FC2ブログ

~萌畢竟~思索考究

メインは東方雑記など。他マンガアニメゲームニコ動に言及。時々絵を描く。最近はTF玩具レビュー多め

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
駄文連打してる。

今日起きた時に考えて、2000字ぐらいで
まとめる予定だった、メタ思考と動物 について
面倒になったのでメモ程度にだけ書き留めておきます。

――――――――――――――――――――――――

僕がちょくちょく言う「メタ思考」ってのは
何かの外側を取るような考え方、
例えば今僕は部屋の中に居るけど、「これは部屋の中です」と
言った時点で部屋という枠組みを認識してることになりますよね。
僕が昆虫だったら多分それは認識できないです。
哺乳類ぐらいだったら、景色の異様さで「室内らしさ」は気付くかも。
でもその部屋という枠組みじゃなくて、外から繋がった、そういう複雑な
地形として認識してるだけでしょう。
これにはつまり、「家」という概念が関わっています。
そこに人間が入っているという、物理的なだけでなく理論的な認識。
理論・言葉によって枠組みを作り、その内外で更なる議論ができる、
これが一種のメタ思考、と言ったりしてます。

まぁググった方が早いかな?
wikipedia

情報理論では、情報に付加されるそれ自身に関する情報がメタデータ(メタ情報)と呼ばれる。


ある対象を記述したものがあり、さらにそれを対象として記述するものを、メタな○○、あるいは単にメタ○○と呼ぶ。


僕もそういう使い方をしてるつもりです。
で、こういう、何かを前提とした喋り方、思考方法を取るのは
万人ではなく、一部の人間だけではないか、ということを
考えます。後天的に、フィクションを多く見ていれば
そういう世界の枠組みを意識することになるので、メタ思考は
芽生えるだろうけど、僕が考える問題は、
「先天的にメタ思考が必要になる動物」が居るだろうとかそういうこと。
これは何度も言及している 脊椎動物と進化 の関連考察です。
その辺りも含めて書いたことがあると思いますが・・

例えばネコ科動物であれば単独で獲物をこっそり狙う。
相手の意表を突く。相手の様子をよく察する必要がある。
そういう意味でAはメタ思考がすごく発達してると思う。
これは攻撃性だけじゃなく、逃げや擬態でも同じこと。
A型の起源が魚であるとすれば、魚ってすごく機敏・臆病で、
ちょっとでも危険を察知したら逃げますよね。
これは草食動物(B)でも同じで、シカとかすぐに逃げる。
つまりネコ科でなくとも、それなりに進化した動物なら
逃げるという思考はできる。捕食される側であっても
一応「空気を読む」という意味でのメタ思考を有している。
ただこれがイヌだと少し微妙で、多分逃げるより吠えたり、
対抗意識がもう少し高い。攻撃的。群れで行動する陸上動物は
それなりに警戒意識が弱いのではないかと思います。
逃げなくても戦えるし、多勢に無勢で勝てる。
だから敵の気持ちを察することも必要ない。
イヌなどの群れで狩りを行う動物であればメタ思考は必要ない。
むしろ協調性が必要。
これが人間にも適用可能ではないかということ。

まぁそれは勝手に考えてもらうとして、

考えのグラデーション とか僕は言いますけど
思考は転々と繋がって、イモ蔓のようになっているという
感覚があります。テレビを見て何かを考えるなど、
キッカケがあり、それに対して受動的に働く。
もちろん全ての動物の認識は自分の外の世界で起きた
現象を身体が察知した、受動的なものです。
しかし、その最初に受け取った自然界そのままの認識を、
どうするかが問題です。
受け取ったまま使うのか、それをアレンジして使うのか、
それとも使わずにひたすら練り込むのか、
このように考えたら、例えば 絵の上手さ というのも説明できます。
見たままを吐き出すことができるなら、これは写真のような絵が描ける。
思考に雑念がないほど、デッサンなど、リアルな絵は上手い。
逆に、頭の中で咀嚼するとはどういうことか。
さっきの動物の話と同じです。単独で行動したり、弱者として
強烈な逃避意識を持っているということです。
   A<B<O
思考付加――思考停止  
 独断 ―― 協調

上では単純にBを挟みましたけど、違うかな。
脊椎動物の進化の流れじゃなく、個別に種族の生活様式を
考える必要がある。

僕がこういうイメージをする場合に使うのは
(これも前に書いたけど)
A=魚やチーターやライオンや猫
B=象や牛やクジラ
O=猿や犬
これが一番極端な例だと思ってます。

