FC2ブログ

~萌畢竟~思索考究

メインは東方雑記など。他マンガアニメゲームニコ動に言及。時々絵を描く。最近はTF玩具レビュー多め

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
詰まんないツイッター転載メモだけど。
また時間あれば明日にでも追記。

ZUNさんはゲームが無駄だと言うが
それは昭和世代のオタ文化への韜晦意識であって
僕はいつか教育レベルで実用される日が
来て欲しいとさえ思っている。



やっぱ子供にゲームは教育上メリットもあると思える。
多様なゲーム(デジタルシミュ)体験による
演繹と帰納の学習。しかしやり過ぎると
パターン思考だけに陥って情緒性や生産・発展的発想
とかが欠落する。 
数学は真理に接続するが人とは接続しない、みたいな? 

オンライン優位でコミュ的で本質的生産・発想性
があるゲーム・・・特に3つ目だよなー。
まぁそれが容易に実現できるならアナログの
ものづくり・美術教育が更に不要になるのだが。
そうするぐらいなら「一切 手の汚れない粘土」
を開発した方がいいかな、子供には。

今にして思うと「変形できる玩具」って
すごく教育上良さそうだな。想像力めっちゃ刺激してる。
変形できて、分解もできて、・・ 
いや、統合的なものよりいくつかに分けた方がいい。
ガンプラもトランスフォーマーも怪獣ソフビも
それぞれ利点がある。
10歳超えてからテレビゲームやカードゲームへ移行すればいい。

一切手の汚れない、適度な造形性がある、着色も簡単、
そんな粘土をアナログで開発するより、
3DCGソフトを発展させた方が早くないか、と一瞬思った。
(10歳前後の遊びと創造的教育に関して。)
・・しかしどう頑張っても3Dのデジタル操作を
そこまで簡易化できまい。矢張りゲームを・・

3年ほど前、僕が考えた究極(唯一という意味ではないが)
のゲームはエディットゲーだった。すごく柔軟なツクール。
それの一部を実現しているのが、
現在のニコ動であり、東方である。
だから俺は贔屓・没入してる。 
素材を共有して作品を手軽に発表、という行為のループ。
シームレスな創作環境。

MMDとかカス子、ボカロ(それと東方)は
確かにユーザーライクなツールだ。
さっき話してた3Dや、音楽の簡易化も果たしてる。
・・って、カス子と創造教育について試考した事があったか。
同じような話何度かしてるかも。 ・・
MMDをもっと発展簡易化すればマジで
教育実用レベルのゲームだと思う。

スポンサーサイト
このページのトップへ
他の記事はちょっと時間なさそうなので、
昨日の夕方のTwitterでの話を加筆転載。

タイトルの通り、ニコ動初年のMADの思い出話。



夕方から何してたかということを
もう少し言っておくと(誰も聞いてねえよ^^;)、
先日から少し懐古してた、ニコ動初期MADで、
ラキスタノキワミ、アッー?ってのがあった。
公式CD発売前にすごく良くできた偽物MADが
うpされたのだ。当日ランク1位だったと思うが
削除激化してた時期で、すぐ権利削除された。

るろ剣でも京アニでもなく、
ふぃぎゅあっとの権利削除だったのかな。
組曲などもそれで削除された記憶がある。
で、ラキキワミだけど当時まだ音MAD文化に
関心が薄かった俺は初見で公式かと一瞬
疑ってしまった。ここまで素人編集で出来ると
思えなくて。衝撃で毎日登下校iPodでループしてた。
ネタ歌詞全部覚えようとしてた。

音感としても圧倒的で、歌詞の面白さも
アニメ音系MADとしては最高に思えた。
どうやってこれほどの整合性を実現できたのか分からない。
(2007はまだアニメのカットペーストが模索状態
だったと思う。徐々にMAD技術は向上していった。)
当時の流行り、らきすたキャラソンとイオシスの融合。
このラキキワミの翌月(2008/1)から
イオシスや東方Voに嵌り、俺の東方が始まった。

その時見た音系動画でアリスや八雲紫に興味を持ち、
調べてみたのが2008春。原作体験版もやった。
当時はまだwin東方製品版が常時品切れで、
俺が製品版をやったのは2008/9の再入荷だった。

それでまぁ、俺の手元にキワミは残ってるけど、
跡地残ってるかなということでググってみたら、
そのうp主の関連作とかその後の行動とか追えて、
・・多分俺も当時この人を必死にチェック
してたと思うけど、あれっきりだったんだよな。
今またここに辿り着いた。変わらねーな何も・・
いや分からない・・人が変わるのか、世の中が変わるのか

モラトリアム的憧れで、架空の高校時代に
僕はよく郷愁・回帰願望を抱きますが、
2007~2008のニコ動初期も僕には
モラトリの範疇のようで・・
今回の件ではっきり自覚した。性癖として
スピード感のある所謂β臭~のMADは好きだったが、
あの頃のアニメやMADやニコ動のノリが好き
だったのだろう。
ひぐらし、ハルヒ、らきすた、イオシス・・
まぁ殆ど消されたり、再うpされたり。

――――――――――――――――――――
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm2061289
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1796511
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm2420865


このページのトップへ
いいぜ、お前が更新できないって言うなら、
ツイッター様から転送するだけのこと・・
そう思ったことが何度となくありました・・

その結果がこれだよ!


