気も関連して見ておいた方がいいだろうか。
脚気は魔理沙だっけ。(洒落ではない)
あれは神主のアル中による設定だろうけど明治期に流行ってたのも事実。
当時今の私みたいな米だけの生活なんだろうけど
一応私はVBはサプリ食ってるだけマシかな

ウィキの脚気:概要が解り易いんだけど可也長い日本史と脚気
についても別項で解説されてる。これはちょっと読むの面倒だけどね。 
(脚気:ウィキ)

あー、VCって言えば、春にスーパーで「フルーツスターター
っていう1粒で半日分のVCっていう低価格のお菓子が
売ってたので溜め買いしたんだけどね。
あれは強力過ぎて朝食っても24時間寝られないぐらいの
覚醒効果があった^^; しかも元気過ぎて鼻炎が発動するから今はやめた。

一応オススメなんだけど 今ググってみたら関西だけの
先行販売って書いてある。楽天なら通販できるけど送料かかるねえ。
でもVCサプリが無理なら軽くオススメ 

何か健康オタクみたいな流れだけど、ただの東方と血液型の考察ですので、
急激に生活変えたりしたら危険ですよ と補足


このページのトップへ
今回の大まかな話題の流れ>

ブログを見直そう→バックアップの意識について→このブログが読みにくい件→
私のやり方について→理想とする表現について→改めて何故ブログを見直すか
→カスタム少女のZIPについて


――――――――――――――――――――――――――――――――

アクセス解析を見てたら僕自身が忘れてる記事が沢山あって
そういえばそんなことも書いたなぁと恥ずかしくなるばかり。
東方考察は特に古いものは的外れなことだったり、
それを分かっててメモとして公開してるんですけど
今にして思うと削除すべきか、経過として残しておくべきかとか

他人の話もしておきますが

simo氏は古い日記ログを自分でも残してないとか。
古い絵は残してるのか分かりませんけど、
まぁクオリティ高い絵を少数描く人だからある程度覚えてるだろうとは
思います。 俺だってテーマは考えてないで描いてた時期が長いですが
こだわって仕事してれば自分が描いた絵は 全部 覚えてるわけで。
ひとつひとつの作品に思い入れがあるんですよね。
まぁ僕のことはともかくsimo氏はPixivの件も含めて 結構躊躇なく
自分の経歴消してしまう人かもしれません。なのでファンなら
色々と自分でバックアップした方がいいとは思う。
webarchiveでサイト初期のログとかあるけどね。

ZUNは・・意図的に古いデータを消しているらしいですね。
(CDラベルのデータとか無いらしい)
ゲーム素材は流用できないものもあるらしいですけど
東方はリメイク・移植みたいなことはしたくないというスタンスと
同じなのかな。あの人は懐古主義だけど古いだけがいいんじゃなくて、
今使える便利なものはそれはそれで良いし
新しいものも取り入れた上で懐かしい部分も入れたり。
和洋折衷もそういうことでしょう。日本を語るには外国の文化流入も
語らざるを得ない。むしろそういう外交関係の中にこそアジア圏の
歴史的な魅力があるのかもしれない。

って、私のブログ見直しの話でしたねw

こうして解析すると古い記事への意図しないアクセスがあるので
それを管理調整する意味でも、カテゴリの分け方を見易くしたいなぁとは
思ってるんですけど。 まぁ所謂「サイトマップ」みたいな構造でも良いし。
ブログのカスタマイズは実質無限ですけど便利なプラグインとかどこにあるのか
知らないものも多く、他のブログ見てたらこんな便利なものが!とか
こんなフレーム見易いなぁとは思うんですけど どうやるのか分からないw

ホームページを作りかけて放置してるのもフレーム構造の難しさで。
フレームって実質ブラウザで2ページ開くようなものですよね。
ブックマークもフレームの方になったり、扱いがややこしい。
見易いけど使いにくいって感じ?
大体サイトの素材になるような絵も描いてないし~・・
1枚描くのに何か月もかかってるのがおかしいよねー
ゲームやりすぎ アニメ見過ぎ ニコ動見過ぎ 文章書き
絵描きとか経歴詐称ですな いや、文章書くようになったのは
ここ2年ぐらいですけどね。

話はブログのことに戻りますが・・最近はツイッターで
文章書くことが多いから、なるべくそっち見て貰った方が
いいかなぁと思って。
実際、ツイッターいじってて寝る前にふとブログを思い出して
記事書いてるだけ。 小さい思いつきはツイッターが消化するから
ブログで雑記を書く必要がなく、最近は多少読みやすい文章に
なっているかもしれません。
まぁ先日大学の就職課の人に「話の筋を通して分かり易く」
って言われたので んなこたぁ分かってるんだがと思いつつ
そういう路線で最近は書いてるのかもしれません。
普通はそういう文章じゃないと読めないし読まないよね。

僕の特技って、分かりにくい文章を書くことです。
絵も文章もすごく説明し辛いのですが
まずオリジナリティや知識を沢山盛り込むという前提で、
・複雑で重厚な情報をどれだけ構築できるか
・そしてそれが自分にとって見易いor読みやすいか(語感とか)
という、大体この2つかもしれません。
結局何が良いかということは自分の基準になってしまうのですが
一応僕が目指しているような表現をやってる人は古今東西
他にもいる。まぁ意図せずとも偶然同じような発想をする人は
絶対にいるのです。60億人も居るんだから。
まぁ僕に言わせれば人間の大まかな分類では100種類も居ません。
どんな人間でも数十種類のタイプに分類できる。
性格も体型もセンスも絵柄も。

 私が目指す文章は 尾崎紅葉とか夏目漱石にもっと癖を加えたような感じか。
そこに漫画 アニメ ネットスラングのネタを混ぜる。
 私が目指す絵柄って 左とかsimo氏とか?
塗りに緊張感(美術用語だけど)がある、まぁ所謂繊細なデッサン・構成センスを
感じるファンタジーイラスト =左っぽい絵柄
これは美術的な意味でのデッサン力や着彩力が問われるから
simo氏とは違いますね。私はこういう描写に憧れて美大行ってるわけです。
構図の取り方そのものに大きく違いはないと思うけど
simo氏の場合はCGとしての仕上がり加工がかなり違うでしょう。
僕が憧れるのはそういうグラフィッカー部分より
左氏と共通するような 女性キャラの魅力的な見せ方、でしょうか。
敢えてこの2人を挙げる意味で言えば、ファンタジーというジャンルも重要か。
simo氏は写真トレス的な独学リアル塗りであって美術的な緊張感ではないけど
塗りの圧倒的なクオリティという意味では並列に語れる気がする。
Pixivでは背景との調和という点で2人より優れた画力のある絵師も
いくらか居ますけど、女性キャラ主体の構図を組む意味では
僕の究極的な憧れはこの2人だけです。
僕は背景が見たいんじゃない。人間で男だから、
人間の女が好きです。当然ながら。だからいくら背景の光がキレイでも
女の子がキレイor可愛いことが主体でなければ良い絵だと思えない。
僕はデザイナというよりキャラクタデザイナを志望しているわけです。

ブログ見直しの読みやすい記事のつもりが結局
読みにくい自分語りの記事になってしまったなぁ・・
云いたいことを全部書くからダメなんだよな。
書くことが全部僕らしいことなら、余程私に似た人じゃないと
読めないブログになってしまうでしょう。 それはもちろん最初に
意図していたことなんだけど それでいいのか?という疑問も多少ある。
何より被害者が出ることが怖いんですよ。
つまり私の長い文章に耐性がない人が何となく検索で来てしまったら
申し訳ないことなので。 そういう視点を持つと途端に恥ずかしくなる。
かと言ってそういう部分(=誰でも読める社会的なシンプルな文章)
を取り入れるには今までの僕の記事は全部書き直すことになるでしょうw
そこまでする時間はない。つもりもない。
だから、せめてカテゴリ分けぐらいは見やすくして、
偶然ヒットした人が 必要な情報だけを探せるブログであればなぁと
思うわけです。 いや、そんなことはずっと思ってるけど、
時間ないだけw 春にカテゴリを細かくしただけでも、やって良かったと思う。
東方で検索する人には特にね。

これも一応書いておきたかったことだけど、うpしたZIPについて。
今のところ具体的にはカスタム少女のキャプチャ画像集ですね。
僕はあのゲーム大好きだし、東方やニコ動好きな人なら
きっと気に入るだろうと思うし、見て欲しいとも思う。
(私は今年全然触ってないから所詮古い作品だけど、)
再うpいつでもしますよとは言ってますが200MBは大き過ぎるw
うpしてもすぐに消えるし、常に供給するのは無理です。
なので、せめて というか根本的にどうすりゃいいかと考えたら
キャラごとにZIP分けて10MBくらいなら気軽にうpできるかなぁと
思ったりしました。 
あまり積極的に言及しないのは最近やってないから新技術に
対応してないってのが大きい・・最近ではきっともっと自由に
数人のキャラを配置できるのでしょう。(知らないけどw)
そしてもう一つは権利問題・・一応MOD作ったのは私ではないので
一部にはパーツ使用した動画の公開すら禁止しているような
うるさい人もいるんで、それでカスタム少女はあんなにすごいのに
ニコ動では少ないんだろうなと思ったりする。
そもそもがZUNの著作物なのに二次でやってて自分の権利だけ
主張する人の思考なんて全然理解できませんけど
まぁ立体形にはそういう人種多いよなという漠然としたマイナスイメージを
持たざるを得なかったり(それは言わなくてもいい)

とにかくカスタム少女はすばらしいゲームだけど社会的扱いが難しいということ。
ついでにモザイクなしのエロもすばらしいけど公開が厳しいということ。
そのあたりでやっぱりこのまま再うp要望ない限り放置かなぁと思ったり^^;

とりあえずキャラごとに小さいZIPを用意しておこうかな?とは思います。
古いカス子でも魅力はそれなりにありますからね・・
そしてまた気が向いたら私もまたゲームやりたいですね
XPパッチ購入しておいて適用してないからw
このページのトップへ
東方っていうほどの話題でもないから絵のカテゴリですが。
ツイッターで中途に長い文章書くのは困りますわよ。
記事にするほどでもなく、ツイッターには長い。
そういうものはメモとして軽くこちらで流しておくこともあるでしょうとの思召し

――――――――――――――――――――――――――――――
東方キャラを描く時、まずアレンジが前提だけど
残念ながら民族性より服飾としての真っ当な綺麗さ可愛さを
志向するのは何も酷いことではなかろう。建前は建前なのだ。
バナナを食べる時は皮を剥くだろう。リンゴやミカンでも皮に
栄養があると聞くが、それでも食べないことが多いわけで。

ツイッターぐらい言いたいことを謂わせて欲しいから
言いたいことを云うけど、八雲紫の年齢表現がすごく難しいと感じる。
最初期は封神の妲己に重ねるつもりだったから
スレンダーかつ巨乳20歳前後ってところだったが
永夜EDを見るとZUN紫は10歳前後にしか見えない。しかし妙に納得した。

幼女で最強賢者というのは漫画アニメではひとつのテンプレだ。
ZUNの趣味くらい肯定できる。否、大いに同意する。
このあたりで唖采やZUNのロリ紫に改心したが
具現することがないまま個人的な妄念(されど顕在)が介入した。
紳士ツール、「3Dカスタム少女」である。

実質、東方を2.5次元に昇華するための式、
幻想入りの簡易手引きであったと今にして言えるが
そこには間違いなく自分の嗜好介入が生じた。
そのことにやおら私は自覚的であったが
間もなく神主の建前は斯くも瀟洒に塗り替えられた。

詰まる処、"私の"紫は全然奇麗なオネイサンであった。
投影的アニマとも云うべき伴侶 否、伴慮の顕現。
まぁ何てイッテモ好いが断然うら若いひとなのだ。
惚れた。そのひとに惚れた。 以来私の紫は
どうということもない私の片割として夢枕に一塩置いて往くのでした。
オシマイ (とても自余り)

―――――――――――――――――――――――
これ書く暇あったら絵を描けという悪魔の啓示も受け流す。
さすが両生類、ヌめヌめです。
そうして可哀そうな両生類は日本語も話せないのでした

#すごく分かりにくい部分は僕が勝手に応用している造語みたいな
#表現なのでネタ説明すると大変長いです
このページのトップへ
※東方は口実程度です。ツイッターの呟きが高じただけ。
 根底にあるのは風神録に対する思索ですが、このタイトルから
 予想される内容とは異なると思われます。

祭ですよ。夏~秋にかけて各地で祭があるでしょう。
年間行事の中でも日本に生まれてよかったと思えるのは
こうして自然・季節と共に暮らしがあるからです。
(まぁマンガアニメゲーム家電製品も同じくらい有り難いが)
リオのカーニバル・・あそこまで人が多いと、人間のための人間の祭
ってことじゃないか。 日本の祭は・・もっと山間で出店が点々とあり、
夕方~夜の闇に乗じて騒ぐからいいんだよ。
道幅は10mもあれば十分でしょ。ひとごみに行きたいんじゃないよ。
取り捲く夜の雰囲気とか含めて、そういう厳かさが微妙に作用して
ああ今年も1年過ごせたんだなとか内的な安息と 相対的自然観としての
神霊崇拝ができる。 できる、んだよ。
宗教は教義を守ってうやうやしくヤラサレルことじゃなくて、
(それは洗脳とか独裁とか 主体のある場所が間違ってるよ多分)
ある種自発的に、自然を神霊として擬人化すること、
その生理的洞察が共有されるのがアニミズムっていう
丁度いい次元の行為じゃないのか。(<解りにくく書いちゃってる)