――――――――――――――――――――
上の話に関連して、面倒なので主立った話だけします。
ゾウやウシは毎日食っちゃ寝してるだけですよね。
これは怠慢に見えるようで、実際彼らはそんなつもりはなく、
自分がすべきことをひたすらやってるだけです。
身体を維持するために雑草を食いまくるのが彼らの生活。
ネコやライオンなら、獲物を見定めて策を練る必要がある。
緩急のある生活です。 しかしイヌやサルのように群れで
動くのなら、もう少し食料も安定するかもしれない。
もちろんそんな単純じゃないだろうけど、極論ね。
ならば危機感とか薄くていい。安定した精神、生活。
こうして考えたら、人間でもA・B・Oの性格も
必然的に思えるのです。あれは性格分類とか占いとか、
そんなレベルじゃなく、脊椎動物全てに染み着いた
生態系・習性の一部ではと思われます。

って、こんな話は何度かしてますね・・

メタ思考の話・・ 思考の外側、思考の連鎖というのは
AやABにだけあるのかもしれない、と最近強く意識し始めました。
東方で無駄がどうとか、トリビアで無駄知識とか言うけど、
そもそも無駄なことを進んでやってる、多様性の暴走が見られるのは
一部じゃないか。そんなことも前から考えてましたけど、
まだ僕は今まで、血液型の思考差をそれほど大きく考えてなかった。
ある程度皆同じような思考が可能だと思ってた。しかしどうやら
かなり明確に違うのではないかと思い始めた。

ゾウやウシがあれこれ新しいことを不安定に思いついたら、
生態系は目茶苦茶になる。いきなり食うのをやめたら巨体を維持できない。
オオカミが勝手な行動をしたら、個別にスキルを問われることになる。
つまり彼らには、徹底的にメタ思考が存在しないのではないか。
これを人間に適用すると、個性、個人の性格の分節が可也明確に
見えてくるのではないでしょうか。
分類することに目的があるのではないです。それこそ差別です。
その分類を理解することでどんなことに役立てるか、それは
人それぞれだと思うけど、区別することが必要な場面もあるかと思う。
相手も同じネコだと思ってネコ語で話しかけても、イヌには分からない。
イヌと話すには、イヌ語を勉強した方が良いと思える。
勿論イヌだと知っててネコ語で喋るのも構いませんけど。(罪ではない)
東方は、ネコを想定してネコ語で書かれてるとは思います。
ネコ以外が手に取る場面も増えたけど、彼はネコ語でしか書くつもりがない。

思考の連鎖(メタ思考)が起きないということは、無駄という言葉の
意識もできないということではないか。文字通り、想像を越えた
異世界的な産物だろう。妖怪さん、異世界人、そうでした、キョンは異世界人・・

自分はここではない、どこか別の世界から来た、なんて、
典型的な「中二病」ですね・・こっちの世界から見れば。
そしてこちらの世界の人は、自分たちの世界 というメタを認識してないから
理解できないでしょう。



スポンサーサイト
このページのトップへ
唐突かつひたすら勝手な論調ですが、
夕方にTwitterで聞いた話題を 日頃の疑問と絡めて
衝動的にメモした。(先日のパターンだな・・)

農耕の文化は誰がやってたのか、という話。
そりゃ動物を追いかけるよりは季節で安定した
資源が得られるけど、そんな面倒臭い世話を誰がしてたのか。
そのことに私は共感できなかった。疑問だった。

今朝起きた瞬間、メタ思考が認識や思考でいかに重要か
ということを再考して、2千字程度?書くつもりだったけど、
考え終わったら書くのが面倒になりまして・・その後で
別の話題があったので、それに少しだけ絡めて書いたのがこれ。

―――――――――――――――――――――――――

本当に農耕を始めたのはA型だけだろうか?
少なくとも、畑を耕して作物を収穫するのは
世界中に見られると思う。
僕がどうにも前から頭で処理しきれないのは、
農耕という効率的・勤勉・パターン化された
作業が果たしてA型的か?という疑問が拭えないのだ。
少なくとも僕は面倒臭いと思う。

確かに動物狩りより安定した食生活ができる。
その代わり頻繁に世話が必要だ。
安易な思考でまず見当をつけるのが僕のやり方だが・・
(安易だがそれこそ本質に近いと思う)
まず世話好きという意味では農作業はA型的だ。