Twitter / Aerium

表示早くてダメだこりゃー^^;

今後、更新が滞りそうな時は、これを最新記事として
ブログトップに表示しておこうかなぁなどと考えている。
無駄に記事を増やしたら保管庫として質が落ちるから、
それはツイッターでやればいいのだ

このページのトップへ
予定より遅れました、
Twitterログ転載、09年12月15~31日、
一般話題
・漫画アニメ話題・東方話題
の3種類に分けて、その1つがこの記事です。

いつも通りの量の筈だけど、かつてない手間が・・
月毎にPOST量が増えてるのは確かですが、
たった2週間のログをコピペするだけで半日って
おかしくないか?これ改行処理しただけで
加筆修正は3%程度ですけど。
困ったもので、今年のログは全て未整理、つまり
このログの5倍、まだ残ってるということ^^;

後から読んで一切役に立たないPOSTは削除してますが、
自分で読んでも日記的で多少面白いので、ブログへ
整理保管しておく感じです。
ここ1年ぐらいめっきりブログ更新しなくなりましたが、
こうして2週間分ぐらいの日記を一気に載せていくことで、
実質やってることは変わってないかなとw
話題の新鮮さはないですけどねw(アニメとか)

分割とは云え、この一般話題だけでも12000字程度あります。
過剰摂取はお控え下さいませ・・

―――――――――――――――――――――――――
(投稿日時は、上が12/15で、一番下が12/31です)
(多少東方やアニメ話題も混ざってます)

業界自体に 広く関心があり、 
ゲームのシステム部分の「完成度」には寛容なオタク・・
それは僕の理想とする人種か・・
勿論批判精神は持ってて、その上で寛容に
受け入れる(=消費する)

美術関係者の締め切りアバウトさには
毎度びっくりする。そりゃ公立とかだったら
もうちょい真っ当な人間だと思うけど。
そんな締切で間に合うのか!?と思いつつ
真に受けてると30人中5人以下しか当日
間に合ってないとか、よくあること。
2時から授業って言われたら3時に行っても
まだ集まってないかもw

読ませたいと思った場合は平仮名、読まれなくても
いいと思った場合は漢字にしてますね。
とことん読ませたくない場合は漢字の量に比例してて、
極論漢語や歴史的仮名使いだったり。
100人にひとり読めたらいいかとか、
千人にひとり読めたらいいかなっていう感覚で書いてます

僕は山登りするにも全く適さない装飾的な格好で、
腕組みしながら何時間も急斜面を登るような
形式美とかコンプレックス(拘り)の塊だ。
真紅の言葉を度々思い出す・・ 肝心なのは
魂で精神で観念だけど、形式も大切なのだということ。
逆説的にどちらを志向しても相互に必要とされるような

絵師100人 っていう本が出るみたいですよ?
12月予定。
何かもう半分くらい分からん。世代差感じるわ・・
数年前まで同人とかラノベは結構把握
してたというか、むしろそっちの絵師が
俺の主な守備範囲だったんだけど、
ピクシブ出来た前後からもう名前覚える気が
なくなってきたのよなぁ。
紙面に名前出す気がない人のHNってのは
あまりにも気まぐれネタ過ぎて別世界というか。
ピクシブはちょっと商業には浮いてる。
同人と比べても浮いてる。ネットという流動の産物だ。
何かニコ動とか東方に流れてしまったのも
ちょっとした必然に思えてきたな。
全てはもっと大きな流れの中で複雑に小さい海流が
作用してそうなるべくしてなったのかなと。
思えばピクシブが出来る少し前からエロゲが
薄く広く低迷するような感じがあったり
アニメの作画が崩れまくってたりいつも流れはあるな

>振り返りながら歩く :
中学ぐらいまでは漫画でよく居る、
「舗装された平らな道で転ぶ人」
「うつむいて歩いてたら電柱にぶつかって謝るドジっ子」
っていうテンプレみたいなドジッ子が
少し信じられなかったけど、今の俺は
完全にそんな感じです。前は少なくとも見てないです。
上とか下とか横とか後ろ。

ピクシブチャット、ご利用は計画的にって感じだな。
時間もカンバスも。これはスケブとか色紙のセンスに
近いとも言えるがw とりあえず俺としては
ぼっち的に公開ラフ作業っていう使用方法があると思う。
ペイントツールとしてはまぁ十分使えてるし