丁度いいってのは多分やり過ぎてしまうフラグだけど
中庸は一番難しくて、善く生きるためには何が善いか判断する必要がある。

祭は今誰にとっても必要か?誰かにとって必要か?
多分元々必要ではなかった。あったら面白い、気味が良いというだけ。
趣味的必然。しかしそれが無くなる日はなかなか来ない。
趣味であっても必然だから。むしろ趣味的だからこそ断絶を起こさない。
何となく思いついたことは偶発だけに本質的だ。
わざわざ考えたことは必然ではなく他意作意によるものだから、
これは当然忘れてしまうこともある。
記憶美化とか、結局楽しいことだけを覚えていたり、
もちろん危険は学習するけど やらされることと 好きなことなら
淘汰されるのはやらされる方だろう。これはいつか何らかの形で消える。
そうなるとヤリタイこと、楽しいことだけが生活と共に残っていく。

祭に話を戻しますが、飲んで騒ぐことが息抜きとして機能するのは
今でも同じことでしょう。その機能が祭として微かに神性を
帯びていたというだけのこと。各人の心の小休止であったということ。
 しかし積極的小休止・・季節の巡りで確実に行われる。
積極的鎮静、小休止、中庸、バランスを取るための作意努力。
こうして押し広げた言い方をすれば先日から書いているような
物語での緩急、世界観での緩急という部分も含まれる。
良い状態を保つには緩急が必要だということ。
庵野のエヴァで自分を塞ぎ込んだり開放したり、
糸井のマザーでシリアスだったりギャグだったり、
ZUNの東方でもやっぱりそうで シリアス故にそれを衒うことで
立て前として柔軟なシナリオ・世界観を構築する。

シリアスなのは必要なことか? ――いや、必要なのは"楽しいこと"。
ならば敢えて言うべきは、楽しいことをシリアスに行うべき だろう。
東方は楽しく。そのためにシリアスな骨組を作らざるを得ないかもしれない。
現実で祭が年に一度の小休止であるなら、幻想である東方は
その大部分が小休止であって然るべき。
かと言って、ずっと祭で良いのか?ずっと酒宴で良いのか?
変化がないということは中庸ではないと上で解されたなら、
これは間違いであると気付く筈。
最初から最後まで馬鹿なことをやっていれば飽きてくる。
完全に変わらないものは生きてすらいない。それは石だ。
いや、石ですら時間経過と共に苔生してゆく。
東方にも、幻想の酒宴にも小休止は必要だった。
それが、風神録。

キャラをリセットすることでシナリオをシンプルに通し易くした。
システムをリセットすることでシリーズのバランスを取った。
日常に対して祭の小休止でリセットされるように。
幻想郷に文字通り波風を起こした諏訪の神様は明日からは
東方の世界に馴染んでいくだろうとか、様々な意味での、
それぞれの節目。
明日ハレの日?いいや、昨日がハレの日。
萃まって、広まって、もう日常。あの曲は諏訪子の、ボスの前だから
「明日ハレの日」でいいのかな。でももう彼女らは山に馴染んでる。
節目としてリセットが風神録のテーマであるなら、
ラスボスを乗り越えた後、最後のEXボスの前で
あの曲を鳴らすのはかなり秀逸な演出だと思いますね。
神奈子が倒された時点である意味ハレてケの日常は来ている。
風神という作品そのもののハレという役割は最後に諏訪子を倒して
本当に終わり。学園祭の後夜祭みたいな感じ。
祭の中でも後片付けの祭り。片付けるべきは東方の巫山戯た建前(神奈子)
の後、シリアスな骨の部分(諏訪子)。
明日ハレの日、ケの昨日 には後夜祭の名残惜しいような寂しさと
でも明日を迎える力強い意志も感じる。

でもやっぱり東方のボスはひたすら元気に!
そういう盛り返しがネイティブフェイスか


このページのトップへ
概要>
・蓬莱の薬 不死の薬は輝夜の能力で作る
・八雲紫は元月人ではないか

まぁどちらも既出の考察を固めるような話です。

寝起きなので文章は硬いです。
考えたこと感じたことをそのまま書いてます。信じちゃいかんよ。

例の儚月抄まとめ動画見て小説の6話の記憶が微妙だったから
確認してみたら、読んだことないとは言わないけど
細かい内容は覚えてなかったから、とりあえず読み直してみた。
(眠い時に義務感だけで読んだのかもしれない)

====================
概要としては新レイセン視点での儚月抄中盤過ぎって感じ。
バカな兎というほどでもなくそれなりの自意識があるらしい。

この頃の小説はまだページが多くて、途中はちょっと説明っぽい
くどい文章が続いています。まるで秋枝に対する儚月抄の台本って感じ。
これをそのまま絵にしたらあのマンガになるのでしょう。
そのくらい説明がくどいです。まぁZUNはプログラマだから
目的を設定してその通りに式を組み立てるっていう思考なんだろうね。

さてそれはともかく・・レイセンの考え方や月人の在り方って
まるでZUNの体験談や人生観をそのまま物語にしたような内容ですね。
それを全面的に主張するのではなく、飽くまで建前としては創作世界
なんだろうけど。書き方が投影的過ぎてちょっと鼻につく感じはする。
まぁそういう部分が好きで読んでるっていうのも少しあるけどね。
投影できない人はこれを単純に「面白いもの」として見るんだろう。
(それは残酷なことですわ・・)

それでいいのだ。そのための建前だろう。
ユーザーはクリエーターに踊らされてこそ関係が成り立つ。
踊らされないユーザーは・・これはユーザーじゃないな
だから「同人」なんだよな・・ ("同人"してますか?^^;)

創作世界ってのは少なくとも作者にそういう価値観がなければ
構築できないから、まぁ持論盛り込むのは当然ですけどね
これは誰の小説でも同じでしょう。作中の人物の考え・人格として
きっちり馴染ませるには相当の文章力が要るでしょう。
ということは、東方、幻想郷はZUNの投影世界・・
ZUNらしさを具現した世界だと考えていいわけで、一部の人は
それに惚れ込んでいる・・んですよね? ね? ねぇ。

そういうZUN精神を月人と地上の人妖の関係に発展させてるとして、
何だか曖昧な作品世界に右往左往、 いや そろそろ本題

今回読み返しての発見(思いつき)は
・ジョウガの薬(兎の餅搗き) 蓬莱の薬
・スペカルールと月人の美意識

ジョウガの薬は矢張り、不老不死の薬を作るための儀式でありつつ
ただの薬でしかないのだとか。これで確定的ですけど、
矢張り「蓬莱の薬」は永琳の薬生産能力で作っているのではなく、
輝夜の時間操作能力で永遠の効果を付加しているんですね。
(蓬莱の薬=蓬莱山輝夜の薬)
ならば、輝夜なき月ではもう不死の薬は作れないでしょう。
 そもそもなぜそれがジョウガの贖罪なのか判らないけど
そのあたりは伝承そのままなのかな。
薬を搗くウサギについて書いてあるサイトがあったはずだけど見つからない。
ジョウガで検索しても月の薬については細かく言及されてません。
地上から連れて来た兎or月に居た兎に 意味もなく薬を搗かせるパターン、
恐らくは地上の中秋祀りのお返しとして行うような儀礼的なもの、
嫦娥が不死の薬服用罪によって月で幽閉されその贖罪として
兎が代わりに薬を搗くパターン、など。
恐らく、この3つ目が東方的な選択でしょう。
不死の薬を飲んだからではなく「盗んだから同じものを返せ」という
意味で兎が薬を作らされているのかもしれません。
永琳らが作った薬を奪ってまで月人が服用したとは思えませんけど。
(月人は元々不老長寿)
まぁとりあえず不死の薬は恐らく輝夜によってのみ作られる。
元の伝説で言えば、嫦娥に薬を最初に与えた西王母が
東方で言う輝夜のポジションですね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スペカルールと月人の件は、この6話を読んでの想像です。
僕の個人的な断定的設定を含みます。
これによって何度も考えてきた緋想天の衝突も多少整理できる気がします。


スペカルールを考えたのは紫。
スペカルールは月人の発想。
それは紫がかつての月人だったから。


スサノオは高天原から最初の追放者。
永琳や月夜見と共に月に住んで居た。
レイセンや輝夜と同じく月での生活に嫌気が射した。
 アマテラスは紫がかつて封じたor殺した神であろうか。
 その末裔が霊夢とも考えられる。
そうして地上で生きることを誓い、姉のアマテラス=霊夢と
共に幻想郷を築き、そこで暮らすことにした。
スペカルールを考えたのは紫。
スペカルールは美しい無血の遊び。決闘ごっこ。ゲーム。
無血の美しい遊びとは…月人の発想だろう。
地上の本当の美しさを知りもせずに月で平和呆けしている
進歩しない廃れた浄土。 紫はかつて自分が居たそこを
嫌悪している。月人の高慢さを軽蔑している。

月人全てを無条件に嫌うわけではなく、
その向上心の無さや高慢さを嫌っている。
永夜抄で紫は特に怒っていない。
永琳が旧友であった可能性さえある。
(汚れた妖怪に成り果てた紫に永琳は気付かないだろう)
緋想天では久々に天人(亜月人)の高慢さに腹を立てた。
アマテラスと築いた真の楽園に暇な天人が手を出したから。

しかし天子もまた変化のない生活に辟易して異変を
起こしたのだと分かり、紫はこれを受け入れた。
輝夜や自分と同じく、穢れを選んだ天人として。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
僕がこの6話で得た発見とは、豊姫の

「ふふふ、判るわ。人間も月の民みたいな事を言
うようになったのね……それも誰かの入れ知恵な
のかな」


というセリフに集約されてます。これは求聞史紀の
スペルカードルールの原案、「命名決闘法案」の

「巫女にルールを提案した妖怪がいるのか?」


という部分に上手く対応してるのかなと。
それがつまり八雲紫だろうということ。それ以外は私の勝手な想像補完。
このページのトップへ
どうも最近文章がおかしいね。感受性が暴走してるというか。
エヴァの影響とは限らない。それ以前に俺に要因があるのかも。

就活のストレス 2割 
東方・ZUNによる日本文化触発 4割
ゲーム中毒 2割
絵のストレス 1割
運動不足他 1割

こんな感じ?
そのうち落ち着くのかこのまま狂っていくのか分かりません。

最近やってるようなやってないような、検索キーワード返しを
やっておこうかな?

・明治 上海 フランス租界

あの記事は、かなりいい加減な飛躍的まとめ方をしてるから、
あまり参考にして欲しくないんだけどな。
不思議の国のアリスと和洋折衷と藤木凛の関係で
「上海アリス」なんだと思うけど・・いや、小説以前に命名かな?知らねー
でも紅美鈴の名前は色々と想像できそうかなと。

・紫 土下座

これしつこく検索してる人いるね?
何度も書いてるような話だけど、まず八雲紫が土下座しない
プライドが高いキャラか、という点から自分のイメージを疑って貰いたい。
緋想天で天子に 地上の妖怪と天人の態度 で怒ったのは
単純にプライドでキレたわけではないであろう点をまず押さえる。
あのシナリオでは天子に会う前から「亡きものにする」つもりで
行動してましたよね。単純にキャラとしてぶつかったと云うより
ZUN的に何か意味・見立てがあって作ったシナリオなのでしょう。
 それをはっきり断定するまでには至ってませんけどね・・
(とりあえず方位や八卦のこと。そして天人との関係。そして神話の都合。)
儚月抄も含めると更に解釈拡がりそうだなー
グリモアオブ魔理沙で天子に何かコメントされることに期待しておくけど

あ、無責任なネタ振りしておくけど、ZUNは衣玖のことをナマズと
言ってたかもしれません。まぁ当然と言えば当然だけどね。
このあたりの話題は かなり前に書いた天人と月人の考察を参照・・

・紫の彼岸は遅れて輝く

あの考察は個人的に結構気に入ってます。
完全に的を得ているとは決して言えませんが
少なくとも幽々子と紫が月見のススキとハギってのは期待値高い。
そして何より興味深いのは東方で特別視されるスペカが
存在するということでしょう。
それも幽々子と紫は多分、ZUNがリセットしないそこそこ気に入ってる
キャラじゃないかと思われる。

・風神インタビュー

風神録そのもの、諏訪の考察については検索者が来ないのは悲しいw
私としてはこのブログで特に力を入れてた件なんだけど
先にもっとシンプルにまとめてる考察サイトがグーグルの的に
なってしまった。 だからウチがヒットするのは
風神や諏訪の考察ではなく、キャラ☆メルの風神録インタビューだけです。

いつも言ってることだけど、見て欲しい良い考察は誰も見てくれないけど
見て欲しくないイイ加減な考察は やたら検索者が来るんですよね^^;
多分、それだけニッチなことをやってしまっているんだろうな。
紫の考察とか、漠然としてるからなかなか書けることじゃないしね。