近代的な植物観として考えても、都会人は
部屋の中や窓際で小さな植物を育てる。
これはペットや家族や友人と同じで、
それより自分の都合通りになるという意味で上位だ。
ピグマリオンコンプレックスという言葉があるが、
自分の思い通りに子供を扱うという精神である。
温血動物なら世話好き?いや、勝手に見て習え、
という哺乳類も多い。甲斐甲斐しく世話するだけ
ではない。

群れで行動をしないなら一人前になるまで世話しないと
生きていけないという理屈もあるだろう。
そういう意味で考えるなら、脊椎動物は
A型―→B型―→O型へと進化してるから、
より冷血というか、子供の世話をしない傾向が
強くなると予測される。人類もまたO型化が進んでいる。
冷血という言葉は適切ではないが、
世話をせずとも勝手に習って生きるということだ。
(アメリカの個人主義というのもそのあたりの関係が)
そう考えるなら現代の親離れというのは妥当だ。
あれは勿論、文化文明の成熟によって
親なしで生活できる時代という理由が大きいだろうけど。

話を戻す。甲斐甲斐しく世話をするのは確かに
A型的と言える部分がある。しかし僕が毎日
朝早く起きて畑に行くか、それを何十年も続けるか、
これは完全にノーだ。
もっと効率化しようと日々考えるだろう。
あれやこれやと道具を作って少しでも楽にしようとする。
現状のパターン化された方法に思考停止しようとしない。
決められた方法で世話をする、そういう勤勉さ・
ストイックさで言えばこれはむしろB型的だ。
中近東の農耕事情・歴史は僕は知らないので
その辺り何とも言えない。古代中国って
何食ってたんでしょうか?・・

牧畜、動物の世話をして生活するのは、これは
完全にB的です。現在も続いてること。
(まず牛がBなら、牧畜とは同族愛護ですね。
 Aがネコ好きなのと一緒です。他にも、
 タヌキやイヌ好きのO型も一種の同族愛です)
そういう側面を強くした場合、農家というのは
AよりむしろBだということになる。
ならば畑仕事と牛の世話は別物とできるか?
さっきの理屈、僕の感覚で言えば
牛の世話は絶対したくないけど、畑仕事なら
効率化する意味で多少賛成だ。それでも
耕すのは少し疑問が残る・・

サルが木から下りて道具を使うようになった、
というのが大まかな進化論だが、
道具を使うようになっただけでもない。
というか道具を使うのが目的ではなく、
狩りを効率化するためにあれやこれや多様性を
獲得してそれが器用になって人間へ、とか
そんな想像はできる。
それが更に動物じゃなく植物を扱う農耕へ。
これは勿論その種族の環境要因も大きい。
作物は気候に依存する。動物の血液型もまた
その気候に大きく依存する分布が見られる。
そのように種が移動したのか、それとも
その気候に合わせて変異したのかは分からない。
人間のルーツが何箇所かに断定できるなら、
元々決まっててそれが移動して各地で発展し、
現在に至ることになるか。

その分布した各クラン(集落)の中でも
多様性が見られる。つまり、日本は島国だが
A型・B型・O型がそれぞれ混在している。
まぁ様々な交わりがあってのことだと思うが、
そして種そのものの変容もあるだろう。
人類は捕食者としての地位確立に伴って
徐々にO型化が進んでいくだろうと予測できる。
日本がアメリカ的になっていくのは
戦争に負けたからというだけではなく、人類
という規模で移行しているのだ。
動物が50万年で進化するのだとすれば、
人類はそれより早いとして、数千年~数万年で
殆どO型的になってしまうかもしれない。
恐竜で言えばラプトルが地上を支配するような。
逆に言えば、日本文化やフランス文化が
数百年や千年二千年で衰退することは
あり得ないだろう。安泰である。
ユダヤのように大規模な迫害があれば或いは?

農耕の話でした^^;

毎日頑張って早朝から畑を耕すのは
A型的ではない気がする、という話ですね。
これは僕の経験上考えても判然とはしません。
正月や盆参りで檀家を回って、この人は~だなとか
いつも思ってますけど、その人がどんな姿勢で
農作業してるかまでは見てないので。
(リストにまとめたら傾向分かるかな?)