平沢氏のインタビュー
すごい人だなぁ 中略  まだツイッターで
この人より面白い人を知らない。
ツイッターじゃなくてもこの人より
面白い人はあまり知らない。

(赤りんご氏)
>ページ数は多ければ多いほどいいという考えは、個人的には納得できない。料理が皿からこぼれるほどのドカ盛りは、さすがに美意識が欠如している:
別世界からの言葉だな。その作家が好きで
本買ってるのにもっと減らせって、正気か。
皿に盛って欲しいという美意識はあなたのものであって、
作品を見ようとしてないだろう。
自分が欲しいものだけを欲しい形でだけ求める・・
そんな人間が増えたらあらゆる文明が滅ぶよ。
人類が滅ぶよ。それに気付けない人が居るから、
沢山居るから、危険だと言ってるのです。
どうにもならないけど。本当に、どうにもならないけど。
>こういう事をWebで書くと、言葉尻だけが尖ってしまって:
残念ながら言葉尻だけじゃなくてその思想傾向
そのものを私は危険視しています。誤解を生みやすい
言葉尻であるなら読者も不確定要素としてのみ留めて
断定的姿勢での批判をすべきではないと思います。
なるほどなぁと。同人に向く向かないっていうのは
どういうことなのか、赤りんご氏などを通してかなり
はっきり解ってきた。日本的なっていう濁し方で
誤解を呼んでもいいけど・・もうちょいストレートに
(以下略)

自分の発言について正確に内容を解釈されることは
稀というかほぼないが、そのことについて
懇切丁寧に解説したとして相手がそもそも
その概念を持っていないために徒労に終わることが多い、
というかどうにか分かって貰えた、という試しがない。
古代人にインターネットや携帯電話を解説するほど
知識もないのだ。

先日読んだ どちらでもない状態 というのが
ピンと来なかったけど、ネットという場所は
分節不能な情報の集積という最も分かり易い例だと思う。
元よりヒトはその権利主張を厳密に規定し得ないのは
明白だったけどそれがもっと目に見える形で
問題になってきた。問題じゃないけど
問題視してる人が居る。

ゲームの面白さに至るまでにやめるという話だけど、
あれは単純に終盤から面白くなるとか
場面進行の問題よりそのプレイヤの価値観感受性が
そのソフトの魅力に届くかどうかという問題が
大きいと思った。宣伝活動はそれを促進する為のある。
作品の内容ではなく面白さの敷居を下げる
というか補助というか。

上手いか下手かじゃなくて、需要があるかどうか。
売るために技術を身につけるのであって 
無くても作れて売れるならそれで問題ない。 
やはり問題は技術やセンスを活かすためのポストが
与えられないことが1番大きい気がする。 
誰も自分のことで手一杯。

前に言った、秋に翌年の暑中見舞い描いたらどうか
というのはほぼ真面目な話で、今年賀状なんて
どうせ描かないに決まってるから、
もう諦めて暑中見舞い・・いや、残暑見舞いか、
どうせなら再来年の年賀状でもどうかと自分に勧めておく

乳揺れツールの新型が結構な評判で・・
わたしも気が向いたら年内にいじってみようかしら。
紳士必携の何か。いいよね、こうして
世界のごく一部が劇的に改革されるのって。
業界を問わず生きてる気がするでしょう。
経時感覚こそ特殊体験、一回性の極み。
純粋アイデンティティ

あー、この人には絶対関わっちゃだめだ、
関わったら大幅に人生ひずむ、と思ったら
結構安心だな。世の中まだまだ自分に儘ならない
ものがあるのは正しい状態だと感じる。
先日エライ人が言ってたことも多少
わからないでもないかなと・・短絡的な言葉を
後になって裏口から引き上げるのもね