このページのトップへ
(眠い時に書いたから内容がぐだぐだ
============================

長文の考察以外全部ツイッターで書けてしまう恐怖^^;

まぁ基本的にナガラ人間で、キョロキョロしながら話題探してるので
小さい発言が多いのは当然かもしれないけど・・って
昨日はツイッターで逆のこと書いてた気がw

うーん?まぁ俺の話題って作家語りとゲームの愚痴と
東方調べと ニコ動と エロマンガ深夜アニメ ってだけなんだけど。
あー、そういう話をこっちで書けばいいか。
=======================
今期のアニメ・・今更ですけど

化物語・・は極力見たいです。 多分、新房&大沼の構成センスは
A型の原作と組むことでより綺麗に発揮されるんだと思います。
僕も老後は西尾でも読みたいものです

大正野球娘・・藤村歩が出てる気がするけど気のせい?
中原は気付かなかったwお嬢様声も上手いね
作画の安定感と声優と、時代感で見たいとは思うけど
野球っていうつまらなさで相殺される感じ。
声優目当てで時間あったら見るかもっていうレベル。
ちなみにラジオもあるんですけど、中原たちがバッティングセンター行くだけw
#ちょっと仕切る感じが所々イラっとくるかも・・ プライド高いっていうか。
#これがAとABの違いでしょうね。微妙に合わない・・

完全に余談だけど 蓬莱学園とかいう古いクソゲーもどきで
オープニングで血液型選択画面あって、
「ひねくれもののABがた」?とか書いてあってうp主吹いてたっていう
そんなことが今朝あった。開発者はなぜこのヒトコトを付加したのか・・
蛇足とは言いますが、ヘビに足があれば竜になれるのでしょうか

アニメでしたね。
他は・・カナンとか? エンタメとしてゲーム版(チュンソフト制作)よりは
かなり上質な感じだと思うけど 僕はこういう銃ぶっぱなすのは
面白くないのでスルーしたい気持ち半々。
ブラックラグーンや ガンスリンガーガールが好きなら
互換性あるかもしれませんけど。まぁ一応オススメです。
ちなみに、今ならニコ動で1話見られますw
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7575289

『30』という映画『300』の東方パロ同人があります。
絵は期待してなかったけど構図の勢いとかガチセリフで
楽しめるかと思い買ってみると、セリフはそれほど魅力もなく、
状況設定も曖昧で描写も荒いような・・ちょっと色々残念な気も

眠いのでここまで^^; 何の話題書こうとしてたのか忘れた・・

ああ、東方かも。ツイッターではどうにもZUNがすぐ横で
更新してるだけに、あまり東方話題できない圧迫感があるw
と言いつつZUN(仮)の発言を最初から閲覧してるのですが
こういうのは重要なものだけ抜粋して伝えたくなる衝動が・・

とりあえず公開中の画像など
ttp://movapic.com/zun
それと、もしご存知じゃなければ
GDGD トークショー ZUN とかググれば、今春にあった
同人ゲームプログラマの講演会のレポートがヒットしますよ。
僕は全然知りませんでしたね・・^^;
その中で興味深い発言って特にないけど、部屋(開発環境)の
様子について話があったみたいですね。

開発作業風景
ZUN:
四方が書籍で天井までびっしり埋まっている様子(技術書以外にも色々とある様子)。
PCは3台。裏側には冷蔵庫がありビールがびっしり埋まっているとの事。
モニタ前にビールジョッキがある。


予想以上に、俺の部屋と似てるかもしれないね・・
部屋の四方が本で埋まり、それ以外はアマゾンの箱が積まれてて
部屋の中央のデスクトップPCで1日中作業してる。一歩も動かない。

ツイッターの神主に関してはまた多少コメントするかも
とりあえず状況がどう動いていくか色々と読めない部分もあるが
このページのトップへ
先日紹介したマザー3対談とか、東方、エヴァあたりに
まとめてコメントした自分のメール文面から一部抜粋する。
(血の話も多少絡んでいる)
あれはかなり大事な話だったと再び云っておく。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5093966

========================
●物語のバランスで必要な無駄、落とし所

対談の話か。 ブログで強調しておきたかったのは
ZUNや東方とも近い考えが提示されてますよ って部分で
私も糸井がいきなりマザーであんな話題をするとは
思いもしなかったw善悪の境界とか、そういう
人間の在り方、バランスをゲームに盛り込もうとするのは
庵野やZUNに通じる話だなと思った。

解りにくかったらすいません。
東方はZUNの遊び心というか、出落ちとか、天邪鬼な思考で
シリアスにならないようにバランスが取られている。
丁度キャラメルインタビューはこういう話題だと思ったけど。
(風神・地霊DVD)
敵は悪者じゃないから倒しても殺す必要はない。
東方キャラはみんな中学生で同じクラスの女子って感じ。
ケンカはするけど結局仲間。
(これは霊夢の口調の話とか参照)
庵野・・というかエヴァは今回の映画でかなり
露骨だったけど、シリアスと日常パートの緩急が。
もちろんそうでなければエヴァの内容だと重くて
自殺者が出かねないような問題もあるだろうけど。
でも庵野は作者だけに冷静に「自分物語」を見守ってて、
これは結局アニメだと思ってるけど、周りが逆に
感情移入し過ぎてヤバイことになる。
多分それに対して&自分が言わんとする不条理や皮肉を
理解できないファン(=コアなオタク&馬鹿な一般人)
に対して「バカなんだ」と言ったんだと思う。
(バカと発言したのは旧映画の直後あたりのインタビュー)

しかし思うのですが、ZUNの一環していい加減な姿勢
(=非シリアス "お洒落")が上手く作用して、
これほど消費者主体のアレンジができているんだなと
考えたら、これは良いことじゃないでしょうか。
明確なストーリーや勧善懲悪構図を作ると、
もう創作アレンジする余地がないでしょう。
例えばヒグラシは、完全なシナリオが原作にある。
最終的に道徳的なテーマになるようなシナリオ作りが
されてるし、これを操作するのは容易じゃない。
竜騎士には伝えたいことがあった。目的意識が。
でも東方は逆に肝心な部分は隠してあったりして、
主に設定を前面に出す。世界観ゲー。

 僕はよくAとBの違いを、B=目的意識先行
A=過程主体 という考え方をしますが
絵を描く場合などは顕著だったり。
Bは目的のないことを「無駄」と切り捨てる人が多い。
でもご存知の通り、ZUNが提示している東方の世界は
無駄の塊でしょう?だからまずZUNはB型じゃないと断言できる。
むしろここまで無駄にこだわる人も珍しいのでABでもない
気がするわけです。
絵では顕著と言いましたが、僕が好きなsimo氏は
フリルとレースが大好きで自分でも言ってるように
無駄に描き込むのが大好き。
ZUNは描画のスキルはないけどフリルが好きだし
むしろテキストで無駄を盛り込んでいるでしょう。
僕もフリルは好きだし比較的シンプルなモチーフに
複雑な色面の情報量を与えるのが好きです。
最近仕上げた幽々子の肖像も、1年間何してたの?って
自分でも思ってしまうくらい見どころのない絵ですが
ひたすら同じ部分を塗り重ねて僕が考える幽々子の
人間性を表せるまで…と思って続けてたことです。
ついでに個人的には浄土とか悟りのこと、西行法師の
生い立ちとか調べて自分なりの細かいテキスト設定も
考えてますけど(むしろその時間が長い)
こんなこと誰も訊いてくれないし、聞きたくもないでしょう。
いいですよ。それが普通の感覚です。判ってる。
僕のやり方はsimo氏とZUNの間ぐらいか。
どっちも真剣だけどどっちも上手くいかない

●曖昧なエヴァ破 感想

>エヴァ「破」は見ましたよ。
アニメの10話分以上を凝縮していただけに、見て疲れます。
エヴァ知らない母は「短かったよ」と言ってたけど
僕は極度の緊張に3時間さらされた感じでした。
テレビだと1時間半の映画をCM挟んで2時間なので、
CMなしで2時間の劇場では3時間に感じたんでしょうね。
そして旧作の内容が頭に焼きついてるだけに、
予想と実際に起こることのギャップに一々悶絶する。
そして庵野への極度の感情移入。ここでえがかれる全ての
内容が自分の身に振り起こったことだと感じてしまう。
それはもう、映画じゃない。2時間で僕の人生やり直すようなもの。
シンジとして。庵野秀明として。 疲れるわ。夢遊病かと。
夢見てる間にどっと疲れるわけですよ。そのまま目が覚めずに
ぽっくり逝ってしまうぐらい。
(最後に現実に引き戻すと言えば妖々夢の紫がその役割だな)
(ありゃ幻想じゃなくて。一番激しい幻想って現実なんだなと。残酷な話)
チェキ空で破はジェットコースターだとかグレンラガンだとか
書かれてたけどそう思うわ。そんな衝撃体験。
んで後半はちょっと王道なノリだったから幻滅で目が覚めたけど
これがエヴァという作品が選んだ道なんだなと思うと
時代を呪うわけにもいかなくて そうか俺も生きてるんだなって。
 俺の文章長いけどこれ全然言いたいことの1/3とかそんな感じ
なんですよね… 思索と抽象で最近誤魔化すことを覚えつつあるけど
今は気にしない振りでいこうかな。

>ああこれはあくまでアニメなんだなと。
>もうその他はすごかった、としか。
出だしはマリが在り来たりな狙ったキャラで心配だったけど
新レイの人間臭さも含めてアスカがある程度誤魔化してくれて、
中盤あたりでアスカの死亡フラグに気付いたらもう怖くて
震えてきて、俺は生まれて初めて他人の死を恐れた。
イブであるアスカはマリに交代して、今回はマリルート?
あり得ねえ。エヴァの社会問題はレイの人気にあると
無意識レベルに思ってただけにアスカが先に叩かれるとは
思ってなくてまぁ結果的に言えば瑣末なことだったけど…
そういうグロも含めて万人が見易くできてたとは思う。

>実は「序」を見てないんですが、十分に楽しめました。
連作と言いつつどうでもいい気がする。
続編見たいって全然思わない。破は破だけで終わってる。
人生訓ってほどではないけど、僕は何かの「早く続編見たい!」
っていう人は全然信用できませんw
本気で云ってんのかと、この人火星人なのかと、
自分の耳と相手の頭を疑う。幻滅。生まれる時代を間違えたと思う。

来年のことを話すと鬼が笑うと言いますが、僕も笑います。
僕は鬼じゃないですが鬼は僕かもしれません 逆かな?

●いい加減なこと書き過ぎたのでフォロー

多分書き忘れてたことだけど、庵野エヴァでも糸井マザーでも
ZUN東方でも、作者が作りながら考えてることは似てて、
それらには同様に考察洞察すべきテーマ・設定が溢れてる。
僕は近年東方をひいきしてるけど、世間的にはエヴァ贔屓の人が
多いだろうし、とりあえずこれらの作品に少しでも
触れられただけでも、俺ラッキーだったなぁと漠然と感じておけば
最低限その時代に生きてた功罪みたいなものの片鱗をね

===========================
●最後に

結局終始 言葉を濁してて曖昧な話をしてしまっているが
全く困ったものだ。

伝わっていれば嬉しいけど、
マザー、エヴァ、東方という見方を越えて、
糸井、庵野、ZUNが考える作品の構造、テーマみたいなものの
共通項に気付いてもらいたかったわけです。
そうすれば我々が日本でこの時代に生まれ育った意味があるかなと。

このページのトップへ
随筆ってジャンルじゃないよ! 自由気まま、
思い付いたことを書くから 随 筆 だよ!
日記じゃなくて随時更新したらブログは随筆になっちゃうよ!
そういうのはツイッターでやれという話である。

=======================
4・・・22:36
ウチの近所では諏訪明神祀ってるらしいんですよ。
それで俺が古い歴史書を床に転がしてるのに気付いて
本や資料見せて欲しいとか言い出しましたw
これ以上詳しく調べても何ら発見はないと思ってるけど
頭整理する意味でもきっちり通して読み直すつもりで
結局時間なさそうですね。
大体風神の製品版やったことない俺が何であれほど
風神録考察に夢中だったのかという話ですけどねw
 僕はZUNの読んでる小説まで読むのが面倒で
せめて神話の事情くらい押さえておこうかなと思った。
諏訪関係を調べたら日本の神話全貌を理解できそうな気がした。
神道に関する意識、神社の理解は大きく変わったね。
寺に関しては何ら変わってないけどw
そう言えば今年は全然仕事してないな。=葬式が少ない

あ、諏訪明神の話ですねw それでどうやら近所では
諏訪様はシカが象徴らしいです。諏訪の梶の紋は
鹿の角のカタチだとか。 諏訪は狩猟神ですからね。
縄文人、狩猟民族の・・ しかし狩猟は元々モレヤ族の
文化のようにも思える。一応、諏訪に配属された
信濃国造?金刺氏が弓の名手だったとか それで諏訪=狩猟
ってイメージが付加されたようにも思えますけどね
 そもそもが九州から出雲経由で登って来た船乗り=舵取り→梶
という解釈もあるのですが・・ って
前に全部書いたことですなw

=====================
3・・・22:10
ツイター始めたらあっちばかり更新しちゃうわw
東方の話題はこっちメインのつもり。
先日紹介した儚月抄のまとめ動画ですけど
なかなかマトモに伸びてるみたいです。
普通に儚月読めてる人もいるみたいで安心しました。
安心って言葉は普段使わないから違和感あるけどw