そういう意味でコメントしておくと、
例えばA型でも常に新しい生活を求めて
都会に移り住む人と、保守的に田舎に
残る人と、分かれます。その田舎でも
それなりに新時代的な暮らしをしている
可能性が高いですけど。(パソコンなど)
Bであればもっと極端に、環境的な依存で
田舎に生まれたらそのまま暮らしを続け、
都会に生まれたら文明の利器を最大限に
享受するというか、多分金に物を言わせて
良い暮らしをしたりするでしょう。
Oはその中間。
機能的な意味での発明は多分Bもできます。
枠組みを壊すような意味での(=メタ)
発明は恐らく、今僕が考える中では
Aのみがやってる、という気がします。
科学での発見というのはこの限りではない
かもしれません。僕は理系じゃないので
その事情も分かりませんけど、これは環境からの
発展という意味でAに準ずる行為として、
類人猿一般に有するものかもしれない。
つまり、サルに進化してO型になったのだから
道具を使って何か発展的なことをする、
というのは勿論人間なら誰でもできる筈。
そういう広義での発明は万人に可能。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
解決してないけどここで話題放置・・
しかし矢張り、手のかかる農業、毎朝早起きして働く、
というのはイメージできないです。多分、
もっと手を抜くための、例えばネコ科の動物が
食事以外の時間は木陰で寝そべってるような、
楽をするための農耕ではないかと僕はまだ思ってる。

昔の日本人、農民はそこそこ手を抜きつつ、
ほどほどの収穫に満足して日々暮らしてたんじゃないかな。
と、勝手な結論で締める

このページのトップへ
概要>脊椎動物の進化とそれに伴った睡眠の在り方、
   それから血液型の変遷に絡めた考察です。

★先に結論を言っておくと、睡眠の問題は解決しません。
 血液型かどうかはともかく遺伝的なものなので。
 この記事は どのように関係してるか の考察です。

――前置き―――――――――――――――――
あれ?最近記事書いたつもりで一週間経ってた^;
ツイッターのログ整理したいしたいと思いつつやらず、
デスクトップのメモ整理したいと思いつつやらず、
何ぞ絵でも描こうと思いつつやらず、 
まぁ少しずつでも気持ちは移行してるんで、
そろそろ少しずつ漫画・絵・文章を消化していくつもり。

で、いきなりですけど、――――――――――

先日、五蟻氏が眠れないという話だったので、
僕も愈々睡眠時間・度合いの個人差とそのメカニズム
についてちゃんと理解しないといけない気がして、
(ちなみに不眠症と言えば太宰とか、直感的にはAB~Aに多く、
ドラえもんのノビ太のようにBはどこでも寝られる、Oはその中間とか
そんなイメージが僕にはあります。個人的には大好きな萌え属性です)
さっき衝動的にググってみたのですが、
(昨晩映画のジュラシックパークⅡを見て、
恐竜の進化と脊椎動物の血液型の変異について
再考する気になったので、その流れで。)

もう、10分ぐらいググるだけで僕が今まで半端に
推測で片付けていたことの答えが殆ど得られましたw

睡眠というのは、恐らく時間に追われて効率的に
生活しようとしてる人間には大変重要な問題だと思います。
特にIT関係とか、クリエイティブ職の人は夜遅くまで
勤めて、朝方寝るような生活をしたり、
その帰宅後も趣味でネットサーフ・PC事務・ゲームなど
睡眠時間は出来る限り削ったり管理したくなりますよね。
貯め寝とか仮眠とか飲食物による調整は誰でも
やってると思いますが完璧には上手くいかないでしょう。

~~読み飛ばしていいコメント~~~~~~
僕がやるとすれば、ボタンひとつでセットできる
キッチンタイマーのようなものを常に手元に置いておき、
眠くなったらそのタイマー入れてアイマスク付けて仮眠
とか、そんな感じです。これなら惰性なく10分20分の仮眠
がとれて、半端にまどろむ必要もなくなる。
コーヒーは中毒性があったり糖分の副作用など
濫用は避けたいし、栄養ドリンクは漫画家などの定番ですが
あれはアレルギー全般の促進にもなるので僕は鼻炎が
酷くなる。中高生の頃は毎日ドリンク飲んで睡眠3時間
とかで頑張ってましたけど、もうやめましたw
飲むならチビチビ小分けにしてもいいかもね。

逆に寝ることに関しては、酒飲むなんて以ての外で、
酒を飲んだ場合アルコールの消化で言わば意識を強制
スリープにするだけなので生活ではタイムロスになると
考えてるので僕は寝る前には飲まないようにしてます^;
大人は普通仕事があるので必然的に夜飲むんでしょうけど。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

で、効率的に寝るとして、所謂4時間睡眠とか、
訓練で可能なの?っていう疑問が浮かびます。
そういう思考の人は多分試してると思いますが、
これは矢張り無理みたいです。睡眠時間の体質は、
ほぼ先天で決まってるみたいです。これは多分
医学一般で認識されてること。
病院で以前にそれとなく訊いた時に そりゃもう
どうにもならん みたいな言い方だったようなw