明日忘年会?もうお面して行けばいいんじゃないの。
一般大学の人には想像もできないかもしれんが
美大では仮面学生なんて普通に居ます
(嘘・・とは言い切れない。多分1人くらいは
居てもおかしくない)コスプレじゃないっす、
私服、普段着、ガジュアルの一環。 
流石に学外じゃあ職質受けそうだが
何かもう怖いよね。どれだけはみ出すか、
どれだけ異常なキャラ作るかっていう。
例えばエロゲのジャンル名って目茶苦茶でしょ。
どんだけアリエナイ変なジャンル名つけるか。
真っ当なデザイナ云々じゃなくてもう自覚的異常者、
露出狂とかの部類。人間の印象は2秒で決定する。
ならばその2秒で勝たねばとw
いかに、いかにして初見、対面で印象付けるか、
普通じゃないと感じさせるか。
映画みたいな特殊メイク?それは異常を超えて普通だ。
異常さの演出ならある程度あり得る範囲で 
しかし誰も絶対やらないであろうことをする必要がある。
それは2次元では結構日常なのに
隔絶たる現実との壁があることとか・・
ああ、何かうまく言えてませんけど・・
これはネタでやってるな、という変さ、
異状さじゃなくて 本物の基地外だと直感されるべく
やるわけです。まぁ実際それをやってるんだから
自覚してても何かしら頭の箍が外れてるのかも
しれませんけどね。自覚的にやれてるなら
有用なセンスだとも思います。
言うべきことと言うべきでないこととか
色々自制してると何か言いたいことが
上手く言えないんですよねー。例えばプラモの
説明書の1から5番があって、その 4番だけを
秘密にしつつプラモの作り方を他人に教えるような。
決してそれに言及してはならない。
僕の話にいつも足らない何かがあるのはそのため。
地霊インタビュの時に口が重いなぁって思ったでしょ。
「どこか隠しておきたい人なんだな」とか
言ってる人もいたけど、まぁ確かに前に掲示板でも
言わない主義 みたいな言い方だったし
実際そういう美意識だとも思うけど。
僕は美意識というレベルじゃなくて
脅迫概念とかに近い。”言えないこと” がある。
”秘匿癖” ・・僕は昔そういう言い方を
してたかもしれない。実際そういう、
何かを言わないでおくことが癖になってる人なんて
一杯いると思う。それを自覚的に美意識と銘打つか
脅迫概念だの癖だの保身だの、まぁ何と言っても
いいけど それは一つの確立された生き方、処世術とか…
あー、やばいな、前にも書こうとして
書いてない気がするけどツイッターの140字は元々
思いついたことをだらだら垂れ流すタイプの人には
悪い癖をつけてしまうと思います。
ブログだとスクロールバーを見て、
ああ書き過ぎたなと気付いてやめるでしょ。
ツイッターは短文区切りだからそれがない。危険。
何でこれが悪い癖か、危険かと言うと、
いつも言ってますけどリアルで切り替えが
できなくなるんですよ。頭である程度まとめて
簡潔に誰にでも分かる言葉を吐けなくなる。
文章形式だけじゃなく自分の世界を深め過ぎる
という危険性も同時にあります。それ自体は
センスを確立するために良いことだけど
これもやはり一般的な会話の思考と頭の切り替えが
できなくなる。どんどん自分言葉、自分言語が
増えていって、謂わば文体そのものが個性的に
なり過ぎて呪文みたいになってしまう。
西尾とか僕は全然読んだことないけど
多分普通に読める程度には一般的な文体なんでしょ?
奈須とかも知らんけど多分。
それがある程度誰でも読み取れる程度の
個性文体ならそれは商売になる「スキル」と言えるけど。
多少狙ってやってきたこととは云え
何で俺ここまで来ちゃったんだろうという感じは
最近してきた。特に就活にあたって
デメリットを強く実感する。
実感しつつ急速悪化してる状態。

明日の平穏を殺すための一手を懐に
忍ばせておかねば浮か浮か夢舟にも浸かれませんわね

ポケモンプラチナが666時間になった。
考えてる時間が長いから案外少ない。
まぁプラチナだけやってるわけじゃないしな。
とは云ってもこの1年、ポケモンとスマブラ以外に
あまりゲームの記憶がない。モンハンって
やらなくなると完全に記憶から抹消されるのよな。

れでぃばとアニメ化ってすごいね。
むにゅう絵が地上波とはペドの国が間近じゃないの。
エロゲンガーがラノベ絵師経由して地上波って、
のいぢ並か。ショタ絵師が大した出世だ

そらおと面白いんだけど忘れないうちに
そこはかとなく要点を書き留めておきたいなぁ。
しかし今回そらおとは大変作画よろしいので
これも忘れないうちに何か・・ 
ああもどかしいもどかしい腕が2本では
全然行動慾が満たされない。
ファーストガンダムでアムロのニュータイプ覚醒に
MS性能が追いつかなくなった辺りも面白いですよねぇ。
MS操縦ってリアルに想像してみたらとんでもない
ことで、スペックと操者の腕・センスの密接な
関わりに気付く。ノリスはザクでも何のためらいもなく
ガンダムに挑める程度の圧倒的経験があった。
何でこの話に脱線したか伝わることを願いますが。 
例えば自分がザクに乗ってちゃんと任務に
貢献しつつ確実に生還できる と、
どれくらいの人が確信できたのか。
まだMS戦が一般的じゃなかった時期から
叩き上げっぽい猛者みたいな人は戦場の経験に
関して自信をもってて、それがMS戦でも
適用可能な知識や技術であると過信したまま
ザクで連邦に挑みあっけなく戦死するわけでしょう。
カイ的に言えば臆病なくらいが丁度いいとか、
例え無様でも慎重でなくては少なくともMS戦闘って
ものすごく不確定要素みたいなものが多くて、
何ひとつ、確信できるものがないのです。
そこで生還など元々奇跡にも等しいんですよね。
相手方のMS性能を熟知していても
その性能を100%以上発揮する操者がいる可能性とか、
或いはMS以外の兵器による奇襲とか、
新型兵器とか、そんなの想定し切れない。
そんな時代にMS乗りしてた人ってすごいな と
(もう脱線し過ぎて何の話か・・)
< そうですそうです、多分あれはMSじゃない
戦闘の猛者なんだと思います。ラルだって
ゲリラ戦がどうとか言って最後はそれで
木馬に侵入しますからね。それか、
MSテスト段階からいち早くテストパイロット
として順応した、そういう優越感とか
自信とかなのでしょう 多分。
歴戦の猛者があっさりやられる、
そういう焦りや驚きみたいな描写の上手さが
ガンダムにはあると思った。
富野的にはオールドタイプとか大人とかが
宇宙を正しい方向に導くニュータイプや
子供にやられるという演出として普通のこと
なのかもだが。アニメと使い捨てキャラ論は
大変よね、メディア性質的に

