FC2ブログ

~萌畢竟~思索考究

メインは東方雑記など。他マンガアニメゲームニコ動に言及。時々絵を描く。最近はTF玩具レビュー多め

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
レミリアとグングニルがどうたらと言うスレで結構適当な噂が
飛び交っていたのが気になりまして、
自分の記憶ではグングニルは黄昏の発案だったのですが
記憶違いだったらやべーということで録画見返してみました。
神主発言の内容は聞き取ったまま書いてます。



2012/0805@ゲームサマーフェスティバル
文VSレミリア対戦後

Q:グングニルはレーヴァテインに対抗して作られたか?

ZUN:大した話ではない
特に技名なんて結構適当だからさ
あんまりストーリー的にも関係ないし
やっぱ技は僕が作るわけじゃなくてさ
黄昏さんがゲームに合わせて作るじゃないですか
だから、で、技名から技を作る場合もあるし
技から僕が技名を決める場合もあるんですよ
グングニルはどちらかというと黄昏さんがやりたくて
だから槍は出したいと、だからまぁグングニルでいいんじゃねえの的な感覚でw
やー、原作では槍使わないよ?



対抗して作られた噂があるけどどうなの というニュアンスで訊かれて
神主にしては珍しく丁寧な回答をしている。(司会の促し方が自然だった)
最後に「代名詞になりつつあるスペルカード」と言われて
「やー、原作では槍使わないよ?」という反応なので、
これは普通に否定の意志として僕は解釈しますね。

ちなみに当時のスレ
gguniru.jpg


あと個人的に、フランが手に持ってる杖のような物は
レーヴァテインではない可能性も少し気になってます。
二次解釈と一次設定の溝はいつの間にかできるものですので・・

スポンサーサイト
このページのトップへ
雲居一輪・雲山の元ネタについて。
引用はほぼ全てウィキペディアから。

・経緯

信貴山真言宗の元だった高野山真言宗では明治5年に女人禁制が解かれたとか。
詳細は知らないが、あれ?では聖の尼公って何?と疑問に思い信貴山縁起をググった。
(尼が認められた歴史を知らないので、そこはわからないまま。)
「一輪の元ネタが剣鎧護法童子ならやばい」って説をどこかで聞いてそりゃねえ
と思っていたが、それも信貴山縁起に登場する。ついでに調べた。


とても単純な話、ウィキペディアで関連語句を辿って読んでいくと成る程と納得した。
東方の三ボスの中ではかなり複雑にネタを絡められたように見える。


・信貴山縁起

>命蓮の加持祈祷の力で、病の床にあった醍醐天皇の病いが平癒する。剣の護法童子が空を飛び、転輪聖王の金輪を転がし、後ろに飛行機雲のような細長い雲を残して、天皇のいる清涼殿に現れる。



図で聖の遣わした護法童子が雲を引いている。
神主がこの雲を意識したかは微妙だが、絵的に車輪は明白なのでこれを見て
「輪と言えば輪入道、入道だから仏教にも合う」という発想ではないかと思う。

護法童子の詳細は仏教概念的で、あまり東方に盛り込まれてないように思うが一応そこも見ておく。

>輪とは、全体(輪、Cakra)を形成するための要素という意味で、また煩悩を摧破する輪宝のことである。



心綺楼で「否徳の法輪」というアイテムがあるけど、輪は仏教の象徴とされるようだ。
一輪が寺の妖怪として登場するのは必然である。

>「輪」とは古代インドの投擲武器であるチャクラムのことである。人々が僧侶から説かれた仏教の教義を信じることによって自らの煩悩が打ち消されるさまを、その破邪の面を特に強調して、転輪聖王の7種の宝具の1つであるチャクラムに譬えた表現である。

>その後、法輪は仏教の教義を示す物として八方向に教えを広める車輪形の法具として具現化され、卍と共に仏教のシンボルとして信仰され、寺院の軒飾りにも使用された。
>また、中国では道教にも取り入れられ、教義を示す用語として使用されている。