ああ、ここまで来て紹介しますけど、
ウィキペディアの 睡眠 の項目が今回の参照資料の
ひとつで、まぁ先に読んで貰っても結構ですし、
僕の話聴いてから読んで貰っても結構ですが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9D%A1%E7%9C%A0
(人間の睡眠 ~ 動物の睡眠 まで必読)
人間の熟睡方法と種族による睡眠の違いですね。
書いてあることは全部経験上納得です。

とりあえずウィキに沿ってコメントしていきます。
興味ない項目はスルーで。重要な話も所々挟むけど。

>統計で7時間睡眠
6時間で記憶力など回復すると聞いたことがあるので
僕は大抵余裕のある日なら目覚ましを6時間にセットします。
しかし実際6時間では安定して快眠とは言えません。
体感としては7時間半、が完璧な睡眠だと思ってます。

>睡眠不足や夜更かしで鬱病になりやすい
これは僕も今まで会った人と僕自身の経験上正しい。
僕の推測では睡眠不足によって脳が何らか停滞し易い
思考パターンを形成し易くなり、そういう精神傾向に
なってしまうのでは、とも思ってます。
安易に考えるなら、寝ることで軽くリセットされる
記憶や思考(PCで言うメモリとか)が不規則or長時間
使用されることで軽く熱暴走とか処理不良を起こしてる、
そういう精神状態が所謂「鬱症状」ではないか、とか。

>睡眠不足と食欲の増進
これも実証済みw 僕は睡眠欲も性欲も薄い状態で
あっても、食欲だけはほぼ一定です。
むしろ寝不足だとその分エネルギー摂取でカバー
しようとするのかな、と推測してました。
僕はここ2年ぐらい1.5日起きて8-9時間寝る生活が
多いですけど、4食か5食です。それでも足りないか。
身長体重は中学の頃から変わってません。
まぁ今は消耗も多いんだろうけど中年になると
急に太る可能性はありますね^^;

>熟睡のポイント
これはまぁ勝手に読んで貰えれば結構ですが、
体内時計調整のポイントは参考になると思います。
僕は日光当たらない生活してますがw

>アスリートは長時間睡眠
>短眠について
★ここからが今日の本題かな?

さて、まぁ血液型の話は適当に聞き流して貰って結構
ですが、まずこの話の根底にあるのは、脊椎動物の進化は
血液型の変異と共にあるという解釈ですので、
そのあたりの問題を提起する内容です。
進化論とABO血液型を関連付けている説は聞いたことが
ないので、これは完全に僕個人の憶測です。
動物と血液型の関係を指摘してる人はそこそこ居ますけど。

何度か記事にしてますがもう一度軽く説明すると、
魚類にはA型しかおらず、これが脊椎動物の起源であり、
後に両生類として陸上に上がり皮膚が硬化して
様々な耐性を獲得するにあたり、AB型、そしてB型が
発足します。発足というかAから変異したと言うべきか。
ここまでのイメージは魚がカエルになり、カエルが
トカゲに、そしてカメに、という感じでしょうか。
Aも失われたわけではなく、派生なので、ヘビなど
爬虫類でもAとBが居る。がっしりした皮膚が硬い
鈍重な方がBである可能性が高いと思います。
爬虫類での多様性で言えば、恐竜の方が参考になる。
具体的な容姿は所詮推測の域ですが、所謂
大型草食竜や肉食竜の分類は間違いないでしょう。
面白いことに現在の哺乳類と、恐竜の種類が
対応しているように思われるのです。
現在ウシ・ゾウのような鈍重な草食哺乳類が、
恐竜で言うステゴやトリケラ。
小型で群れて狩りをするラプトルはイヌのような。
ならば恐竜も現在の人間や哺乳類のような
血液型の変異が起こっていたというのが想像できる。
さっきの続きだが 陸上に上がって魚の俊敏さを維持した
A型系統と免疫を高め身体を丈夫にしたB型系統に分かれ、
それぞれ進化を遂げた。そして類人猿のあたりになって
ようやくAの中からO型が派生する。これが小型で群れて
狩りを行う種族である。
サル、イヌ、そして人間。恐竜時代ならラプトル。
個体での俊敏な攻撃性・回避性能を追求したAと違い、
適度な運動性能と防御性能を持ったバランス型。
例えば、ネコは木登りで安全を確保できるが、
イヌは集団で行動するからそこまでする必要がない。
(このあたりの適性が人間にも適用可能であるかは
勝手に考察して^^;)