先日「ついったーで本当のこと言ってる人なんて
ほぼいないでしょ」みたいなことを言ってる人が
居ましたが、誰かに見られてる限り
言っていいことの限りがあるから、
元々そういう気質の人はオブラートに云々的な
TLになるよねえ
攻撃性が少しでもあればそれに敏感に反応
してしまう信者、みたいな人もいるから、
結局匿名に勝るネットの渡り方って
ないようにも思います。言っちゃいけないから
と言って誰もが口を閉ざしてしまったら
様々な発展が妨げられ兼ねないし
それ(沈黙)の択はまず除外だが

(五蟻氏)
>結局独善性の発露になりがち :
ツイッターは つぶやきという名目上、
多少ブログより独善性とか許されるかなと
思ったけど実際やってみるとそうじゃなくて、
むしろブログのコメントよりツイッターリプライが
敷居低いので横の繋がりが強く、
心理圧迫が深刻だなとか
2chとツイッタの違い…ツイッタの方が
固定的なスタンスで独善発言を「し続ける」点
でもありますよね。それとフォローの繋がりが
あるから多少自粛しなければならないことも。
ただ 自分のTLが眼に映るので独善性を再確認して
そこに喜びを覚えるのは2ch以上か
>いまやその狂気は容認され、おまけに針の振り切れた2chとは違い、常識と非常識の微妙なボーダーに :
まぁちょっと感じるのはツイッターも
外から見ればややオタク的な風格というか、
当事者らの資質が伺えるような。
完全に真っ当な人はツイッタさえ倦厭する。
あまり上手く言えてませんがw 
2chに入れない人はツイッターぐらいが
程良い敷居というか、自分のペースで制御できる
ってことで。独善を自覚しててもしてなくても
そのくらいの主体感覚が一般人には合う。
ただ、そう感じられるのも本質的には近いからだよ、と

映画レイトン教授 : 
原作ゲームはやってないけど、
ワンピやマクロスは母と見る感じではないし
僕は知らない方見たいので。
特集番組は見てたので概要は知ってましたけど、
確かに音楽がアコーデオンっぽいのが良くて、
作画は画風・世界観が確立されてる感じで、
レイトンを知らない人に説明するなら
この映画はコナンとポケモンを足して割ったぐらいかと。
謎解き少しあって登場人物の配役はコナンに近いけど、
巨大メカとかファンタジ性はポケモンみたいな
テイストでもある。まぁ基本的に作画も音楽も
良いからティーンから中年ぐらいでも見られるかと。
男ならマクロスやワンピを迷わず選べばいいですが、
そういうのに染まってない人や女だったら
レイトンでいいんじゃないか。
少なくともこの絵柄で弾かれる人は少ないと思う。
52の母でも絵・音楽共に好評な感じだった。
私は・・まぁ日常音楽が一番魅力強いかなぁと
最初から最後まで思ってた。
あとは、劇場でノンストップで映画を
見ることで得られる価値について、
エヴァはどうだったかとか、
現代人にとってその経験はどう扱われるかとか、
僕が気持ち良いと感じる生き方・・
時代・時間の流れとか 何かそういうことを
見ながらうだうだ考えてました

富槻さんすげえよ、何がすごいって
1コマだけでここまでファヲタ臭がする漫画は
同人・商業問わず見たことがない気がするから。
普通日本人でもそうでなくても
ここまで服飾を観察・表現しようとはしてないからな。
物凄く異様な結界が張られてる。

エロね、Pixivはブックマークの人も居るから、
いきなりガチエロ投稿するのは迷惑かなぁと思ったり、
ブログが堅い文章なのでPixiv見たらエロ絵師でした
・・っていうのは酷い詐欺みたいな感じがしてw