=====================
2・・・11:40
Twitter始めましたわ^^; よかったらどうぞ
https://twitter.com/Aerium
丁度今回が随筆とか言ってるからさぁ、ツイッターは俺には
相性良さそうに思えるでしょ? いや、そんなの分かってる。
半年前simo氏がツイッター始めるって言って、ああこんなの
流行るんだろうなと思いつつ、登録面倒だしそこまで他人に張り付くのは
仕事仲間くらいじゃないかなとか思って放置してたけど、
どうしたものか難しいところですよね・・
何が言いたいかって、僕はこうしてひたすらテキスト書く人間なので
ツイッターはキリがないんですよ。だからブログである程度区切りをつけて
生活してるんです。
で、改めて何でこの話題を東方の記事に書くのかと言いますと、
(伏せる必要があるのか分からないけど伏せておきますが
どうせこのブログは誰も見てないので大丈夫だと思いますw)
某神主(ぉぃw)がついったーやってるらしいです。
最近の発言をまとめると、
・エヴァ初めて見た 破も見に行きたい
・文章が一番時間かかる
・ゲームのED以外のプレイ動画UPを公式に許可だそうか
こんな具合ですね。ブログは3月から放置だし余程忙しいかと思えば
ついたーかよ・・いや、確かに忙しいからツイターなのかな^^;
これの使い方って、PCで作業しながら息抜きで飲食しつつ更新とか?
 僕が今後どのくらい依存するか分かりませんけど、
とりあえずsimo氏と神主は数日に1度チェックしておくかもしれん。
他は、ピクシブで好きな絵師とかフォロー登録するつもりだけど
とにかく言えるのは依存したくないってこと。俺はだらだらと愚痴を
書いてしまうからキリがない。 そういう意味ではこっちのブログを続けたい。
向こうで書くのは僕の生活の愚痴とかゲームの話題とか、
ブログで記事にできない小さいネタですね。
僕のこの文面で気が合うと思う人なら、ツイッターでも何でも
気軽に声かけて貰えればいいと思うんですがね・・
就活が今後どうなるか分からないけど本当なら同人業界とかも
好きなんですよね・・僕の要領の悪さや環境の悪さを呪うしかない・・

========================
1・・・5:00
儚月小説ラストは霊夢の長寿考察セリフが好評なのかね。
寿命が伸びたら、今度は減らすことを考えるってやつ。

僕はああいうセリフも必要なのかなって感じで、
文章構成の相和としてスルーしちゃったんだけど、
結構みんなあれが面白かったのだろうか。
僕はあのセリフを流してから永琳x紫のやりとりを
投影的(それでいてメタ的)視点でぴりぴり緊張しながら読んでたわけです。
儚月抄は一迅社としても雑誌をまたいだ大きな企画だっただろうし、
ZUNもいい加減に考えた結末ではなかったはずだ。
つまりオチがそこそこ大事だったと。

霊夢が建前の主人公で飾りなら結界=意志の遂行が
紫でなければならない。東方で常に紫に意味がなければならない。

俺の中ではまだあのラストのグレーゾーンを保留状態にしてあります。
いつか何かの伏線になるかもしれない程度には。

========================
このページのトップへ
概要>
元ネタ考察っていう感じではないけど、
永夜抄のスペカモード補足コメントを読んで
気になったことなどをまとめておく。

※ソースも引用するから永夜ネタバレになるので注意して下さい
========================
(前置き

ノーマルでも苦労してる俺だからルナコメントとか気になるし
どこかに一覧ないかなと思ってたら、イザヨイに全部載ってたのかw
前に確認したとき無かった気がしたけど。
まぁ、とりあえず面白い発見は・・霊夢のことですね。
永遠亭勢の発見は少なくて、むしろ永夜抄って霊夢たち
幻想郷勢それぞれの立場も掘り下げてあるんですよね。
つくづくよくここまでやったなと。  設定のイメージは
数年前からあったんだろうけどね。前置きは控えて・・

思いつくままにコメントしてるので、いい加減なことも書いてるし
後から意見変えてるような部分もあるかもしれない。
その辺りは面倒というか全部は無理だろうけど
今まで私がここで書いてきた東方の記事全部が前提になってる
ということで脳内補完お願いします。
僕は2度云うのが嫌いなので「前に言及した~」とかよく言うけど
過去記事のリンクとか自分でも確認できねぇw
結局前置きが長いのである

===========================
(本文

ちなみにラストワードなど、最後の方からスペカを見ていく感じ。
逆流は俺の癖。

No.204  「蓬莱人形」
使用者 藤原妹紅  望月(エキストラ)

  そうかあんたですか。あの時の不思議な人間は。
  そりゃ死なないはずだよ。不老不死なんだもんな。


CD蓬莱人形の初期歌詞のことでしょうか。
どこまで本気で言ってるのかよくわからん^;
日本の歴史上の年齢不明確な人物は皆蓬莱人 みたいな
解釈があるかもしれません

No.205  「インペリシャブルシューティング」
使用者 藤原妹紅  望月(エキストラ)

  シューティングは終わらない。でもこの攻撃はシュートしていない。
  そんな攻撃にこの名前を付けたのには意味がある(ここに書けよ)。


インペリシャブルは「不滅」。
理由は解りそうで分からないから、保留。東方ではよくあること

無余涅槃(むよねはん)

* 生理的欲求さえも完全になくしてしまうこと。
つまり肉体を滅してしまって心身ともに全ての束縛を離れた状態。
生理的欲求が残っていると「有余涅槃」


これは元ネタwikiの解説。
幽々子は飯食ってるけど排泄までするのだろうか?
もう、何が幽霊なのかサッパリわからない。
幽々子はどの程度実態があるのだろうか?物理干渉が不明

No.167  神宝「ライフスプリングインフィニティ」
使用者 蓬莱山輝夜  待宵(ルナティック)

  少子化が進むと益々ゲーム人口が減っていく。子供に買わせるゲーム
  じゃなくて、心の奥底に根付く様なゲームを創りたい。いつかは。


大人が暇になったら社会崩壊するw
ゲームはね、子供の仕事なんだよ。
プラクテカルな数学の応用。 デジタルごっこ遊び

No.171  神宝「蓬莱の玉の枝 -夢色の郷-」
使用者 蓬莱山輝夜  待宵(ルナティック)

  只の球である玉が何故もてはやされるのかは現代人には判り難い。
  金や銀より上に存在する玉。あ、将棋の話ですよ。金将銀将、玉将。


現代でも、日本ではマルとバツで判定しますよね。
欧米だと正しい答えには○ではなくチェックマークをつける。
マルが正しい記号だと考えるのは東洋的な思想だろう。
自然と離れつつある現代では輪廻や完全という意味で
使われることはないかもしれない。
人間は自然を忘れてしまった。小説儚月抄の最終話で
輝夜は先進的な月の都では自然を取り入れた建築だとか
云ってる。輪廻を越えた月で自然と共存する意味があるのか?
カロリーなしでは行動できないから食事は必要だし、
ベジタリアンの国なのか。てかマジで桃が主食?

No.146  禁薬「蓬莱の薬」
使用者 八意永琳  上つ弓張(ハード) Last

  ここでの蓬莱は、蓬莱で取れる~、の意味もあるが、本当は
  輝夜が自分の名前を使っているだけかも。輝夜の薬でも同じ。


蓬莱の薬は輝夜の術で永琳が作ってるような言い方を
永夜冥界EDで言っている。永琳や月人単独では作れない?
永夜のスペカでも「蓬莱の薬」は永琳輝夜の合体ですよね。
だとすればジョウガとか月都の薬って何のことだとか
とにかく薬に関する謎が残りますけど、厳密には輝夜と永琳は
遥か昔から一緒に行動してて、あらゆる蓬莱伝説はこのコンビによる
犠牲者たちだ・・ということでしょうか

No.126  神符「天人の系譜」
使用者 八意永琳  上つ弓張(ハード)


何ww天人の系譜が月だと書いてあるではないか・・
緋想天発売より数年前に公開されてたのだ・・

No.097  光撃「シュート・ザ・ムーン」
使用者 霧雨魔理沙  待宵(ルナティック)

  月を撃つというのは、実はこのゲームの最大の皮肉でもある。
  勿論、魔理沙は意識していない。


これが答えだろうか?妹紅のインペリシャブルシューティングは
不滅のSTG・・STGは不滅・・しかし東方は射撃じゃない。
基本逃げること優先する、美しい弾幕の見せ合い。
魔理沙は弾を撃つキャラだが、月は剣に例えられるように
剣に弾丸を撃ち込むのは奇天烈という話。
月にはスペカルールはない。銃剣を持っているのに
訓練は銃撃ではなく突きの練習をしている。
同様に依姫も刀を持っていた。
「月を撃つのは最大の皮肉」とはそういうことだろうけど、
月がテーマの永夜抄で最後の妹紅が最後に
インペリシャブルシューティングを使うのは皮肉の極みとも思える。
撃てないゲームなのに「不滅です!」ってのはおかしい。
肯定なのか否定するのか分からないw

No.055  夢符「二重結界」
使用者 博麗霊夢  初月(イージー)

  結界は意識の力。


霊夢は無意識(寂・サビ、空気)の人間。弾もホーミング性能。

 というか、霊夢は相手を見てないね。
   適当に撃っているだけだ。子供の喧嘩だ。

 プレイ中は御札の動きなんて見てられない。
   霊夢は誰に対して美しい御札の動きを見せようとしているのか。


ドリームバトルは霊夢の夢の戦いだそうな。
霊夢は自分の夢と戦っているのだろうか。
夢想封印は自分の夢を縛る=俺自重wwってこと?
幻想郷は霊夢と紫(メリー)が見ている夢の国なのか・・

No.067  霊符「夢想封印 集」
使用者 博麗霊夢  初月(イージー)

  プレイヤー側の同名のスペルカードと大きく異なる技の一つ。


興味深い話が連続してますね。
もし上の僕の想像が正しければ、
ドリームバトル=霊夢の夢
夢想封印=夢を封じる技
霊夢の夢を封じる技?
自機で使う時と相手が使う場合で違うのはそういうこと?
主観と客観の差? 

No.065  神技「八方鬼縛陣」
使用者 博麗霊夢  上つ弓張(ハード)

  何だが、霊夢が術に嵌って身動きできなくなってる様にもみえる。


こちらも関係して、鬼である霊夢自身を縛る、
夢想封印と同じような意味にも思える・・
 紫が国津神の頂点であるとして、それと一心同体の霊夢は
鬼や妖怪の頂点・・という解釈が浮かんだ。
どちらも結界師として自身を夢の世界に封印してるのではないか
・・・

No.068  霊符「夢想封印 集」
使用者 博麗霊夢  三日月(ノーマル)

  プレイヤー側の同名のスペルカードと大きく異なる技の一つ。
  まるで意思を持ったかのような御札の動きは、まるで夢の様に。


うわぁ、これもヒントじゃないのか^^;
本当に漠然とした予想案を挙げるしかできないんだけど、
幻想郷が霊夢(or博麗神主=霊夢の夫か父であるZUNつまり紫)の夢
であるとして、夢は他者との干渉で収束したり膨張したり…

萃(集)めるのが萃香の能力。鬼が居なくても寂しくならない。
鬼はワビサビのワビ(侘=集)の力だった。
逆にサビ(寂=散)が霊夢の能力?居ても居なくても一緒。
いや、霊夢は妖怪を神社に集めている。ワビとサビがあるはず…。
紫はどうか?幻想郷に外の物を誘い込んでいる。ワビだろうか?
主に霊夢がサビ担当で紫がワビ担当と考えるべき?
霊夢はばら撒き弾が多いと言われる。ばら撒いてホーミング。
やはりサビなのだろうか。
ならば「鬼を封じる」が正しいのだろうか…
「昔の人はものが広まることを楽しんだ」(幽々子)
霊夢(そしてZUN)は昔の人間だと言いたいのか。
ZUNは東方が広まっていくのを楽しんでいる。
霊夢と紫は昔の・・・

いや、撒いて(=サビ)ホーミング(=ワビ)だから両方だけど。
紫の深弾幕も散ったり集まったりしてますよね。

No.077  神霊「夢想封印 瞬」
使用者 博麗霊夢  待宵(ルナティック) Last

  霊夢が見ている世界はプレイヤーとは異なる。
  むしろ、プレイヤーが霊夢時空に封印されている感じ。


おおおお?wやっぱ上の予想であってるのか?
スペルカードルール=ドリームバトル
霊夢が見てるのは霊夢の夢の世界だ…
幻想は霊夢と紫が構築した夢なんだ・・
霊夢のために紫が用意した夢?
何だ、それって単純に「東方はZUNが作りました」って意味じゃんw

 

弾幕結界は無限に続くSTGの万華鏡。紫のさじ加減一つで生きる
 か死ぬかが決まる。



これも結局、作者であるZUNのさじ加減じゃないか。
そう言えば、文花帖で写真撮影によって弾幕は消える。
写真は究極的な写実行為。夢の産物である弾幕は消えてしまう。
ちょっと面白いですね。機械技術が現実的であるなら、
妖怪の山の河童と天狗は機械技術=現実主義の西洋人ってことか。