ちょっと説明長くなったけど、
A型の特性として魚類・ネコ科のしなやかさ、俊敏さ、
それと引き換えに高い代謝コストがあり、免疫や
物理的防御力の低さを併せ持つ。
ウィキの次の項目である「動物の睡眠」を見て欲しい。
ゲッ歯類、次いでネコが睡眠時間長いと書いてある。
そして上に戻ってアスリートの睡眠時間・・
これはつまり短絡的に考えて激しい運動による代謝の
代わりに大きな休養が必要という意味だろう。
再び動物の睡眠、ゾウやキリンは極めて短眠だとか。
これが恐らくB型。草食の護身故に短時間で
無防備解除、そして大型故にコスト削減。
必要な時に必要なだけぐっすり眠れる。
この辺りについて人間も同様であるということは
僕の知識の上で大体確認が取れてることなのだが。

睡眠中の護身という点にもう少し注目すると、
僕が何度かブログで言及していることだが、
恐竜時代の哺乳類は小型で、肉食竜が寝ているため
夜行性になったという話だ。ネズミやネコなど古い種ほど
夜行性のイメージがないだろうか。これは恐らく正しい。
この遺伝子が残ってるとすれば、人間もA型は夜行性で
夜更かししやすい、という酷い話になるがまぁ気にせずw
ウィキの「動物の睡眠」の続きで、
>すべての陸生哺乳類にレム睡眠が見られる
レムとはつまり浅い眠りで夢を見ている状態。
高度な知能故に、というより護身のためではないか、と
僕は思ったりする。消耗が激しいA系哺乳類であっても
半日だらだら寝てたら危険だ。そこでレム睡眠という
寝ているけど警戒している状態が交互に維持される
のではないか。
ならば純粋なA型の原点である魚はどうか?
一般認識として魚が寝ているイメージは恐らくない。
実際ググればそのような質問がヒットする。
魚は下等だという問題もあるが、どうやら脳の都合以外で
寝るような可能性は十分あって、しかし種類によって
レム睡眠のように浅い眠りで泳いだまま寝るような者、
完全に沈んだりして寝る者までいるとか。
http://anchoret.seesaa.net/article/8543790.html

それについて私なりに答えるなら、それはAの極みとして
極度のレム睡眠、寝るけど寝てない状態なのではないかと。
ならば普通に寝る種類は何なのか?
魚は全てA型ではないのか?
そのヒントも上のサイトにある。
スズキ(?)は岩場まで沈んで擬態して寝るとか。
スズキって大きくてウロコやヒレが発達してる、
かなり進化した魚類じゃないですかね?
だとすればそれはもう両生類への変異が始まってて
B的な性質が見られるのではないか。


以上、睡眠について知識と考察を整理しただけで、
何ら不眠を解決する話ではありません^^;
それは最初の辺りで言った通り、そして本文で述べた通り、
遺伝子レベルで睡眠のとりかたが決まってるので、
どうにもならないでしょうね。
魚のような代謝の激しい動物として浅い眠りしかできない人、
象やキリンのように短時間でぐっすり眠れる人、

・・元陸上選手の体育教師が言ってました。
人間、生まれたその身体と一生付き合っていくしかない と。
病弱な奴は一生病弱。生まれを選ぶことはできない。

睡眠時間を削減できるのはかなり時間の余裕ができる
だろうし、羨ましくも思いますが、ならば我々は
浅い眠りと夢を楽しむ人生を送りましょう、ということで。


このページのトップへ
前半:世界の思想・文化圏の分節について
後半:90年代から漫画アニメで解放されたA型的センスについて
Twitterでの先日の、一連の発言をまとめ転載したもの。一部補間。

切欠があったので今まで何となく考えてたことを突発的に発言したので
論の厳密さみたいなものは一切ない、文字通りの つぶやき です。
説明不足という次元じゃないのでその意味は各自で察して貰うしか。
まぁこの思想体系みたいな話題は何度もここで書いてますけど、
その主観的・直感的まとめです。