>なお密教では、明王は教令神(三輪身の1つ)といい、教えを広める役を持ち、これに対し護法善神は外敵から守る役であるとされる。



護法童子の役目は外敵から守ること。ここは一輪で意識されてるかもしれない要素。


・輪入道

win東方の妖怪は鳥山石燕の描いた中から出典されるネタが多い。現代で妖怪と言えば大体
これをソースに構築された価値観のように感じる。水木しげるも。
極論、東方で今後登場する妖怪を予想するなら石燕の妖怪リストから探せばいいとさえ思う。
一輪に関して輪入道も確実に参照しているだろう。
僕は大まかに輪入道しか知らなくて、一輪はオマケ創作だろうと思っていたが
よく読んでみると、

>京都の東洞院通に現れたという車輪の妖怪「かたわ車」のことを描いたものとされており、『今昔画図続百鬼』で別々の妖怪として描かれている片輪車と輪入道を同一のものとする解釈もある。『今昔画図続百鬼』の輪入道は男性、片輪車は女性として描かれている

>『妖怪お化け雑学事典』では、この話は「片輪車」ではなく「一つ車(ひとつぐるま)」と題されている。



これは知らなかった。
片輪車、一つ車、と呼ばれる女の輪入道こそ本来の伝承。男の輪入道はそこから派生した。
一輪が本来の妖怪「片輪車」で、雲山は対になる「輪入道」。
東方はよくこういう、「マイナーだけど実は上位の存在」をキャラにする。
更に、

>津村淙庵による随筆『譚海』にはこれとまったく同様の妖怪譚があるが、近江ではなく信州(現・長野県)のある村での話とされている[3]。『諸国里人談』の近江の話が信州の話に置き換えられたとも[4]、逆にこの信州の話が近江の話として『諸国里人談』に採録されたともいわれる

>津村淙庵『譚海』より「信州某村かたわ車の神の事」
http://www.geocities.jp/hesoraku/main/bakemono2/machi_other.html



何と信州の神の伝承が元であるという説もあるらしい。これも長野出身の神主が意識してそうな要素。
星蓮船では神と妖怪が同じだと白蓮が言ってるけど、片輪車は神とも妖怪とも伝わっている。


・見越し入道


僕はまだちゃんと読んでないが求聞口授では見越し入道の話になっていたようで。
輪入道じゃなかったのか?という事でそちらも読んでおく。

>鳥山石燕の妖怪画集『画図百鬼夜行』に「見越」の題で描かれた見越し入道(画像参照)は大木の陰から覆い被さるように出現した様子



雲山は輪入道なら手があってイメージが直結しないけど、見越し入道の絵では上半身なので手もある。
見越し入道は足もあるイメージだったけど石燕は下半身を描いてない。
星蓮船で最初からこれを想定していたかは定かでない。輪入道+入道雲というだけかもしれない。
もう一つ興味深いのは、

>信濃国(現・長野県)ではムジナが化けたものといわれる[13]。また前述の檜枝岐では見越し入道は提灯、桶、舵などを手に持っており、その持ち物こそが本体で、持ち物を叩けば入道を退治できるともいう[12]。



求聞口授では首を切られるという記述が、何で雲に切れるのかと思っていたが
元々は動物に噛み切られるというニュアンスがありそうだ。道具が本体という話も一輪の持ち物で面白い。
それと、求聞口授と執筆時期が近い心綺楼でこんなセリフがある。

>マミゾウ 「さて年寄りはそろそろ退散するぞい。
>今度はそちらの若造と化け合戦といきたいのう」
>一輪 (若造って雲山の事かしら)



雲山年配っぽいのに若造って、マミゾウ何千歳だ!と不思議だが、
見越し入道が信濃でムジナってことは、雲山がタヌキ変化って意味で
マミゾウがそれを見抜いて若造タヌキだと言いたかったのではないか。




総括としては、一輪は仏教とも長野の妖怪とも関係があって色々なネタが混ざってる
かもしてないという事。三ボスで最初からそこまで考えていたならすごい。


テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
予習というのも何ですが、ネタ予想は外れても
語句から思い付く事を色々と調べておけば、周辺知識になりますので、
って時間が無いと中々できませんが^^;