そう思うと幻想って東洋的な、曖昧混沌の世界ですね。
まさしく妖々跋扈。


このページのトップへ
追記:起きてる時間が長いとロクなこと書かないな^^;
   これも一種の絡み酒・・

概要>
幻想(東方)を積極的に楽しむということ、
受け取り方の問題について。
(主に永夜かも)

――――――――――――――――
永夜のスペルプラクティスにて
アポロ13の 13は不吉な数字だから云々
なるほど、今まで気付きませんでしたw
13の不吉要因には諸説ありますがユダを特定で不吉とするわけではない。
使徒全員で不吉ってことになるだろう・・
そうなるとアポロ13だから堕天した輝夜って決めるわけにはいかないね。
むしろアポロは太陽神の名前だから云々って

永夜のプラクティスは出てるものだけ全部取得しておきましたが
(つまりイージーとノーマル一部)
文花帖レベル7まで進んで、永夜やってみると矢張り少し楽になってた。
っていうか、複雑な弾幕の回避ルートの考え方とか、
そういうのが変わった気がする。
忍耐力は相変わらず1分だけしかないけど、
ひとつ先の弾幕を意識するようになった?かもしれない・・
 妖々夢も一応好きだけど、虹川と妖夢がすごく苦手。
数か月振りにやるごとに、こんなんだっけ?って驚く。
で、妖夢のスローが不快だから本編やる気にならない・・
っていうか永夜以外、ストーリーのボスの流れとか
好きになれない。一人でも嫌いなボスが居たら本編やる気なくなる。
ストーリーのイメージとして好きになれるのは
永夜 妖々 ・・だけか? 弾幕って意味では地霊も。
 ボスの流れって書いたけど、ラスボスへ導くプロセスとして
それに関係するボスが出てくるわけですよね。
この先には~が待ち構えてる みたいな予告をするわけです。
だから関係ないのが出たら興醒めなわけで・・
あとはラスボスが抱く幻想のスケールって言ったら臭いけど、

レミリア=太陽光とか霧で遮ります
・・・(´-`)初期作だから仕方ないけどワクワクって感じではない。

幽々子=春を集めて桜を咲かせます
・・まぁ期待はできる。生死の境という意味でも観念的な面白さがある。
吸血鬼よりは西行の娘っていう設定の方が斬新。

輝夜=竹取と絡めた伝説設定の共有
・・これは幽々子以上にとっつきやすい。誰でも知ってるネタだし。
それと東洋の桃源郷的見立てが混ざってるのも良い発想だし
シリーズで新天地ネタってのもイメージが拡がるし
ネタの引っ張り方や深さがやけに違う。
宇宙っていうだけでもロマンのかたまりですし。

花映=異変や閻魔の存在が紹介されたこと自体に
    世界観的価値は感じる
風神=神話ネタをそのまま引っ張り過ぎな感じ
地霊=核が究極幻想ってのは面白い。
    地獄(新場所)が登場したのも良い
萃夢=鬼だけでネタ作りは難しそうw
    EDは関係ないネタで正解だったか
緋想=今回はボス2種登場させて良かった。
     天界が登場したのも良かった

何が言いたいかって、僕はシナリオの発想の面白さに
憧れて、ああ面白そうだなと思ってプレイするわけです。
与えられたものをそのままこなすのではなく、
自分なりにイメージを展開して、その夢想幻想を追い求めて
本編やってる。 冒険性、 宝のロマンで冒険なのです。
どんな宝か想像しながら楽しむのです。

風神の諏訪様は幻想だったのでしょうか?
僕にはあまりにも現実的過ぎた。現在でも長野で祀られている神々を
そのままゲームで出して、それが面白いことだと思えなかった。
まだ居るんですよ、こっち(リアル)に。
酒呑童子も、西行も、かぐや姫も、遥か昔の話です。
今ではどこでどう祀られてるか、誰もが把握してるわけではない。
吸血鬼は・・これは残念ながらメジャーすぎる。
鬼は定番? 酒呑童子を特定で使ってるのは珍しい気がする。

何でこんな話をくどくど書くかと言うと・・
先日も少し感じていたことですが
儚月抄の評価が何故別れるかという根本的な問題として、
いつも言ってることだけどキャパシティって 受け取り方、認識方法であって
これ次第では同じものでも全然違って見えるわけです。

目の前にリンゴがあって、
1-これはリンゴで 食べ物だ
2-これはリンゴで皮をむいて種を取って食べられる
3-これはリンゴで食べ物だが見るだけでも美しい
4-これはリンゴで食べ物だから友人と一緒に食べよう
5-これはリンゴで食べ物だからリンゴを知らない人に高値で売ってやろう
6-これはリンゴで食べ物のはずだが 毒が入っているかもしれない
7-これは植物界被子植物門双子葉植物網~ で構成物質は~
8-これはリンゴだが友達になりたい

こんな具合に色々浮かびます。僕は一々食べる前に
それ以外の可能性を考えたり、これがどうにか何かのネタに
ならないかとか、とにかく頭を無駄に働かせる。
結果このリンゴは食べずにこのまま腐らせて過程を観察しようとか
様々な行動に出る。 食べるならどんな噛み方が面白いかとか、
この皮には農薬がついているかとか、
この皮の色を表現するにはどんな絵の具を使うかとか・・

神経質とか潔癖症ってこういうことですよ。
どんなことにも一々細心の注意を払う。頭が痛くなるほど考える。
 しかしそれはとても楽しいことでもあります。
常に身の周りにある何でもないものが、次の瞬間に何か
今まで考えたこともない素晴らしいものになる可能性がある。
それを「見出す」のは私自身の価値観です。
物質世界が万人に等しかったとして、それを複雑に独自に捉えることが
できる人間の高等感覚を、どう活かすかは個人にかかっている。

長い例えでしたけど、東方の儚月抄を叩くってのは、
それを踏まえて考えてみて欲しい。

儚月抄が面白くなかったの? 
あなたの価値観がZUNについていけなかっただけ?
勝手にバナナの皮で転んで、これは誰が置いたのかと怒る。
次はこのバナナを輸入した人を探しますか?
その次はこのバナナを栽培した現地のオジサンを怒る?
そのバナナの木を植えた土地の主も訴える?

こう言いたいのか。
面白いかどうか、良し悪しは社会的な基準、一般論としての評価だと。
個人の捉え方ではないと。
結局儚月抄の読者何割が喜んで、何割が嘆いているのか分かりません。
しかし元来同人という市場、そもそもの目的からして
個人的な満足度を追求されていること、 その観点でとらえるべきであること
とも思える。 これは単純に「それぞれが楽しければいい」ということで
つまりそれこそ上で私が長々と書いたこと。積極的に楽しむ。
―――――――――――――――――――――――――――――
そもそもこんな話題になったのは・・
先日のチェキ空さんの儚月イメージと違ったこと、
イメージのギャップについてであった。

僕は神話伝説と宇宙のロマンが結びついて永夜抄は
まばゆいぐらい輝いてる作品に思えるし、その思索を更に増幅してくれる
儚月抄も作画はともかく面白かった。
特に連載開始~ 上巻の範囲は期待感で息もできないぐらい面白かった。
悶えながらコミック毎日繰り返し読んでた気がする。

でも一方で、これはツマラネーとか 儚月抄のお陰で東方嫌いになったとか
そこまで言う人もいる。
一般的な意味でのクオリティを求めるなら、お門違いだし
ジャンプでも読めばいいのかもしれないし、
とにかくその人が求めてるものは多分、ずれてた。
個人的、或いは一方的な読者側の勝手な希望を膨らませ、
それとの違いを主張する。
つまりその人はZUNや絵師たちの抱いたイメージと違った。
その人が見ていたのは東方ではなく、その人が構築した
東方に見えるだけの何かだった。
さっきの例で言えば、リンゴに見えるけど実は
ただのプラスチックの模型で、よく確認せずに
噛みついたら歯が折れたとか、そういうことでしょう?
それはリンゴが悪い?勘違いした人が悪い?

まぁそれも個人の基準でしょうかw 究極的にグレーかもしれませんw

――――――――――――――――――――――――――
そら氏は永夜や文花はゲーム特化で面白くなかったとのこと。
その件と儚月抄の批判は別個の問題であるが、
永夜の積極的な楽しみ方という意味では関係がある。

結局、「嫌な攻撃をボムで潰す」という過程が好きなんですよね。
 だから、「ボム封印」を強いられる永夜抄のスペプラはあまり手を出しません。
http://www.mypress.jp/v2_writers/kamisra2/story/?story_id=1826705


なるほど、ゲームでも根本的に考え方が逆みたいです。
僕はスペカをひとつも逃さず、1つずつきっちり進めたいのです。
だからボムも使いません。どんなに下手でもクリアするまで停滞する。
そしてスペルカード単体でも東方の世界観の素晴らしさや
そのキャラクターの人格、とか想起できて、スペルプラクティスでも
全然楽しい。
そうやって世界観も音楽もイメージ膨らむから、永夜抄の延長で
儚月も楽しめる。何もかもが延長で面白く見えてくるんですよ。

永夜のED絵が好きだから紫が好きだし、霊夢達も好きだし、
嫌いだったレミ咲や マリアリも好きになれる部分があった。
月の存在によって東方世界が2倍ぐらいに拡がったし。
僕にとっては永夜が東方に大きな革命になってます。
宇宙まで行っちゃうともう無限にイメージが拡がる。

と、まぁ月の狂気にあてられた人間の言い分ですが・・
夜に幻想を抱いていたのは東方以前に、子供の頃からでしょうね

冷静に分析するならば、哺乳類は恐竜の時代には
夜行性でこっそり生きてたので、そういう名残で夜行性で
覚醒するのではないかという気がします


このページのトップへ
概要>
昨日の女脳の話から引き続き、まぁこれは私の通底的なテーマですが
A型の趣味性、きまぐれな思考について、少し東方と絡めつつ
書いておこうかなと思います。(結局いつものこと)

判る人にはわかる、解らないヒトにはわからない、かもしれない
――――――――――――――――――――――――――――――

大したことではないけど俺にとっては大したことだった。
どうということはない、東方のネタをいつも通り辞書で考えてたんだけど
偶然 気になる面白い言葉を順繰り調べていくと、
『草枕』の一文(漱石の造語か)だった。

草枕は多分読んだことがない。冒頭は見覚えあるから、
数年前に少しだけ読んだのかもしれない。タイトルも見憶えあるから
定かではない。 というのも、私は漱石の作品は難しくて取っつきにくいので
読みやすいものだけ手をつけたような。 草枕がそれだったとは
限らないけど、 そもそも漱石の文章は好きで、草枕はその
更にストライクゾーンであることは疑いない。

今にして読んでみると驚愕のクオリティ。
半年前にも1度 急に『こころ』とか『それから』とか読みたくなって
衝動的に文庫買ったりしたけどガッコー行ってないだけに
通学以外では文庫読まないんですよ^^;
ラノベも2年ほど読んでないです。

前振りが長いwwwww

それで・・ここまでまとめ・・・夏目漱石大好きだけど難しくて今まで
                 積みっ放しだった。ついに読む日が来た

で、草枕ですけど これはヤバイ。ネタの宝庫ですね・・
丁度テーマが東方に合いそうな。
夢と現の境のような文章です。
http://www.ka.shibaura-it.ac.jp/kokugo/02souseki/d/34/kusa.htm

夏目漱石の文章は私の上位互換のような感じで、好きですね。
ガチガチに内容詰め込んだような、読み苦しい充実感。
中学?で初めて漱石の文章を読んだ時は あまりのクオリティに
度肝を抜かれました。世の中には、人間には、これほど複雑で整合性に満ちた
表現を構築できる文士がいるんだな、と焦りました。
(文章の構造、そして初めて自分以上のメタ思考に出会った気がする)
どれだけ勉強したらこんな文章力がつくのか想像できなかった。
僕には小説家は無理だなと思った。
(ちなみに糸井重里はマザー3対談で 仕事柄短い文章に意味を詰め込むのが
得意だが長文を構成するのは苦手だとか話している。)
大学に入って、太宰治を粗方読んでから再び読もうとしたけど
やっぱり難しかった。漢字も難しいけど、その独特な表現も
理解するほどの情緒理解や発想の余裕がない、と判断した。
※一応補足しておくが太宰はABとか漱石はAとかそういうこともry

太宰は好きだけどあれは真似できることではない。
ああいう文章は書けねえわ。それに、2割ぐらいは共感できない。
でも漱石は少し言葉が難しいだけで、自分の文章みたいに
自然に内容が読める。
「低徊趣味的」と自分では云っていたらしいけど、
つまりあれやこれやと思考をあてどなく巡らすということ。
昨日書いた 女脳的 というのがソレであるが、これは語弊だからやめた。
感情的というより想像的、 現実ではなく観念・想念に依存しがちな思考。
もっと究極的にはこれはつまりAの女性に見られやすい性格、
ということかもしれない。そういう意味では女脳的と言える部分もある。
しかしAの男であればその自我レベルに高さに比例して
この女脳に近づくであろうことも確認されている。
それがつまり俺とか漱石とか、古今東西いくらでもいるけど
そういう系譜だろう。こういう人種分類みたいなものは
意識して考究しないことには身につかない。
知らない人は知らないまま生きていく。そういうもの。それだけのこと。