――――――――――――――――――――――――――――――――

色々報告すべきことはありそうですが、目に止まったので拾ってみますが、
森ガールって言葉があるんですね?何度か聞いてますけどいつから
使われてるんでしょうかね。ググって最初に出た解説を読む感じでは、
関西の底辺美大の標準的な女学生の私服って感じでしょうか。多分
10年ぐらい前から。
日本の普通のカジュアルよりはちょっとオシャレでもあり、
こだわりがあって、かつニットなど機能的でもある、多分ヨーロッパでは
もう少しカジュアルな扱いかもしれない服や人柄。腕時計見て動く
日本の都会やニューヨーカーなイメージとは多分離れてる。
僕の感覚では美大関係特有だと思ってたけど多分一般でも
そういうセンスで生きてる人っているんでしょうね?
そういうのが目について、森っぽいという評価・命名に
至ったんでしょうか。一般学生と混ざってるとすごい違和感あり
ますからね。これは日本の一部の層として考えるよりヨーロッパ的な
センスがどのような構造か考えることでもあるかなと。

真面目に社会的なコトバで分析することにはあまり興味ないので 
僕のコトバで考えるなら、O的センスを主体にして少しだけ
A的に落ち着いた部分や生産的な部分を内包しているということだと思う。
Aが生み出したものを少し取り入れつつ本能レベルで是とするO的センス、
これをまた一部Aが採り入れ、と。
一応補足するならここにB的センスが全く混入してない
ということは多分明白。この文化圏の違いが現在の戦争とか
引き摺ってる部分でもあるが。アジア、中東、アフリカ、とは
隔絶とした人種の違うルーツがあるってことになるか。
アジアの南~東+南半球の大陸と アジア西~北+東南アジア諸島っていう。
洋の東西っていう分節は多分良くないですね。
文化圏分類では語弊がある。東でも欧米に近い文化・思想を
持っている地域もある。なぜそうなったのかは多分何らかの
理由があるんだろうけど。少なくとも日本は大部分に於いて
欧米に近い。むしろ欧米と 中東&中国圏の中間みたいな
位置というべきか。

世界地図を元に現在の文化圏の分節を考えて人類の
本質やルーツを考察しようという気は前々からあったんですけど、
矢張り考えれば考えるほど面白いことに気が付きますね。 
現在の世界情勢って縮図として日本国内だけ見ても似たようなものだ。
ほんの少し比率が違うだけで。これは分相応の抗い難い流れだ
これからも多分、世界は平和にはならない。少なくとも、
少しずつ短気な種族的変異を辿るでしょう。
日本で「キレやすい若者」ってのは文化的に短絡的な時代の
変動というだけでなく、人種としての変異(進化ではない。)も
ごく微量に作用していると思う。
世界は日本のような平和をあまり得ず、米銃社会的側面を濃くして
いくかもしれないという予感。遠い(100年以上)未来だが。 
或いは、巧くいけば慎重に文化文明を変遷していくことで最低限の
堅実な落ち着き=平和を保ちつつ人類の種は維持される・・とも
期待できなくはない。(確率的に1割とか)

そうなって欲しくない・・ 争いつつも平和へ回帰できる
と淡い期待を抱いたのが富野のガンダムだった。或いはその
闘争状態こそ人類の健全なあるべき構図だとも考えているのか。 
竜騎士はもっと幼い。多分ゆとりの悪い面というのは 
「頭隠したら尻隠れず」的な状態で視認される。
破滅、退廃的に自己肯定の流れを作ったのがエヴァ。あれは
恐らくガンダムと並列に語るに値する。本当に趣味的(=押井)
娯楽的(=宮崎や一般実写映画) だったのは最初から畑が違う。
シリアスとして語るべきでない。 ガンダムのスケールは
実践味に欠けてその意味でエヴァは良くも悪くも日本的に実践的だった。 
多分イデオロギーとか啓蒙とか客観的な場への発言って
Aは少し避ける傾向にある。或いは一方的に実行するか。
(慎重ではないけど効率的。分かり易い例だとハルヒの朝倉と
長門の考え方。朝倉=A的、長門=それ以外が渾然としつつ
慎重な状態=現在の世界)
A本人は趣味的と割り切っているけどその個人の考察と確信
ってのはもっと種族的に適用可能な本質でもある。
だからエヴァで提示された私的物語も国の枠を越えて
種族的に共感可能であった。これは全然シリアスと定義できる。
東方もごく僅かにそういう作品内容。


丁度エヴァに話題が流れてきたので世界の思想体系
みたいな話は一区切りにして、今日の話だけど、昼に
(元)兄貴の90年代のマンガ3002冊(ほぼ新品)、
ブックオフに引き取って貰った。

3002books

バイト君一人で査定3時間、搬出2時間。計45700円でした。
僕は主に00年代の漫画を中心に3000冊所持してるので
丁度兄と棲み分けできてて、いつか捨てるなら半分ぐらい
貰おうと思ってたんですけど、正直置く場所がないとか。
(僕の部屋5畳なのでw)