エロマンガの話したからついでに
メロン行った話を。秋は同人も商業も新刊あまり
チェックしてなくてね(ポケモン廃人的な理由で)
特に東方Vocalを放置してるのが気掛かりだが。
今日買ったものの話だと、サークル:こよみうた
の『きつねのよめいり』という秋の新刊を買った。
このサークル自体を俺は初耳だが、
この本はガチっぽかったので突発的に買い。
(まぁ思えば、私は紫本以外ほぼ東方同人買ってないな)
今サラっと中身確認したら紫と藍の出会いを
描いた過去補完系作品みたい。多分。
べつに特別好みとは言いませんがシリアス同人
としてはレベル高そうですよ。多分。
中身見ずに推薦するのはいつものこと。
雰囲気こそ最も重要でトータルでコモンな意見。
特に東方二次は中身見たら角が立つし、
設定でイライラしてしまうし殆ど評価しない。
だから確認する前に良作の幻想を抱いて勧める。
今思ったけど俺自身このまま読まずに
積んで幻想の名作にするのもアリかと少し・・
うーん、例えばですね、
レストランでカレー注文して、
それを食わずに眺めるだけで気持ちが
値段分満たされたなら、それは損してない
という考え。手付かずでお代払ったら
店側が誤解して勝手に反省されてしまう
可能性があるけど。今日僕は映画見ながら
これ見ずに妄想して時間潰してもアリだなとか思った。
やるのも やらないのも等価の選択肢に
なり得るんですよね、能動感覚次第で。
例えば、旅行に行くのは楽しいけど、
行けるはずの旅行に自分だけ行けなかったら
その体験もある意味旅行に行くか
それ以上に面白いと解釈できる。
まぁこれは意識し過ぎると選択できなくなるし
自分の生さえもいつか否定に至りますが

あとは忘年会の話かな。 4年の忘年会なんて
サボったら目茶苦茶叩かれますね。
来てない数名が散々な言われ様でしたw 
鍋とつまみとビールちょいと飲んだ程度ですが、
僕は左手でポケモンやりつつ右手で鍋つついて
時々相槌打つ程度。僕にとってゲームは
煙草みたいな中毒習慣行為だわな。
ZUNならまぁ飲みの場でゲームってこたぁない
だろうな。僕はもっと依存する関係が
成立してしまった世代だ。無駄を超えた必然
として生活に取り込まれてる。 それはともかく
僕が今日考えてたのは酒がいかに無駄な
存在かとか、ZUNは飲み会でどういう位置取りを
するかとか何を好んでいるかとか
実感としてそれを考えてみたいなと思ったわけです。
オタクである以上に東方厨にとって飲み会は
神聖なぐらい幻想が詰まっている。
いくらでも思索の隙なんてあるんですよ。
ZUNの酒感覚を思索することがそのまま
東方を考えることでもあるでしょう。
今日は本当に行って良かったです。
パターンに嵌るアリス。怖い人間に憧れるアリス。
控え目で臆病なアリス。本当の孤独に気付いたアリス。
 貴方が居なくても、宴会は始まる
ゲームはパターン、箱庭、 能無しアリスは籠の中、 
可愛い少女は籠の中、さぞ魅力的にさえずることでしょう
躁鬱みたいな精神不安定な人なら酒に強いだろうか?
精神と体質にどの程度酔いが依存するのやら。
今日ちょっと思ったのはビールの苦さが紛れてくる
大人の劣化味覚なら僕も案外好きかもなと。
それと血行良くなるから少し体調良くなる気もする。
しもやけも治ったような・・
酒で最も無駄だと感じるのはその種類の多さ。
コーヒーや紅茶以上に、あのアルコール飲料に
多様性を求めるのは文字通り酔狂な。
(粋 伊達 酔狂という言葉の関係は面白いです) 
ひろゆき的に云えば、いかに美味しく酔うかという追求。
それで様々なものが肴になり得る。

年取る程、和菓子を好きになるな。
子供の味覚には甘過ぎるんだけどあの味は
食う人に何かを教えようとしてるような。
甘さから大人の丈を学ぶ?自分の感受性の変化を知る?
意味のある甘さ、和菓子の観念性、 保留にするか・・

何も食わずにビールだけ啜ってると
何となく空虚な感じが・・ 摘みって大事なんだな。
チーカマとかスルメとか枝豆とか、
摘み類は元々好きで、まぁ両親がアル中だし
寺の都合で常に豊富にあるわけですが。 
フルムーンビール飲んでみたけど
僕はビールの味は分からん。
母はちょっとクセがあるとか言ってる。
僕は酒で酔おうという気はあまりないのですが、
まぁちょっと体調操作するのに使えるかな
という感じで・・ 辛いものはどちらかというと
嫌いなんですけど、体温や血行を調整する
意味もあってカレーは毎日のように食うわけです。
そこで酒という選択肢があるかなと。
会社勤めじゃなきゃ昼から飲めますわね

コンプティーク買ったので雑誌編集の好みとか
Leaf特集について何か触れようとしたけど
それで30分食われるのはどうかと思うのでやめ・・
神主コラムは ああ 何か もう・・
真っ当、うん、普通・・酒ね うん 酒ね 普通で酒で

はわわー。昨晩、「僕はもうツイッターで
まとまった話をすることはないでしょう。
年内か、或いは今後ずっと」 と表明しておこうかと
思ってたのに、いきなりこれでは先が思いやられるゥ。
今こう思ったということは、きっとまた
僕は同じことを繰り返すでしょう。
太宰の『女生徒』は恐ろしいです