話を戻そう。低徊趣味的。何となくうろうろすること。
これって結局、「きまぐれ」「ネコみたいな」ってこと。
なぜキマグレな性格をこれほどネコに例えるか?
とても簡単、 ネコは9割がA型と言われる、地上で最も有名な
A型比率が高い高等動物(哺乳類)だから。
だからA型の研究をするなら人間よりネコの方が的確かも。適度に本能的だし。

漱石の吾輩は猫~は有名だが 自己パロで
「お先真っ暗な猫である」とも言っている。
改めて思い出す。霊夢の少女綺想曲、カプリス。
mikoの月夜を二人で抜けだす程度の能力。
紫という存在。幻想郷という場所。
同一性の意識が強い人なら僕の連想ゲームは分かり易いと
自負するが、その辺りは地球にやさしくないらしい。

――――――――――――――――――――
ここからは本来本題であったネタメモ。
僕がネタメモと称する場合 確信的倒錯、こじつけが含まれる話題である。
とりとめもなくかきつくろうよしなしごとである。


紫の技で「漱石枕流」ってのがありますよね。
スキマで弾幕を反射するアレ。
漱石は元々正岡子規のペンネームのひとつで、譲り受けたのだとか。
大学講師で夏目漱石の前任だった小泉八雲については
かなり前に記事を書いたけど、いわゆるメリーの元ネタですね。
彼も幻想がどうとか、怪談話も書いています。

それで漱石の方ですけど本名は金之助で

漱石は望まれない子として生まれたといえる。金之助という名前は、生まれた日が庚申の日(この日生まれた赤子は大泥棒になるという迷信があった)だったので、厄除けの意味で「金」の文字が入れられ


なんと・・庚申の厄封じで金気とは。
僕が最初の頃に書いてた八雲紫考察を思い出しますね。
小泉八雲の後任で金の名を持つ低徊趣味作家・・ なるほどね(´-`)

飽くまで僕の個人的なこじつけですけど、そのまま八雲紫に重なるなあとか
まぁそれだけの話なんですけど ネタと言えば
草枕  老子  論語 あたりが面白いです。無限、いや夢幻に
ネタがありますね・・ シリアスな東方同人作るなら こういうの
使えばいいんじゃないかなとか

いや、俺はネタ探しばっかりで絵が追い付かないんだが
今日も緩やかに道を踏み外したのであった


このページのトップへ
概要>ニコ動ゲーム実況者アンリを例に
   自分のような性格について考えてみる


(まぁ言ってみれば男受けする女子とか、
ぶりっこ(死語)…とか、そういう性格について。)
===========================

ども。作業用に聴いてた日本昔話見終わりましたw
全部ではなく、内容覚えてるのは一部飛ばしたから
700~800本ぐらいか。なつかしいものです。
アニメも絵本も、僕は昔話で育ったような人間だし。
またそのうち面白い話を紹介するとして、
次の作業用BGMを考えてたら、アンリさんの実況が
かなり溜まってるので、これはいいなぁと。
アンリと言えば新谷…春からアマガミのラジオで
新谷のうざ可愛さが気になってきたので、
俺も改めてアンリ好きになれるかなぁと思いまして。


http://www.nicovideo.jp/watch/sm5656037
田舎の中学生2人と大人が喋ってる感じだが…
22分ぐらいにご褒美あるから最後まで聴こうね。

仕事だからどうにかフォローできたって感じか
帰りたそう って、最初から「呼ばれたから北」
ってだけじゃないのか… 何か視聴者の嫌な
思い出を掘り返してしまいそうですね。
まぁこんな付き合いは良くあることだよねえ
学生でも社会人でも。


こういうのが男脳的って言うのかしら。
何て言うか…ねえ、分かる?って投げてしまいそうw
いや、こういう人って分かる人にはよく分かるでしょ。

共感って言葉でいいのか分からんけど、
やはり男脳的って云っていいんじゃないか?
赤松の表現を妄信してるわけではないけど、
確かに使い易い表現なんだよ。
俺に言わせれば「自意識の強さ」「自我レベル」
とか、今のところ俺が思うに、これは
男女ってだけの問題じゃない。二元論じゃ無理。
余談みたいになるけど一応大事なことだから
この件を片付けておくけど、
(これはアンリや自分自身の人格についての考察でもある)

~~~~~~~~~~~~~~
例えば俺は自分でかなり女脳的だと思ってるが、
(身体的にも 性格的にも)
かと言ってアンリが男脳的な女だと言えるか?
俺と正反対の性質を持ってる?逆だろ。
女脳的男 ⇔ 男脳的女 ×
女脳的男 = 男脳的女 ○
こっちの方が合ってる感じ。
これはもう二元論じゃないだろう。
上の関係が正しいなら、女性という一般イメージから
考えて沿ぐわない場合男脳的と言い、
男らしくない思考を女脳的と言っている。

まぁ、私は最近赤松の話を聞いてないから
私の男脳女脳は語弊起こしてる可能性もあるが、
とりあえず血液型などの考察と並行して
このあたりも考えてるけど、
自我レベルだけでもないってのも確か。

例えヴァ…A型B型AB型O型、それぞれに
自我レベルは個別に存在する。
しかしそれぞれに発現し得る男性or女性的
資質は決まってるようにも思う。
このあたりはかなり前にも言及したけど、
A=女脳的に成り得る
B=男脳的に成り得る
AB=常にどちらでもある
O=常にどちらでもない第三の性質

そしてそれぞれに自我レベルは存在する。
これは多少先天の可能性がある。
(後天の可能性:幼児期の体験とそれ以後の持続的環境)

そんなわけだから、私は「男脳的 女脳的」って
表現はこれから使うのやめるかも。語弊ある
~~~~~~~~~~~~

さて、改めてアンリだけど
っていうかアンリを例に、所謂ぶりっこ、とか
呼ばれる性格の女性について考えるのが今回のテーマで
つまりアンリのアンチって何なのか、
逆に俺らはなぜ好きなのか、ってこと。

これは今回だけで書き切れそうにないが。
いや、どうも文章がまとまらないw
箇条書きで考えてみるか

・周りからどう思われるか
・それに対してアクションを起こさない
 或いはそもそも気にしてない
・自分の意思を常に優先している
 そもそも優先すべき自律意識がある
・そのスタンスに対して共感し得る(第三者)

以上は「好き」のひとつのプロセスだろう。
ぶりっこだと感じさせるのはなぜか?

・他人に取り入って自分に利益するように振る舞う
・少なくともそうしているように見える(第三者)
 そういうスタンスが不快
・自分の意思を優先して行動する人間への批判(第三者)
 (しかしこれは共感も多少含んでいる)