心綺楼のサブタイが「Masquerade」、そんなんだっけ?と今更思ったので
何となく最初に頭に浮かんだ 世阿弥 能 でウィキペディア読んでおく。

ウィキペって正確さに問題はあるけど、個人ブログや、あるいは本であろうと
個人が調べて書いてることに変わりないので、よほど実績ある名著と比べる
でもなければ意味がないというか。
本の古さが役に立つ事もあればネットの新説の方が参考になるかもしれない。
それに時間の問題、べつにゲームのネタ調べて歴史の真実を
読み解くわけじゃないんでw真偽は問わず一説でも読めればそれでいいのでは。
今ネット文化って、情報を得るコストと正確さを天秤にかける時代だと思う。

さて世阿弥・・というか猿楽のページを軽く読むと何となく面白い下りの抜粋


・世阿弥 幼名は鬼夜叉

・猿楽
咒師と呼ばれる呪術者たちへの言及が見られることから、咒禁道の影響を受けた儀式を芸能と融合させたものがこの時期に存在

夢幻能
すなわち、多くの場合、亡霊や神仙、鬼といった超自然的な存在が主役(シテ)であり、常に生身の人間である脇役(ワキ)が彼らの話を聞き出すという構造

出演者同士がお互いのことを解りすぎていることは、能においてはデメリット

「平安朝的な優美さを持つことで、女性的な美しさをいう。」ことを「幽玄」



ま、関係あるかはともかく何か面白そうな事書いてあるよなと。


テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ
東方でウサギの耳に関する話。
これはろくに確認もしてない無邪気な妄想メモだが、

月の兎の耳が曲がってるのはなぜだろう?
僕は最初、てゐ=地上の兎は垂れ耳で
ウドンゲ=月出身は細い立て耳だと思っていたが、秋枝抄では違う。

gyokutomm.jpg

玉兎の中にも2種類いる。
しかし神主がどこまで指定していたか定かではない。
それで僕は考えるのをやめていた。

今日黒妙の同人誌を読んでいてふと思い付いたのだが、
(ウドンゲが戦争で耳を失い地上に逃げ、永琳が今の耳に修復する)

ウドンゲの耳は地球の重力で曲がっているのではないか。
てゐ達地上の兎の耳が丸く伏せているも重力のため。
月の玉兎は重力の軽さで耳が立っている。

最初に登場するレイセンの耳ぐらいは神主が指定してそう。
そこで思うんだけど、レイセンは地上に降下した姿として
耳が曲がった状態で指定された。てゐのように。
しかし秋枝がその意図を知らず他のモブ玉兎の耳も曲げたとすればどうか。
本来なら曲がっていいのは地球の重力下に居る兎だけだったのではないか。


でも一般民が耳垂れてるなら、戦闘用のヘルメットで耳が立ってるだけかも・・
ではヘルメットなくても耳が立ってるウドンゲだけ特例なのか、うーん。

テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

pixivご無沙汰 日々の事 ツイログ一気読み tgt話題録 tumblr抜粋メモ nicolistほぼ東方 interviews.jpg自分の事 twitpic日記画像 亜奇数(Furcas)
  • Author: 亜奇数(Furcas)
  • ニコ厨。ゲーム廃人。東方廃人。血液型厨。こっそり絵師。
     東方話題が多いけど、サブカル・芸術などを対象に表現論とコミュ論をモヤっと書き綴る。
     何か調べ事でしたら記事に関係なく質問コメ貰えれば 分かる範囲で答ます。様々な相談にも対応します。
    ゲームは主にスマブラ ポケモン モンハン、心綺楼。
    絵のリクエストも暇だったら何でも受ける。
    当ブログ内の画像は商用以外の無断転載をほぼ許可します。
    コメント反応の目安は3日だと思って下さい。
    小さい話題は全てTwitterで消化してます。リンクは自由に。

Calendar

09月 « 2018年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

過去ログ月別

2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【13件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【15件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【18件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【26件】
2009年 05月 【36件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【27件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【20件】
2008年 09月 【25件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【40件】
2008年 06月 【10件】

カテゴリー

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

スマホこっそり対応

QR

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

通りすがりに

コメも面倒な人用。

無料アクセス解析

投票でも面倒な件

テルヨフgif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。