東方関係者から俺嫌われてるかな、と時々
思うことがあるけど、所謂自意識過剰とか
いうやつで、そもそも俺のことなんて誰も
気にしてないし知りもしないから!っていう。
まぁ何でもそうだよね、深刻に物事を捉えてるのは
自分だけっていうことはよくある。
過剰に悲観的というか。(悲観は自意識の一種だ)
被害妄想、そんな言葉もあったかな。
外を歩いてても挙動不審になってしまう。
四方八方で何が起こるか分からないでしょ? 
セーブやロードができないゲームでは
慎重になるしかない。生きてるだけで
神経性胃炎になるぐらいの緊張感が
あるはずなんですよ人間くらいの知的生命なら。
すごい暢気世界っぷりだ

とらあな通販とか見ててつくづく思うけど、
商業本でもサンプルページ1Pでもあれば
利便性が全然違うのになぁと。
例えばエロマンガはその辺り発達してて、
後ろの表紙や帯に中身のサンプルが載ってるわけで。
一般漫画みたいに中身と表紙が懸け離れた
図像にならなくて良いので。

同人は、最初の頃はちょっとジャンル買いも
してたけど、すぐにやめて技術と個人的な
好み癖だけに絞って、それも1年ぐらい前から
キリないことに気付いてまた少しジャンル買い的
基準が付加された。上手くて好きで
なるべく守備範囲、と。しかし東方で
ジャンル買いが強くなりそうな危機感を度々・・
前にどこかで言ったかもしれないけど、
ニコ動は実質タダで見られるからどんなに
下手な絵でも気軽に見られるのよね。
これが同人で100円、とかだったらやや迷うし、
好きじゃない絵柄で24P以上とかだったら
まず買うことはないし。動画ではその敷居が
やや低い。質に寛容ならいくらでも見られる。
或いは・・これは難しいけど見た後で
金払えるシステムとか面白いかなと。
多分そういう人も居ると思う。
いわゆるニコ動の振り込めない詐欺とか。
見た後でこれなら投資してあげてもいいわ、
と思えることがある人も居るでしょう。
ニコ動やPixivのポイントのことは理解してないw
あれがそうなのかな…
良心で金が入るってのは気持ちの良いことですが、
まぁそれだけで収支が釣り合うほど
ヒトの価値観はまだ出来上がってはいませんよねえ。
局所的に需要供給が成り立ってしまうのは普通の、
画家みたいな仕事だろうか。
これをもうちょっと緩くしたのが同人よね。
複製可能な絵で勝負ってそもそも破綻気味だが

試験で回答欄がすべて1つずれてるとか、
あんなの余程の呆けだと思ってたけど、
当人は最後になって気付くんですよね、と 
今実感を伴ったところ。
目の前が真っ暗というRPG的な何か。
別にそれで死ぬわけじゃないけどw
答案用紙と言えば、僕はソウルイーターの
キッドみたいに名前が綺麗に書けるまで
何度も書き直して紙が破れそうになる、そういう感じ。
部屋のインテリアとか、
まぁ内装でも外装でもそうだけど、
目に映るものがシンメトリじゃないと
イライラしたり・・はいつものこと。
シンメトリとは限らないけど、
バランスがよくないと気になって仕方ないですね。
卓上デッサンの構図みたいな感じで小さな狂いが。
もう独善の極み。
しかしそう思うと、東方の二次で
他人の解釈でイライラするのも同じことだなと気付く。
自意識、独善、神経質、そういうことで・・
でも自分が極端な例だと自覚していればこそ
寛容にもなれ・・たらいいよねぇ・・。
高校で担任に病弱ならそれだけ人にも
優しくできるからいいじゃないと言われたがそれも・・
病弱に生まれたことで、親を、世界を
許すわけにいかない。
一方的に恨んでいいことではないが、
許すことは絶対にない。
映画「ミュウツーの逆襲」のOPセリフ、
当時はミュウツーが1番の投影キャラだった。後の水銀燈だ。
生まれつきの出来損ない。生まれの不幸。

死にたいと思うことはあまりない。
出来ることならいくらでも生きてたい。
百年でも千年でも。それだけあれば読みたい本や
描きたい絵はそれなりに消化できるだろう。 
生きててはいけない気がすることは頻繁(常)にある。
責任感とか脅迫概念の類。 生涯四面楚歌。

東方以外の話をしたらフォロワが数割消えるんだけど、
何だ、俺は東方の話だけしてればいいのかな  
まぁフォロワ増やすためにツイッター
やってるんじゃないけど  純粋にやりたいことだけ
やるんだったらネットに繋ぐ必要ないとも言えるしな 