こういった嫌悪要件は直感的な部分に作用することも多い。
何となく嫌いと言う場合はこのあたりかもしれない。
女性であれば本能的に他人のこういう性格を嫌悪する可能性もある。

~~~~~~~~~~
今回はここまで^^;



このページのトップへ
概要>
東方儚月抄小説の完結を受け、改めて
漫画版の最終話「青の宴」を細かく見直してみる。


セリフ殆ど全部にコメントしてますw
その部分に関しては手元にREXかコミック底巻が
あった方がいいと思うが^^;


 前置き ―――――――――――――――――

しつこいけど気持ち的に儚月抄を引きずってるので
何となく考えてることを書いておく。
エヴァはネット見てたら落ちついて全貌が
見えるようになったので、各キャラやアレンジシーンの
思索考察はまた追々やっていこうと思う。

そういうわけで儚月抄の話。僕はこれ好きだからw
(やっぱ2DのSTGは興味ないわ…)

 小説抄~秋枝抄 ―――――――――――――

最終話 漫画と小説両方見比べ。

漫画最終回を見直してみると・・
射命丸以外半袖ですねwこれ指摘されなかったか、
単に秋枝が資料そのままに書いたのか。
地霊EDで紫は長袖だったような。
霊夢の冬服がどう違うのかは知らん。

小説抄とラストが違うことが一部指摘されてますが
やはり僕はこの漫画版の後に輝夜永琳が来たんだと
思いますね。むしろ小説で射命丸が居ないことに
逆に違和感がある。

それと・・小説最終回で紫の登場シーン、
水着と酒が浮いていると書いてあるけど、
あの表現が分かりません。最初は「だけ」って書いて
あるので、手に持ってるんだと思ったけど、すぐに
水着は着てるんだろうと思い直した。
東方の妖怪が念力で物を動かすって描写はない気がするし。
ならば矢張りこのシーンでは「水着を着た紫が月酒を
持って隙間から現れた」という意味が自然かと。
しかしTOKIAMEは普通のゴスロリ服の紫を描いています。
漫画版でも秋枝は紫 幽々子そのまま描いてます。
紫の水着って何だったんでしょうね?
少なくとも自分の水着を用意してたのは間違いない筈ですがw

漫画と言えば紫の手袋が前鬼後鬼になるとして、
カラスが偵察に行ってるのに紫が手袋両方してるのは
おかしくないか?とか前々から思ってるけどw

あとは漫画最終話の扉絵、博麗神社の鳥居は東向けか?
っていう疑問もありますね。これは先日の考察参照。

とりあえずZUNがゲームと同じような、或いは小説みたいな
文章を用意して、セリフはそのままで説明を絵にする
作業を秋枝がやってるのかなと思います。
そこで少しありきたりな感情表現などを加えられてる。
ここは少し危険な気もします。
昨日の「勝手にコメ」でも言及しましたけど、
東方原作の立ち絵では涙や汗や怒りなど感情エフェクトが
使われてますよね。 あの大きい汗マークとか。
あれがないとZUNが何を考えてそのセリフを言ってるのか
大きくニュアンスが変わると思います。
僕はテキスト先行で、ネットでシナリオ会話だけを読んで
それからゲーム買ってプレイしたんですけど、感情表現で
驚きました。あちこち予想してたニュアンスと違ってたから。

比較的軽いノリが基本で、単純なことで怒りマークとか
泣きマークが使われてますよね。でもそれがZUNの考える
東方キャラの性格です。二次創作みたいな恋愛やエロに
無関心な、その緩いノリが一次世界。

そこで・・儚月抄漫画では秋枝の感情描写が付加されてます。
それを取っ払ってみたら少なくとも齟齬が発生するのは
抑えることができるかと。
極力先入観、月並な想像を捨てて、東方脳に切り替えて
原作の立ち絵のイメージで儚月抄のセリフだけを
読んでみたら、よりオリジナルな儚月抄が見えてくるのでは
ないかな、と思う。
暇があったらやってみてくださいwバトルシーンも。
秋枝の演出は飽くまで参考程度にして、小説の挿絵だとか
思えば、かなり儚月抄のイメージは変わってくると思います。

 秋枝抄「青の宴」詳細コメ―――――――――――

さてそういう視点も頭の端に置きつつ漫画の最終回を
最初から細かく見ていきます。

・死なない月人が幽霊に?
蓬莱の薬のように魂・精神の身体だと言うなら、
ある意味幽霊に近い気もしますが肉体はあるんでしょうね。

・来客だと言う射命丸
階段の下から来る相手が見えるってどういうこと?w
視力っていうか光屈折してるの?w 謎シーン。
耳がいいのかしら?

・パラソルなどを所持する紅魔勢
香霖堂で買ったのか、パチェが魔法で出したのか、
厳密に考えるのはやめた方がいいかな?
なんでパチェが直々に来たのか不明。
秋枝の絵だとチャーミングに見えるけど、
Alphesのパチェはクールでしたね。賢者モード。
ZUN絵のパチェも可愛い路線だったかな

冬に霊夢が肩を出してるのはあり得ないだろうか?
腋巫女が一般認識化し過ぎて、本当の霊夢が
どんな巫女服なのかイマイチわかりません。
ただ、紅魔前後のZUN絵を見ても霊夢の巫女装束は
赤い上着の下に白い襦袢のようなものがくっついてて、
二重になっているように見えました。私はアレが
公式の霊夢デザインだと思ってて、イラストで
ヘソが見えてるものはネタに見えますねw
ちなみに秋枝も儚月中巻の特典でヘソ出し霊夢描いてます

・レミ「あんたらを連れていったのはミスだった」
 そう言って睨み合う霊夢とレミィ。
これは、小説最終回でレミが霊夢には感謝していると
いうような心情描写がある?ので表面的な遣り取りか。
レミリアは結構霊夢に懐いてる気がする

・魔理沙「なんだよその寒そうな格好は」
 レミ「どこが?」
僕の解釈ですが吸血鬼ってアンデッドみたいに
体温冷たいんじゃなかったっけ。
或いは某映画的解釈で、ものすごい赤血球数とかで
生命力に溢れる超人的な肉体の持ち主。
だとすればレミリアは冬でも全然寒さを感じないだろう。

・レミ「パチェがなんとかしてくれるわよ」
 パチェ「てれ てれ」
この擬音が秋枝の判断なのか不明ですが、ここまで
描いてるんだから神社に連れて行くように指示したのは
神主でしょうね。ここは 「もじもじして黙ってるパチュリー」とか。

・流れる水が苦手な吸血鬼
ああ、こんなところに書いてありますねw
水という物質より、流すという行為に呪い的意味が
あるのかも。
魔理沙はシャワーと言ってるけどシャワーを知ってるのか?
霊夢は流しそうめんと言ってるが、食べる時点では流れが
止まってるから、平気だと思う。
まぁこのあたりはどうでもいい^^;
アヤが海でバカンスと言ってるがバカンスという言葉も
知ってるんだなとか突っ込まない方がいいですね

・紫のカラスに気付いている射命丸
カラスだから気付いたのか、単に警戒心が強いのか。
根本的に頭がいいってのもあるかな・・・
射命丸って一応千歳とかラスボス級の妖怪
なんですよねっていうかレミリアより上かもしれない。
紫や萃香たちも昔から知ってるんですよねきっと。
"幻想郷をずっと見てきた…"

・式カラスの報告を受ける紫。
 「最近いいこと ほとんどなかったから」
カラスの報告は、霊夢達のプール宴会より
永遠亭の監視って意味だと思います。
小説と漫画の序盤で てゐが霊夢の行動を
見てますよね。多分永琳の監視はウサギかと。
そのウサギを監視するのが紫の式カラス。
良いことがないって何のことでしょう?
地霊も含まれる?あれは紫の想定外の異変だったろう。
風神は関与してないけど分祀を受けて無視してた
わけではないでしょうね。紫にとって不利益かは
判りませんが。 緋想天の神社倒壊も含まれるか不明。

・幽々子「ずっと待っていたんだからぁ」
この語尾は完全にZUNのテキストですな。
何て言うかこの癖… うん、ZUNはすごく癖が強いわ。
書き文字もイラストも安定した癖がある

・藍「説明してくださいよ」
式だから命令外のことは頭が回らないのかな

・雪が降る閑散とした白玉楼
白玉楼って使用人の幽霊とか居ないんだろうか?
料理は全部妖夢が作ってる? 冥界は謎が多い

・紫「一番なんにも考えていなそうな幽々子」
確か、永夜EDで幽々子と永琳の絡みがあったよね?
「貴方は余り喋らない。」(ちょっと黙ってろ)
と言われてる…。永琳と話が合うキャラ自体居ませんが
こんな遣り取りをしている幽々子が月から酒を
盗んで来るとは、確かに思わないかもしれない。
ところで永琳って三編みじゃないですね。
殆どウェーブもかかってない銀髪ロング。

・幽々子に直接指示はしなかった
矢張りアドリブなのか。しかし確信的な計画

・幽々子様はなんにも説明してくれない
紫も藍に対して多少そうですけど、(>小説5話)
幽々子は妖夢に察することを学んで欲しいのかな?
斬らずに知ることこそ剣士の強さだと、
それは幻想郷的で美しいことでもあると教えたいのかな

・月で幽々子がウサギと交流しても捕縛されない件
これは厳密には分からないですね。
存在そのものが希薄だから誰も敵意を持たないとか、
綿月姉妹に報告されなかったとか、可能性はいくつか。

・藍
強力な妖獣である九尾なのに てゐより抜けてるような気も。
日本神話の神代は九尾より昔ということになってるのだろうか
式である藍や個人の性格の問題だろうか
従者の中ではウドンゲが少し面白いですよね。
小説の2話あたり?を読んでると永遠亭での立ち位置が
独特と言うか。

・空き巣
漫画15話のラストで幽々子が「あら空き巣?」と笑っている。
実は半年ほど前から儚月抄のオチはヒントが出ていたのだ。

・幽々子は手荒い真似をしない
これは、幽々子が食べ物を盗むことを確信していたのだろう。
たとえ酒でなくても永琳に月の味を想起させれば勝ち、
と言えるかもしれない。それでも酒の可能性は高かった。
月には桃しか食べ物がないかもしれない。
それ以外も美味しいとは考え難く、消耗品で価値があるのは
酒だけだと予想できただろう。
「幽々子 この古臭い壺は何かしら?」このコマでは
紫は汗をかいているが、これは多分正しくない。
紫は最初から永琳を驚かせる作戦だったはずだから
これは想定内だったと私は思う というか、
紫は一喜一憂するようなキャラでもないかと。

・料理
魚もあるのでしょうか?川魚?
そして矢張り妖夢が半袖なのが気になる^^;
ZUNだったら…このシーンは皆帽子被ってないかもしれない。
まぁZUN自身は帽子被ったまま飲み会してるだろうけど…
ところで東方キャラは癖毛みたいなウェーブ髪多いですよね。
神主自身にそういう(>想像にお任せする)意図があるか
判らないけどねぇ…

・紅魔館の地下プール
魔理沙がビート版持ってる。泳げないだろうね、
初めてだろうし。
小説では砂浜だと言ってるから、この完全なプールは
秋★枝の曲解かなぁ。
サイドで射命丸が居て写真撮ってます。
パチェはストライプのワンピ水着です。

・水着
魔理沙や霊夢が水着だと、ああ普通の女の子だなと
改めて認識しますね。ZUNはこのシーンを
セクシーに見せない必要があったでしょう。
でも服が巫女や魔法使いでないレイマリはただの少女…
 もし、万が一、最後のサービスのつもりだったなら、
咲夜さんも水着にすべきだろうと少しだけ思うが、
賛否両論だろうなw
そんなにプライド高いメイドではないと思うが。
小説のテキスト通り紫も水着だったとすれば、
もう皆水着でいいじゃないかと。

・紫「ハロー」
地霊EDでもハローでしたね?
これも和洋折衷のギャグのつもりでしょうか。
幻想郷全体で挨拶がハロー、ではないと思うw
(フランスのオタクが日本語で敢えて挨拶するオシャレ意識に似てるかも)
しかし…娘のような年端もいかない霊夢たちに
酒を飲ませる紫たちって… 幻想の光景ですね。
霊夢は嬉しそうです。
異変以外何もせず、連日酒呑んでるなんて…
メルヘン、いやファンタジックか

・おつかもしれない
ZUNの漢字と平仮名の使い分けがわからないw
出来る→出きる こんな変換した人初めて(笑

・魔理沙「ええ?この格好で宴会か?」
寒いのか、恥じらいか、両方か。
ZUNは絵を描いてないから無自覚なのか、
それともこれは巧妙なサービスシーンなのか。
これもちょっとした謎かもしれないw
最後の最期に突飛もないネタを持ち出すのは
ZUNのお決まりなんですけどね…
儚月抄は長編だっただけに私は妙な勘繰りを
してしまいますね
海への憧れは、一応星蓮船への予告とも
言えなくはないと思いますけどね。

・漫画版最後の会話。
 霊「海ができてもやることは一緒ねぇ」
 紫「それが穢れだらけの人間のいいところでしょう」
 霊「もしかして馬鹿にしてる?」

ちょっと噛み合ってない気がするのは俺の国語力が
おかしいんだろうか^^;
てかこれで終わるんかいw
敢えて解釈するならば…
海があってもやること同じ=欲望優先で生きてる
つまり穢れってことか?
次はその欲望で宝船を探しに行くわけだ。
欲、趣味、娯楽…それを肯定して平和になるなら
現実も幻想入りしてしまうな

―――――――――――――――――――――

こうやって読んでて つくづく思うが、
東方はネタが面白いとか、そういうレベルじゃなくて
独特なキャラが独特な会話してる、それだけで
十分不思議で読む価値のある作品だということ。
世界観より(かなり広義での)"キャラ萌え"が大きいと思う。
(興味をそそることは萌えの一種であると仮定する)
月並なマンガに辟易していた人なら、儚月抄は
結構興味深い作品だったのではと思う。
少なくとも僕は、東方をシューティングだと意識してない。
残念ながらね… >ZUN


このページのトップへ
7/10追: 小説中心の儚月抄設定まとめ動画がうpされてました。
=================================
東方儚月抄小説 最終話 後編 の
最後の表現がイマイチ分からないのでマトモな考察サイト(&スレ)
を見てこようかと思いまして、

チェキ空さんとこの記事
■東方儚月抄 最終話「二つの望郷 後編」感想
の全文にレスコメントしました。語る友達居ないから^^;
ひとり対談みたいなことを。
まぁ、転載するわけにはいかんのでレス部分のみです。
すごく読み辛いとは思いますが、ソースを参照しながら・・
或いは当ブログのコメント単体でお楽しみ下さい・・
なんて私が云う訳ないですよねー((
こっそりソースのテキスト付きでうpします・・
怒られたら消します・・(先に確認取れという)
※依頼あればいつでも再うpできます

======================
とりあえずこちらには差し支えがない自分のレスだけ掲載
ちなみに、チェキ空レスは殆ど儚月抄全体を振り返るような内容で、
小説抄最終話の疑問に関する話題は、むしろこの記事終盤の
儚月スレの部分が該当します。結論を言えば、
どうやらあのラストに疑問を感じたのは僕だけだったみたいで、
そら氏もスレ民も永琳の恐怖は普通に紫が飲ませた酒の
驚きだったという解釈のようです。
 エヴァの件でもそうだけど、
俺の視点は思索的で懐疑的過ぎるのかもしれません。
あまり私が騒いでることに関わらない方がいいかもしれないね(笑
僕自身は楽しいからいいんだけど。


>僕は一応、アニメ関係の有名人のインタビューが多いので
>これからも買うつもりです…1000円では良心的な雑誌かと。

>時間が掛かり過ぎましたよね。連載期間的に。
>それから秋枝との連絡問題っていうノイズで気疲れした。

>綺麗だけど最後尻すぼみなのは東方の定番か。
>シリーズだから引き摺る必要もないかな

>何だかんだで語るべき部分は多過ぎて、絞らないとこっちも
>話にならないって感じで。


>僕は風神録でこれに気付きましたね。何て薄っぺらい本編なんだ、と
>驚きました。無味乾燥、淡々。あんたら(ボス)とは話すこともないから、
>ちょっと通りますよ・・と。神奈子とかラスボスさえロクに話題がない印象。
>地元の神様ネタを使いたかっただけで、霊夢や幻想郷と関係ないような。
>作風までリセットしちゃったのかとか。で、それを肯定的に捉えようとしたら
>霊夢は最初っから空気存在であって、話題なんてない、口下手&聞き下手
>っていう、扱い辛いけど憎めないだけの少女なのかなと。
>僕は風神が最初だったけど萃夢想と緋想天というキャラの扱いが並列な
>作品をやってみると、霊夢が空気であるような言い回しが強調されてるので
>元々(少なくとも紅魔以降の作品)そういう建て前的主人公っていう
>位置づけなんだな、と考えるようになった。

>上のレスに続くけど、ゲームとしてはボス萌えゲーで
>ZUN的には霊夢は可愛い主人公(でも建て前)っていう。
>例えば・・エロゲなどでは主人公視点だから顔グラがないですよね。
>ああいう感じで投影と建前で用意した主人公。
>建前…飾り。フリルのように無駄な、飾り。霊夢魔理沙は東方の"装飾"。

>シリアスやストーリーを排除する。連続ではなく散漫な状態、
>世界があるというだけの状態であればネタ(物語創作)消費しないし