それで、90年代の漫画を眺めていて考えたことなど。

これも僕の言葉になってしまいますけど、
(ちょっと面倒なので色々端折ります)戦後ずっと
絵描き・漫画などの職はB的カテゴリであったと考えています。
完全に社会的に分離した職種であった。異端だったのは
手塚とかだけで(しかし彼も迎合的画風)
漫画的な抽象画風はとても閉鎖的な系譜で大部分
それと認められるのはB作家であるということ。少なくとも
今把握できる80~00年の漫画アニメはそういう作画だった。
これに対して、現在から見てオタク文化の黎明とも言えて団塊世代が
見てきた漫画アニメはその疎外感から卑文化の印象が定着したのでは、と。
全く現実離れした非シリアスなSF然としたメディア。
或いは喜劇的・ギャグ的でナンセンス娯楽として確立されていた。
そこにあって共感し得るシリアスを持ち込んだのが
手塚やA作家だったのではないかと。これは
私的啓蒙=シリアスでなくとも画風としてだけでも
受け入れられた。DB、ワンピ、エヴァ、など。


・・90年代までの漫画のB的カテゴライズとそこに
変化・別ベクトル・多様化をもたらしたA的作風・思想・画風
という話題でしたね^^; それと近年でも残ってる
卑文化・メディア的イメージの原因という話です。(一時まとめw)

手塚や富野が大きな変化をもたらしたかと言うと
多分それほど性急なものではなく、むしろ個人の名ばかりが
当時持ち上がってしまった感がある。DBはシリアスと
言うよりその絵・脚本の作風ユニークさとか。アキラもそれかな。
でもエヴァはもっとシリアスさに特化されてて、
やっと業界の目が覚めた、と。
エヴァによって 月並な言い方をするとああいう
ネガティブで私的物語を発表(しかも商業)していいんだ?と、
B的漫画縛りを受けてたAが日本で目覚めた。商業でも同人でも
漫画・アニメで急速に解放された。それが00年代。

ああ、漫画の話はこれで概ね終わりです。
A的なシリアス・ヒューマニズム・多様性・ユーモア
・メタ的・奇抜・精神性・未完成・私的 などのセンスが解放された。
その 鶴の一声 がエヴァだった。今までなかったんじゃなくて、
少なくとも日本では水面下に潜んでたし、結露してたし、
外国でも昔からあった。だからガンダムというキャラクタの体裁を
持っている作品より純粋なヒューマニズム作品としてエヴァは
欧米でも評価され易かったのではないかと思う。


このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

pixivご無沙汰 日々の事 ツイログ一気読み tgt話題録 tumblr抜粋メモ nicolistほぼ東方 interviews.jpg自分の事 twitpic日記画像 亜奇数(Furcas)
  • Author: 亜奇数(Furcas)
  • ニコ厨。ゲーム廃人。東方廃人。血液型厨。こっそり絵師。
     東方話題が多いけど、サブカル・芸術などを対象に表現論とコミュ論をモヤっと書き綴る。
     何か調べ事でしたら記事に関係なく質問コメ貰えれば 分かる範囲で答ます。様々な相談にも対応します。
    ゲームは主にスマブラ ポケモン モンハン、心綺楼。
    絵のリクエストも暇だったら何でも受ける。
    当ブログ内の画像は商用以外の無断転載をほぼ許可します。
    コメント反応の目安は3日だと思って下さい。
    小さい話題は全てTwitterで消化してます。リンクは自由に。

Calendar

09月 « 2018年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

最近の記事

過去ログ月別

2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 03月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【1件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【5件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【13件】
2013年 04月 【3件】
2013年 03月 【2件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【6件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【6件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【8件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【8件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【6件】
2011年 11月 【5件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【8件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【9件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【11件】
2011年 02月 【10件】
2011年 01月 【11件】
2010年 12月 【13件】
2010年 11月 【6件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【13件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【8件】
2010年 05月 【11件】
2010年 04月 【11件】
2010年 03月 【14件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【15件】
2009年 11月 【12件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【18件】
2009年 08月 【15件】
2009年 07月 【36件】
2009年 06月 【26件】
2009年 05月 【36件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【15件】
2009年 01月 【22件】
2008年 12月 【27件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【20件】
2008年 09月 【25件】
2008年 08月 【33件】
2008年 07月 【40件】
2008年 06月 【10件】

カテゴリー

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

スマホこっそり対応

QR

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

通りすがりに

コメも面倒な人用。

無料アクセス解析

投票でも面倒な件

テルヨフgif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。