ビール飲んでしまうと酒をがぶがぶいってしまう
習慣・価値観がついてしまう気がする。
質じゃなくて量の敷居が下がる感覚。 
特に 食いながら茶や水の感覚で
流し込んでしまう習慣が。以前はワイン一口だけで
気持ち的に満足だったんですけどね

コミックギアの話が思いの外ツイッターで
見受けられるけど、本気か、としか・・ 
漫画雑誌の失敗しそうなポッと出なんて
すぐ分かるでしょ?ギアなんて一切注目要素ない
最初からネタ企画でしょ。ここまで話題に
されただけでも恐ろしく成功して
しまったなと思いますが・・
僕がむしろ気になってるのは、
ヒロユキファミリーの出してる東方同人ですよ・・
ギアは最初からどうでもいいけど、
最近同人の方のクオリティがやたらと落ちてる
感じが気になる。作画は商業レベルなのに
ネタがやっつけ過ぎて・・ 
最初から副業感覚で偶然初期は良く見えた・・
とは思えないんだが マンガのネタの練り込みに
どれだけ時間かけるかっていうのは
この辺りに垣間見えるのかもしれないな。
朝霧もそういう意味で期待できるわけで。
同人も同じだが。

僕はリアルでも常に眉間にシワ寄せて腕組んでたり
常時怒ってる&話しかけたら酷い目に合う、
ようなイメージだろうけど(ネットでも多少そうかも)
躁鬱だから自分を責めたり許したりの切り替えが激しくて、
天国と地獄が切り替わるような思考。
表面的に怒ることは殆どない、と言って良いかと

卒制放置しても年内に紫絵は仕上がらない気がする。
え、マジで?半年以上絵の更新なしとか、
結構な身分じゃないの・・
そろそろホントに絵描きって言うのやめないか?
今年絵を描いてた作業時間は多分
100時間未満とかだぞ・・趣味以下じゃないかw

実況でも手書きでも、同じ構成じゃなく
思いついたことをどんどん実行してくれたら、
ある時その人の映像センスとピッタリはまった
やり方が見つかったり、同人はその作家の
成長と共に作品が伸びていくからいいですよね。
個人だから成長が反映されやすい。
未熟でも見てくれる人が居て宜しい

私の生活、風呂 トイレ 睡眠中以外は
ゲームやってる感じだけど、ついに歯磨きしながら
左手でDSやるようになった。
僕はどこまでゲームと一体化していくのだろうか。
来年、内定とれるまでゲームやらないことにすれば
真人間に一歩近付けるかもしれないけど、
それは呼吸するな、とか 左腕切断 みたいな宣告で・・

正月でツイッター半年目になる。
これからも生活実況と見た物のレビューになるだろう。
その使い方ならツイッターはやめる理由がない。
東方は本家新ネタがないとなかなか言うこともないね。
東方に囚われて生きてるわけじゃないし。
敢えていうなら囚われてるのはゲームでしょう。
ゲームが先か呼吸が先か・・

ニコ動の毎時ランキングが東方M-1で占領されてるけど、
下の80位ぐらいでもマイリス3000級の最近の
名作があるから、見落としてないか確認。
25日以後結構一気に来てますからねえ。
実況は時間取れないからまた正月に時間余れば
or作業中にでも消化しまひょ

薄々思ってることだが、年末のコミケによって
一部オタが一時的にリア充してるために
こっち(ネット)に人が固まり過ぎない
というのが何とも奇妙。
アニメゲームが好きならそれで年越そう
っていうよりリアル主体でまだまだ生きてる人が
それなりに居る。肉体があるから
その恒常感覚と依存から逃れ得ない

―――――――――――――――――――――――





このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

pixivご無沙汰 日々の事 ツイログ一気読み tgt話題録 tumblr抜粋メモ nicolistほぼ東方 interviews.jpg自分の事 twitpic日記画像 亜奇数(Furcas)
  • Author: 亜奇数(Furcas)
  • ニコ厨。ゲーム廃人。東方廃人。血液型厨。こっそり絵師。
     東方話題が多いけど、サブカル・芸術などを対象に表現論とコミュ論をモヤっと書き綴る。
     何か調べ事でしたら記事に関係なく質問コメ貰えれば 分かる範囲で答ます。様々な相談にも対応します。
    ゲームは主にスマブラ ポケモン モンハン、心綺楼。
    絵のリクエストも暇だったら何でも受ける。
    当ブログ内の画像は商用以外の無断転載をほぼ許可します。
    コメント反応の目安は3日だと思って下さい。
    小さい話題は全てTwitterで消化してます。リンクは自由に。

Calendar

07月 « 2018年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

最近の記事

過去ログ月別

2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【13件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【15件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【18件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【26件】
2009年 05月 【36件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【27件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【20件】
2008年 09月 【25件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【40件】
2008年 06月 【10件】

カテゴリー

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

スマホこっそり対応

QR

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

通りすがりに

コメも面倒な人用。

無料アクセス解析

投票でも面倒な件

テルヨフgif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。