>何十年でも続きそうな作品になるでしょうね

>最初から向いてない企画だったのはいなめない・・
>黄昏の萃夢でも永夜おまけで格ゲーなんてどうでもいいって
>愚痴ってるように、持ちかけられた企画に建前で応対するのは
>いつものことですよね。

>ユーザーへの皮肉と考え過ぎるのは個人的に反対。
>一部の作品でそういう主張が含まれてた可能性はあるとしても
>どの作品でも言ってる人は、ただの自意識過剰だと思う。
>ユーザーからの干渉を受けるべきでないってのが神主の理論でも
>あるし、一々そんなことゲームの中で言うかねぇ・・
>花映塚はファンサービスで作ったと言ってるぐらいだしともかく。
>地霊でパチェやアリスが魔理沙のパートナーになってるのは、
>恋愛関係でサービスってわけでなく、普通に魔法使い勢ってだけ
>でもあるんだし、 まぁ・・深読みいい加減にしろと(笑

>私は風神から入ったクチですが、儚月は作画以外大いに楽しめた。
>すごく少数派かもしれませんが、マンガ文法だけでなく人間的に
>キャパシティがあれば、相当注目すべき魅力はあったと思う。
>ただ、儚月ではゲームよりそういう部分が大きかっただけで。
>STGに釣られてくれる人が居ない分、より高い価値観スペックが
>要求されていた。

>結局部屋に軟禁されてるって感じでFAなのかな。出てこないのは不自然だし

>セリフこれしかないだけに、大事な部分を押さえてくれたなぁと。

>妖々夢の紫がヒトを食う発言は冗談で言ってる可能性も考えてた。
>もちろんグロを見せる必要がないからそういう場面はないだろうけど
>妖怪は精神や観念に縛られてるような生物で、物理的に食うわけでは
>ないっていう意味合いも強いかと思う。
>その疑問に答えるかのように、星蓮船では多々良が
>「心を食う妖怪もいる」と言っている。

>私が思うに、神主はリアルで自分みたいな価値観の人種
>(まぁある種のオタクとか)を指して普通の人間とは違ったもの
>つまり妖怪としてえがいたのが東方ではないかと。
>(太宰治の『人間失格』も、浮世離れの感覚をネタにしてるが)
>幻想入りしたっていう意味も多少あるけど、飽くまでZUNの
>現実社会への皮肉って意味で。
>(神主はコンシューマゲーム会社への皮肉もあって東方作ってるだろう)
>変わり者が鬼や妖怪ってのは日本の神話解釈でも同じだし。

>萃夢や緋想も完全に時系列じゃなくてパラレルで脳内融通効かせろ
>って意味だと私は強く思ってるけどw緋想が時系列だなんて、冗談よね

>咲夜とか紅魔の時点で月の設定を細かく用意してたみたいだし、
>多分世界観に関してはファンが想像できないくらい考えてあるんだと思う。
>ただ、そこへ導くエピソードが不器用かと

>そうかね?まぁ過去も語ったし、一人称で心情も書いたし、
>形式的にはこうして妖怪に迎え入れられて。使用要件は満たしてるよね。
>相変わらず他の勢力と絡みにくいのは、永遠亭勢それぞれの性格が
>問題でもあるかなぁとも。 紅魔勢は中国孤立してるしレミィが
>頼れる相手はパチェだけとなれば外に絡む機会があるけど
>永遠亭は永琳天才で何でもできますよ…って感じで。
>十分役割が埋まってるんですよね・・労働ウサギもいっぱい居る?し。
>永遠亭はかしましい少女じゃないよなぁ

>精神攻撃に価値を見出すのは妖怪として正しい行為ですね。
>レミリアが月都を奪うってのは、人間みたいな感じが。

>生きる汚さ(衣食住エロ)とか、死なないお約束の保障は
>ZUNがすべき部分で、同人ならではのお約束明示が支えになってるかと。
>東方キャラは死ぬ心配がない。絶対ZUNにその気がないから。
>普通の商業漫画なら、担当さんがそろそろ殺しましょうと言ったら
>そのキャラは終わる。

>ニコ動のインタビューで酔いながら「悲観的はダメ」とか
>テレビインタビュー(素面)で「何でもやればいい」とか、
>自由意思とか生産的姿勢を推してますね。もちろんそれだけでは
>社会は成り立たないけど、とても大事なスタンス。クリエイティブ職の鑑。
>上でも書いたけど、そういう社会の不条理批判を訴える意味でも
>東方を作ってるんだなと思いますね

>キャラメルは雑誌として悪くない。REXはラインナップ微妙だし、
>何より雑誌が厚くて邪魔だったりするから困る。
>ぱれっと?ご冗談を

>一番面白くなかったのが依姫バトルでしたね。
>コミックで言う中巻の後半が無かったら、まぁ概ね
>儚月悪くなかったよと言えた気がする。
>小説は東方のゲームで書かれてない心理描写があったので評価してもいい。

>ジャンプマンガみたいなことを月刊でやるとは…

>僕は元々漫画アニメ雑誌読み漁ってるクチなので他の発見はないけど
>東方に関しては年に一本の新作を待つだけじゃなくて
>一ヶ月単位でZUNのセンスに触れる機会があったこと、
>それについてネットで議論できること?で楽しめた感はある。
>リアルタイムとか議論対象っていう価値。
>それと…東方のゲームは難しくてクリアできない人でも
>楽しめるっていうメディア特製も押さえておこうか。
>東方のED認知度がどれだけ低いか・・


>クリアできないけど世界観、いや、キャラが好きです。
>民俗学や神話、オカルトが好きなんです。ゲームは与えられた回避ルートではなく、
>格ゲーみたいな自分の攻撃の振り方で勝利を切り開くような感じが好きです。
>記憶力は全然ないし、反射神経も最近はないです。
>集中力も格ゲーの一分ぐらいが限界。STGならスペルプラクティスか。
>ZUNが手掛ける事に関しては、萃夢でテキスト担当だけでもセンスが
>光ることが分かり、役割的に一応適任かなという印象はあった。
>しかし長編は別(個人的に好きだけど上手くはない)。
>私自身も同じで、短い文章はいくらでも考えるけど、長編小説とか
>話の構成が難しいし、それを支えるほど完成された語彙もない。
>やっぱりプロのラノベ作家などと比べると素人だと気付く。

>音楽のセンス、その扱いに関しても大きい

>私は三月精や香霖堂が全然面白くないから不思議。
>読めないほどではないけど、読みたい!とは思わない。
>読んだらフーン、そうなのかー。まあ面白くないこともないけど、と。
>とりあえず酒呑んで平和だねっていうのは短絡的で面白くない。
>時事ネタはZUNはこんなこと気にしてるのか…と何とも言えない疎外感。
>時事ネタは時事ネタ止まりで、東方に溶け込まない感じが。
>多少のストーリー性とか読み応えある程度の 掛け合いが必要だと思ってる。
>ZUNの日記じゃなくて、ZUNの創作世界に興味があるんだと。

>後半は漫画の補完でしかなかったけど、一応東方キャラがやってることだし
>心理描写の延長で考えることも出来るかなとは思った。
>むしろそれを読み取るのに必死だった

>霊夢がどんな心理だったか、秋枝作画では分からない。
>東方のゲームの意義として、ちゃんとセリフの時に
>汗とか怒りマークが出ますよね。あれがすごく重要で、
>あれがないと冗談か分からない。霊夢は片道ロケット壊れて
>どの程度焦ってたんでしょうね
>死に無関心だったか、死を想定してなかったか、 両方かな


●感想おつかれさまでした
09年06月29日 -

>終盤思ったより地味だったかなぁと

>これだけは確信してるんですけど、東方で紫が負けることは
>どんな形であってもほぼないと思います。何らか意図があるなら
>別ですけどね。ファンタズムモードも同様に、今後ないと思う。
>それは一言で言えば、ZUNが紫を特別視してるだろうということ。
>少なくとも、大結界を管理している紫と霊夢が死ぬようなら、
>幻想郷は消滅する。概念生物である妖怪も消えるかもしれない。
>それぐらい神のような絶対存在だと思われる。それと関係なく、
>ZUNが特別扱いしてるようにも思うし。幽々子は微妙な気がするけど
>紫はリセットできないレギュラーキャラかと。
>霊夢の対は早苗ではない。霊夢の影が紫。
>とにかく、東方のストーリーは常に紫が勝つという予定調和にある。

>考えた通りに事が運ぶように動いてる。
>行動はストレート。考えはカーブですね。
>誤魔化すシーンは珍しく、萃夢EDの幽々子だけだと思う…

>幽々子か紫視点の小説もっと書いて欲しい


●> さん
09年06月29日 - 管理人

>僕はあまりはっきりと分からなかった…
>安易に儚月抄を批判できない立場になってしまった…

●神主の皮肉
09年07月01日 - とおりすがり 

>映画でよくある、「あなた嘘をつく時に鼻を掻く癖があるのよ」
>みたいな、処世術とか人生訓とか持論的なセリフだと思うけど?
>神主のメタ思考については文花帖本の輝夜のセリフも似てる。

●>とおりすがりさん
09年07月01日 - 管理人

>皮肉=幻想入り という図式が東方のネタ原点かと

>神主らしさを追える視点・感覚を持っている、
>よく訓練された一次設定順守厨ならば、絵師と出版社の
>ストレスなしで儚月を楽しめることでしょう。僕もそうありたいです

>僕の考え方として、神主が平和という仕様と、世界観の設定として
>妖怪は遠回し・ひねくれたことを正義とする思考から
>戦いで解決する→戦わずに解決する美徳 を生み出した。スペカ。
>幻想郷では戦うべき状況になればなるほど、戦わない方法を選ぶのではないか。
>人間は食わないし、殺し合いもしない。逆転発想の美学。

>中巻のバトルよりは良い気も…いや同じか


http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/41116/1235561766/
儚月抄まったりスレ

 まとめテキスト
 http://momijitocirno.sakura.ne.jp/remilia/uploader/src/up0763.txt
>最後… 冬は月の季節です。五行で言えば水。月の物語には最適かと。


>●永琳だけが二次月面戦争の標的になった理由について


478 :名前が無い程度の能力:2009/06/27(土) 22:08:55 ID:Me/.SQrY0
立ち位置を人間側にするのが目的であって、種族や能力や寿命が人間であるか
  どうかは全く関係ない話だと思うよ。
慧音や咲夜は逆側に立ってるし、咲夜とは結構会話あるのに言及してないし。
立ち位置さえはっきりしてれば死のうが生きようがどうでもいいような。

481 :名前が無い程度の能力:2009/06/27(土) 22:44:19 ID:DxJYIWzw0
永琳が未知の物への恐怖を知らないのが問題だったからなんじゃないのかね
輝夜は地上の物は等何もかもお見通しで、怖いものなど無いって態度は取ら
  ないだろうし

482 :名前が無い程度の能力:2009/06/27(土) 23:07:15 ID:ClRTxxzE0
種明かしされてる俺らは「そういうことか」って思えるけど
何も知らない永琳からしたらさぞかし不気味だろうなあ
実家で寝かせてあるはずのお酒を引越した先の隣人が持ってたんだから


>これはなかなか的を得た表現だと思った。

484 :名前が無い程度の能力:2009/06/28(日) 02:50:46 ID:pibsApoAO
>>479
輝夜は永琳がいることで「自分の理解の及ばないものごとが世にはある」って
  のを一番わかってるもん
あと輝夜は理解出来ない変化を怖がる心もちゃんと持ってるし
いろんな不安を感じる心も持っている

  今回の儚月抄は神主が作中の紫視点と作者視点をごっちゃにしてる部品が
  多々あるから
  そこは念頭に入れて読めばいいと思う


>これはいつものことでしょう。特に紫の投影は強い

>●水に弱いレミリアが月の海を好く件
>レミリアは水じゃなくて、流れる水に弱いんですよね?多分
>風呂入ったことないとか…どうでもいいけど考えづらいw
>血の風呂かもしれないけど。
>ただ…塩水は清めの力があるから危険かも?

>●ニコニコ大百科 儚月抄について語るスレ

611 : ななしのよっしん :2009/07/05(日) 08:52:42 ID: GA6jGedAM5
>604
ぶっちゃけ豊姫の地上見下し発言は他キャラのそれや自負とかいう
  レベルを超えていたと思うんだが
あと東方お決まりの「結局はなあなあで和解」もなかったのでこれ
  からも綿月姉妹は地上をゴミカス扱いし続けます、終わり。で終わ
  っちゃってるし。
あとやっぱ紫が豊姫相手にビビリっぱなし土下座しっぱなしなのが
  かっこ悪い。
最終的に出し抜いたとはいえ対峙しているときにはなんもできんか
  ったわけだし。

こうなると永夜抄で永琳・輝夜に勝ったのも嘘臭く思えてくる。


>浦島は名前しか出てない。同じく、ジョウガとかツクヨミも。
>月は重いから書き辛いと永夜でZUNは言ってたが、月関係キャラは
>全て幻想郷と掛け離れてるから、扱えないでしょう。
>余程のことがない限り、もう出ないかな・・
>逆に地底の地獄勢はもっと出したいと言ってる。結局やる気次第。
>どこにスポットを当てるかですね。
>強さに関しては、これも僕は紫妄信してる人間なので…
>妖怪は遠回しに行動するだけで、月人に本気で勝てないのかどうか。
>相手がマシンガンやビームソード持ってるウサギだとして、
>異常な再生能力と特殊能力の妖怪勢が負けるのか…?
>蓬莱の薬を飲んでいない人間やウサギは全部幽々子が
>即死できるんじゃないか?とか…
>それでも永琳や依姫みたいな神クラスが居るとして
>それプラス物量で負けることもあるかもしれない。それが過去。
>しかし団体として負けても個人で負けたわけではなくて
>例えば今回咲夜は依姫に出会って瞬殺することもできただろうに。
>勝ち負けはどうにでもなって、やる気がないだけに思える。
>紫は結界の外の世界、現実世界を滅ぼすこともできるのではないか?
>でもそんなこと面白くない。月人も同じ。
>そういう良識で平和が保たれてるということ。
>今まで全力で迎撃したラスボスって居たのだろうか?
>弾幕ごっこ・・
このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

pixivご無沙汰 日々の事 ツイログ一気読み tgt話題録 tumblr抜粋メモ nicolistほぼ東方 interviews.jpg自分の事 twitpic日記画像 亜奇数(Furcas)
  • Author: 亜奇数(Furcas)
  • ニコ厨。ゲーム廃人。東方廃人。血液型厨。こっそり絵師。
     東方話題が多いけど、サブカル・芸術などを対象に表現論とコミュ論をモヤっと書き綴る。
     何か調べ事でしたら記事に関係なく質問コメ貰えれば 分かる範囲で答ます。様々な相談にも対応します。
    ゲームは主にスマブラ ポケモン モンハン、心綺楼。
    絵のリクエストも暇だったら何でも受ける。
    当ブログ内の画像は商用以外の無断転載をほぼ許可します。
    コメント反応の目安は3日だと思って下さい。
    小さい話題は全てTwitterで消化してます。リンクは自由に。

Calendar

06月 « 2009年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

最近の記事

過去ログ月別

2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【13件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【15件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【18件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【26件】
2009年 05月 【36件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【27件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【20件】
2008年 09月 【25件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【40件】
2008年 06月 【10件】

カテゴリー

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

スマホこっそり対応

QR

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

通りすがりに

コメも面倒な人用。

無料アクセス解析

投票でも面倒な件

テルヨフgif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。